Soundtrack Paradise

クリフ・マルティネス Cliff Martinez


クリフ・マルティネス

Cliff Martinez


Drive


ドライヴ (2011)
DRIVE

ライアン・ゴズリング、キャリー・マリガン、ロン・パールマン、アルバート・ブルックス出演、ニコラス・ウィンディング・レフン監督作、「ドライヴ」サウンドトラック。

設定は現代ですが、オープニング・クレジット、セリフの少なさ、スロー/長回し撮影と、音楽など雰囲気全体が80年代的な映画。主演がライアン・ゴズリングのせいでウォルター・ヒル監督、ライアン・オニール主演の「ザ・ドライバー」を思わせますが、客層もほとんどそれを期待してる感じ(のはず)。今の映画に慣れた人はこの映画、後半眠いのではないかと思うが、個人的には雰囲気全体がツボに入った作品。

スコア音楽はクリフ・マルティネス、その他のBGMは80年代風のシンセ/打ち込みの歌入りで、オープニング「Nightcall」(Kavinsky & Lovefoxxx)や、「A Real Hero」(College)など実際には80年代の音楽ではないようですが、その年代を意識したジョルジョ・モロダー風のエレポップ。

唯一、シャノンが殺された後に流れるオーケストラ・バックの女性ヴォーカル曲は「Oh My Love」。ヴォーカルはカティナ・ラニエリ(Katina Ranieri)でもとは「ヤコペッティの残酷大陸」のサントラ盤で、作曲はリズ・オルトラーニをそのまま使ってます。


1. Nightcall (04:19) / Kavinsky & Lovefoxxx
2. Under Your Spell (03:52) / Desire
3. A Real Hero (Feat. Electric Youth) (04:27) / College
4. Oh My Love (Feat. Katyna Ranieri) (02:50) / Riz Ortolani
5. Tick of the Clock (04:48) / Chromatics
6. Rubber Head (03:08)
7. I Drive (02:03)
8. He Had a Good Time (01:37)
9. They Broke His Pelvis (01:58)
10. Kick Your Teeth (02:40)
11. Where’s The Deluxe Version? (05:32)
12. See You in Four (02:37)
13. After the Chase (05:25)
14. Hammer (04:44)
15. Wrong Floor (01:31)
16. Skull Crushing (05:57)
17. My Name on a Car (02:19)
18. On the Beach (06:35)
19. Bride of Deluxe (03:57)

Oh My Love (Feat. Katyna Ranieri) / Riz Ortolani
「ヤコペッティの残酷大陸」と「ドライヴ」で「Oh My Love」で同時再生。

オープニング Kavinsky – Nightcall (Drive Original Movie Soundtrack)

College feat. Electric Youth – A Real Hero

予告編


ソラリス
ソラリス


ソラリス
SOLARIS (2002)

スティーヴン・ソダーバーグ監督作、製作ジェームズ・キャメロン、ジョージ・クルーニー主演「ソラリス」サウンドトラック。(アンドレイ・タルコフスキー「惑星ソラリス」のリメイク)

クリフ・マルティネス作曲、「Is That What Everybody Wants」「First Sleep」などアンビエント風のリズムにストリングスのオーケストラがゆっくりと流れる、穏やかなミニマル・ミュージック風の音楽。全11曲43分収録。現在廃盤。



セックスと嘘とビデオテープ

セックスと嘘とビデオテープ

アンディ・マクダウェル、ジェームズ・スペイダー出演のドラマ「セックスと嘘とビデオテープ」サウンドトラック。スティーヴン・ソダーバーグ監督作「KAFKA/迷宮の悪夢」~「ソラリス」などでも音楽を手がけるクリフ・マルチネス作曲、激しい打ち込みの曲と、静かで鬱的なシンセによるスコアです。全9曲29分収録。
アメリカ盤ジャケット↓



KAFKA/迷宮の悪夢

KAFKA (1991)

ジェレミー・アイアンズ、アレック・ギネス、イアン・ホルムが出演、スティーヴン・ソダーバーグ監督作「KAFKA(カフカ)/迷宮の悪夢」サウンドトラック。
東ヨーロッパの民族楽器シンバロンを使ったメイン・タイトル曲等、クリフ・マルチネス作曲のスコアで全19曲48分収録。

1. Eddie’s Dead (Main Title) (3:29)
2. Romanian Leave It To Beaver Music: Part I (0:54)
3. Prelude To A Sneeze (4:22)
4. Walk With The Anarchists (1:59)
5. Romanian Leave It To Beaver Music: Part II (0:54)
6. Goodnight Mr. Bizzlebek (1:17)
7. Bum Attack (1:52)
8. Hore Hronom, Dolu Hronom (3:22)
9. Snez (3:14)
10. The Abduction (1:15)
11. Allegiance To Something Other Than Truth (1:22)
12. Burgel Goes To The Toilet (1:45)
13. He Came In Through The Bathroom Window (2:44)
14. Miller Time (4:40)
15. Son Of Balloon (1:14)
16. Wrong End Of The Microscope (7:35)
17. Meanwhile, Back At The Ranch (1:06)
18. Why Should Today Be Different? (2:27)
19. Let’s Hit The Wall (End Title) (3:30)




TRAFFIC
トラフィック

スティーヴン・ソダーバーグ監督、マイケル・ダグラス、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、ベニチオ・デル・トロ出演,
3つのストーリーが交錯するサスペンス「トラフィック」サウンドトラック。ソダーバーグ作品のほとんどの音楽を手がけるクリフ・マルティネス作曲、ほぼ全編がシンセによるサスペンス・スコアで、劇中挿入曲として「Beethoven’s Piano Sonata No. 1 in F Minor」(ウィルヘルム・ケンプ演奏)、ファットボーイ・スリム[Give the Po’ Man a Break]、終盤で流れるブライアン・イーノの静かなシンセ曲など収録。全18曲73分収録。



イギリスから来た男
The Limey
(1999)

スティーヴン・ソダーバーグ監督作、テレンス・スタンプ、ピーター・フォンダ出演のドラマ「イギリスから来た男」サウンドトラック。

劇中で流れるザ・フー「ザ・シーカー」、ザ・ホリーズ「キング・ミダス・イン・リヴァース」、ザ・バーズ「イット・ハプンズ・イーチ・デイ」、ボストン「スモーキン」を収録。スコアは同じくソダーバーグ監督の「トラフィック」「ソラリス」も手掛けた、クリフ・マルチネスが手掛けています。全16曲73分収録。

1. The Who / The Seeker (3:26)
2. The Hollies / King Midas In Reverse (3:09)
3. The Byrds / It Happens Each Day (2:46)
4. Boston / Smokin’ (4:22)
5. Danny Saber / The Party Sequence: Moog Symphony (4:04)
6. Danny Saber / The Party Sequence: Limey Shuffle (2:21)
7. Danny Saber / The Party Sequence: Sitar Bathroom (2:58)
8. Danny Saber / The Party Sequence: Limey Vibes (1:56)
9. Danny Saber / The Party Sequence: Sitar Song (3:44)
10. Terence Stamp / Colours (1:04)
11. Cliff Martinez / What He Gonna Say? (3:40)
12. Cliff Martinez / Ambush/Come With Us (1:49)
13. Cliff Martinez / After The Hammock (2:26)
14. Cliff Martinez / Stay There (2:15)
15. Cliff Martinez / Tell Me About Jenny (2:38)
16. Cliff Martinez / Wanna Take Me Out? (31:21)


蒼い記憶
蒼い記憶


蒼い記憶
UNDERNEATH (1995)

スティーヴン・ソダーバーグ監督作、ピーター・ギャラガー、アリソン・エリオット出演のサスペンス・ドラマ「蒼い記憶」サウンドトラック。
クリフ・マルティネス作曲、シンセサイザーーを中心としたダークなスコアと、14~18曲目までは劇中挿入曲のロックを収録。全18曲41分収録。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty − 16 =