Soundtrack Paradise

ヘンリー・マンシーニ HENRY MANCINI

[`yahoo` not found]

ヘンリー・マンシーニ

HENRY MANCINI





スペースバンパイア
スペースバンパイア

スペースバンパイア
LIFEFORCE (1985)

「悪魔のいけにえ」「ポルターガイスト」のトビー・フーパー監督作、スティーヴ・レイルズバック、ピーター・ファースに、全裸の美女ヴァンパイア役でマチルダ・メイが出演したSF/ホラー「スペースバンパイア」サウンドトラック。
ヘンリー・マンシーニ作曲、ロンドン交響楽団の演奏。オープニング、シンフォニックの迫力で聞かせるテーマ曲が特に有名な作品で、他のスコア曲も全般に金管を鳴らしたスコアでとても聞きごたえのある作品です。ヘンリー・マンシーニの長いキャリアの中でも重圧なオーケストラ演奏が突出した音楽でお薦めできます。全11曲36分収録。

Mlilan盤のジャケット↓
スペース・バンパイア
スペースバンパイア

LIFEFORCE (EXAPNDED) 完全盤↓


スペースバンパイア完全盤
スペースバンパイア完全盤
スペースバンパイア完全盤

BUYSOUNDTRAXより2006年に限定3000セットで発売の完全盤。

劇中で実際に使用されたコンプリート・スコアとして26曲(ロンドン交響楽団演奏、1984年12月アビーロード・スタジオ録音)、その劇中の補足分スコアとして8曲(マイケル・ケイメン作曲・指揮、ナショナル・フィルの演奏、1985年録音)、ボーナストラックとして「Grandson Of Web: Film Version With Choir (Damaged)」、ディスク2の13~23曲目までは1985年発売のサウンドトラックと同内容の楽曲を収録した全46曲143分収録の完全盤。




ピンク・パンサー

ヘンリー・マンシーニ
ピンクの豹
THE PINK PANTHER  (1963)

ブレイク・エドワーズ監督作、ピーター・セラーズ、デヴィッド・ニーヴン主演で後にシリーズ化する「ピンク・パンサー」の第1作目「ピンクの豹」サウンドトラック。ヘンリー・マンシーニ作曲、
プラス・ジョンソンのサックスのフレーズとビッグ・バンド・ジャズの豪快なアレンジがかっこよい有名なテーマ曲をはじめ、
ムーディーな「Piano and Strings」、「Something for Sellers」などラテン風ジャズに、マンシーニとジョニー・マーサーの共作「今宵を楽しく(It Had Better Be Tonight)」など全12曲29収録。

なお劇中でフラン・ジェフリーズによって歌われていた「今宵を楽しく(It Had Better Be Tonight)」はサウンドトラックには収録されていません(このサントラで聞けるものはインストとコーラス・バージョン)、フラン・ジェフリーズ版は作詞家ジョニー・マーサーのトリビュート盤で聞くことができます。
Mostly Mercer

「ピンクの豹」現在はより曲数の増えた「Ultimate盤」が発売されています。
The Ultimate Pink Panther



ピンク・パンサー2

ピンク・パンサー2
THE RETURN OF THE PINK PANTHER (1975)

ブレイク・エドワーズ監督作、ピーター・セラーズ、クリストファー・プラマー、カトリーヌ・シェル出演「ピンク・パンサー2」サウンドトラック。
ヘンリー・マンシーニ作曲、お馴染みのテーマ曲のほか、ストリングスとアコースティック・ギターでのイージー・リスニング風「The Greatest Gift」、 エレピ、エレクトリック・ギター入りの70年代フュージョン風「Here’s Looking At You, Kid」、コーラス入りの「The Greatest Gift」等13曲39分収録。


1. The Pink Panther Theme (3:08)
ピンクの豹
2. The Greatest Gift (Instrumental) (2:24)
偉大なる贈り物
3. Here’s Looking At You, Kid (2:55)
ヒアズ・ルッキング・アウト・ユー,キッド
4. Summer In Gstaad (2:05)
サマー・イン・グスタード
5. So Smooth (4:08)
ソー・スムーズ
6. The Return Of The Pink Panther (5:14)
ピンク・パンサー2
7. The Greatest Gift (Vocal) (3:24)
偉大なる贈り物
8. The Orange Float (3:12)
オレンジ・フロート
9. Dreamy (3:25)
ドリーミー
10. Disco (2:10)
ディスコ
11. Navel Maneuver (2:15)
ネイヴェル・マヌーヴァー
12. Belly Belly Bum Bum (2:18)
ベリー・ベリー・バン・バン
13. The Wet Look (3:08)
ウェット・ルック

輸入盤


ピンクの豹

ピンクの豹
THE PINK PANTHER (1963)
ピンク・パンサー2
THE RETURN OF THE PINK PANTHER (1975)

ブレイク・エドワーズ監督作、ピーター・セラーズ出演のピンク・パンサー・シリーズ1作目「ピンクの豹」と「ピンク・パンサー2」のカップリング盤で全25曲68分収録。



ピンク・パンサー3

ピンク・パンサー3
THE PINK PANTHER STRIKES AGAIN (1976)

ブレイク・エドワーズ監督作、ピーター・セラーズ、コリン・ブレイクリー出演のピンク・パンサー3(原題:THE PINK PANTHER STRIKES AGAIN)サウンドトラック。(クルーゾー警部=ピーター・セラーズのシリーズとしては実際には4作目)

ヘンリー・マンシーニ作曲、有名なテーマ曲にバットマン、サウンド・オブ・ミュージック、 ヒッチコック劇場のテーマ等のワン・フレーズを盛り込んだ1曲目や、トム・ジョーンズの歌う「Come To Me」等全18曲47分収録。


1. Main Title From “The Pink Panther Strikes Again” (2:39)
2. The Inspector Clouseau Theme (3:12)
3. The Great Quasimodo Disguise (3:39)
4. Bier Fest Polka (2:46)
5. Come To Me (Instrumental) (2:59)
6. Until You Love Me (2:41)
7. Tom Jones / Come To Me (4:39)
8. Along Came Omar (2:24)
9. Until You Love Me (Instrumental) (3:21)
10. The Inspector Clouseau Theme (Reprise) (3:12)
11. The Evil Theme (3:02)
12. Exodus From The Castle (3:11)
13. How (0:53)
14. The Plan/The Snatch (2:14)
15. Until You Love Me (1:25)
16. The Doomsday Machine (2:57)
17. Organ Interlude By The ex-Chief Inspector Dreyfus (0:36)
18. End Credits (1:39)



グレートレース

グレートレース
THE GREAT RACE (1965)

ブレイク・エドワーズ監督作、ナタリー・ウッド、トニー・カーティス、ジャック・レモン、ピーター・フォーク 出演「グレートレース」サウンドトラック。

ヘンリー・マンシーニ作曲
ブラスバンドによる賑やかなマーチ曲の他、コーラス入り「スウィートハート・トリー」、優雅なワルツ曲「王宮のワルツ」、ドロシー・プロバインの歌う「あんちくしょう,ニクイ奴」等11曲27分収録。


1. Overture (3:41)
序曲~あんちくしょう,ひどい奴/スウィートハート・トリー/グレート・レース・マーチ
2. Push The Botton, Max (2:57)
ボタンを押せ,マックス
3. The Royal Waltz (1:41)
王宮のワルツ
4. Night, Night Sweet Prince (3:04)
ナイト・ナイト・スウィート・プリンス
5. They’re Off (1:33)
逃げた
6. The Sweetheart Tree (1:59)
スウィートハート・トリー
7. The Great Race March (1:52)
グレート・レース・マーチ
8. He Shouldn’t-a, Oughtn’t-a Swang On Me (3:11)
あんちくしょう,ニクイ奴
9. Music To Become King By (2:38)
即位式
10. Cold Finger (2:29)
コールド・フィンガー
11. Pie-In-The-Face Polka (2:25)
パイ合戦ポルカ

輸入盤
現在は「The Party」とのカップリング盤(輸入盤)も発売。




追跡

追跡
EXPERIMENT IN TERROR

グレン・フォードと「或る殺人」の美人女優リー・レミック主演、原作「戦慄作戦」を、「ティファニーで朝食を」のブレイク・エドワーズが製作・監督したドキュメンタリー・タッチのサスペンス映画「追跡」サウンドトラック。ヘンリー・マンシーニ作曲。
映画オープニング、ダークな犯罪映画の雰囲気の「追跡のテーマ」、ブラスとストリングスによる緊迫のサスペンス・スコア「ティーンエイジ・ホステイジ」や、「ピンク・パンサー」のサックスで有名なプラス・ジョンソンが参加したウェスト・コースト/ビッグ・バンド・ジャズ「ケリーズ・チューン」に、当時流行のツイストのジャズ演奏など全12曲32分収録。





ひまわり

ひまわり
Sunflower (Girasoli, I)(1970)

ヴィットリオ・デ・シーカ監督作、ソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニ、出演の名作「ひまわり」サウンドトック。ヘンリー・マンシーニ作曲、ひまわり畑のオープニング・シーンで流れる哀しくも美しいテーマ「Love Theme From Sunflower」
ボサノバのリズムで電気オルガンとアコーディオンのメロディによる「Giovanna」、コザック・ダンス風の「Love In The Sand」、ラスト・シーンの「The Parting In Milan (ミラノの別れ)」など全13曲33分収録。


1. Love Theme From Sunflower (2:29)
ひまわり (愛のテーマ)
2. Masha’s Theme (1:58)
マーシャのテーマ
3. Giovanna (1:58)
ジョバンナのテーマ
4. The Search (4:21)
アントニオを捜して
5. Love In The Sand (3:04)
砂上の恋
6. New Home In Moscow (1:20)
モスクワの新居
7. Two Girls (2:11)
二人の女
8. The Retreat (5:09)
退却
9. The Invitation (2:06)
招待
10. Masha Finds Antonio (3:35)
アントニオを助けだすマーシャ
11. The Parting In Milan (3:19)
ミラノの別れ

このサウンドトラックは日本のみで発売されています




シャレード

シャレード
CHARADE

スタンリー・ドーネン監督作、オードリー・ヘプバーン、ケイリー・グラント、ウォルター・マッソー、ジョージ・ケネディ、ジェームズ・コバーン出演の
1963年作「シャレード」サウンドトラック。ヘンリー・マンシーニ作曲、「007」のタイトルでも有名なモーリス・ビンダー作のタイトル画をバックに流れる「シャレード・メイン・タイトル」、アコーディオンに音色ではじまる「Bateau Mouche(夜のセーヌめぐり)」や軽快な「マンボ・パリジェンヌ」「オレンジ・タムレ」、ジョニー・マーサー作詞のヴォーカル・バージョンのテーマ曲など全13曲30分収録。




ティファニーで朝食を
ティファニーで朝食を

BREAKFAST AT TIFFANY’S
ティファニーで朝食を

ブレイク・エドワーズ監督作、オードリー・ヘプバーン、ジョージ・ペパード出演のロマンス/コメディ「ティファニーで朝食を」サウンドトラック。1961年の大ヒット曲「ムーンリバー」(「シャレード」「酒とバラの日々」なども有名なジョニー・マーサーの作詞)のほか、ビッグ・バンド「The Big Blow Out」やラテン/ボサノヴァ風ジャズ、コミカルな「芸術写真家ユニヨシ先生(Mr. Yunioshi)」などマンシーニ・サウンドの代表作品です。
全12曲34分収録。

劇中のオードリーによる歌は、収録されてておりません。





黒い罠

黒い罠
TOUCH OF EVIL  (1958)

チャールトン・ヘストン、ジャネット・リーに、オーソン・ウェルズ監督・出演の「黒い罠」サウンドトラック。「ハタリ」「ティファニーで朝食を」「ピンク・パンサー」以前のヘンリー・マンシーニの初期作品で、アフロ・キューバンのリズムやメキシコ音楽をジャズ・コンボ演奏で聞かせるほか、ブルース・ナンバー「Strollin’ Blues」やジャズ~インストのロックなど楽しめる作品。全20曲50分収録。



銃口

ブレイク・エドワーズ監督・脚本、クレイグ・スティーヴンス(ピーター・ガン役)主演、TVシリーズの「ピーター・ガン」の映画化作品「銃口(GUNN)」で、お馴染みのテーマ曲もエレクトリック・サックスを導入し、TVシリーズのテーマよりも豪華なアレンジになっています。レイ・ブラウン、シェリー・マン、ジミー・ロウルズ、バド・シャンクなど当時のモダン・ジャズの有名プレイヤーも参加した作品です。全13曲40分収録。93年発売



スウィッチ 素敵な彼女?

ヘンリー・マンシーニ エレン・バーキン主演のコメディ「スウィッチ 素敵な彼女?」サウンドトラックです。全9曲収録、91年発売以降再発していないタイトルで、今では入手が難しいと思います。


ヘンリー・マンシーニ/デイブ・グルーシン DTS-CD

ヘンリー・マンシーニ作曲「いつも二人で」「ピーター・ガン」「ミスター・ラッキー」「ハタリ」「小象の行進」などデイブ・グルーシン(p)によるジャズ・アレンジで聞かせるDTS-CDです。演奏はジョン
パティトゥッチ(b)、ハービー・メイソン(ds)、ラッセル・マローン(g)、トム・スコット(sax)らジャズ/フュージョンの一流ミュージシャンが参加、またダイアナ・クラールが2曲ヴォーカルで参加。DTS-CD(5.1ch)でとても豊かな臨場感で楽しめます。リア・チャンエルからもホーンが鳴りマルチ・チャンネルを楽しめる作品です。★★★DTS-CDの為、CDプレーヤーでは再生できません。DVDプレーヤーでの再生となり、AVサラウンド・アンプ(5.1ch)も無ければリア・チャンネル音声も鳴りません。


10「テン」

ブレイク・エドワーズ監督作、ボー・デレク、ダドリー・ムーア、ジュリー・アンドリュース出演「テン」サウンドトラック。ヘンリー・マンシーニによるピアノ・ソロによるテーマ曲や、ダドリー・ムーアのピアノ・ソロ、ジュリー・アンドリュースのヴォーカル曲~ラベルのボレロなどを収録した全12曲39分収録。




いつも2人で

TWO FOR THE ROAD
いつも2人で

スタンリー・ドーネン監督作、オードリー・ヘプバーン、アルバート・フィニー、ジャクリーン・ビセット出演の1967年作「いつも2人で」サウンドトラック。「ムーン・リバー(ティファニーで朝食を)」と並ぶヘンリー・マンシーニ作曲のテーマ曲が有名な作品で、「ドリトル先生不思議な旅」「ゴールドフィンガー」でも知られるレスリー・ブリカッセ作詞のコーラス・バージョンの1曲目や、「Something for Audrey」でのサックス/ピアノ・ソロ入りのジャズ・コンボ・バージョン、「Happy Barefoot Boy」のハモンド入りなど全12曲32分収録。

2004年発売の紙ジャケット限定盤
「いつも2人で」オリジナル・サウンドトラック(紙ジャケット仕様)

1991年発売の日本で最初のCD化でSLCファンクラブ時代の限定盤↓
いつも二人でいつも2人で




ピンク・パンサーの息子

ピンク・パンサーの息子
THE SON OF THE PINK PANTHER (1993)

ブレイク・エドワーズ監督作、ロベルト・ベニーニがクルーゾー警部を演じたシリーズ7作目「ピンク・パンサーの息子」サウンドトラック、ヘンリー・マンシーニ晩年の作曲で、お馴染みのテーマ曲をボビー・マクファーリンによる多重録音アカペラ・バージョンとマンシーニ楽団のオーケストラ・バージョンが聞けます。
スコア曲の演奏はナショナル・フィルの演奏で「The King’s Palace」、コメディ・タッチのアクション・スコア「The Bike Chase」や金管とストリングスが激しい迫力の「The Showdown」や優雅なオーケストラ曲「The King’s Palace」など全14曲35分収録しています。



ブラインド・デート

ブラインド・デート
BLIND DATE  (1987)

ブレイク・エドワーズ監督作、ブルース・ウィリス、キム・ベイシンガー出演のコメディ「ブラインド・デート」
サウンドトラック。
ゲイリー・モリス&ジェニファー・ウォーンズのデュエットによるテーマ「愛は心のままに」(ヘンリー・マンシーニ作曲)を1曲目に、劇中にも登場したスタンリー・ジョーダンやビリー・ベラ・アンド・ザ・ビーターズ、キース・ルニア、ヒューバート・タブスなどの歌曲とヘンリー・マンシーニによるインスト曲2曲を収録。全9曲33分収録。

1. Jennifer Warnes & Gary Morris / Simply Meant To Be (4:15)
2. Billy Vera & The Beaters / Let You Get Away (4:46)
3. Billy Vera & The Beaters / Oh, What A Nite (3:18)
4. Billy Vera & The Beaters / Anybody Seen Her? (3:30)
5. Keith L’neire / Talked About Lover (4:10)
6. Hubert Tubbs / Crash, Bang, Boom (3:39)
7. Henry Mancini / Something For Nash (3:30)
8. Stanley Jordan / Treasures (2:27)
9. Henry Mancini / Simply Meant To Be (3:43)




トムとジェリー ザ・ムービー

トムとジェリーの大冒険
TOM AND JERRY: THE MOVIE

劇場版「TOM AND JERRY: THE MOVIE」サウンドトラック。ヘンリー・マンシーニが1994年に作曲した遺作。1~7曲目までがミュージカル調の歌入りで、8~16曲目までがスコアによる音楽、和やかのものから明るく賑やかな楽曲で全16曲51分収録。


MONICA MANCINI

Monica Mancini

モニカ・マンシーニ

ヘンリー・マンシーニの娘、モニカ・マンシーニ、1998年リリースのアルバム。楽曲はすべてヘンリー・マンシーニのもので、トリビュート・アルバムのような内容で、「ひまわり(Loss of Love)」「酒とバラの日々」「その日その時」「いつも2人で」~ジョニー・マティスとのデュエットで「DREAMSVILLE」、映画「暁の出撃(Whistling Away the Dark)」テーマ、「シャレード」などをオーケストラやジャズ・アレンジで聞かせるヴォーカル・アルバムです。ヒューバート・ロウズ、マイケル・ラング等が参加しています。
全13曲45分収録。



モニカ・マンシーニ
MONICA MANCINI / Cinema Paradiso

ヘンリー・マンシーニの娘、モニカ・マンシーニが数々の映画音楽のテーマ曲に歌詞を付け歌ったアルバム。モリコーネ作「ニューシネマ・パラダイス」を1曲目に、ミシェル・ルグランの「おもいでの夏」、「オズの魔法使」から「Over The Rainbow」、「いそしぎ」~「The Shadow Of Your Smile」 、父ヘンリー・マンシーニ作曲「Soldier In The Rain」等を収録。
ストリングスや、ピアノをバックにしっとりと歌い上げる聞きやすい作品です。12曲49分収録。


1. Cinema Paradiso (Remember) (4:33)
ニュー・シネマ・パラダイス
2. A Day In The Life Of A Fool (4:04)
カーニヴァルの朝
3. The Summer Knows (4:52)
思い出の夏
4. A Love Before Time (3:44)
ラヴ・ビフォー・タイム
5. Soldier In The Rain (3:33)
雨の中の兵隊
6. Alfie (4:00)
アルフィー
7. Too Late Now (5:02)
トゥー・レイト・ナウ
8. The Shadow Of Your Smile (5:14)
いそしぎ
9. Baby Mine (4:28)
わたしの赤ちゃん
10. Senza Fine (2:46)
終り無く
11. I’ll Never Say Goodbye (3:48)
アイル・ネヴァー・セイ・グッドバイ
12. Over The Rainbow (3:11)
虹の彼方に

国内盤


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 − ten =