Soundtrack Paradise

クインシー・ジョーンズ QuincyJones


クインシー・ジョーンズ

QuincyJones




質屋

質屋
THE PAWNBROKER (1964)
恐怖との遭遇
THE DEADLY AFFAIR (1967)

シドニー・ルメット監督作、ロッド・スタイガー主演「質屋」と同じくルメット作品でジョン・ル・カレ原作の映画化、ジェームズ・メイソン、マクシミリアン・シェル、シモーヌ・シニョレ出演「恐怖との遭遇」のカップリング盤サウンドトラック。

クインシー・ジョーンズが手掛けた映画音楽の中でも最初期の作品「質屋」は、マーク・アレンのヴォーカルによる主題歌とサラ・ヴォーンのバージョンを収録。その他のスコア曲はジャズ・スコアで演奏にはフレディ・ハバード(tp)、J.J.ジョンソン(tb)、アンソニー・オルテガ(ss)、オリヴァー・ネルソン(as/ts)、ケニー・バレル(g)、エルヴィン・ジョーンズ(ds)、ボビー・スコット(p)等参加しています。

「恐怖との遭遇」はアストラッド・ジルベルトのヴォーカル・メイン・テーマ「Who Needs Forever?」、同曲のハンク・ジョーンズのピアノ・ソロと、ボサ・ノバのリズムにトランペット、サックス等を入れたスコア曲を収録。(演奏者は不明ですがヴァン・ゲルダー・スタジオでの1966年録音)

輸入盤




In The Heat Of The Night (1967 Film)

They Call Me Mister Tibbs! (1970 Film)
夜の大捜査線 / 続 夜の大捜査線

当時のアカデミー作品賞、主演男優賞など5つのアカデミー賞に輝いた「夜の大捜査線」と迫力のブラス・サウンドが炸裂する「続
夜の大捜査線」のカップリング盤です。故レイ・チャールズの歌うタイトル曲[IN
THE HEAT OF THE NIGHT]や、クインシー・ジョーンズ作曲、グレン・キャンベル(g)や、ローランド・カークらが参加した強烈なグルーヴ感は今では再現不可能な傑作のスコアです。





カラー・パープル
カラー・パープル

カラーパープル
THE COLOR PURPLE (1985)

スティーヴン・スピルバーグ監督作、ウーピー・ゴールドバーグ、マーガレット・エイヴリー 、ダニー・グローヴァー出演「カラーパープル」サウンドトラック。
クインシー・ジョーンズ作曲のスコアで、静かでもの悲しいメロディの「Corrine and Olivia」「The Separation」やヴォーカル曲、にタタ・ヴェガによるブルース「Miss Celie’s Blues(Sister)」や40名に及ぶ聖歌隊/ゴスペル「Maybe God Is Tryin’ To Tell You Somethin’」と、ルイ・アームストロングの1930年録音「My Heart (Will Always Lead Me Back To You)」ジョン・リー・フッカー(g,vo)、ソニー・テリー(hca)のカントリー・ブルース「Don’t Make Me No Never Mind」などブルース、ジャズを収録したCD2枚組、全30曲78分収録。

ジェローム・リチャードソン(ss)、グレッグ・フィリンゲンズ(key),
ハーヴェイ・メイソン(ds)、アーニー・ワッツ等大勢の有名ミュージシャンが参加しています。



ミニミニ大作戦
THE ITALIAN JOB (1969)

マイケル・ケイン、ノエル・カワード出演、ピーター・コリンソン監督の1969年版「ミニミニ大作戦」サウンドトラック。

クインシー・ジョーンズ作曲の音楽で、「ロシアより愛をこめて」で有名なマット・モンローの歌う主題歌[ON DAYS LIKE THESE]と同曲の女性コーラス/イージー・リスニング風アレンジの11曲目、アルトサックス奏者ピーター・キングがソロを吹く6曲目、パーカッションとハーモニカで賑やかな「It’s Caper Time」、「グリーンスリーヴス」をハープシコード&ウッドベースでアレンジした「Greensleeves & All That Jazz」等全12曲28分収録。


1. On Days Like These / Matt Monroe (3:43)
2. Something’s Cookin’ (2:33)
3. Hello Mrs. Beckerman! (1:05)
4. Britannia & Mr Bridger, If You Please (2:02)
5. Trouble For Charlie (1:49)
6. On Days Like These (Self Preservation Society instrumental) (3:12)
7. It’s Caper Time (Self Preservation Society Instrumental) (3:16)
8. Meanwhile, Back In The Mafia (1:26)
9. Smell The Gold! (1:35)
10. Greensleeves & All That Jazz (2:09)
11. On Days Like These (Reprise) (1:16)
12. Getta Bloomin’ Move On! (Self Preservation Society) (3:55)



ゲッタウェイ
ゲッタウェイゲッタウェイ

ゲッタウェイ
GETAWAY

サム・ペキンパー監督作、マックイーン主演のアクション「ゲッタウェイ」

クインシー・ジョーンズ作曲、ハーモニカにはトゥーツ・シールマンが参加、哀愁漂う楽曲ですが、残念ながらCD化はありません。上記は7インチ・レコードのジャケットです。


SOLO ALBUM

The Dude

The Dude (1981)
Quincy Jones

大島渚監督の同題映画「愛のコリーダ」(1976年)に捧げたヒット曲「Ai No Corrida」のほか、ジェームス・イングラムのバラード「Just Once」、
パティ・オースティンのヴォーカル、ルイス・ジョンソンのベースも気持ちいい「Betcha’ Wouldnt’ Hurt Me」等全9曲41分収録。

演奏にはハービー・ハンコック、トゥーツ・シールマンス、アーニー・ワッツ、スティーヴ・ルカサー、マイケル・ジャクソン、スティーヴィー・ワンダー、ジョニー・マンデル、グレッグ・フィリンゲンス、イアン・アンダーウッド、ジョン・ロビンソン等超豪華ミュージシャンが参加しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × two =