Soundtrack Paradise

マーク・マンシーナ MARK MANCINA


マーク・マンシーナ

MARK MANCINA

 



バッドボーイズ

バッド・ボーイズ
BAD BOYS (1995)

マイケル・ベイの監督作、ウィル・スミス、マーティン・ローレンス、ティア・レオーニ、チェッキー・カリョ出演「バッド・ボーイズ」、マーク・マンシーナ作曲のスコア盤サウンドトラック、初CD化。

レゲエ風のリズムにシンセ、アコースティック・ギターを加えた1曲目「Prologue – The Car Jacking」、ヒロイックなメロディに迫力のパーカッション・サウンドをアクセントに盛り上げる「Bad Boys – Main Title/Heist」、ディストーションの効いたエレクトリック・ギターとオーケストラによるアクション・スコア「Escape From Club Hell/Ether Chase」、この他にも「Footchase」「Hanger Shootout」「Cobra Chase/Pouchet’s Death」など激しいスコア曲があり楽しめます。オーケストラ以外の演奏者にはニック・グレニー=スミス、ギターの名手ジョン・ジョーゲンソンも参加しています。
全27曲70分収録。LA-LA LAND RECORDS、3000枚限定盤。

amazonで入手可 バッド・ボーイズ(Bad Boys)


1. Prologue – The Car Jacking (4:34)
2. Bad Boys – Main Title/Heist (6:09)
3. Funky Brothers To PD (0:36)
4. Air Conditioning Inspection (1:10)
5. Jojo, What You Know? (0:41)
6. Dead Guy (4:57)
7. He’s The Person I’d Call (0:54)
8. Killing Max (4:18)
9. The Boys Find Max (2:31)
10. Into Lois’ Apartment (0:52)
11. Escape From Julie’s (2:49)
12. You’re Going To Leave Me Alone? (0:52)
13. Don’t Honey Me Baby! (1:04)
14. My Bologna Has A First Name? (4:04)
15. Julie’s Got A Gun (0:55)
16. Escape From Club Hell/Ether Chase (4:35)
17. We Don’t Want To Lose You (0:41)
18. I Mean Like Funny (2:02)
19. Interrogation (0:42)
20. Stake Out (0:56)
21. Tailing Lab Tech/Blown Cover (1:38)
22. Busted (0:54)
23. Footchase (4:25)
24. Pouchet Calling (0:34)
25. Hanger Shootout (9:16)
26. Cobra Chase/Pouchet’s Death (4:44)
27. Bad Boys: Main Title (Edited Film Version) [Bonus Track] (3:37)



シューター

ザ・シューター/極大射程
SHOOTER (2007)

アントワーン・フークア監督作(「ティアーズ・オブ・ザ・サン」「トレーニング デイ」「キング・アーサー」)、
マーク・ウォールバーグ、マイケル・ペーニャ、ダニー・グローヴァー出演「ザ・シューター/極大射程」サウンドトラック。

マーク・マンシーナ作曲、オーケストラ+プログラミングのリズムのスコア。全般的に低音を効かせたサスペンス色の濃いスコアですが、パーカッションで盛り上げる「Shootout In Virginia」や、ディストーション/エレクトリック・ギター使用の「Revenge」を収録。オーティス・テイラーによるアコースティック/弾き語りナンバー「Nasty Letter」を合わせた全16曲58分収録。





BLOOD+

BLOOD+
ORIGINAL SOUNDTRACK 1

アニプレックス製作のTVアニメーション「BLOOD+」スコア盤サウンドトラック。

ハリウッド・メジャー作品の音楽を手がけるハンス・ジマーのプロデュース、マーク・マンシーナ作曲。

ダイナミックなオーケストラとシンセ、パーカッションを活かしたスコア盤で、とても聞きごたえのあるアクション・スコア「Chasing The Enemy」「Vampire Battle」、ピアノ~フルートのメロディが美しい「Saya’s Love」、
スネアのリズム、低音のストリングスとホーンで勇ましく盛り上げる「Blood+ Grand Theme」に、ソプラノ・ヴォイスとオーケストラが圧巻の「Diva」など全15曲46分収録。





スピードスコア

スピード
SPEED (SCORE)

もともとはカメラマンのヤ・デ・ボン監督デビュー作、キアヌ・リーヴス、デニス・ホッパー出演「スピード」のスコア盤サウンドトラック。

マーク・マンシーナ作曲、シンセによるメロディとホーンのリフレイン、パーカッシヴなアクション・サウンドで、1曲目「MAIN TITLE」は映画「ブレイヴハート」「チェーン・リアクション」の劇場予告編や、日本のTV番組「特命リサーチ200X」にも使われていました。
マーク・マンシーナの初期傑作でお薦めできます。また演奏にはアラン・ホールズワース(g)、マイク・フィッシャー(perc)が参加しています。
全19曲40分収録。


1. Main Title (Speed) (3:37)
2. The Rescue (4:02)
3. Entering Airport (1:00)
4. Rush Hour (6:04)
5. Helen Dies (2:16)
6. The Gap (2:49)
7. Choppers (0:59)
8. Pershing Square (3:19)
9. Elevator Peril (0:28)
10. Fight On Train (1:20)
11. Dangling Feet (0:34)
12. City Streets (1:41)
13. Wildcat (1:04)
14. The Dolly (1:29)
15. Move (2:06)
16. Pop Quiz (2:24)
17. Freight Elevator (2:30)
18. Elevator Stall (0:52)
19. End Title (Speed) (1:50)

G-SHOCK スピード キアヌ・リーブスDW-5600E-1V



ツイスター スコア盤

「コン・エアー」「ホーンテッドマンション」「ドメスティック・フィアー」の映画音楽も手掛けたマーク・マンシーナ作曲のオーケストラ・スコア盤です。演奏にはトレヴァー・ラビンも参加、また最後のエンド・タイトル曲は9分に及ぶ曲でエディ・ヴァン・ヘイレンのギターを取り入れた大作スコアです。全18曲51分収録。



コン・エアー
Con Air (1997)

ニコラス・ケイジ、ジョン・キューザック、ジョン・マルコヴィッチ出演、ブラッカイマー・アクション巨編「コン・エアー」サウンドトラック。
「スピード」のスコアを手掛けたマーク・マンシーナと「アルマゲドン」のスコアを手掛けたトレバー・ラビン(元イエスのギタリスト)によるスコア。
ほぼ全編がオーケストラとエレクトリック・ギターの混合で特に激しいアクション・スコアで「Battle in the Boneyard」「Fire Truck Chase」やアコースティック調での「Trisha」「Poe Meet Larkin」など全17曲44分収録。

1. Con Air Theme (1:35)
2. Trisha (1:06)
3. Carson City (3:07)
4. Lear Crash (4:47)
5. Lerner Landing (3:30)
6. Romantic Chaos (1:24)
7. The Takeover (3:54)
8. The Discharge (1:11)
9. Jailbirds (1:01)
10. Cons Check Out Lerner (1:57)
11. Poe Saves Cops (2:27)
12. The Fight (0:24)
13. Battle In The Boneyard (7:43)
14. Poe Meets Larkin (1:16)
15. Bedlam Larkin (0:51)
16. Fire Truck Chase (4:24)
17. Overture (4:19)

なお上記のサウンドトラックにはトリーシャ・イヤウッドの歌う主題歌「HOW DO I LIVE」は収録されておりません。下記アルバムの1曲目に収録されています。
ソングブック

また劇中、機内で流れる曲はレーナード・スキナード「スウィート・ホーム・アラバマ」で下記のセカンド・アルバムに収録。「Workin’ for MCA
」「Swamp Music」「Call Me the Breeze」など収録の大名盤。
Second Helping

 

ついでですが下記のアルバムの発売後に飛行機事故で看板ヴォーカルのロニーとギターのスティーブ・ゲインズが死去(燃えているジャケットが不吉です…)、レーナード/ロック・ファンは飛行機の中でレーナードを聞くのはちょっとイヤですね(しかし一度、機内のヘッドフォンで聞くプログラムで「フリーバード」が流れた事もありました、選曲者はそこまでは考えてませんね…)

Street Survivors

不吉ということで燃えていないジャケットもあるんです。
Street Survivors




ドメスティック・フィアー

DOMESTIC DISTURBANCE
ドメスティック・フィアー

ジョン・トラヴォルタ主演、「シー・オブ・ラブ」「マーキュリー・ライジング」のハロルド・ベッカー監督のサイコ・サスペンス「ドメスティック・フィアー」サウンドトラック。マーク・マンシーナ作曲のスコアで緊張感あるサスペンス・スコアと「逃亡」や火災シーンでの衝撃音の連打や終盤のクライマックス・シーン「決闘/その後」でのオーケストラ・スコアなど迫力のスコア曲を収録しています。
全12曲29分収録。




ホーンテッドマンション

ホーンテッドマンション
THE HAUNTED MANSION (2003)

「スチュアート・リトル」「ライオン・キング」のロブ・ミンコフ監督作、エディ・マーフィ、ジェニファー・ティリー、テレンス・スタンプ等出演
「ホーンテッドマンション」インスパイア版サウンドトラック。

ディズニーランド、ホーンテッド・マンションの墓場のシーンでも流れる「グリム・グリニング・ゴースト(ベアネイキッド・レディーズ)」やMスティーヴィー・ワンダーのカバー、レイブン「迷信」の他、オインゴ・ボインゴ、ジャクソン5、マーク・マンシーナのスコア曲など全15曲47分収録。


1. 迷信(レイブン) (3:13)
2. グリム・グリニング・ゴースト(ベアネイキッド・レディーズ) (1:42)
3. サンバディズ・ウォッチング・ミー(モーリス・デイ) (3:21)
4. スプーキー(コンティ・ブラザーズ) (3:23)
5. バンプ・イン・ザ・ナイト(ジャック) (3:41)
6. ライト・プレイス・ロング・タイム(ブライアン・オニール&ザ・バスボーイズ) (3:29)
7. デッド・マンズ・パーティー(オインゴ・ボインゴ) (4:19)
8. マン・ウィズ・ザ・ヘックス(アトミック・ファイアーボールズ) (3:02)
9. モンスター・マッシュ(ブライアン・オニール&ザ・バスボーイズ) (4:13)
10. ブギー・マン(ジャクソン5) (2:58)
11. トゥームストーン(スザンヌ・ヴェガ) (3:05)
12. 恋のとりこに(カルバン・リチャードソン) (2:57)
13. グリム・グリニング・ゴースト(シンギング・バスツ) (1:07)
14. ホーンテッドマンション 序曲(スコア)(マーク・マンシーナ) (6:13)
15. ソー・ロング(シンギング・バスツ) (0:22)

国内盤



モル・フランダース

モル・フランダース
MOLL FLANDERS (1996)

ペン・デンシャム監督作、ロビン・ライト、モーガン・フリーマン出演「モル・フランダース」サウンドトラック。

マーク・マンシーナ作曲、コーラスを取り入れたタイトル曲「Moll Of Flanders」や、オーケストラ/コーラスの「Sparrows」
ケルト・ミュージック風の「Moll’s Jig」と、サラ・マクラクランの主題歌「Full Of Grace」を収録。

この他はクラシック曲で、バッハ「G線上のアリア (Bach: Suite #3 In D Major, BWV – Allegro)」、ヴィヴァルディ「マンドリンと弦楽のための協奏曲ハ長調RV.425,P.134よりアレグロ (Vivaldi: Concerto In C, RV – Alegro)」、ヘンデル「水上の音楽 (Handel: Water Music, Suite #1 In F Major – Hornpipe And Andante)」等で全19曲69分収録。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 3 =