Soundtrack Paradise

ザック・スナイダー Zack Snyder


ザック・スナイダー監督作 サントラ

Zack Snyder



300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃 サウンドトラック

300 <スリーハンドレッド>
~帝国の進撃~(2014)
300: RISE OF AN EMPIRE

前作の監督ザック・スナイダーは脚本と製作にまわり、ノーム・ムーロ監督による300の続編。
作曲はジャンキーXL(JXL)(トム・ホーケンバーグ)は、大ヒットしたエルヴィス・プレスリーの「ア・リトル・レス・カンヴァセーション」のリミックスやロック/ダンス/インダストリアル系の音楽で有名ですが、ここ最近は、「マン・オブ・スティール」にもハンス・ジマーと共作もしています。
「Fog Battle」「Greeks On Attack」など基本的に打楽器による強烈なリズムを中心としたものに、ブズーキなどギリシャの古楽器を織り交ぜたスコア。全16曲67分収録。




マン・オブ・スティール

マン・オブ・スティール
MAN OF STEEL (2013)

ザック・スナイダー監督作、ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、ケヴィン・コスナー、ダイアン・レイン、ローレンス・フィッシュバーン、ラッセル・クロウ出演「マン・オブ・スティール」サウンドトラック。(CD2枚組限定盤)

ハンス・ジマー作曲でクリストファー・ノーラン版「バットマン/ダークナイト」路線と同じく全般にシリアスでダークなスコア。9分に及ぶ「Terraforming」や「Look To The Stars」「Oil Rig」「DNA」「Tornado」は、いかにもハンス・ジマーな楽曲で盛り上げます。スーパーマンの音楽といえばジョン・ウィリアムスの有名なテーマ曲がどうしても思い出されますが、ハンス・ジマー版の新たなサントラには、旧作とは映画本編の雰囲気がまるで違うので、流用された部分はまったく無いものです。

クリストファー・リーブの「スーパーマン」や、ブライアン・シンガー版の2006年公開「スーパーマン・リターンズ」とは違う、新たなシリーズですが、評判もよく個人的ににも今夏見た映画の中で一番面白かった作品。敵役の強い女「ファオラ=ウル(ドイツ人女優アンチュ・トラウェ)」や、ラッセル・クロウ、ケヴィン・コスナー、ダイアン・レインらの出演陣のシーンも見応えあります。

DISC1
1. Look To The Stars (02:58)
2. Oil Rig (01:45)
3. Sent Here For A Reason (03:46)
4. DNA (03:34)
5. Goodbye My Son (02:01)
6. If You Love These People (03:22)
7. Krypton’s Last (01:58)
8. Terraforming (09:49)
9. Tornado (02:55)
10. You Die Or I Do (03:13)
11. Launch (02:36)
12. Ignition (01:19)
13. I Will Find Him (02:57)
14. This Is Clark Kent (03:47)
15. I Have So Many Questions (03:48)
16. Flight (04:19)
17. What Are You Going To Do When You Are Not Saving The World? (05:27)

DISC2
1. Man Of Steel (Hans’ Original Sketchbook) (28:16)
2. Are You Listening, Clark? (02:48)
3. General Zod (07:21)
4. You Led Us Here (02:59)
5. This Is Madness (03:48)
6. Earth (06:11)
7. Arcade (07:25)

予告編

劇中で流れる歌曲はChris Cornell – “Seasons”、上記サントラには未収録です。

予告編で使われた音楽



エンジェル・ウォーズ サントラ Amazonで見る

エンジェル・ウォーズ
Sucker Punch (2011)

エミリー・ブラウニング、アビー・コーニッシュ、ジェナ・マローン、ヴァネッサ・アン・ハジェンズ、ジェイミー・チャン、オスカー・アイザック、カーラ・グギーノ、ジョン・ハム、スコット・グレン出演、ザック・スナイダー監督作「エンジェル・ウォーズ」サウンドトラック。(邦題にがっかり)

「300」「ウォッチメン」同様に、”映画的”なビジュアルが満載の作品。サントラ盤の曲も、満遍なくシーンで使われています(セリフが少ないのでビデオクリップ風に感じました) 5人の女戦士もそれぞれ魅力的でした。ベラ・ゴルスキー博士は「ウォッチメン」で初代シルク・スペクター役も演じています。(個人的にはナチゾンビのシーンに圧倒されました)

主演のエミリー・ブラウニングが3曲歌っています。


1. Sweet Dreams (Are Made Of This) (Emily Browning)
オリジナルはユーリズミックス
2. Army Of Me (Sucker Punch Remix) (Bjork featuring Skunk Anansie)
3. White Rabbit (Emiliana Torrini)(歌詞)
オリジナルはジェファーソン・エアプレイン
4. I Want It All/We Will Rock You (Mash up) (Queen with Armageddon aka Geddy)
5. Search And Destroy (Skunk Anansie)
オリジナルはイギー・ポップのストゥージーズ
6. Tomorrow Never Knows (Alison Mosshart and Carla Azar)
オリジナルはビートルズ
7. Where Is My Mind? (Yoav featuring Emily Browning)
オリジナルはピクシーズ
8. Asleep (Emily Browning)
9. Love Is The Drug (Carla Gugino and Oscar Isaac)
オリジナルはロキシー・ミュージック

Watertower Music



ウォッチメン スコア

ウォッチメン
WATCHMEN (2009)

「300/スリーハンドレッド」「ドーン・オブ・ザ・デッド(2004)」のザック・スナイダー監督作、
マリン・アッカーマン(シルク・スペクター)、ビリー・クラダップ(DR.マンハッタン)、マシュー・グード(オジマンディアス)、
ジェフリー・ディーン・モーガン(コメディアン)、パトリック・ウィルソン(ナイトオウル)に「がんばれ!ベアーズ」で有名なジャッキー・アール・ヘイリー(ロールシャッハ)等出演の「ウォッチメン」スコア盤サウンドトラック。

ウォッチメン スコア

ザック・スナイダー監督とのコンビでこれで3作目となるタイラー・ベイツ作曲のスコア、
威厳のある男性合唱とデジタル・リズムで盛り上げる「Rescue Mission」、アンビエント風のループとタイラー・ベイツ自身の演奏するエレクトリック・ギターによる「You Quit!」、シンセサイザーによるコメディアンのテーマ・スコア「Edward Blake – The Comedian」、ディストーション・ギターと強烈なパーカッション・リズムを盛り込んだ刑務所内での暴動シーン「Prison Fight」、本スコア内でもっとも長尺で厳かなストリングス・スコア「Just Look Around You」、モーツァルト「レクイエム」アレンジ版の20曲目「Requiem」等全21曲44分収録。

ウォッチメン スコア


1. Rescue Mission (2:14)
2. Don’t Get Too Misty Eyed (1:36)
3. Tonight The Comedian Died (2:44)
4. Silk Spectre (1:01)
5. We’ll Live Longer (0:57)
6. You Quit! (0:39)
7. Only Two Names Remain (1:43)
8. The American Dream (1:57)
9. Edward Blake – The Comedian (2:42)
10. The Last Laugh (0:57)
11. Prison Fight (1:45)
12. Just Look Around You (5:52)
13. Dan’s Apocalyptic Dream (1:18)
14. Who Murdered Hollis Mason? (0:56)
15. What About Janie Slater? (1:35)
16. I’ll Tell You About Rorschach (4:10)
17. Countdown (2:47)
18. It Was Me (1:26)
19. All That Is Good (4:59)
20. Requiem (0:55)
21. I Love You (2:41)

劇中にはジョン・F・ケネディ、ミック・ジャガー、デヴィッド・ボウイー、ニクソン大統領、カストロ、アンディ・ウォーホル等がオープニング・クレジットや劇中に登場、また時代背景を意識した選曲で使用されたロック/ポピュラーは下記のサウンドトラックに収録。

Watchmen
Watchmen


1. Desolation Row – My Chemical Romance
廃墟の街/マイ・ケミカル・ロマンス
2. Unforgettable – Nat King Cole
アンフォゲッタブル/ナット・キング・コール
3. The Times They Are A-Changin’ – Bob Dylan
時代は変わる/ボブ・ディラン
4. The Sound Of Silence – Simon & Garfunkel
サウンド・オブ・サイレンス/サイモン&ガーファンクル
5. Me & Bobby McGee – Janis Joplin
ミー・アンド・ボビー・マギー/ジャニス・ジョプリン
6. I’m Your Boogie Man – KC & The Sunshine Band
ブギー・マン/KC&ザ・サンシャイン・バンド
7. You’re My Thrill – Billie Holiday
ユアー・マイ・スリル/ビリー・ホリデイ
8. Pruit Igoe & Prophecies – The Philip Glass Ensemble
プルート・イゴエ&プロフェシーズ/フィリップ・グラス
9. Hallelujah – Leonard Cohen
ハレルヤ/レナード・コーエン
10. All Along The Watchtower – Jimi Hendrix
見張り塔からずっと/ジミ・ヘンドリックス
11. Ride of the Valkyries – Budapest Symphony Orchestra
ライド・オブ・バルキューレズ/ブダペスト・シンフォニー・オーケストラ
12. Pirate Jenny – Nina Simone
パイレート・ジェニー/ニーナ・シモン

日本盤はこちら

オープニング・クレジットで流れるディラン「時代は変わる」、”Watch”繋がりでジミ・ヘンドリックス「オール・アロング・ザ・ウォッチタワー」(ちなみにこれと「廃墟の街」マイ・ケミカル・ロマンスもディランのカバー)や、ラヴ・シーンで流れるレナード・コーエン「ハレルヤ」、11曲目は「ワルキューレの騎行」でベトナム戦争シーンで「地獄の黙示録」のイメージをそのまま借用。

なお下記は上記のサウンドトラックには収録されていません。

ネーナ「ロックバルーンは99」
ネーナ

ティアーズ・フォー・フィアーズ「ルール・ザ・ワールド」
ティアーズ・フォー・フィアーズ



300
300 Soundtrack

300 (スリー・ハンドレッド) (2007)

ザック・スナイダー監督作、(ドーン・オブ・ザ・デッド(2004))
ジェラルド・バトラー(オペラ座の怪人,トゥームレイダー2)、レナ・ヘディ、デヴィッド・ウェンハム、ドミニク・ウェスト出演、
先に映画化された「デアデビル」「シンシティ」のフランク・ミラー原作の映画化作品「300 (スリーハンドレッド)」サウンドトラック。

タイラー・ベイツ作曲、プログラミングのリズムとエスニックな弦楽器とコーラスを配したオーケストラ・スコア。
男性コーラスの重量感のある厳かな「Returns A King」、ディストーションの効いたメタリックなギターを用いた激しいスコアの「The Hot Gates」「Fever Dream」、フルート・ソロと女性ヴォーカルの「Message For The Queen」、パーカッション群が迫力の「No Mercy」等25曲59分を収録。

日本盤は2007/5/23日発売

ポスター、16ページのフルカラーブックレット、トレーディング・カード付きのデラックス・エディション(輸入盤)↓
300 [Original Motion Picture Soundtrack] [Deluxe Edition]

300オフィシャル・サイト(海外)

予告編

なお予告編で使われている楽曲はナイン・インチ・ネイルズ「Just Like You Imagined」。サウンドトラック盤には収録していません。下記の
NINの1999年アルバム「The Fragile」に収録。
The Fragile

サウンドトラックに参加している女性ヴォーカルはイランの音楽グループ[Niyaz]のアザム・アリ(Azam Ali)。

彼女のヴォイスとデジタル・リズムに、エスニックな楽器が多く鳴っている為、「グラディエーター」スコアでのリサ・ジェラードや「ブラックホーク・ダウン」等が好きな方にもお薦めできるスコア盤です。
アザム・アリは鼓童のMondo Headや、エリア・クミラルが手掛けた「バトルフィールド・アース」のスコア盤にも参加しています。
アザム・アリ在籍の[Niyaz]のアルバム↓
Niyaz

アザム・アリ、2006年のソロ・アルバム。1曲目にはキング・クリムゾンのトレイ・ガン、パット・、マステロットが参加しています。
Elysium for the Brave


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × one =