Soundtrack Paradise

スチュワート・コープランド Stewart Copeland


スチュワート・コープランド

Stewart Copeland

 




ウォール街/トーク・レディオ
ウォール街/トーク・レディオ

WALL STREET / TALK RADIO
ウォール街/トーク・レディオ

オリバー・ストーン監督作、マイケル・ダグラス、チャーリー・シーン、ダリル・ハンナ出演「ウォール街」と同じくオリバー・ストーン監督「トーク・レディオ」のカップリング盤サウンドトラック。
元ポリスのドラマー、スチュワート・コープランドの映画音楽の代表作でパーカッション/ドラムを効果的に鳴らす、ウォール街「Bud’s Scam」のほかシンセ/プログラミング曲、「トーク・レディオ」にはピアノによるサスペンス調の音楽に電話でのセリフなどもコラージュした音楽を収録しています。
全12曲30分収録。

続編の「ウォール・ストリート」↓
Ost: Wall Street
Ost: Wall Street
スコアはクレイグ・アームストロング、その他の楽曲では、デヴィッド・バーン&ブライアン・イーノに、トーキング・ヘッズの「THIS MUST BE THE PLACE (NA’VE MELODY)」も収録。



ランブル・フィッシュ

ランブルフィッシュ
RUMBLE FISH  (1983)

ミッキー・ローク、マット・ディロン、ダイアン・レイン、ニコラス・ケイジ、デニス・ホッパー、トム・ウェイツが出演、フランシス・フォード・コッポラ監督のモノクロ作品(パート・カラー)による少しノスタルジックな青春映画「ランブルフィッシュ」サウンドトラック。

元ポリスのメンバー、スチュワート・コープランドが初めて映画音楽を担当したもので、
スタン・リッジウェイがヴォーカルのレゲエ風のリズムのナンバー「Don’t Box Me In」の他は、ギター、パーカッション、ベース、シンセのほとんどのパートを一人で演奏、多重録音したもので、リズムの強いインスト曲を収録。全13曲43分収録。
この時のミッキー・ローク、ダイアン・レインはほんとよかったですね~、映画を見た後なら余韻に浸れる傑作のスコアです。




ハイランダー2

ハイランダー2/甦る戦士
HIGHLANDER 2: THE QUICKENING  (1990)

ラッセル・マルケイ監督作、クリストファー・ランバート、ショーン・コネリー出演のシリーズ2作目「ハイランダー2/甦る戦士」サウンドトラック。
「Bird Flight」「Destroy Shield」「Sunshield / Dam Escape」の3曲合計12分相当のスコアを収録、元ポリスのスチュワート・コープランドが作曲、シアトル・シンフォニーとコーラスによるスケールの大きなシンフォニック・スコアで迫力があります。その他グレン・ヒューズ、ルー・グラムなどロック系の楽曲で全10曲41分収録。


1. Heeren Stevens / Trust (4:05)
トラスト / ヘイレン・スティーヴンス
2. The Lou Gramm Band / One Dream (5:00)
ワン・ドリーム / ルー・グラム
3. The Magnetic AKA / Who’s That Man – Part I (4:45)
フーズ・ザット・マン / ザ・マグネティックAKA
4. Glenn Hughes / Haunted (4:04)
ホーンテッド / グレン・ヒューズ
5. Notorious / Here We Go (3:55)
ヒア・ウィー・ゴー / ノトーリアス
6. Brenda Russell / As Time Goes By (4:28)
アズ・タイム・ゴーズ・バイ / ブレンダ・ラッセル
7. Cash Hollywood featuring Ellis Hall / It’s A Perfect, Perfect World (3:05)
パーフェクト・ワールド / エリス・ホールとキャッシュ・ハリウッド
8. Bird Flight (4:00)
バード・フライト / シアトル交響楽団及び合唱団
9. Destroy Shield (2:04)
デストロイ・シールド / シアトル交響楽団及び合唱団
10. Sunshield / Dam Escape (6:16)
サンシールド / ダム・エスケイプ / シアトル交響楽団




RAPA NUI

モアイの謎
RAPA NUI

ケヴィン・レイノルズ監督、ケヴィン・コスナー製作、ジェイソン・スコット・リー主演、イースター島を「舞台にしたアドベンチャー作品「モアイの謎」サウンドトラック。元ポリスのドラマー、スチュワート・コープランドの作曲・演奏でパーカッションを中心とした民俗楽器によるスコア曲で、ジャド・ミラー(ウィンド・シンセ)とポリネシアン・コーラスを取り入れた大自然系の壮大な楽曲です。全13曲40分収録。


サントラ

Leopard Son
スチュワート・コープランド

タンザニアのヒョウを撮影した動物ドキュメンタリー作品「Leopard Son(日本未公開)」サウンドトラック。
元ポリスのスチュワート・コープランドによる作曲/演奏でスタンリー・クラーク(bs)、マイケル・トンプソン(g)が参加、数曲はオーケストラ演奏も加わるものです。全14曲35分収録。輸入盤。



メン・アット・ワーク

エミリオ・エステヴェス、チャーリー・シーン主演のコメディー「メン・アット・ワーク(MEN
AT WORK)」サウンドトラック。エンニオ・モリコーネ「ウェスタン」サウンドトラックのハーモニカ音をサンプリングしたBLOOD
BROTHERS/BACK TO BACK のほかUB40、ブラック・ウフル、スライ・アンド・ロビー、ジギー・マーリー、サード・ワールドなどレゲエ/ダブを中心に選曲、サンプリングやエフェクト使用のリズムだけで作られた、スチュワート・コープランドのスコア2曲収録。全12曲48分収録。現在廃盤です。


下記はサウンドトラックではありません


STRONTIUM 90

STRONTIUM 90

元GONGのマイク・ハウレット率いるストロンチウム90、ポリス結成以前にスティング、アンディ・サマーズ、スチュワート・コープランドが1976、77年に顔合わせして録音したスタジオとライヴ音源や、スティングによるアコースティック弾き語り「Every Little Thing She Does Is Magic(マジック)」等、全9曲43分収録。

1. Visions Of The Night
2. New World Blues
3. 3 O’Clock Shot (live at Cirque Hippodrome, Paris, France – 1977 May 27)
4. Lady Of Delight
5. Electron Romance
6. Every Little Thing She Does Is Magic (acoustic demo)
7. Towers Tumbled
8. Electron Romance (live at Cirque Hippodrome, Paris, France – 1977 May 27)
9. Lady Of Delight (live at Cirque Hippodrome, Paris, France – 1977 May 27)



I love ペッカー

I love ペッカー
PECKER (1998)

ジョン・ウォーターズ監督作、エドワード・ファーロング、クリスティーナ・リッチ出演のコメディ「I love ペッカー」サウンドトラック。

ナッティ・スキッレルズ(The Nutty Squirrels)のムシ声の曲「Uh! Oh!」や、ロッカティーンズ「Woo-Hoo」等のほか、元ポリスのスチュワート・コープランド作によるスコア曲等全16曲39分収録。


1. Happy-Go-Lucky-Me / Paul Evans (2:00)
ハッピー・ゴー・ラッキー・ミー (ポール・エヴァンス)
2. The Love Chase / Stewart Copeland (1:17)
ラヴ・チェイス
3. I’m A Nut / Leroy Pullins (2:32)
アイム・ア・ナット (リロイ・プリンズ)
4. Memama / Stewart Copeland (0:36)
ミーママ
5. Uh! Oh! (Part 1) / The Nutty Squirrels (2:20)
アウ!オウ! (パート1) (ナッティ・スキッレルズ)
6. Straight Boys / Vicky Randle & Stewart Copeland (1:42)
ストレート・ボーイズ (ヴィッキー・ランドル&スチュワート・コープランド)
7. I’m Gonna Sit Right Down And Write Myself A Letter / Billy Williams (2:09)
アイム・ゴナ・シット・ライト・ダウン・アンド・ライト・マイセルフ・ア・レター (ビリー・ウィリアムズ)
8. In The Mood / Henhouse Five Plus Too (2:42)
イン・ザ・ムード (ヘンハウス・ファイヴ・プラス・トゥー)
9. Back To Hampden/Sneaky Shelly / Stewart Copeland (1:45)
バック・トゥ・ハンプデン~スニーキー・シェリー
10. Baltimore, You’re Home To Me / Dave Hardin (2:46)
ボルティモア,ユー・アー・ホーム・トゥ・ミー (デイヴ・ハーディン)
11. Thrift Shop Fashion Shoot / Stewart Copeland (1:55)
スリフト・ショップ・ファッション・シュート
12. Don’t Drop The Soap (For Anyone Else But Me) / Stewart Copeland & Stan Ridgway (2:23)
ドント・ドロップ・ザ・ソープ (フォー・エニワン・エルス・バット・ミー) (スタン・リッジウェイ&スチュワート・コープランド)
13. New York Montage / Stewart Copeland (0:52)
ニューヨーク・モンタージュ (スチュワート・コープランド)
14. Pecker Man / Damecus Metuyer & Stewart Copeland (4:47)
ペッカー・マン (ダームカス・メトヤー&スチュワート・コープランド)
15. Swamp Thing / The Grid (7:14)
スワンプ・シング (グリッド)
16. Woo-Hoo / The Rock-A-Teens (2:06)
ウー・フー (ロッカティーンズ)

国内盤


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × four =