Soundtrack Paradise

ハロルド・フォルターメイヤー Harold Faltermeyer


ハロルド・フォルターメイヤー

Harold Faltermeyer

 



ビバリーヒルズ・コップ
BEVERLY HILLS COP(1984)

マーティン・ブレスト監督作、ドン・シンプソン/ジェリー・ブラッカイマー製作、エディ・マーフィ、スティーヴン・バーコフ出演の刑事アクション「ビバリーヒルズ・コップ」サウンドトラック。

グレン・フライの「ヒート・イズ・オン」、ポインター・シスターズ「ニュートロン・ダンス」、ハロルド・フォルターメイヤーのシンセサイザーによる【 アクセル・F 】テーマなどヒット曲を収録。


1. Patti LaBelle / New Attitude (4:38)
ニュー・アティチュード (パティ・ラベル)
2. Shalamar / Don’t Get Stopped In Beverly Hills (4:18)
ドント・ゲット・ストップト・イン・ビバリー・ヒルズ (シャラマー)
3. Junior / Do You Really (Want My Love) (3:44)
ドゥ・ユー・リアリー (ジュニア)
4. Rockie Robbins / Emergency (3:32)
エマージェンシー (ロッキー・ロビンス)
5. The Pointer Sisters / Neutron Dance (4:14)
ニュートロン・ダンス (ポインター・シスターズ)
6. Glenn Frey / The Heat Is On (3:46)
ヒート・イズ・オン (グレン・フライ)
7. Danny Elfman / Gratitude (5:05)
グラティチュード (ダニー・エルフマン)
8. Patti LaBelle / Stir It Up (3:36)
スター・イット・アップ (パティ・ラベル)
9. The System / Rock ‘n Roll Me Again (3:15)
ロックン・ロール・ミー・アゲイン (ザ・システム)
10. Harold Faltermeyer / Axel F (3:04)
アクセル・F (ハロルド・フォルター・マイヤー)

国内盤
——————————————–

↓midiのシンプルなアレンジです。
アクセル・Fのテーマ

この「アクセルF」はクレイジー・フロッグというアニメ・キャラクター(ヨーロッパの着メロ会社 Jamba!のキャラクター)によるカバーで2005年にヒット。下記のCDに収録しています↓
Presents Crazy Hits
日本盤はこちら

日本のアマゾンでは視聴できませんがアメリカAMAZONで試聴できます。



デッドフォールデッドフォール

デッドフォール
TANGO & CASH (1989)

アンドレイ・コンチャロフスキー監督作、シルヴェスター・スタローン、カート・ラッセル出演のアクション「デッドフォール」、La-La Land Recordsからリリースの初CD化(初ソフト化)サウンドトラック。

ハロルド・フォルターメイヤー作曲・演奏。

「Cash Intro/Chinese Assassin」でのハーモニカのような音や、「Brother & Sister」のクリアなギター・トーンを、当時のシンクラヴィア・システムで鳴らした全編シンセサイザー/エレクトリック・パーカッションのスコア。

軽快な「Bus Chase/Cocaine」「Cash Intro/Chinese Assassin」や、”アクセル・F”の音色に近い「Tango At The Office」、クライマックスでの「Cash In The Tunnel/Guards Come/Conan Fries」「Off Road Battle」等、オーケストラを使わずに密度の濃い音を聞かせるシンセ・スコアです。全23曲60分収録。



カフス!
KUFFS (1992)

クリスチャン・スレイター、ミラ・ジョヴォヴィッチ出演のアクション映画「カフス!」サウンドトラック。ハロルド・フォルターメイヤーによるシンセサイザー・スコアで「ビバリー・ヒルズ・コップ」のテーマ曲「アクセルF」のような音色で、軽快なアクション・スコアを聞かせます。全12曲30分収録。



トップ・ガントップガン

トップガン SPECIAL EXPANTED

当時の10曲入りLPに劇中で使われながら収録されなかった5曲を追加したSPECIAL EXPANTEDエディション・サントラ。

「デンジャー・ゾーン」/ケニー・ロギンス、「マイティ・ウィング」/チープ・トリック、「愛は吐息のように」/ベルリンなどのヒット曲と、ハロルド・フォルターメイヤーとギタリスト、スティーヴ・スティーヴンスによるインスト曲の10曲目「トップガン・アンセム」と、このCDで追加された
曲、オーティス・レディング「ドック・オブ・ベイ」、ジェリー・リー・ルイス「グレート・ボールズ・オブ・ファイア」、フォルターメイヤーのシンセ・インスト「メモリーズ」、ケニー・ロギンス「真昼のゲーム」の12インチ・バージョン、劇中でトム・クルーズが口ずさむ曲ライチャス・ブラザーズ「ユーヴ・ロスト・ザット・ラヴィン・フィーリング」を収録。
全15曲57分収録。

またこの「トップガン」や「フラッシュダンス」「ビバリーヒルズ・コップ」など83,4年頃からヒット作を連発、今も大作アクションなどでお馴染みジェリー・ブラッカイマーと故ドン・シンプソンによる製作のヒット作の原点のような作品。
この映画のおかげで当時、トップガン風短髪がはやってました。(さらに日本では織田裕二主演でベストガイが公開。。。)


ハロルド・F

ハロルド・F

1985年の6月にインストでありながらビルボード・チャートの第3位にマークしたビバリー・ヒルズ・コップのテーマ「アクセル・F」。
「ビバリーヒルズ・コップ」「トップガン」のサウンドトラックを手掛けた後に発表した1988年のソロ・ファースト・アルバム。

キース・フォーシーのヴォーカル入りのダンサブルな楽曲を中心に、ゲストとして1曲披露しているパティ・ラベルの歌う「Them Changes」(作詩・作曲はバディ・マイルスで、ジミ・ヘンドリックスのバンド・オブ・ジプシーズのカバー)と、最後に「アクセル・F」を収録(バージョンはサントラ盤と同じ)。全10曲43分収録。ギターにはトップガン・サウンドトラックのインスト曲「トップガン・アンセム」で共演したスティーヴ・スティーヴンスが参加しています。

1. Prophecy (4:34)
2. Appassionata (3:18)
3. Them Changes (4:12)
4. Must Be Paradise (4:30)
5. Bad Guys (4:40)
6. (To Live) The Pop Life (5:20)
7. Hunger of Love (4:41)
8. Stop Before You Break My Heart Again (4:34)
9. Wicked Wind (4:46)
10. Axel F (3:02)

輸入盤



バトルランナー
THE RUNNING MAN (1987)

ポール・マイケル・グレイザー監督作(「刑事スタスキー&ハッチ」のスタスキー刑事役でもおなじみ)、リチャード・バックマン(スティーヴン・キング)原作、アーノルド・シュワルツェネッガー主演「バトルランナー」サウンドトラック。

ハロルド・フォルターメイヤー作曲・演奏。全編がシンセサイザー使用の80年代スコアで、印象的なメロディを聞かせる「Intro / Bakersfield」、
激しいリズムの「Main Title / Fight Escape」「Buzzsaw Attack」等全17曲41分収録。


1. Intro / Bakersfield (2:05)
2. Main Title / Fight Escape (3:45)
3. Buzzsaw / Richard’s Fight (1:50)
4. Captain Freedom’s Workout (2:30)
5. Mick’s Broadcast / Attack (5:06)
6. Valkyrie (2:37)
7. Buzzsaw Attack (1:56)
8. Medical Checkup (2:26)
9. Fireball Intro (1:19)
10. Buzzsaw / Dynamo Attack (1:51)
11. Massacre Highlights (1:09)
12. Sub-Zero Intro (2:02)
13. Sub-Zero (3:52)
14. Fireball Chase (2:05)
15. Spare Dynamo (2:21)
16. Weiss Discovers Dish / Amber’s Launch (2:30)
17. Revolution / End Credits (1:59)

ジャケット柄の違うドイツColosseum盤↓

Faltermeyer - The Running Man Original Soundtrack



誘惑

誘惑
THIEF OF HEARTS (1984)

「愛と青春の旅だち」「青い珊瑚礁」の脚本を手掛けたダグラス・デイ・スチュワート監督作品、
「スカーフェイス」ではアル・パチーノの弟分で出演していたスティーヴン・バウアー主演のドラマ「誘惑」サウンドトラック。1984年に一度だけCD化して廃盤になったもので、メリサ・マンチェスターの主題歌「THIEF OF HEARTS」のほか、「スカーフェイス」サウンドトラックでも歌っていた Elizabeth Daily, Beth Andersen, Joe Esposito のヴォーカル曲を収録。

5曲がハロルド・フォルターメイヤー作曲(うち2曲がジョルジォ・モロダーのプロデュース曲)、「STOLEN SECRETS」等ベースの効いたパーカッシヴなスコアや、メロディとトーンが80年代風ながらも綺麗な「LOVE THEME」を収録しています。全10曲37分収録。廃盤。


1. THIEF OF HEARTS (03:40) / Melissa Manchester
2. LOVE IN THE SHADOWS (04:20) / Elizabeth Daily
3. STOLEN SECRETS (instrumental) (04:57) / Harold Faltermeyer
4. TEAR ME UP (03:38) / Darwun
5. LOVE THEME (instrumental) (03:11) / Harold Faltermeyer
6. JUST IMAGINE (04:05) / Beth Andersen & Joe Esposito
7. PASSION PLAY (04:16) / Annabella
8. THIEF OF HEARTS (instrumental) (03:02) / Harold Faltermeyer
9. COLLAGE (instrumental) (03:53) / Harold Faltermeyer
10. FINAL CONFRONTATION (instrumental) (02:52) / Harold Faltermeyer


other works

ジェニファー・ラッシュ

Jennifer Rush
Passion

ジェニファー・ラッシュの1988年のアルバム「Passion」
「Love Get Ready」「You’re My One And Only」等11曲中5曲がハロルド・フォルターメイヤーのプロデュース曲。
マイケル・ボルトンとのデュエット曲「Same Heart」(マイケル・オーマーティアンのプロデュース曲)
この他の楽曲のプロデュースはキース・フォーシー、ジェリービーン。全11曲45分収録。


1. Love Get Ready (4:04)
2. You’re My One And Only (3:41)
3. Falling In Love (3:59)
4. When I Look In Your Eyes (3:20)
5. Remind My Heart (4:30)
6. Keep All The Fires Burning Bright (4:53)
7. Same Heart (4:17)
8. My Heart Is Still Young (3:59)
9. You Don’t Know What You’ve Got (Until It’s Gone) (4:30)
10. Rain Coming Down On Me (4:06)
11. Now That It’s Over (4:02)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight − 5 =