Soundtrack Paradise

ジェリー・ゴールドスミス Jerry Goldsmith 1990年代-2004年

[`yahoo` not found]

Contents

ジェリー・ゴールドスミス

Jerry Goldsmith 1990年代-2004年

1. 1960年代~1970年代
2. 1980年代
3. 1990年代~2004年





ハムナプトラ

ハムナプトラ / 失われた砂漠の都
THE MUMMY (1999)

スティーヴン・ソマーズ監督作(最新作はヴァン・エルシング)、ブレンダン・フレイザー、レイチェル・ワイズ主演のホラー/冒険アクション「ハムナプトラ / 失われた砂漠の都」サウンドトラック。

スティーヴン・ソマーズ監督作の1998年作「グリード」でも音楽を担当したジェリー・ゴールドスミスの作曲で、中近東風のメロディではじまる1曲目「イムホテップ(Imhotep)」をはじめ、ブラスが鳴り響くアドヴェンチャー・スコア「Tauger Attack」「Mumia Attack」、ティンパニー/パーカッションの迫力が迫る「My Favorite Plague」など収録。

「アラビアのロレンス」などを思わせる音色を、ゴールドスミスがアクション・スペクタクル化したようなパワフルなオーケストラ・スコアで、90年代の作品の中でもお薦めできるスコア盤です。全15曲57分収録。

1. Imhotep (4:21)
2. The Sarcophagus (2:17)
3. Tauger Attack (2:23)
4. Giza Port (2:02)
5. Night Boarders (4:09)
6. The Caravan (2:52)
7. Camel Race (3:27)
8. The Crypt (2:27)
9. Mumia Attack (2:20)
10. Discoveries (3:41)
11. My Favorite Plague (3:59)
12. Crowd Control (3:13)
13. Rebirth (8:33)
14. The Mummy (6:20)
15. The Sand Volcano (5:39)

国内盤



13ウォーリアーズ

13ウォーリアーズ
THE 13TH WARRIOR (1999)

マイケル・クライトン原作、ジョン・マクティアナン監督作、アントニオ・バンデラス、ダイアン・ヴェノーラ、オマー・シャリフ出演「13ウォーリアーズ」サウンドトラック。

ジェリー・ゴールドスミス作曲、アラブ/中近東風の民族楽器を取り入れた1曲目「Old Bagdad」や、男声合唱入りの「The Great Hall」、
打楽器/管楽器の凄まじい迫力「The Sword Maker」「The Horns Of Hell」「The Fire Dragon」「The Cave Of Death」等、スペクタクルなシンフォニック・サウンドが楽しめる推薦盤です。全16曲54分収録。

ジャケットの違い輸入盤↓
The 13th Warrior



星の流れる果て

星の流れる果て
NOT WITHOUT MY DAUGHTER (1990)

NICHT OHNE MEINE TOCHTER

「トランザム7000」「ノーマ・レイ」に出演したサリー・フィールドとスパイダーマン2の敵役オットー・オクタビアス役や、「ダ・ヴィンチ・コード」にも出演するアルフレッド・モリナ出演、イランを舞台としたサスペンス・ドラマ1990年作品「星の流れる果て」サウンドトラック。
「トータル・リコール」「ロシア・ハウス」と同年にジェリー・ゴールドスミスが手掛けた作品、ナショナル・フィルハーモニック・オーケストラによる演奏でシンセ・サウンドによる激しい「SCHOOL’S OUT」や、静かで深みのある「THE PROMISE」など収録、全11曲35分収録。





グレムリン2 ―新種誕生―

GREMLINS 2: THE NEW BATCH
(1990)

ジョー・ダンテ監督作、ザック・ギャリガン、フィービー・ケイツ出演のファンタジー「グレムリン2―新種誕生―」サウンドトラック。
ジェリー・ゴールドスミス作曲、アクションシーンでのシンセ+シンフォニックによるスコア「Pot Luck」「Keep It Quiet」、007シリーズのスコアにも似た「Gremlin Pudding」、お馴染みのテーマ・メロディが聞ける12曲目「Gremlin Credits」など全12曲37分収録しています。
1990年発売の国内SLC盤盤は飛び出す絵本風のジャケットになっています(国内盤は現在廃盤)。なお1作目のサントラはGeffenより1993年にリリースされていたようですが入手は難しいようです。



ロシアハウス

ロシア・ハウス

THE RUSSIA HOUSE (1990)

ジョン・ル・カレ原作をフレッド・スケピシ監督による映画化、ショーン・コネリー、ミシェル・ファイファー、ロイ・シャイダー、ジェームズ・フォックス出演サスペンス「ロシアハウス」サウンドトラック

ジェリー・ゴールドスミス作曲、ブランフォード・マルサリス(sax)、マイケル・ラング(p)、ジョン・パティトゥッチ(b)が参加、B・マルサリスの演奏するサックスの物悲しいメロディ「Katya」、同曲のパティ・オースティンのヴォーカル・ヴァージョン「Alone In The World」、コール・ポーター作のアレンジ「I’m With You/What is This Thing Called Love」など収録。

シンセ等も一部使用したスコアですが「チャイナタウン」等の雰囲気に近いゴールドスミス流のジャズ・スコアとしてお薦めできます。
全17曲61分収録。

国内盤




トータル・リコール

トータル・リコール
TOTAL RECALL(1990)

「ブレードランナー」~「マイノリティ・リポート」と同じくフィリップ・K・ディック原作のSF作品、ポール・ヴァーホーベン監督作
アーノルド・シュワルツェネッガー、レイチェル・ティコティン、シャロン・ストーン出演「トータル・リコール」サウンドトラック。

電子音/打楽器とホルン、トロンボーンによる旋律が迫力のメイン・タイトル曲や、「The Big Jump」「End Of A Dream」等のスリリングなアクション・スコアなど、ナショナル・フィルハーモニック管弦楽団の演奏で、ダイナミックなオーケストラを楽しめます。「グレムリン2」「ロシア・ハウス」と同年の作品で、ゴールドスミスの90年代を代表する作品としてお薦めできます。全10曲40分収録。
全27曲73分収録の完全版↓
Total Recall: The Deluxe Edition (1990 Film)



愛がこわれるとき
SLEEPING WITH THE ENEMY (1990)

ジョセフ・ルーベン監督作、ジュリア・ロバーツ出演のサスペンス「ジュリア・ロバーツ」サウンドトラック。

ジェリー・ゴールドスミス作曲、冒頭のシーンでの美しいスコア曲「Morning On The Beach」のほか、「The Ring」「The Storm」等のオーケストラによるサスペンス・スコアと、劇中で流れるヴァン・モリソン「ブラウン・アイド・ガール」で全12曲41分収録。


1. Morning On The Beach (2:33)
2. The Funeral (3:25)
3. Brown Eyed Girl (3:06)
4. Thanks Mom (4:27)
5. Spring Cleaning (2:30)
6. The Ring (2:09)
7. A Brave Girl (3:50)
8. Fears (2:57)
9. What Did He Do (2:28)
10. The Storm (3:13)
11. The Carnival (2:54)
12. Remember This (7:58)

国内盤



ラヴ・フィールド(1992)

ミシェル・ファイファーと「24」のパーマー上院議員役のデニス・ヘイスバートが出演した1993年作品です。 ジョナサン・カプラン監督作、アメリカでの人種差別を背景としたシリアス・ドラマのサウンドトラックです。全9曲28分収録しています。VARESE盤で現在廃盤。



フォーエバーヤング 時を越えた告白
FOREVER YOUNG (1992)

スティーヴ・マイナー監督作、メル・ギブソン、ジェイミー・リー・カーティス、イライジャ・ウッドが出演NO「フォーエバーヤング/時を越えた告白」サウンドトラック。

ジェリー・ゴールドスミス作曲、ピアノ、ソプラノ・サックスとストリングスで奏でられる特に素晴らしい1曲目「Love Theme From Forever Young」や、ダイナミックなオーケストラ・スコアの「She’s Alive」「Reunited」等、聞きごたえのあるスコア曲と、ビリー・ホリデイの歌う「THE VERY THOUGHT OF YOU」も収録しています。全11曲38分収録しています。

1. Love Theme From Forever Young (4:04)
2. Test Flight (3:41)
3. The Experiment (3:14)
4. Tree House (3:06)
5. Kitchen Aid (2:43)
6. The Diner (1:59)
7. The Air Show (2:31)
8. She’s Alive (3:31)
9. Let Go (3:03)
10. Reunited (7:44)
11. The Very Thought Of You (2:45)



氷の微笑 26曲入り完全盤(1992)

ジェリー・ゴールドスミス作曲の90年代を代表するスコア盤サウンドトラック「氷の微笑」26曲入りです。プロメテウスよりリリースされた限定盤です。ポール・ヴァーホーヴェン
監督作、シャロン・ストーン主演の衝撃的サスペンスで、テーマ曲~後半の激しくスリリングなスコアは今でもたいへん聞きごたえのあります。


氷の微笑

BASIC INSTINCT
氷の微笑(1992)

国内SLC盤。今まで発売されていたものは全10曲。



ザ・スタンド(1992)

ラテン的パーカッションを取り入れた楽曲や、フルート、ヴィオラによる美しいメロディが有名な4曲目「樹海」など収録いています。全14曲50分収録しています。




ルディ・涙のウィニングラン(1993)

ロード・オブ・ザ・リングのショーン・アスティが出演したスポコン感動映画。TVや映画予告編にも使われる感動メロディを含んだ名盤です。





2001年 デストロイド・バージョン

アレックス・ノースが作曲しながらも、実際にはスタンリー・キューブリックにボツにされた「2001年:宇宙の旅」のもともとのスコア盤サウンドトラック。
ジェリー・ゴールドスミスが楽譜を元にナショナル・フィルハーモニック・オーケストラで演奏した再演奏盤(1993年録音)で、実際の本編では「ツァラトゥストラはかく語りき」となった部分のオープニング曲など数々のシーンの楽曲を収録、スケールの大きいスペクタクルなシンフォニック・スコアを収録。
全12曲35分収録。




スパイダー

スパイダー
ALONG CAME A SPIDER (2001)

リー・タマホリ監督作、モーガン・フリーマン、モニカ・ポッター出演「スパイダー」サウンドトラック。
ジェリー・ゴールドスミス作曲のオーケストラ・スコアで、「Testing」「Megan’s Abduction」「The Ransom
」等でのダイナミックで印象的なサスペンス・スコアを展開する全9曲34分収録。

国内盤




シャドー

シャドー
THE SHADOW (1994)

ラッセル・マルケイ監督作、アレック・ボールドウィン、ジョン・ローン、イアン・マッケラン、ティム・カリー出演のアクション・ファンタジー「シャドー」サウンドトラック。

ジェリー・ゴールドスミス作曲、
「Chest Pains」でのシンフォニック・スコアや、パーカッション・サウンド「The Tank」などが特に迫力があります。テイラー・デイン、シノラのヴォーカル曲と、1937年のオーソン・ウェルズによるラジオ・ショー音源も収録した全13曲46分収録。

1. Alec Baldwin / The Shadow Knows… 1994 (0:08)
2. Taylor Dayne / Original Sin (Theme from The Shadow) (6:25)
3. The Poppy Fields (Main Title) (3:20)
4. Sinoa / Some Kind Of Mystery (3:35)
5. The Sanctum (3:37)
6. Who Are You (4:05)
7. Chest Pains (3:29)
8. The Knife (3:08)
9. The Hotel (5:56)
10. The Tank (4:08)
11. Frontal Lobotomy (2:31)
12. Taylor Dayne / Original Sin (Theme from The Shadow) (Film Mix) (5:23)
13. Orson Welles / The Shadow Radio Show – 1937 (0:31)


輸入盤



バッド・ガールズ
BAD GIRLS(1994)

「告発の行方」「飛べ、バージル/プロジェクトX」のジョナサン・カプラン監督作、
マデリーン・ストー、アンディ・マクダウェル、ドリュー・バリモア出演の女西部劇「バッド・ガールズ」サウンドトラック。

1976年の「軍用列車」以来、久しぶりにウエスタン音楽を手掛けたジェリー・ゴールドスミス作曲、
アコースティック・ギターとシンセサイザーによる透明感のある「The John」の他は90年代作品ながらほとんどシンセを使用しないスコア。往年のアメリカ西部劇のようなオーケストラによるダイナミックな楽曲「The Hanging」、派手なブラスとティンパニーが鳴りまくる「Ambush」など、静かで綺麗な音楽とアクション音楽が楽しめるゴールドスミスならではの作品です。全10曲39分収録。

1. The John (2:21)
2. The Hanging (3:20)
3. Bank Job (4:57)
4. Jail Break (3:29)
5. No Money (2:11)
6. Ambush (5:48)
7. I Shot Him (2:38)
8. Josh’s Death (3:45)
9. No Bullets (3:54)
10. My Land (6:50)

輸入盤




激流 サントラ

RIVER WILD(1994)
激流

メリル・ストリープ、ケヴィン・ベーコン出演のアクション・アドベンチャー「激流」サウンドトラック。
ジェリー・ゴールドスミス作曲、パーカッションの派手な響きと高らかにホーンがなる「Wade Goes Under」アクション・スコアのファンにもお薦めできる9分に及ぶ迫力の「Vacation’s Over」、壮大な自然をイメージさせる「Big Water」をカウボーイ・ジャンキーズによる主題歌も収録。

輸入盤



愛に気づけば…(1994)

「カットスロート・アイランド」「テルマ&ルイーズ」のジーナ・デイビス主演「愛に気づけば…」サウンドトラックです。ゴールドスミスの作品の中では特にやわらかいメロディーで「アンジーのテーマ」などメロディも素晴らしいです。全13曲34分収録。



コンゴ(1995)

フランク・マーシャル監督作、ローラ・リニー、ディラン・ウォルシュ出演「コンゴ」サウンドトラック。

ジェリー・ゴールドスミス作曲、アフリカン・ドラムと重厚なホーンのメロディによるアドヴェンチャー・スコア「Deep Jungle」、迫力のアクション・スコア「Hippo Attack」「Amy’s Nightmare」等全10曲33分収録。


1. Spirit of Africa (2:43)
スピリット・オブ・アフリカ(リーボ・M)
2. Bail Out (2:59)
飛行機からの脱出
3. No Customs (1:50)
密入国
4. Deep Jungle (2:35)
ディープ・ジャングル
5. Hippo Attack (2:27)
カバの襲撃
6. Crash Site (2:01)
壊れた遺跡
7. Gates Of Zinj (4:03)
失われた都ズインジ
8. Amy’s Nightmare (2:12)
エイミーの悪夢
9. Kahega (2:19)
カヘガ
10. Amy’s Farewell/Spirit Of Africa (10:29)
さよならエイミー~スピリット・オブ・アフリカ(リーボ・M)

国内盤



トゥルーナイト
FIRST KNIGHT (1995)

ショーン・コネリー(アーサー王役)、リチャード・ギア(ランスロット役)出演、アーサー王伝説の一部を映画化した「トゥルー・ナイト」サウンドトラック。

ジェリー・ゴールドスミス作曲、迫力のシンフォニック・スコア曲「ライド・オン・レオネス (Raid on Leonesse)」「夜戦 (Night Battle)」や、コーラスも加えた圧巻のスコア曲「アーサー王の別れ (Arthur’s Farewell)」等収録。全10曲40分収録。

ゴールドスミス特有の重量級リズムとコーラスの「Arthur’s Farewell」は何度聞いても凄い楽曲で特にお薦めです。
またこの曲はアイアン・メイデンのライヴのオープニングにも使われている曲で、ライヴ・アルバム「IRON MAIDEN / ROCK IN RIO」で流れている曲もこの曲です。

国内盤



チェーン・リアクション
CHAIN REACTION (1996)

アンドリュー・デイヴィス監督作、キアヌ・リーヴス、モーガン・フリーマン、レイチェル・ワイズ出演アクション「チェーン・リアクション」サウンドトラック。

ジェリー・ゴールドスミス作曲オーケストラ+シンセによるスコア。
重厚なホーンが聞ける迫力の「Ice Chase」、カサンドラ・クロス風のティンパニーのリズムとホーンにシンセ+エレキ・ギターを加えた激しいスコア「No Solution」全8曲31分収録しています。

国内盤



エグゼクティヴ・デシジョン

エグゼクティブ・デシジョン
EXECUTIVE DECISION (1996)

カート・ラッセル、スティーヴン・セガール、ハリー・ベリー出演、スチュアート・ベアード監督作「エグゼクティブ・デシジョン」サウンドトラック。

ジェリー・ゴールドスミス作曲・指揮、「The Map」「All Aboard」「Starting Over」等のミリタリー・アクション風のスコアが聞きどころオーケストラ・スコアで全9曲29分収録。

国内盤



危険な動物たち

危険な動物たち
FIERCE CREATURES (1996)

フレッド・スケピシ、ロバート・ヤング 監督作、
ジョン・クリーズ、ジェイミー・リー・カーティス、ケヴィン・クライン等の「ワンダとダイヤと優しい奴ら」キャスト再出演の映画「危険な動物たち」サウンドトラック。

ジェリー・ゴールドスミス作曲、ストリングスとファゴット、オーボエ等の木管による穏やかなスコア作品で、
「The Funeral」での悲しいメロディや、ピアノとウッド・ベースのアコースティックな響きが心地よい「Willa’s Theme」等全13曲29分収録。
映画自体はドタバタコメディですが、音楽単独で聞くとかなり上品に聞こえる作品です。

国内盤



ファースト・コンタクト

STAR TREK FIRST CONTACT(1996)
スター・トレック/ファースト・コンタクト

1997年公開作「スター・トレック/ファースト・コンタクト」サウンドトラック。
ジェリー・ゴールドスミス作曲、2曲目「Red Alert」や、息子ジョエル・ゴールドスミス作曲「Retreat」での迫力のシンフォニック・スコアや、
スター・トレックのテーマをエンド・クレジット用に録音したニュー・アレンジ版など
スケールの大きなオーケストラ・スコアを収録。
ステッペン・ウルフ「マジック・カーペット・ライド」、ロイ・オービソン「ウービィ・ドゥービィ」も収録。全13曲51分収録。

輸入盤



ゴースト&ダークネス
THE GHOST AND THE DARKNESS (1996)

スティーヴン・ホプキンス監督作、マイケル・ダグラス、ヴァル・キルマー出演「ゴースト&ダークネス」サウンドトラック。

ジェリー・ゴールドスミス作曲、ブラスを中心とした迫力のアクション・スコア「Lions Attack」、アフリカン・ドラム入り激しいスコア曲「Starling’s Death」「Final Attack」、ストリングスによる壮大なスコア曲でアイルランド風のメロディ「Welcome To Tsavo」等収録、ジェリー・ゴールドスミスとしては比較的珍しいアフリカ音楽を大々的に導入したスコアです。

全17曲53分収録。


1. Theme From “The Ghost And The Darkness” (2:12)
2. The Bridge (4:10)
3. Catch A Train (2:02)
4. Lions Attack (5:18)
5. First Time (2:00)
6. Starling’s Death (5:58)
7. Lions Reign (2:41)
8. Preparations (2:47)
9. Remington’s Death (2:32)
10. Prepare For Battle (2:00)
11. Final Attack (2:53)
12. Welcome To Tsavo (5:00)
13. Hamara Haath (“Our Hands Unite”) (3:05)
14. Dueling Chants, Part 1: “Jungal Bahar” (3:21)
15. Safari Ya Bamba (“Journey To Bamba”) (2:33)
16. Terere Obande (2:42)
17. Iye Oyeha (2:14)

輸入盤



訣別の街(1996)

アル・パチーノ、ジョン・キューザック主演、政治サスペンス映画「決別の街」サウンドトラックです。ゴールドスミス流にティンパニなどパーカッション使用を多く含んだスコア盤です。全12曲30分収録しています。



エアフォース・ワン

エアフォース・ワン
Air Force One

ハリソン・フォード、ゲイリー・オールドマン出演、「Uボート」「トロイ」のウォルフガング・ペーターゼン監督のサスペンス・アクション「エアフォース・ワン」サウンドトラック。
ブラスのメロディが特にかっこよい「The Parachutes」や、シーンのテンションを上げる圧倒的な「The Hijackingや」「Escape from Air Force One」など、ほぼ全編がホーンやティンパニーで激しい衝撃音が聞けるアクション・スコア傑作です。
全8曲35分収録。

1. The Parachutes (5:24)
2. The Motorcade (2:45)
3. Empty Rooms (3:53)
4. The Hijacking (7:52)
5. No Security (3:09)
6. Free Flight (4:56)
7. Escape From Air Force One (5:30)
8. Welcome Aboard, Sir (2:11)

国内盤

もともとはランディ・ニューマン作曲でしたが、ヴォルフガング・ペーターゼン監督によりボツとなり、ゴールドスミスがたったの2週間で作曲したもの。




L.A.コンフィデンシャル
BOLLING FILMS

L.A. CONFIDENTIAL(1997)
L.A.コンフィデンシャル

ジェームズ・エルロイ小説の映画化作品、キム・ベイシンガー、ケビン・スペイシーに、ラッセル・クロウとガイ・ピアースの出世作として公開されたカーティス・ハンソン監督作「L.A.コンフィデンシャル」サウンドトラック。

ジェリー・ゴールドスミスの音楽で、トランペットをリードとしたスコア曲で「チャイナタウン」のような雰囲気を持つ作品です。パーカッションの連打で極度の緊張感を生む「Bloody Christmas」、凄惨なレストランでの惨殺現場でのシーン「The Cafe」~ジャズ風味のハードボイルド・スコアを収録した作品です。全11曲30分収録。

輸入盤(スコア盤)ジャケット↓
L. A. Confidential: Original Motion Picture Score

下記は、劇中で流れたヴォーカル曲を集めたサウンドトラック↓
L. A. Confidential (1997 Film)

ジェリー・ゴールドスミスのスコア曲の他、劇中で流れたジョニー・マーサー、チェット・ベイカー、ジョニ・ジェイムス、ディーン・マーティン、リー・ワイリー等の1950年代のジャズ・ヴォーカル曲を集めた全14曲35分を収録。


1. Badge Of Honor (0:22)
名誉のバッジ(ジェリー・ゴールドスミス)
2. Ac-Cent-Tchu-Ate The Positive (1:57)
ザ・ポジティブ(ジョニー・マーサー)
3. The Christmas Blues (2:54)
クリスマス・ブルース(ディーン・マーチン)
4. Look For The Silver Lining (2:40)
ルック・フォー・ザ・シルヴァー・ライニング(チェット・ベイカー)
5. Makin’ Whoopee (3:29)
メイキン・ウーピー(ジェリー・マリガン・ウィズ・チェット・ベイカー)
6. Hit The Road To Dreamland (1:59)
夢の国へ(ベティ・ハットン)
7. Oh! Look At Me Now (3:09)
ルック・アット・ミー・ナウ(リー・ワイリー)
8. The Lady Is A Tramp (3:12)
気まぐれレディ(ジェリー・マリガン・カルテット)
9. Wheel Of Fortune (3:24)
ホイール・オブ・フォーチューン(ケイ・スター)
10. But Not For Me (2:50)
バット・ノット・フォア・ミー(ジャッキー・グリーソン)
11. How Important Can It Be (2:34)
ハウ・インポータント・キャン・イト・ビー(ジョニ・ジェイムス)
12. Looking At You (2:17)
ルッキング・アト・ユー(リー・ワイリー)
13. Powder Your Face With Sunshine (2:33)
ほほえみ(ディーン・マーチン)
14. L.A. Confidential (2:32)
L.A.CONFIDENTIAL(ジェリー・ゴールドスミス)



ザ・ワイルド

ザ・ワイルド
THE EDGE (1997)

リー・タマホリ監督作、アンソニー・ホプキンス、アレック・ボールドウィン出演「ザ・ワイルド」サウンドトラック。

ジェリー・ゴールドスミス作曲、大自然を描写するメイン・タイトル曲「Lost In The Wild」をはじめ、「The Ravine (グリズリーの襲撃)」「Stalking (忍び寄る野獣)」「Deadfall (落とし罠)」等での低音を効かせたブラス・サウンドと激しいパーカッションで、ゴールドスミスのスコア・ファンには特にお薦めできる迫力の楽曲です。全10曲37分収録。


1. Lost In The Wild (3:02)
メイン・タイトル
2. The Ravine (4:38)
グリズリーの襲撃
3. Birds (2:24)
アクシデント
4. Mighty Hunter (1:34)
マイティ・ハンター
5. Bitter Coffee (3:03)
トレッキング
6. Stalking (5:47)
忍び寄る野獣
7. Deadfall (6:15)
落とし罠
8. The River (2:21)
川下り
9. Rescued (6:04)
救出
10. The Edge (2:54)
エンド・クレジット~ザ・ワイルド

国内盤



追跡者(1998)

トミー・リー・ジョーンズ, ウェズリー・スナイプス主演のアクション「追跡者(U.S.
MARSHALS)」サウンドトラック。オープニングより金管が鳴りまくる、全編がゴールドスミス節炸裂のアクション・スコアでお薦めです。全9曲30分収録。


1. Nuggets & Bullets (1:52)
2. Sinking Plane (4:25)
3. Heading For The Swamp (2:31)
4. Swamp Search (6:06)
5. Eves On The City (2:21)
6. Airport Locker (1:58)
7. Following Chen (6:00)
8. The Front Gate (2:30)
9. Free To Go (2:38)





グリードグリード

ザ・グリード
DEEP RISING (1998)

トリート・ウィリアムズ、ファムケ・ヤンセン出演、スティーヴン・ソマーズ監督の「ハムナプトラ」の前作にあたるモンスター/SF/アクション映画「ザ・グリード」サウンドトラック。ジェリー・ゴールドスミス作曲、ブラスの迫力とシンセのリズムで聞かせるアクション・スコアを多く収録した作品で
「Wall of Water」「Let’s Make a Deal」「E Ticket」などでパニック・シーンを盛り上げる激しいスコアが楽しめます。全10曲32分収録。

輸入盤




スモール・ソルジャーズ

スモール・ソルジャーズ
SMALL SOLDIERS (1998)

ジョー・ダンテ監督のアクション/ファンタジー「スモール・ソルジャーズ」サウンドトラック。
ジェリー・ゴールドスミス作曲、優しいメロディの「アラン・アンド・アーチャー」
やミリタりー・アクション調の「襲撃準備(Prepare For Assault)」、迫力の金管サウンドを聞かせる「トラスト・ミー(Trust Me)」など、スケールの大きな感動的な楽曲とコメディ風、アクションとバリエーション豊富で楽しめる作品です。全9曲31分収録。



ムーラン(1998)

マシュー・ワイルダー作曲の劇中の挿入曲とジェリー・ゴールドスミスによるスコアを収録した「ムーラン」サウンドトラック。

ディズニー・アニメのサウンドトラックですが、「宣戦布告」「フン族の襲撃」などでのゴールドスミスのスコアは、ディズニー・アニメとはいえ、とても迫力のあるスペクタクルなオーケストラ・スコアで聞きごたえありお薦めです。スティーヴィー・ワンダー、クリスティーナ・アギレラのヴォーカル曲も収録した全12曲51分収録。


1. Beth Fowler and Chorus / Honor To Us All (3:04)
家に名誉を
2. Lea Salonga / Reflection (Film Version) (2:27)
リフレクション
3. Donny Osmond & Chorus / I’ll Make A Man Out Of You (3:22)
闘志を燃やせ!
4. Harvey Fierstein, James Hong, Lea Salonga, Jerry Tondo, Matthew Wilder, Chorus / A Girl Worth Fighting For (2:26)
愛しい女よ
5. 98 Degrees & Stevie Wonder / True To Your Heart (4:16)
トゥルー・トゥ・ユア・ハート(シングル)(98°&スティーヴィー・ワンダー)
6. Suite From Mulan (7:07)
「ムーラン」より組曲
7. Attack At The Wall (5:00)
宣戦布告(スコア)
8. Mulan’s Decision (3:23)
ムーランの決意(スコア)
9. Blossoms (6:28)
やがて咲く花(スコア)
10. The Huns Attack (4:30)
フン族の襲撃(スコア)
11. The Burned-Out Village (5:54)
焼き払われた村(スコア)
12. Christina Aguilera / Reflection (Cover Version) (3:35)
リフレクション(ポップ・ヴァージョン)(クリスティーナ・アギレラ)




ホーンティング

ホーンティング
THE HAUNTING

ヤン・デ・ボン監督作、リーアム・ニーソン、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、オーウェン・ウィルソン出演「ホーンティング」サウンドトラック。ジェリー・ゴールドスミス作曲、メリーゴーランド風の音楽「The Carousel」にはじまり「Return to the Carousel」「Finally Home」などでの96人編成のオーケストラによる迫力が凄まじく、低音の効いたスコアが多数聞けます。全9曲35分収録。




インビジブル

HOLLOW MAN(2000)
インビジブル

ポール・ヴァーホーヴェン監督作、ケヴィン・ベーコン、エリザベス・シュー、ジョシュ・ブローリン出演の透明人間スリラー・アクション「インビジブル」サウンドトラック。

「氷の微笑」に似た静かに始まるオープニングのメイン・タイトル曲や、約10分に及ぶ激しいスコア曲[BLOODY FLOOR]などトロンボーン、ホルンのブラスによる強力に鳴らした迫力の演奏が聴けます。全13曲51分収録。

1. The Hollow Man (3:00)
2. Isabelle Comes Back (6:04)
3. Linda & Sebastian (2:58)
4. This Is Science (6:20)
5. Not Right (2:43)
6. What Went Wrong? (1:44)
7. Broken Window (3:01)
8. False Image (2:00)
9. Hi Boss (2:50)
10. Find Him (4:41)
11. Bloody Floor (10:03)
12. The Elevator (3:01)
13. The Big Climb (3:07)

輸入盤




ネメシス サントラ


Nemesis / S. T. X (Original Soundtrack)

Star Trek: Nemesis(2002)
スター・トレック ネメシス

劇場版スタートレックの10作目「スター・トレック ネメシス」サウンドトラック。後半「The Scorpion」「Final Flight」での激しいオーケストラ・スコアや、おなじみのメロディがダイナミックなアレンジで聞けるオープニングとエンディング「A New Ending」などスター・トレック・シリーズのスコア集大成盤としてもお薦めできる作品です。全14曲48分収録。



タイムライン SACD-MULTI(2003)

マイケル・クライトン原作、「ワイルドスピード」のポール・ウォーカー主演のSFアドベンチャー「タイムライン」。実際の劇場公開での音楽はブライアン・タイラーによるものでしたが、差し替えとなる前のジェリー・ゴールドスミス作曲/指揮によるものです。11分に及ぶ[PREPARE
FOR BATTLE / VICTORY FOR US]などのアクション・スコアが圧巻です。全14曲収録。★SACDマルチ・チャンネルの為、5.1chシステムならさらに迫力のサウンドが楽しめます。ハイブリッド盤ですので、通常のCDプレーヤーでも問題なく再生できます。


フロンティアーズ

Frontiers
Jerry Goldsmith and Royal Scottish National Orchestra

ジェリー・ゴールドスミス作曲のスコア作品集。オリジナル・サウンドトラック音源ではなく、1997年9月12,13日録音の再演奏スコア盤です。

ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル・オーケストラの演奏で、ジェリー・ゴールドスミス自ら指揮を執ったもので音質も良く迫力があります。
「スター・トレック」「エイリアン」や、金管の迫力が楽しめる「カプリコン・ワン」、比較的珍しいスコアの「世界が燃えつきる日」等全12曲47分収録。

輸入盤です。


1. Star Trek: First Contact (5:28)
ファースト・コンタクト/Star Trek
2. Twilight Zone: The Movie (6:06)
トワイライト・ゾーン
3. Capricorn One (2:54)
カプリコン・ワン
4. Logan’s Run: The Monument (8:32)
2300年未来への旅
5. Logan’s Run: End of the City (2:19)
2300年未来への旅
6. The Illustrated Man (3:50)
いれずみの男
7. The Enterprise (6:12)
スター・トレック・モーション・ピクチャー
8. Total Recall (2:31)
トータル・リコール
9. Damnation Alley: Main Title (2:11)
世界が燃えつきる日
10. Damnation Alley: End Title (2:05)
世界が燃えつきる日
11. Star Trek: Voyager (2:12)
スター・トレック/ヴォイジャー
12. Alien (3:11)
エイリアン (エンド・タイトル)



フィルム・ミュージック・コレクション

ジェリー・ゴールドスミス
フィルム・ミュージック・コレクション
Jerry Goldsmith Film Music Collection

ジェリー・ゴールドスミスの代表的なスコアを収録したCD2枚組。演奏はすべてニック・レイン指揮、プラハ市オーケストラの再演奏でオリジナル・サウンドトラックではありませんが、新録音の為、音質もよく迫力のオーケストラが楽しめます。

「ブルー・マックス」「マッカーサー/パットン大戦車軍団」「カプリコン・1」等60~70年代作品のはじめ、
「炎の砦マサダ」「スウォーム」「ブラジルから来た少年」「パウダー」などの比較的珍しいスコア曲も収録しています。
CD2枚組142分収録。


ディスク:1
1.「カプリコン・1」~オーバチュア
Capricorn One/Overture (3:19)
2.「炎の砦マサダ」~メインテーマ
Masada/Masada (5:13)
3.「アンダーファイア(組曲)」~プレリュード
Under Fire Suite/Prelude (1:53)
4.「アンダーファイア(組曲)」~戦火の下で
Under Fire Suite/Bajo Fuego (5:47)
5.「アンダーファイア(組曲)」~新しい愛
Under Fire Suite/A New Love (4:20)
6.「アンダーファイア(組曲)」~レベル・マーチ
Under Fire Suite/The Rebel March (3:17)
7.「氷の微笑」~メインテーマ
Basic Instinct/Main Theme (2:33)
8.「大列車強盗」~オーバチュア
The Great Train Robbery/Overture (4:58)
9.「オーメン」~組曲
The Omen/Suite (11:50)
10.「恐竜伝説ベイビー」~ベイビーズ・アライブ~エンド・タイトル
Baby:Secret Of A Lost Legend/Baby’s Alive/End Titles (7:26)
11.「シャドー」~メインテーマ
The Shadow/Main Theme (2:38)
12.「ロシア・ハウス」~愛のテーマ
The Russia House/Love Theme (5:14)
13.「スウォーム」~蜂の襲来
The Swarm/The Bees Arrive (4:24)
14.「スウォーム」~エンド・タイトル
The Swarm/End Title (3:21)
15.「ポルターガイスト」~メインテーマ
Poltergeist/Main Theme (4:16)

ディスク:2
1.「ブルー・マックス(組曲)」~オーバチュア
The Blue Max Short Suite/Overture (2:17)
2.「ブルー・マックス(組曲)」~ザ・ブリッジ
The Blue Max Short Suite/The Bridge (2:59)
3.「ブルー・マックス(組曲)」~ファイナル
The Blue Max Short Suite/Finale (2:41)
4.「ブラジルから来た少年」~ワルツ~ザ・ボーイズ
The Boys From Brazil/Waltz/The Boys (7:09)
5.「トゥルーナイト(組曲)」~アーサーズ・ファンファーレ
First Knight Suite/Arthur,S Fanfare (0:44)
6.「トゥルーナイト(組曲)」~ノー・スレンダー
First Knight Suite/No Surrender (5:25)
7.「トゥルーナイト(組曲)」~アーサーズ・フェアウェル
First Knight Suite/Arthur’s Farewell (5:03)
8.「ホーンティング」~憑霊の家~エンド・タイトル
The Haunting/The Carousel/End Titles (2:57)
9.「パウダー」~テーマ
Powder/Theme (4:31)
10.「マッカーサー/パットン大戦車軍団」~組曲
Macarthur/Patton/The Generals Suite (5:29)
11.「トワイライト・ゾーン 超次元の体験」~エンド・タイトル組曲
Twilight Zine:The Movie/End Title Suite (6:30)
12.「ランボー 怒りの脱出」~メインテーマ
First Blood/Rambo][/Main Themes (6:01)
13.「ザ・スタンド」~ザ・トゥリーズ
Medicine/The Trees (4:15)
14.「スター・トレック」~シンフォニック組曲
Star Trek/Symphonic Suite (16:23)

なおイギリスSILVA盤ではCD4枚組全55曲入り!!も発売。演奏・指揮は上記と同じくニック・レイン指揮、プラハ市オーケストラ。
Jerry Goldsmith: 40 Years of Film Music


ジェリー・ゴールドスミスの世界

ジェリー・ゴールドスミスの世界

1998年9月3日、東京芸術劇場での「ハリウッド・シンフォニック・スペクタキュラー」コンサート「第1部 ジェリー・ゴールドスミスの世界」のコンサートを収録したCD。

鈴木織衛指揮、神奈川フィルハーモニー管弦楽団の演奏。オリジナル・スコアを再現したコンサートで、「スウォーム」等おそらく生演奏では今後まず無さそうな楽曲から、「エアフォース・ワン」「エイリアン」エンド・タイトルなど収録。東京コスモポリタン合唱団を加えて演奏される「オーメン組曲」、アベ・サンターニが有名な楽曲ですが、この組曲の後半の盛り上げ方は圧倒的な迫力です。
演奏の質や音質、また忠実に再現されたスコアでファンにもお薦めできる作品です。全6曲29分収録。


1. Supergirl-Main Title (4:28)
「スーパーガール」~エンド・タイトル
2. Star Treck The Motion Picture-End Title (3:50)
「スター・トレック」~エンド・タイトル
3. Alien-End Title (3:34)
「エイリアン」~エンド・タイトル
4. The Swarm-The Bees Arrive (4:46)
「スウォーム」~蜂の襲来
5. Air Force One (2:00)
「エアフォース・ワン」~メイン・タイトル
6. The Omen-Suite (10:22)
「オーメン」~オーメン組曲:アベ・サンターニ/悪魔の嵐/新任大使/犬の襲来 (合唱付き)


ゴールドスミス
ゴールドスミス

Film Music Masters: Jerry Goldsmith
ジェリー・ゴールドスミスDVD

映画音楽作曲家ジェリー・ゴールドスミスの貴重な映像が楽しめるフレッド・カーリン監修のDVDです。

1994年8月31日、ゴールドスミスの指揮するオーケストラで、メリル・ストリープ、ケヴィン・ベーコン出演のアクション・アドベンチャー「激流(RIVER WILD) 」の録音風景や、「スター・トレックのテーマ」「パットン大戦車軍団のテーマ」をバックに数々のジャケット写真を見られます。

本編には「ルディ」「風とライオン」「オーメン(アヴェ・サタニ)」「ポルター・ガイスト」「猿の惑星」「海流のなかの島々」「氷の微笑」「ザ・スタンド」「アンダーファイア」「ロシア・ハウス」の名場面の一部を音楽と合わせて見られる映像、
自ら「ポルターガイスト」の「キャロル・アンのテーマ」を弾くシーンや、アカデミー作曲賞を受賞した1976年、受賞シーンとステージでのスピーチ(ポール・ウィリアムスやヘンリー・マンシーニの姿も見える)など70分の本編と、スペシャル・フューチャーとして1時間におよぶ「激流」のオーケストラ・セッションも収録、合計で2時間半ほどの映像を収録しています。
貴重な映像が多く、ジェリー・ゴールドスミス・ファン必見のDVDです。


インタビュー映像では、
「オーメン」リチャード・ドナー監督、
「激流」カーティス・ハンソン監督、
「氷の微笑」ポール・バーホーヴェン監督、
フランクリン・J・シャフナー監督、
ブランフォード・マルサリス(「ロシア・ハウス」で共演したサックス・プレーヤー)、
エミル・リチャーズ(パーカッショニスト)、
クレイグ・ハックスリー(作曲/演奏家)、
レコーディング・エンジニアのブルース・ボトニック、
VARESE SARABANDEレコードのロバート・タウンソン、
INTRADAレコードのダグラス・フェイク、
妻キャロル・ゴールドスミス、
息子のジョエル・ゴールドスミスが登場します。

※輸入盤のみの発売で、音声は英語のみ、日本語字幕もありません。(ドルビー・デジタル・ステレオ)
NTSC/リージョン・フリーですので、日本国内のDVDプレーヤーで問題なく視聴できます。


 

1. 1960年代~1970年代
2. 1980年代
3. 1990年代~2004年


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve − twelve =