Soundtrack Paradise

ジョン・オットマン JOHN OTTMAN

[`yahoo` not found]

ジョン・オットマン

JOHN OTTMAN

 




スーパーマン リターンズ

スーパーマン リターンズ
SUPERMAN RETURNS (2006)
JOHN OTTMAN
JOHN WILLIAMS (THEMES)

ブライアン・シンガー監督が「X-MEN3」を監督交代してまで撮った「スーパーマン リターンズ」サウンドトラック。

以前までのシリーズと同じく、青白く光るオープニングのクレジットをバックにジョン・ウィリアムズ作曲のオリジナル・テーマが勇壮に響く「Main Titles」、スコア曲はジョン・オットマン作、序盤のジャンボ・ジェット救出シーン「Rough Flight」、コーラスを取り入れたSF的な広がりのあるスコア「Tell Me Everything」「IN THE HANDS OF MORTALS」等と随所にジョン・ウィリアムズのフレーズも盛り込んだアクション・スコアが楽しめます。全15曲55分収録。

国内盤

劇中にはマーロン・ブランド(過去の映像と声)を登場させたり



セルラーセルラー

セルラー
CELLULAR (2004)

「スネーク・フライト」をヒットさせたデヴィッド・リチャード・エリス監督の2004年作品、キム・ベイシンガー、クリス・エヴァンス、ジェイソン・ステイサム出演のサスペンス「セルラー」サウンドトラック。

ジョン・オットマン作曲、エレクトリック・ギター、シンセ/プログラミングを中心のサスペンス・スコアですが、「Going Shopping」「The Pier」「Porsche/SimpleBio」等では金管やパーカッション等シンフォニック・オーケストラと合わせた重厚で激しいスコア曲も楽しめます。

1. Opening/Abduction (3:13)
2. Going Shopping (3:35)
3. Making A Connection (2:23)
4. Freeing Ricky (4:08)
5. Mooney’s Curious (1:24)
6. Schools Out (4:25)
7. The Bait (3:10)
8. Epiphany/Bank (4:05)
9. LAX (4:25)
10. We’re Going To Die (2:15)
11. The Pier (4:13)
12. Lost Connection/Dirty Cops (4:45)
13. Porsche/SimpleBio (3:39)
14. Police Station (4:05)
15. Fake Out (2:16)
16. Shoot Out (5:42)

エンディングのニーナ・シモン「シナーマン (Sinnerman)」のリミックス・バージョンは、このサウンドトラックには収録していません。
この曲は「マイアミ・バイス (2006)」の劇中でも使われています。

または「Verve Remixed, Vol. 3」にも同じヴァージョンを収録しています。





ユージュアル・サスペクツ
THE USUAL SUSPECTS  (1995)

ブライアン・シンガー監督作、スティーヴン・ボールドウィン、ガブリエル・バーン、ベニチオ・デル・トロに、「セブン」と同年に公開された為、ケビン・スペイシーの出世作となった「ユージュアル・サスペクツ」サウンドトラック。

ジョン・オットマン作曲、ブラスとティンパニーの衝撃音による強力なオーケストラ・スコア曲「Getting On Board」「The Garage」「Payback Time」に、謎解きが解明される後半のクライマックス・スコア「The Greatest Trick」と、ジョン・キュールの演奏でドビュッシーのピアノ曲(音と香りは夕暮れの大気に漂う/Les Sons Et Les Pafums Tournent Dans l’Air Du Soir〉
を収録した全24曲53分収録。国内盤

「Payback Time」は映画「L.A.コンフィデンシャル」の劇場予告編の音楽の一部に使われています。

1. Main theme (3:43)
2. Getting on board (2:59)
3. The story begins (1:12)
4. Payback time (1:42)
5. Farewell Fenster (0:47)
6. He’s here (1:49)
7. The garage (2:25)
8. Verbal Kint (2:12)
9. Keyser appears (2:36)
10. It was beautiful (1:20)
11. The arrests (1:20)
12. Redfoot (1:42)
13. New York’s finest (1:46)
14. Kobayashi’s domain (2:25)
15. The killing of a rat (3:31)
16. I work for Keyser Svze (1:39)
17. The faces of his family (1:48)
18. The plan begins (1:58)
19. Back to the pier (3:40)
20. Casing the boat (1:57)
21. A gift (1:39)
22. The greatest trick (3:18)
23. The water (2:36)
24. Les sons et les parfums tournent dans l’air du soir (3:31)





迷宮のレンブラント

迷宮のレンブラント
INCOGNITO  (1997)

ジョン・バダム監督作
ジェイソン・パトリックとロッド・スタイガーに、「ふたりのベロニカ」「トリコロール/赤の愛」のイレーヌ・ジャコブ出演のサスペンス「迷宮のレンブラント」サウンドトラック。

ジョン・オットマン作曲、複雑でとても聞きごたえのある管弦楽曲のスコアで[Tricks Of The Trade]の迫力や、絵画創作シーンを盛り上げる[The Creation]、
重量級のサスペンス・スコア「Bad Deal」など全23曲49分収録。ジョン・オットマンの代表作として特にお薦めできる作品です。





ゴールデンボーイ

ゴールデンボーイ
APT PUPIL  (1998)

スティーヴン・キング原作、ブライアン・シンガー監督作、イアン・マッケラン、ブラッド・レンフロー出演のサスペンス「ゴールデンボーイ」サウンドトラック。

ジョン・オットマン作曲、ワルツ調で始まり徐々に不気味な金管の響きが増してくるメイン・テーマ、ブラスと強烈な衝撃音による「Cat Bake」「Recognition」や、
「オーメン」を思い出させるオカルト風のコーラスを取り入れた強力なスコア曲「Extradition」など、優雅さと不気味な暗さを併せ持つサスペンス・スコアです。




蝋人形の館
蝋人形の館

HOUSE OF WAX [SCORE]
蝋人形の館(スコア)
(2005)

「24(Twenty Four)」のキム役でおなじみのエリシャ・カスバート主演、チャド・マイケル・マーレイ、ブライアン・ヴァン・ホルトのほか、パリス・ヒルトン出演、「蝋人形の館」サウンドトラック。

ジョン・オットマン作曲ハル・ベリー主演の「ゴシカ」に引き続きダーク・キャッスル製作の音楽を担当したもので、コーラス、シンセとオーケストラによるゴシック・ホラー・スコア。
Deborah Lurie(デボラ・ルーリー)とジョン・オットマン自身のコーラスも聴ける1曲目のオープニング曲「Opening/Tantrum」、低音のホーン・リフ、パーカッションとコーラスの「Ritual/Escape from Church」、ジョン・オットマン自身の演奏によるパイプ・オルガン曲「Endless Service」、衝撃的なホラー・サウンドと静寂が交互に展開する「Hanging With Baby Jane」や、「Paris Gets It」など後半は激しいホラー・スコアが響きます。全13曲41分収録。

(肉の蝋人形(1933)のオリジナル版、1953年のリメイクと2005年の本作品で2度目のリメイク)

——————————————–
PRODIGY, DEFTONES, DISTURBED, MARILYN MANSON~Dark New Day「Taking Me Alive」などハード/オルタナ勢とストゥージズ、ジョイ・ディヴィジョンなど収録のサウンドトラック。↓
1. Spitfire – The Prodigy
2. I Never Told You What I Do for a Living – My Chemical Romance
3. Minerva – Deftones
4. Gun in Hand – Stutterfly
5. Prayer – Disturbed
6. Path to Prevail – Bloodsimple
7. Dried Up, Tied and Dead to the World – Marilyn Manson
8. Dirt – The Stooges
9. Not That Social – The Von Bondies
10. Cut Me Up – Har Mar Superstar
11. New Dawn Fades – Joy Division
12. Taking Me Alive – Dark New Day
House of Wax [2005 Original Soundtrack]




X-MEN2
X2 (2003)

ブライアン・シンガー監督作、パトリック・スチュワート、ヒュー・ジャックマン、イアン・マッケラン、ファムケ・ヤンセン等出演のシリーズ2作目「X-MEN2」サウンドトラック。

ジョン・オットマン作曲のオーケストラ・スコアで、7分に及ぶスケールの大きな組曲「Suite From X2」や重厚で迫力のシンフォニック・スコア「Mansion Attack」「Getting Out Alive」等全16曲60分収録。


1. Suite From X2 (7:11)
2. Storm’s Perfect Storm (2:18)
3. Finding Faith (1:31)
4. Sneaky Mystique (3:31)
5. Cerebro (1:28)
6. Mansion Attack (7:34)
7. Rogue Earns Her Wings (1:36)
8. It’s Time (3:40)
9. Magneto’s Old Tricks (4:59)
10. I’m In (4:12)
11. If You Really Knew (3:22)
12. Playing With Fire (2:45)
13. Death Strikes Deathstryke (4:52)
14. Getting Out Alive (3:59)
15. Goodbye (5:28)
16. We’re Here To Stay (1:48)



グリム・ブラザーズ/スノーホワイト

シガーニー・ウィーヴァー、サム・ニール出演のホラ-/ファンタジー「グリム・ブラザーズ/スノーホワイト」サウンドトラックです。最近でも「X-MEN2」「ゴシカ」などを手掛けたジョン・オットマン作曲のダーク・ファンタジー・スコアを22曲60分収録しています。オーケストラ・スコアで迫力もありお薦めできます。(輸入盤)


グッバイ・ラバー

「キリング・フィールド」のローランド・ジョフィ監督作、パトリシア・アークエット主演の犯罪サスペンス「グッバイ・ラバー」サウンドトラック。最近では「X-MEN2」「ゴシカ」の音楽を手掛けたジョン・オットマン作曲、ピアノやサックスをリードにした小編成のストリングス・オーケストラのスコア盤です。全24曲36分収録しています。





LAKE PLACID
U.M.A/レイク・プラシッド

ビル・プルマン、ブリジット・フォンダ主演のパニック映画「U.M.A/レイク・プラシッド」サウンドトラック。ジョン・オットマン作曲、[CLOSE CALL],[HERE HE COMES]など重量級のシンフォニック・オーケストラで迫力があります。全16曲47分収録。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 + twenty =