Soundtrack Paradise

ジェリー・ゴールドスミス JERRY GOLDSMITH 1960年代~1970年代


Contents

ジェリー・ゴールドスミス

JERRY GOLDSMITH 1960年代~1970年代

1. 1960年代~1970年代
2. 1980年代
3. 1990年代~2004年


The Wind & the Lion

風とライオン THE WIND AND THE LION (1975)

当時まだ30歳だったジョン・ミリアスの監督作、ショーン・コネリー、キャンディス・バーゲン、ブライアン・キース、ジョン・ヒューストン出演「風とライオン」サウンドトラック。

長らく廃盤だったタイトルのコンプリート盤。ブラスと多種多様のパーカッションでモロッコのリズムを刻むスペクタクルなオーケストラ・スコア。

ドラマティックな「I Remember (Love Theme)」、パーカッションとストリングス、ブラスのアンサンブルが躍動感のある「The Horsemen」、
耳に劈くトランペットのフレーズに、6本のフレンチ・ホルンで聞かせる迫力のアクション・スコア「Raisuli Attacks」(ライズリが一人でペデカリス夫人と子供たちを救出するシーンと、ラストのクライマックス・シーンを盛り上げます)等収録。

DISC.2は、LP盤,及びINTRADA旧盤のCDと同じ内容の1~14曲目までと、ゴールドスミス作曲以外のソース・ミュージックで、19世紀の作曲家スティーヴン・フォスター作の「Come Where My Love Lies Dreaming」「Nelly Boy」、海兵隊ドラムの21~24に、スーザの行進曲「Semper Fidelis (忠誠/センパー・フィデーリス)」等を収録。

CD2枚組で全50曲120分収録。
The Wind & the Lion
Amazonで価格を見る The Wind & the Lion
1975年のアカデミー賞作曲賞にノミネート。(受賞作は「JAWS」、他のノミネートには アニマル・ラブ、弾丸を噛め、カッコーの巣の上で)

THE WIND AND THE LION COMPLETE SCORE
風とライオン

DISC.1
COMPLETE CHRONOLOGICAL SCORE (シーン順に収録した完全盤スコア)
1. Main Title (1:29)
2. The Horsemen (1:19)
3. The Horsemen Arrive (The Horsemen) (3:10)
4. The Raisuli/Mr. President (3:03)
5. Morning Camp (3:19)
6. The Riff/The Well (2:29)
7. Mercy (1:25)
8. The Camp (1:43)
9. The Tent (1:47)
10. No Respect/The True Symbol (3:39)
11. Seat Of The Sultan (1:40)
12. The Palace (2:26)
13. The Fleet’s In (1:42)
14. The Blue People (4:59)
15. Raisuli Attacks/Guests Of Raisuli (True Feelings) (5:40)
16. The Legend (4:00)
17. Lord Of The Riff (2:41)
18. The Capture (2:10)
19. The Raiding Party (1:27)
20. Times Remembered (0:56)
21. Demands (1:59)
22. A Bid For Freedom (Something Of Value) (3:51)
23. The Letter (2:32)
24. End Title (1:32)
25. I Remember (Love Theme From The Wind And The Lion) (2:40)

DISC.2
ORIGINAL ALBUM PRESENTATION (1~14はLP盤、及びINTRADA旧盤のCDと同じ内容)
1. Main Title (1:29)
2. I Remember (Love Theme from The Wind and the Lion) (2:43)
3. The Horsemen (3:10)
4. True Feelings (2:32)
5. The Raisuli (2:11)
6. The True Symbol (2:34)
7. Raisuli Attacks (3:15)
8. Lord of the Riff (2:41)
9. The Tent (1:47)
10. The Palace (2:27)
11. The Legend (3:59)
12. Morning Camp (3:19)
13. The Letter (2:32)
14. Something Of Value (3:54)
SOURCE MUSIC (ARRANGED BY ALEXANDER COURAGE) (ソース・ミュージック)
15. Source (Arab) (3:24)
16. Hot Time in the Old Town Tonight / The Battle Cry of Freedom (1:25)
17. Come Where My Love Lies Dreaming (2:26)
18. Nelly Boy (1:58)
19. Love’s Old Sweet Song (2:01)
20. Sweet Betsy From Pike & Old Paint (2:15)
21. Marine Drums (3:03)
22. Marine Drums (Double Time) (2:06)
23. Marine Drums (Double Time 2) (0:41)
24. Marine Drums (Quick Time) (0:35)
25. Semper Fidelis (0:50)

全14曲38分収録の旧盤↓
風とライオン
風とライオン

「I Remember」「Raisuli Attacks」「Lord of the Riff」の3曲は組曲化された新録音のSILVA盤(プラハ市オーケストラの演奏)でも聞くことができます↓
Jerry Goldsmith: 40 Years of Film Music



カサンドラ・クロス
カサンドラ・クロス サントラ

カサンドラ・クロス
THE CASSANDRA CROSSING (1976)

ジョルジ・パン・コスマトス監督作、ソフィア・ローレン、リチャード・ハリス、バート・ランカスター、エヴァ・ガードナー、マーティン・シーン
イングリッド・チューリン、O・J・シンプソン、リー・ストラスバーグ等出演の「カサンドラ・クロス」サウンドトラック。

ジェリー・ゴールドスミスの70年代を代表する作品、演奏はイタリアのUNIONE MUSICISTI DI ROMAでエンニオ・モリコーネ作の映画音楽で多くの演奏を残している楽団。 叙情的なメロディで聞かせる「Main Title」、ラウンジ・ミュージック風の綺麗な「It’s All A Game」、強靭なリズムとホーンの迫力で緊迫感のある「Break-In」や、「The Climber」「Kaplan’s Death」等、パーカッションと金管のフレーズが、これぞゴールドスミスと言える作風の楽曲、とても迫力があります。「I’m Still On My Way」は映画にも出演している女優アン・ターケルのヴォーカル曲(アン・ターケルはリチャード・ハリスの妻)
全11曲34分収録。

当時の劇場公開の併映作品は「ラストコンサート

THE CASSANDRA CROSSING
THE CASSANDRA CROSSING
カサンドラ・クロス


DISC.1
1. Main Title (3:26)
2. Break-In (2:30)
3. The Train Station / Dying Man / McKenzie Arrives / Sick Man (1:22)
4. Husband & Wife / Little Girl & Sick Man / Train on the Move (2:39)
5. New Bedside Manner (1:44)
6. Are You Alright? / What They Call “The Cassandra Crossing”* (1:08)
7. Searching the Train (2:42)
8. Helicopter Rescue (3:34)
9. Disease Spreads (0:44)
10. Bring It In / The Train / Husband & Wife (1:14)
11. Safe Living (4:14)
12. Here We Go! (0:46)
13. The Train Arrives (2:17)
14. I Can’t Go (4:47)
15. The Bridge / God’s Will (3:07)
16. Rusting Bridge (1:07)
17. The Climber (2:43)
18. Kaplan’s Death (3:36)
19. Aftermath* / The Passengers Escape (2:07)
20. The Cassandra Crossing – End Titles (1:50)
21. bonus track: Little Girl / Sick Man (Alternate Mix) (0:47)
22. bonus track: Helicopter Rescue (Alternate Mix) (3:34)
23. bonus track: Safe Living (Alternate Mix) (4:15)
24. bonus track: Here We Go! (Alternate Mix) (0:45)
25. bonus track: The Train Arrives (Alternate Mix) (2:17)
26. bonus track: The Climber (Alternate Mix) (2:41)

DISC.2
1. Main Title (3:25)
2. Break-In (2:24)
3. Safe Living (4:12)
4. Helicopter Rescue (3:36)
5. I Can’t Go (4:39)
6. The Climber (2:31)
7. It’s God’s Will (3:07)
8. Kaplan’s Death (3:34)
9. End Credits (1:50)
10. It’s All A Game (Instrumental) (3:01)
11. I’m Still On My Way (Vocals: Ann Turkel) (2:32)
12. I’m Still On My Way (Film Version) (2:53)
13. I’m Still On My Way (Instrumental) (4:05)
14. I’m Still On My Way (Vocal Only: Ann Turkel) (4:03)

旧イタリアRCA盤CDは全11曲34分収録↓

カサンドラ・クロス




ブラジルから来た少年
THE BOYS FROM BRAZIL

ブラジルから来た少年
THE BOYS FROM BRAZIL (1978)
The National Philharmonic Orchestra

フランクリン・J・シャフナー監督作、グレゴリー・ペック、ローレンス・オリヴィエ、ジェームズ・メイソン出演、「ローズマリーの赤ちゃん」「デストラップ・死の罠」の原作でも有名なアイラ・レヴィンの小説を映画化した「ブラジルから来た少年」サウンドトラック。
(意外にも、日本では劇場未公開で、1979年にTV放映)

ジェリー・ゴールドスミス作曲、ナショナル・フィルハーモニック・オーケストラの演奏、長らく廃盤だったCDですが、Intradaより完全版として発売。
ディスク1はコンプリート・スコアで全20曲55分、ディスク2はLP盤(またはポニーキャニオン盤CD)で発売されていた組曲を含む4曲39分と、ボーナス・トラックとして劇中で流れた
ワーグナー「ジークフリート牧歌」(Siegfried Idyll)や、シュトラウスII「美しく青きドナウ」(The Blue Danube)や、ラジオ・ソース等を収録。(クラシック曲もジェリー・ゴールドスミス指揮)

ワルツ調の「Main Title」に始まり、重厚なブラス/ティンパニーで迫力のサスペンス・スコアを聞かせる「Find It / Don’t Believe Me」「Broken Bottles」「Jungle Holocaust」「You!」「The Right One」等は、ゴールドスミス・ファンには存分に楽しめる楽曲です。

THE BOYS FROM BRAZIL
ブラジルから来た少年


disc.1
1. Main Title (1:36)
2. The Killers Arrive (5:31)
3. What Does He Want (4:02)
4. Find It / Don’t Believe Me (4:58)
5. Kill Him (1:37)
6. Reuters News (0:36)
7. Broken Bottles (2:01)
8. We’re Home Again [Film Mix] (4:10)
9. S29 (1:46)
10. Without Hope / Frau Doring (4:49)
11. Do Yours (0:36)
12. The Dam (1:43)
13. Over The Top / Frieda Maloney (2:26)
14. December 11th (1:26)
15. The Hospital [Revised] (2:23)
16. Jungle Holocaust (3:40)
17. Old Photos (2:57)
18. You! (1:15)
19. The Right One (1:18)
20. Print! / The Dark Room / End Title (6:51)

disc.2
1. Suite From The Boys From Brazil (19:53)
2. We’re Home Again [Album Mix] (3:56)
3. Frau Doring (8:17)
4. The Dogs & Finale (7:05)
5. Siegfried Idyll [Excerpt] (4:27)
6. The Blue Danube [Excerpt] (2:29)
7. Ismael’s Samba [Radio Source] (2:02)
8. The Hospital [Original] (2:22)
9. The Killers Arrive [Without Percussion Overlay] (5:07)

旧盤ジャケット↓



エイリアンALIEN

エイリアン
Alien
Complete Original Motion Picture Score
(2007 Intrada Edition)

ジェリー・ゴールドスミス作曲、ライオネル・ニューマン指揮、ナショナル・フィル・オーケストラの演奏。
INTRADAよりリリースの完全盤で、ディスク1は、実際に劇中で使われたスコア23曲と、別テイク7曲の30曲。ディスク2は過去に発売されていたサウンドトラック・アルバム10曲
とデモンストレーション、別テイク等と劇中で使われたソース・ミュージックとして「アイネ・クライネ・ナハトムジーク(Eine Kleine Nachtmusik)」を収録。

CD2枚組全47曲126分収録。

エイリアン

ALIEN


DISC.1
1. Main Title (4:12)
2. Hyper Sleep (2:46)
3. The Landing (4:31)
4. The Terrain (2:21)
5. The Craft (1:00)
6. The Passage (1:49)
7. The Skeleton (2:30)
8. A New Face (2:35)
9. Hanging On (3:39)
10. The Lab (1:05)
11. Drop Out (0:57)
12. Nothing To Say (1:52)
13. Cat Nip (1:01)
14. Here Kitty (2:08)
15. The Shaft (4:31)
16. It’s A Droid (3:28)
17. Parker’s Death (1:51)
18. The Eggs (2:24)
19. Sleepy Alien (1:04)
20. To Sleep (1:56)
21. The Cupboard (3:05)
22. Out The Door (3:13)
23. End Title (3:09)
24. Main Title (Rescored Alternate) (4:11)
25. Hyper Sleep (Rescored Alternate) (2:45)
26. The Terrain (Rescored Alternate) (0:58)
27. The Skeleton (Rescored Alternate) (2:31)
28. Hanging On (Rescored Alternate) (3:08)
29. The Cupboard (Rescored Alternate) (3:12)
30. Out The Door (Rescored Alternate) (3:02)

DISC.2
1. Main Title (1979 Album Version) (3:37)
2. The Face Hugger (1979 Album Version) (2:36)
3. Breakaway (1979 Album Version) (3:03)
4. Acid Test (1979 Album Version) (4:40)
5. The Landing (1979 Album Version) (4:31)
6. The Droid (1979 Album Version) (4:44)
7. The Recovery (1979 Album Version) (2:50)
8. The Alien Planet (1979 Album Version) (2:30)
9. The Shaft (1979 Album Version) (4:01)
10. End Title (1979 Album Version) (3:09)
11. Main Title (Film Version) (3:44)
12. The Skeleton (Alternate Take) (2:34)
13. The Passage (Demonstration Excerpt) (1:54)
14. Hanging On (Demonstration Excerpt) (1:08)
15. Parker’s Death (Demonstration Excerpt) (1:07)
16. It’s A Droid (Unused Inserts) (1:28)
17. Eine Kleine Nachtmusik (Source) (1:49)






エイリアン
ALIEN  (1979)

リドリー・スコット監督の長編映画2作目で出世作、ダン・オバノン原案・脚本、H・R・ギーガーのデザイン、シガーニー・ウィーヴァー、トム・スケリット、ジョン・ハート、ヤフェット・コットー、ハリー・ディーン・スタントン、イアン・ホルム出演、SFホラーの傑作「エイリアン」サウンドトラック。

エイリアン サウンドトラック

ジェリー・ゴールドスミス作曲、指揮はライオネル・ニューマン、ナショナル・フィルハーモニック・オーケストラの演奏。
静かなストリングスで始まり、低音の木管/ブラスが徐々に増してくるオープニング、メイン・タイトル曲
2曲目「Facehugger(フェイスハガー)」、3曲目「Breakaway」以降、ゴールドスミスならではの強力なブラス・サウンドとナショナル・フィルの演奏でとても迫力があります。全10曲35分収録。

このサウンドトラックにはエンド・クレジット曲も収録されていますが、映画本編ではリドリー・スコットが、ハワード・ハンソン作/交響曲第2番「ロマンティック」に差し替えていますので映画本編では使われていません。(後に「レジェンド/光と闇の伝説」でもゴールドスミス→タンジェリン・ドリームに差し替えた経緯があり)

「エイリアン」オリジナル・サウンドトラックは廃盤ですが、新録音版でしたら下記で聞けます(クリフ・エイデルマン指揮ロイヤル・スコティッシュ・オーケストラ演奏)、「エイリアン」7曲と、エイリアン2と3の各3曲で計13曲収録。
The Alien Trilogy (1996 Studio Recording)

ハワード・ハンソン作曲、交響曲第2番「ロマンティック」のCD↓

Howard Hanson: Symphony No. 2; Samuel Barber: Violin Concerto




軍用列車BREAKHEART PASS

軍用列車
BREAKHEART PASS  (1975)

「ナバロンの要塞」「荒鷲の要塞」のアリステア・マクリーン原作をトム・グライス監督による映画化、チャールズ・ブロンソン、ジル・アイアランド、ベン・ジョンソン、リチャード・クレンナ出演サスペンス・アクション「軍用列車」サウンドトラック。

ジェリー・ゴールドスミス作曲、ハリウッド・スタジオ・シンフォニー・オーケストラの演奏、勇ましいリズムとホーンのメロディが盛り上げるメイン・タイトル曲、
「Free Ride/Hot Stove」「On The Move/Runaway」等での激しいオーケストラ・スコアを収録、オフィシャルとして初のCD化作品で限定3000枚です。
全17曲46分収録。

1. Breakheart Pass -Main Title (2:36)
2. Free Ride/Hot Stove (5:03)
3. Medical Supplies (4:00)
4. The Trestle (2:58)
5. On The Move/Runaway (2:50)
6. No Word Yet (1:00)
7. Night Watch/Help Yourself (5:42)
8. Who Are You? (0:46)
9. The Casket/Box Car Fight (7:14)
10. Make Up Your Mind/Leaving The Fort (1:29)
11. A New Friend (1:50)
12. Here They Come (1:02)
13. Raiding Party (3:58)
14. No Entry (1:32)
15. Reunited/BREAKHEART Pass – End Credits (4:09)
16. Four Styles (0:13)
17. Charge (0:21)

軍用列車





0011ナポレオン・ソロ0011ナポレオン・ソロ

0011ナポレオン・ソロ
THE MAN FROM U.N.C.L.E. (1964~1968)

ロバート・ヴォーン、デヴィッド・マッカラム出演、1964年に始まったスパイ・アクション/TV作品「0011ナポレオン・ソロ」サウンドトラック。
1stシーズンのオープニング、エンディング曲、2nd~4thシーズンのエンディング曲、劇中スコア曲を収録。

メイン・タイトル曲をはじめ、ほとんどがジェリー・ゴールドスミスの作品ですが、モートン・スティーヴンス作「The Double Affair」、ウォルター・シャーフ作「Walter Scharf」、ラロ・シフリン「The Fiddlesticks Affair」、ロバート・ドラスニン「ジェラルド・フリード」~ジェラルド・フリード、リチャード・ショアーズ等の楽曲も収録。
ホーン・アレンジが賑やかなスパイ・アクション・スコアが多く楽しめる作品です。CD2枚組で全25曲153分収録。

FSM限定盤。

DISC.1
First Season Main Title (Jerry Goldsmith) (0:45)
The Vulcan Affair (Jerry Goldsmith) (14:01)
The Deadly Games Affair (Jerry Goldsmith) (11:48)
The Double Affair (Morton Stevens) (6:51)
The Project Strigas Affair (Walter Scharf) (7:14)
The King of Knaves Affair (Jerry Goldsmith) (12:22)
The Fiddlesticks Affair (Lalo Schifrin) (6:30)
Meet Mr. Solo (Jerry Goldsmith) (2:05)
First Season End Title (Jerry Goldsmith) (0:49)
Second Season End Title (Goldsmith, arr. Schifrin) (0:49)
The Alexander the Greater Affair (Gerald Fried) (13:12)

DISC.2
The Foxes and Hounds Affair (Robert Drasnin) (5:16)
The Discotheque Affair (Gerald Fried) (8:49)
The Re-Collectors Affair (Robert Drasnin) (6:29)
The Arabian Affair (Gerald Fried) (5:29)
The Tigers Are Coming Affair (Robert Drasnin) (4:20)
The Cherry Blossom Affair (Gerald Fried) (5:12)
The Dippy Blonde Affair (Robert Drasnin) (7:50)
Third Season End Title (Goldsmith, arr. Fried) (0:39)
The Her Master’s Voice Affair (Gerald Fried) (4:50)
The Monks of St. Thomas Affair (Gerald Fried) (7:37)
The Pop Art Affair (Robert Drasnin) (4:50)
Fourth Season Main Title (Goldsmith, arr. unknown) (0:32)
The Summit-Five Affair (Richard Shores) (5:52)
The “J” for Judas Affair (Richard Shores) (8:03)




ブルー・マックス

ブルー・マックス
THE BLUE MAX (1966)

ジョン・ギラーミン監督作、ジョージ・ペパード、ウルスラ・アンドレス、ジェームズ・メイソン出演の「ブルー・マックス」サウンドトラック。

ジェリー・ゴールドスミス作曲、ナショナル・フィルによる演奏で1966年録音。ダイナミックなオーケストラ「First Blood」、ミリタリー調のスネアの連打と金管によるアクション・スコア「The Attack」、ソロ・ピアノによるきれいな楽曲「Love Theme」等と、
ソース・ミュージックとして「Pour Le Merite (プール・ル・メリット勲章)」「Presentiar March」等軍楽曲やドイツ国家「Deutschland Uber Alles」に、シュトラウス2世のワルツ曲「Artist’s Life」など全30曲62分収録。





オスロ国際空港
オスロ国際空港

オスロ国際空港/ダブル・ハイジャック
RANSOM(THE TERRORISTS)

しばらく廃盤状態だった「オスロ国際空港/ダブル・ハイジャック」のPrometheus盤による再発盤。なお再発にあたりSILVA盤ではカップリング収録されていた「0(ゼロ)の決死圏」はカットされて全11曲34分収録。
トランペットのソロとエレピ入りによるジャズ風アレンジ「Standard Issue」や3曲目「Queen’s Messenger」以降の連発する迫力のサスペンス・スコアなど以前のSILVA盤より音量レベルが向上したため聞きやすくなりました。




チャイナタウン

チャイナタウン
CHINATOWN  (1974)

ロマン・ポランスキー監督作、ジャック・ニコルソン、フェイ・ダナウェイ、ジョン・ヒューストン出演、1930年代のロサンゼルスを舞台にしたハードボイルド/フィルム・ノワールの傑作「チャイナタウン」サウンドトラック。

ストリングスのオーケストラをバックにユアン・レイシー(Uan Rasey)のトランペットのソロが加わる秀逸なメイン・タイトル曲「Love Theme From Chinatown」、ピアノ・ソロ演奏による穏やかな「Easy Living」「Way You Look Tonight」に、不穏なストリングスとテーマ曲のメロディをアレンジしたサスペンス・スコアと、1930年代のスウィング・ジャズ/トランペット奏者バニー・ベリガンのビッグ・バンド「Bunny Berigan & His Orchestra」を収録。全12曲31分収録。

脚本の執筆段階からジャック・ニコルソンを想定して製作されたため、ニコルソンの台詞はほとんど本人の口調がそのまま活かされた作品。フェイ・ダナウェイ以前にキャスティングされていた候補はジェーン・フォンダだったそうです。監督本人は劇中はニコルソンの鼻を切る役で刑事役で出演。

また画面の色彩が特にこの映画の雰囲気作りに貢献していますが、撮影監督はジョン・A・アロンゾで、「チャイナタウン」以前の作品での代表作は「バニシング・ポイント」「ビリー・ホリディ物語/奇妙な果実」があり、以降「ブラック・サンデー」「トム・ホーン」、80年代の「スカーフェイス」「ブルーサンダー」「マグノリアの花たち」等があります。(ジョン・アロンゾは2001年に死去)

劇中の音楽はあまり大げさに鳴らすことはなく、わずかな効果としてのサスペンス・スコアと、メインテーマのアレンジ曲が中心ですが、テーマのメロディはエンディングと共に深く余韻を残す作品です。



オスロ国際空港
オスロ国際空港

オスロ国際空港/ダブル・ハイジャック
THE TERRORISTS (1974)
0(ゼロ)の決死圏
THE CHAIRMAN (1969)

ショーン・コネリー主演の1974年、サスペンス「オスロ国際空港/ダブル・ハイジャック」と、「ナバロンの要塞」やブロンソン主演作品でおなじみのJ・リー・トンプソン監督の1969年作、グレゴリー・ペック、アーサー・ヒル、アン・ヘイウッド(「さよならミス・ワイコフ」)が出演のサスペンス「0の決死圏」
、共にFOX映画のカップリング盤サウンドトラック。

ジェリー・ゴールドスミス作曲、ナショナル・フィルハーモニック・オーケストラによる演奏で聞かせる重量級のサスペンス・スコアの「オスロ国際空港」と、オリエンタルなメロディを取り入れた「0の決死圏」での「Chairman – Main Title」や小気味よくブラスを鳴らすアクション・スコア「Fire Fight」、ピアノのメロディが綺麗な「The World Only Lovers See」など全19曲55分収録。SILVAイギリス盤




カプリコン・ワンカプリコン・ワンカプリコン・ワン

カプリコン・1  (1977)
CAPRICORN ONE

ピーター・ハイアムズ監督作の代表作、ジェームス・ブローリン、サム・ウォーターストン、O.J.シンプソン、エリオットグールド、テリー・サバラス、ハル・ホルブルック出演のサスペンス・アクション「カプリコン・1」サウンドトラック。

以前に発売されていたGNP盤(「アウトランド」とのカップリング盤)はナショナル・フィルによる再演奏盤でしたが、初めて映画で使われた音楽がCD化されたINTRADA盤/コンプリート版です。

トロンボーン、チューバの太く迫力あるブラス・サウンドが印象的なメイン~エンド・タイトルや、劇中のアクション・スコア「The Helicopters」「Hide and Seek」などと、ソース・ミュージックとしてピアノ・トリオによるジャズ演奏「Kay’s Theme」、ボーナストラックとして「Breakout」のLPバージョンを収録。
全26曲56分収録。限定3,000枚。

1. Main Title (1:15)
2. Abort 1 (1:33)
3. Abort 2 (0:35)
4. Capricorn Control (0:28)
5. Mars (1:21)
6. Docking (2:49)
7. Working Overtime (0:46)
8. We Have Landed (1:02)
9. The Message (3:55)
10. Kay’s Theme [Trio Source]/Elliot Is Missing (3:40)
11. The Letter (2:58)
12. Break Out (5:08)
13. The Desert (0:30)
14. Bedtime Story (2:37)
15. The Helicopters (1:07)
16. Hide And Seek (1:26)
17. No Water (2:49)
18. Flare No. 1 (0:31)
19. The Long Climb/Flare No. 2 (3:53)
20. The Snake (3:35)
21. To Bru From Kay (1:50)
22. The Station (5:31)
23. The Celebration (1:40)
24. End Title (2:11)
25. Fanfare Source (0:15)
26. Breakout (LP Imitation) (3:05)



アウトランド

カプリコン・1
CAPRICORN ONE (1977)
アウトランド
OUTLAND (1981)

ピーター・ハイアムズ監督とジェリー・ゴールドスミス音楽のコンビ2作のカップリング盤。
どちらもナショナル・フィル・オーケストラによる演奏で、低音のブラス・サウンドを活かした迫力のスコア。「アウトランド」では電子音も取り入れた作品で、その電子音のみで作られたスコア「The Rec Room」や、「Early Arrival」「The Air Lock」での強力な金管スコアが楽しめる作品です。残念ながら現在は廃盤ですが、それぞれ単独でCD化。(カプリコン・1は限定盤)

「アウトランド」単独での再発盤、演奏は同じくナショナル・フィル↓
Outland [Music from the Motion Picture]

国内盤




いつか見た青い空

いつか見た青い空
A PATCH OF BLUE  (1965)

エリザベス・ハートマン、シドニー・ポワチエ出演のドラマ「いつか見た青い空」と「泳ぐ人」が有名なフランク・ペリー監督の第1作目「リサの瞳のなかに(DAVID AND LISA)」(マーク・ローレンス作曲)カップリング盤サウンドトラック。ジェリー・ゴールドスミスの初期作品のなかでも傑作としてお薦めできる作品で口笛のイントロとピアノによる少し哀しげなメイン・テーマ曲、ストリングスやハーモニカでの優しい響きのスコアと、ソロ・フルートをリードとするジャズ「I Walked Myself」、エレキ/インスト・ロック「Just The Radio」を収録。全22曲49分収録。

再発INTRADA盤は「いつか見た青い空」のみで全19曲を収録
A Patch of Blue


1. Main Title (2:00)
2. The Park (2:08)
3. Acid Bath (0:45)
4. The Gift (1:10)
5. Alone (2:17)
6. Chores (2:03)
7. Thataway (0:42)
8. Bead Party (1:46)
9. Gordon’s Place (1:37)
10. Friends (1:48)
11. Grandmom’s Music Box (1:11)
12. Discovery (2:46)
13. Waiting (1:09)
14. Just The Radio (1:29)
15. Help Me (1:44)
16. Happy Selina (0:35)
17. Gordon (1:07)
18. Selina’s Walk (2:04)
19. Finale (3:24)



墓石と決闘
墓石と決闘
墓石と決闘

HOUR OF THE GUN
墓石と決闘(1967)

ジョン・スタージェス監督作、ワイアット・アープ役ジェームズ・ガーナー、ドク・ホリデー役のジェイソン・ロバーズ、1967年の西部劇「墓石と決闘」サウンドトラック。
緊張感のある本編オープニングの「メイン・タイトル曲」、タイトル曲として劇中に流れる「HOUR OF THE GUN」のメロディのオーケストラ曲や、ギター/アコースティックなアレンジ「The Search」、アコースティック・ギターやカスタネット、マリンバなどの楽器とダイナミックなオーケストラによる「Whose Cattle」などアメリカ西部劇の傑作スコアとしてお薦めできる作品です。
VARESE盤での再発で、1991年にリリースされたINTRADA盤と曲数は同じです。
全10曲31分収録。

DVD↓
墓石と決闘




SOUNDTRACK

電撃フリント GO!GO作戦+アタック作戦
(1965)

ジェームズ・コバーン主演のスパイ・アクション「電撃フリント」の1966、1967年のシリーズ2作のサウンドトラック・カップリング盤です。エレキ・ギター、ドラムス、ラテン・パーカッションなど賑やかなゴールドスミスの60年代サウンドが楽しめるスコアです。全28曲収録。国内盤のみ発売の初回限定紙ジャケット。



脱走特急(1965)/電撃フリント

フランク・シナトラ主演のサスペンス・アクション「脱走特急」とジェームズ・コバーン主演のスパイ映画「電撃フリントGO!GO作戦」「電撃フリントアタック作戦」を収録したコンピレーション盤です。ジェリー・ゴールドスミス作曲。「脱走特急」はマーチ/ブラス・サウンドが迫力の19分に及ぶ組曲になっています。全17曲75分収録。輸入盤。




砲艦サンパブロ

THE SAND PEBBLES(1966)
砲艦サンパブロ(再録音版)

ロバート・ワイズ監督作、マックイーン、リチャード・クレンナ、キャンディス・バーゲン、リチャード・アッテンボロー、岩松マコ出演の大作「砲艦サンパブロ」の再録音版、全曲ジェリー・ゴールドスミス自身の指揮、ロイヤル・スコティッシュ・オーケストラの演奏で音質も良く迫力のホーンで始まる「序曲(Overture)」や「乗組員の抵抗(Repel Boarders)」「メイリーの誘拐(Maily’s Abduction)」でのオーケストラも特に迫力がありお薦めできます。



バンドレロ Intrada(1968)

ジェームズ・スチュワート、ディーン・マーティン、ラクエル・ウェルチ出演の1968年の西部劇「バンドレロ」完全版サウンドトラックです。オリジナル・アルバム10曲に未発表曲などを追加した全27曲75分収録。INTRADAレーベル、限定1500枚の品物です。



トラ・トラ・トラ!(1970)

真珠湾攻撃を描いた戦争スペクタクル「トラ・トラ・トラ!(TORA! TORA! TORA!)」サウンドトラックです。琴などの和楽器を導入したスコア~攻撃開始に至るシーンでの、シンフォニック/パーカッション類での不気味で迫力のあるスコアなど、とても聞きごたえあります。ゴールドスミス作曲の中でも人気の高い作品です。FSM限定盤で全21曲55分収録しています。



砂漠の流れ者ケーブル・ホーグのバラード
(1970)

「戦争のはらわた」「ゲッタウェイ」「ワイルド・バンチ」で有名なバイオレンス映画の巨匠サム・ペキンパーの1969年作品、ジェイソン・ロバーズ主演、ステラ・スティーブンス、ディビッド・ワーナーが出演した、「砂漠の流れ者ケーブル・ホーグのバラード」(旧タイトル「遥かなる西部のバラード 砂漠の流れ者」)のオリジナル・サウンドトラックです。Richard
Gillisの歌うメイン・タイトル曲の、ジェイソン・ロバーズとステラ・スティーブンスのデュエット曲、ジェリー・ゴールドスミスによる劇中のスコア曲で全20曲35分収録しています。 VARESE限定3000枚リリースのものです。




パットン大戦車軍団/トラ・トラ・トラ!パットン大戦車軍団/トラ・トラ・トラ!

パットン大戦車軍団 PATTON
トラ・トラ・トラ! TORA! TORA! TORA!

フランクリン・J・シャフナー監督、ジョージ・C・スコット主演「パットン大戦車軍団」と
リチャード・フライシャー監督、マーティン・バルサム、ジェイソン・ロバーズ、東野英治朗、山村聡、三橋達也、マコら出演の「トラ・トラ・トラ!」サウンドトラック。

共に1970年作品の戦争スペクタクル巨編で、ジェリー・ゴールドスミス作曲。1997年にロイヤル・スコティッシュ・ナショナル・オーケストラで再演奏された新録音盤のスコア盤、ブラスがこだまするようなイントロに始まる勇壮なマーチ「パットン/メイン・タイトル」や「トラ・トラ・トラ!」でのオリエンタルなメロディや琴なども取り入れたスコアなど、どの曲も新録音の為、音質も良く迫力あります。全19曲46分収録。


1. Main Title (2:29)
2. The Battle Ground (2:34)
3. The Cemetery (2:54)
4. The First Battle (3:07)
5. The Funeral (1:57)
6. The Hospital (3:22)
7. No Assignment (2:08)
8. German March (2:07)
9. Entr’Acte (2:19)
10. Attack (3:34)
11. German Advance (2:42)
12. An Eloquent Man (1:55)
13. The Pay-Off (2:28)
14. End Title (1:22)
15. Main Title Tora Tora Tora (3:19)
16. Pre-Flight (2:14)
17. On The Way (1:48)
18. Imperial Palace (2:27)
19. End Title Tora Tora Tora (2:06)

↓輸入盤
Patton (1970 Film): Also Featuring Tora! Tora! Tora! (1970 Film) (1997 Studio Recording)



サントラ

PLANET OF THE APES(1971)
ESCAPE FROM THE PLANET OF THE APES
猿の惑星 / 新・猿の惑星

チャールトン・ヘストン主演の衝撃的なエンディングによる傑作「猿の惑星」と「新・猿の惑星」の1CD化サウンドトラック。メロディ的な音楽を廃しブラス、ピアノ、打楽器での衝撃的な音響効果で鳴らしたゴールドスミスの60年代傑作スコア盤です。「新・猿の惑星」は16分におよぶ組曲でベース・ラインのかっこよい迫力の楽曲です。全18曲67分収録。

同内容の国内盤
オリジナル・サウンドトラック「猿の惑星」


猿の惑星 INTRADA

PLANET OF THE APES (INTRADA)

全11曲31分収録のINTRADA盤


猿の惑星

猿の惑星
PLANET OF THE APES (1968)

SLCの旧規格品で全10曲25分収録。

1. Main Title (2:15)
2. The Revelation (1:39)
3. The Clothes Snatchers (2:42)
4. New Identity (2:07)
5. The Forbidden Zone (2:56)
6. The Search (5:01)
7. The Cave (1:22)
8. A Bid For Freedom (1:23)
9. A New Mate (1:09)
10. No Escape (5:19)



夕陽の挽歌/大列車強盗

夕陽の挽歌
WILD ROVERS (1971)
大列車強盗
THE GREAT TRAIN ROBBERY (1978)

ブレイク・エドワーズ 監督作、ウィリアム・ホールデン、ライアン・オニール出演「夕日の挽歌」と、
マイケル・クライトン原作/監督、ショーン・コネリー、ドナルド・サザーランド主演の「大列車強盗」サウンドトラック・カップリング盤。
ジェリー・ゴールド・スミス作曲、ゴールドスミスの娘エレン・スミスの歌う1曲目に、トランペットが高らかと鳴るテーマ「Wild Horses」、ダイナミックな西部劇スコア「Bronco Bustin’
」等、迫力のブラスを聞かせるオーケストラ・スコアを楽しめます。全20曲62分収録。



メフィスト・ワルツ
メフィスト・ワルツ

THE MEPHISTO WALTZ / THE OTHER
悪魔のワルツ(1971)/悪を呼ぶ少年(1972)

ジェリー・ゴールドスミスが映画音楽を手がけた1971、72年のホラー作品(20世紀FOX)2作のカップリング盤。
アラン・アルダ、ジャクリーン・ビセット主演のオカルト・ホラー「悪魔のワルツ」はフランツ・リスト作曲「メフィスト・ワルツ」を引用したテーマと無調音楽的なストリングス/ピアノの楽曲と、22分の組曲形式で収録された「悪を呼ぶ少年」の全13曲56分収録。




THE LAST RUN & WILD ROVERS(1971)
ラスト・ラン殺しの一匹狼/夕陽の挽歌

ジョージ・C・スコット主演「ラスト・ラン殺しの一匹狼」とライアン・オニール、ウィリアム・ホールデン出演「夕陽の挽歌」のカップリング盤。「ラスト・ラン殺しの一匹狼」が唯一聞けるCDで、哀愁のメロディの1曲目やアレンジ違いの「THE LAST RUN」、ホーンがかっこよい「BORDER CROSSING」、リズムの激しい「THE TRAP」などのサスペンス・アクション・スコアを収録。またスティーヴ・ローレンスによるヴォーカル入りテーマ曲も収録。
西部劇スコアの「夕陽の挽歌」では、ゴールドスミスの娘エレン・スミスのカントリー・ソングも収録。全22曲収録。

Amazon mp3ダウンロード販売
ラスト・ラン The Last Runラスト・ラン The Last Run




PAPILLONサントラ

パピヨン
PAPILLON (1973)

フランクリン・J・シャフナー監督作、スティーヴ・マックイーン、ダスティン・ホフマン主演の名作「パピヨン」サウンドトラック。
ジェリー・ゴールドスミス作曲、テーマ曲が特に秀逸な作品、この他スコア曲として金柑や打楽器を使ったアドヴェンチャー風のスコア「New Friend」「Antonio’s Death」等収録。ニコレッタの歌うテーマもボーナストラックとして収録しています。全15曲収録。




SOUNDTRACK

2300年未来の旅(1976)

70年代ターナー映画のSFカルト作品、「2300年未来の旅(Logan’s run)」サウンドトラックです。ジェリー・ゴールドスミスの作品群の中でも電子音楽を随所に取り入れた大胆なスコア~迫力のフル・オーケストラ、最後に収録されている美しいメロディの「愛のテーマ」などを含んだSFスコアの傑作です。全23曲74分収録の完全盤です。



オーメン
OMEN(1976)

グレゴリー・ペック、リー・レミック(追跡、テレフォン)、デヴィッド・ワーナー (戦争のはらわた、わらの犬)出演、リチャード・ドナー監督の出世作「オーメン」サウンドトラック。
あまりにも有名な、ラテン語を基調にした混声合唱での怖い1曲目「アヴェ・サターニ(AVE SATANI)」のほか、
メロディの綺麗な「New Ambassador」とキャロル・ヘザー(ゴールドスミス夫人)によるヴォーカル曲「Piper Dreams」(劇中では使われていません)を除いては、ほとんどがホラー・スコア。「Killer’s Storm」「Demise of Mrs. Baylock」「Dog’s Attack」「Altar」も混声合唱とブラスのよる強力な旋律を聞かせるもので、特に聞きごたえあります。アカデミー作曲賞を受賞、後のホラー・スコアにも多大な影響を残した作品としてお薦めできます。全12曲35分収録。

20曲入りデラックス盤・輸入盤ジャケット↓
The Omen (Deluxe Edition)

現在は1~3までセットのThe Omen Trilogy [Box Set]が発売されています。




海流のなかの島々
海流のなかの島々

海流のなかの島々
ISLANDS IN THE STREAM (1977)

ヘミングウェイ原作をフランクリン・J・シャフナー監督が映画化、ジョージ・C・スコット主演のドラマ「海流のなかの島々」サウンドトラック。

ジェリー・ゴールドスミス作曲、木管/ストリングスを中心としたゆったりとしたメロディで聞かせる穏やかなドラマ・スコア作品で全13曲51分収録。しばらく廃盤でしたがINTRADAエクスカリバー・コレクションとして2005年に再発。

1. The Island (3:12)
2. The Boys Arrive (3:53)
3. Pillow Fight (1:18)
4. Is Ten Too Old (2:53)
5. Night Attack (2:47)
6. Marlin (12:06)
7. The Boys Leave (2:57)
8. The Letter (3:25)
9. How Long Can You Stay (3:18)
10. I Can’t Have Him (2:48)
11. The Refugees (4:25)
12. Eddie’s Death (3:11)
13. It Is All True (5:09)



マジック

マジック
MAGIC (1978)

アンソニー・ホプキンス、アン=マーグレット、バージェス・メレディス出演、リチャード・アッテンボロー監督のサイコ・スリラー「マジック」サウンドトラック。ジェリー・ゴールドスミス作曲、VARESEより2003年に限定3000枚でリリースの限定盤。ゴールドスミス作品としては比較的穏やかなストリングスですが、この穏やかさが微妙な怖さを演出しています。
全22曲41分収録。



オーメン2

オーメン2/ダミアン
DAMIEN: OMEN II (1978)

ドン・テイラー監督作(五人の軍隊, ドクター・モローの島,ファイナル・カウントダウン)、ウィリアム・ホールデン、リー・グラント出演「オーメン2/ダミアン」サウンドトラック。

1作目の混声合唱のテーマ「アヴェ・サターニ(AVE SATANI)」にブラスを取り入れ、よりダイナミックに聞かせる「Main Title」と、スコア曲すべてが混声合唱入りのホラー・スコアで、氷の湖のシーン「Broken Ice」、電子楽器を導入した「The Knife」等シンフォニックの迫力が楽しめるスコア盤です。全10曲34分収録。

現在発売中の全26曲67分収録したデラックス・エディション盤↓



スター・トレック モーション・ピクチャー(1979)

1979年、劇場公開版の第1作目のサウンドトラック。ジェリー・ゴールドスミス作曲、後のシリーズに引き継がれるメイン・タイトル曲の金管のメロディが素晴らしいSFスコアで「クリンゴン危機(Main Title/Klingon Battle)」、美しく壮大な「アイリアのテーマ(Ilia’s Theme)」など全9曲40分収録しています。

20周年記念として発売された完全盤でホログラフィック・ジャケットのコレクターズ・エディション↓
Star Trek: 20th Anniversary Collectors' Edition [Holographic Slipcase]




大列車強盗(1979) SACD-MULTI

マイケル・クライトン原作/監督、ショーン・コネリー、ドナルド・サザーランド主演の金塊強奪アクション「大列車強盗(GREAT
TRAIN ROBBERY)」サウンドトラックです。ジェリー・ゴールドスミス作曲の迫力のテーマ曲~ワルツ曲などのオーケストラ演奏を収録しています。全16曲36分収録。★SACDマルチ・チャンネルの為、5.1chシステムならさらに迫力のサウンドが楽しめます。ハイブリッド盤ですので、通常のCDプレーヤーでも問題なく再生できます。


COMPILATION

Christus Apollo SACD-Multi

「ファイアーワークス」を収録したSACD盤CDです。ハイブリッド盤の為、通常のCDプレーヤーでも再生可能ですが、SACDマルチ・チャンネルの為、5.1chシステムならさらに迫力のサウンドが楽しめます。演奏はロンドン・シンフォニーによる一流のオーケストラのものです。


フィルハーモニア

JERRY GOLDSMITH WITH
THE PHILHARMONIA

フィルハーモニア管弦楽団による演奏でジェリー・ゴールドスミスの映画やTV作品のテーマ曲を演奏した作品です。
1987年3月録音、
「ブルー・マックス組曲」「マッカーサー/パットン大戦車軍団 組曲」「マサダ」などオーケストラを活かした迫力の演奏を楽しめます。
全7曲64分収録。


1. The Blue Max Suite(ブルー・マックス 組曲)
2. Television Themes Medley: (テレヴィジョン・テーマ・メドレー)
The Man From U.N.C.L.E.(ナポレオン・ソロ)
Doctor Kildare (Doctor Kildare )
Room 222 (黒人教師ディックス)
The Waltons(The Waltons)
Barnaby Jones (Barnaby Jones )
3. Masada(マサダ)
4. Gremlins Suite (グレムリン組曲)
5. Motion Picture Themes Medley:(モーション・ピクチャー・テーマ・メドレー)
The Sand Pebbles(砲艦サンパブロ)
Chinatown(チャイナタウン)
A Patch Of Blue(いつか見た青い空)
Poltergeist(ポルターガイスト)
Papillon(パピヨン)
The Wind and Lion (風とライオン)
6. Generals Suite:(Generals組曲)
Macarthur(マッカーサー)
Patton(パットン大戦車軍団)
7. Lionheart(ライオンハート)

現在発売中のSILVA盤


SPFM

TRIBUTE TO JERRY GOLDSMITH

ジェリー・ゴールドスミスがThe Society for the Presevation of Film Musicを受賞の際に関係者のみに配布されたCD...の海賊盤(コピー盤です)。
ジョージ・C・スコット主演「恋とペテンと青空と(The Flim-Flam Man)」、リー・ヴァン・クリーフ、カトリーヌ・スパーク、ジム・ブラウン出演のマカロニ・ウェスタン「ワイルドトレイル(Take a Hard Ride)」、アンソニー・ホプキンス主演「マジック(Magic)」、ディズニー「恐竜伝説ベイビー(Baby : Secret of the Lost Legend)」の4作品から全23曲収録。
「恐竜伝説ベイビー」を除いてはFSM、VARESEより限定盤ですが正規でリリースされた為、今ではあまり、ありがたみがありませんが。それでも「恐竜伝説ベイビー」で派手に鳴るアドベンチャー・スコアが聞きどころです。71分収録。
(プレスCDです)


ジェリー・ゴールドスミス指揮/ロンドン交響楽団 / Jerry Goldsmith / Film
Music Of – SACD-multi

有名曲ばかりをロンドン交響楽団による演奏で楽しめる推薦盤です。スター・トレック/メドレー/ロシア・ハウス/ブラジルから来た少年/スリーピング・ウィズ・ザ・エミニー/メドレー/ルビー/トワイライト・ゾーン/フォーエヴァー・ヤング/マッカーサー&パットン大戦車軍団を収録 テラーク・リリースの高音質マルチchの推薦盤(輸入盤)



ジョエル・ゴールドスミス JOEL GOLDSMITH

ザ・コンクエスト
伝説の英雄カル

KULL THE CONQUEROR
JOEL GOLDSMITH
ザ・コンクエスト 伝説の英雄カル
ジョエル・ゴールドスミス

「アンドロメダ」「ヘラクレス」に出演したケヴィン・ソルボ主演「ザ・コンクエスト」サウンドトラック。
「コナン・ザ・グレート」「キング・オブ・デストロイヤー」「レッド・ソニア」ロバート・E・ハワード原作のひとつで「コナン・ザ・グレート」のベージル・ポールデュリスのようなオーケストラとコーラス、派手なパーカッションが楽しめるスコア盤です。ジェリー・ゴールドスミスの息子、ジョエル・ゴールドスミスの作曲で、「Kull’s Initiation」「Saving Zereta」「Kull’s Escape」など一部の曲にはハード・ロック・ギターのリフとオーケストラによる迫力の楽曲も収録しています。アクション/ファンタジー・スコアのファンにお薦めできます。全18曲52分収録。



SHILOH
ビーグル犬 シャイロ

マイケル・モリアーティー、スコット・ウィルソン、ロッド・スタイガーが出演したベストセラー小説の映画化作品「ビーグル犬 シャイロ」サウンドトラック。フルート~オーボエなど木管と、アコースティック・ギター/ハーモニカで聞かせる小編成オーケストラ・スコア、優しく響く音楽です。エンド・ロールで流れるシーナ・イーストンの主題歌「アー・ゼア・エンジェルズ?」も収録、全16曲32分収録。


 

1. 1960年代~1970年代
2. 1980年代
3. 1990年代~2004年


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × three =