Soundtrack Paradise

ミクロス・ローザ Miklos Rozsa (1907-1995)


ミクロス・ローザ

Miklos Rozsa (1907-1995)

 



タイム・アフター・タイム

タイム・アフター・タイム
TIME AFTER TIME (1979)

マルコム・マクダウェル、デヴィッド・ワーナー、メアリー・スティーンバージェン出演、ニコラス・メイヤー監督作「タイム・アフター・タイム」サウンドトラック。

ミクロス・ローザ作曲、Southern Cross盤と違い、FSMよりオリジナル・サウンドトラック音源で初CD化。シベリウス「Valse Triste」を流用したピアノ、ストリングスのワルツ「The Time Machine Waltz」、重厚な迫力のあるサスペンス・スコアが聞ける「The Ripper/Pursuit」「Dangerous Drive」等、ローザ晩年の作品ですが聞きごたえのある作品です。全27曲53分収録、限定3000枚。

タイム・アフター・タイム
TIME AFTER TIME

1. Warner Bros. Logo (Max Steiner)/Prelude (1:20)
2. Jack!/L’Aio de Rotso (1:18)
3. Farewell (0:55)
4. The Vaporising Equaliser (0:29)
5. Search for the Ripper (1:28)
6. The Time Machine (1:34)
7. Decision (0:47)
8. Taking Off/Time Travel (2:49)
9. Man Before His Time (1:55)
10. First Bank Montage/Second Bank Montage (1:04)
11. Utopia/Car Ride (1:59)
12. Cartoon/War (0:23)
13. The Ripper/Pursuit (3:14)
14. The Time Machine Waltz (4:33)
15. The Redwoods (2:09)
16. Palace of Fine Arts/The Dinner/Search for a Victim (2:29)
17. A New Victim/Frightened (1:54)
18. The Telephone Book/The Envelope (0:45)
19. Decision for Murder/Murder (1:59)
20. The Prism Pin/The Fifth Victim (2:04)
21. The Last Victim/Aftermath (2:29)
22. Valium/H.G. Arrested (1:28)
23. 3:20 P.M./Nocturnal Visitor (2:11)
24. Despair (1:05)
25. Dangerous Drive (2:59)
26. The Journey’s End/Finale (3:45)
27. The Time Machine Waltz (4:59)




ソドムとゴモラ
ソドムとゴモラSODOM AND GOMORRAH

ソドムとゴモラ
SODOM AND GOMORRAH (1961)

スチュワート・グレンジャー、アヌーク・エーメ、ロッサナ・ポデスタ、ピア・アンジェリ出演、ロバート・アルドリッチ&セルジオ・レオーネ監督作「ソドムとゴモラ」、劇中では使用されなかった6曲をボーナス・トラックとして追加した全50曲111分収録のコンプリート・スコア/デラックス・エディション。

ミクロス・ローザ作曲、「ベン・ハー」「エル・シド」「キング・オブ・キングス」と同じくスペクタクルな歴史劇で、ミクロス・ローザの代表作。
1曲目の「Overture (序曲)」から何度でも聞けるようなスペクタクルなオーケストラ・スコアで、テーマ・アレンジでの「Il Giordano」や、「La Sconfitta Astaroth」「La Battaglia Della Diga」での激しい金管が鳴るアクション・スコア等と劇中でのアラビックなダンス曲を収録。
イタリアGDM盤、フルカラー20ページのブックレット付き。(内容が良い&楽曲の多さで聞きつぶすにはかなりの時間がかかりそうです…お薦め盤ですが限定1000セットです)
SODOM AND GOMORRAHソドムとゴモラ

アメリカ盤/全23曲63分収録のCAMBRIA盤、全22曲53分収録↓
CAMBRIA

アメリカ盤/COLLECTABLEレコードからリリースの廉価盤。全15曲42分収録↓
COLLECTABLE





ベン・ハー
(iTunes版は14曲)

ベン・ハー
BEN-HUR (1959)

ウィリアム・ワイラー監督作、チャールトン・ヘストン、ジャック・ホーキンス、スティーブン・ボイド等出演の歴史劇「ベン・ハー」サウンドトラック。

ミクロス・ローザ指揮、プロローグ/序曲から海戦のシーン「Naval Battle」、インターミッションのスコアを挟んで後半のマーチ曲「Bread And Circus March」、戦車競技スタート前の「Parade Of The Charioteers」、キリストが登場のシーン「Christ’s Theme」「The Miracle And Finale」など劇中の主要シーンのスコア曲をほとんど収録したCD2枚組です。スペクタクルなシンフォニック・スコアを楽しめる全33曲92分収録。


Ben-Hur - A Tale Of The Christ: Original Motion Picture Soundtrack (1959 Version)

Ben-Hur: A Tale Of The Christ
ベン・ハー (1959)

ウィリアム・ワイラー監督作、撮影に6年をかけた超大作「ベン・ハー」サウンドトラック。ミクロス・ローザによるオリジナル・スコア。
デジタル・リマスターで音質も良くアウトテイクや、本編では使われなかった長いバージョンなどを合わせて全88曲、147分を収録した2枚組。
48ページにも及ぶブックレットには貴重な写真も豊富に掲載、RHINO盤の豪華なジャケットです。


ベン・ハーベンハー

ベン・ハー (国内盤)
Miklos Rozsa

1999年発売の日本盤。全36曲73分収録。(現在廃盤)





ローザ

El Cid / Ben Hur / King Of Kings
エル・シド/ベン・ハー/キング・オブ・キングス

ミクロス・ローザ作曲のスペクタクルなドラマ/史劇の代表作「エル・シド」「ベン・ハー」「キング・オブ・キングス」の3作品のスコア集。いずれも序曲/またはテーマ曲と主要のスコア曲で、1962年にリヒャルト・ミュラー=ランペルツ指揮、ハンブルグ・コンサート・オーケストラの演奏、「ベン・ハー」から「愛のテーマ(LOVE THEME)」、や奇蹟が起こるラスト「Miracle and Finale」、「キング・オブ・キングス」でのコーラス入りのオーケストラなどダイナミックな演奏が楽しめます。全13曲39分収録。




THE GOLDEN VOYAGE OF SINBAD
MIKLOS ROZSA
シンドバッド黄金の航海
ミクロス・ローザ

後に「007/私を愛したスパイ」にも登場したしたグラマラスな美女、キャロライン・マンローと、六本腕の女神、ケンタウロス、グリフォンなどの独特のクリーチャーが登場するハリーハウゼンの人気作品「シンドバッド黄金の航海」サウンドトラック。「ベン・ハー」「キング・オブ・キングス」などスペクタクル/巨編の音楽を手がけたミクロス・ローザによる作曲、古い音源の為、あまりクリアな音質ではありませんが、ローマ・シンフォニーによる重圧なアドベンチャー・スコアが聴けます。全18曲54分収録。Prometheus盤(輸入盤)



白い恐怖

白い恐怖~ミクロス・ローザ作品集
Miklos Rozsa The Music Of Miklos Rozsa

グレゴリー・ペック、イングリッド・バーグマン出演のヒッチコックの名作「白い恐怖」、
ジュリアン・デュヴィヴィエ「舞踏会の手帳」のアメリカ版リメイク「リディアと4人の恋人」等、ミクロス・ローザ作曲のスコアをエルマー・バーンスタイン指揮、ユタ交響楽団で演奏したものです。「リディアと4人の恋人」と「白い恐怖」はそれぞれ15分と22分の組曲で迫力のオーケストラ演奏が楽しめます。
全4曲44分収録。


1.「ザ・ワールド,ザ・フレッシュ・アンド・ザ・デヴィル」序曲
Overture: The World, The Flesh And The Devil (3:38)
2.「リディアと4人の恋人」コンチェルト
New England Concerto(15:03)
3.「ビコーズ・オブ・ヒム」序曲
Overture: Because Of Him (3:26)
4.「白い恐怖」コンチェルト
Spellbound Concerto (22:43)



失われた週末

失われた週末
THE LOST WEEKEND (1945)
狩人の夜 (殺人者のバラード)
THE NIGHT OF THE HUNTER (1955)

ビリー・ワイルダー監督作、ミクロス・ローザ作曲「失われた週末」(1945年)と、ロバート・ミッチャム、リリアン・ギッシュ出演、ウォルター・シューマン作曲「狩人の夜 (殺人者のバラード)」(1955年)の2作品を収録したサウンドトラック。

ミクロス・ローザ作曲「失われた週末」は組曲で33分のスコア、
ウォルター・シューマン作曲「狩人の夜 (殺人者のバラード)」は、かなりの部分で監督チャールズ・ロートンのナレーションが被さっています。

いずれも古い音源のため、あまり音質はクリアではありません。


1. The Lost Weekend Symphonic Suite (33:15)
2. Night Of The Hunter (part 1) (18:20)
3. Night Of The Hunter (part 2) (16:26)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 4 =