Soundtrack Paradise

スティーヴン・スピルバーグ


スティーヴン・スピルバーグ



Jaws

JAWS/ジョーズ
JAWS  (1975)

ロイ・シャイダー、ロバート・ショウ、リチャード・ドレイファス出演、
「続・激突カージャック」に続いて2本目の作品で出世作となるスピルバーグ監督「JAWS/ジョーズ」全20曲51分の完全盤。
ジョン・ウィリアムズ作曲、今だにTVやパロディとしても使われることの多いメイン・タイトル曲(Main Title and First Victim)

3人の乗せた船が港を出るときに流れる静かに流れるフーガ「Out To Sea」、ティンパニーやブラス、ストリングスの低音が入り組んだ激しいオーケストラ曲「Shark Attack」「Man Against Beast」「The Great Shark Chase」など収録。劇中では使われなかった未発表スコアも含んだ完全盤です。1975年アカデミーの作曲、音響、編集の3部門を受賞。輸入盤

全12曲35分収録のオリジナル・サウンドトラック
(旧盤)↓
Jaws: Music From The Original Motion Picture Soundtrack

ジョエル・マクニーリーが2000年に再録音した25曲入りスコア盤↓
Jaws (2000 Rerecording of 1975 Film Score)



未知との遭遇未知との遭遇

未知との遭遇
CLOSE ENCOUNTERS OF THE THIRD KIND (1977)

スティーヴン・スピルバーグ監督作、リチャード・ドレイファス、テリー・ガー、メリンダ・ディロンに本業は映画監督のフランソワ・トリュフォーが出演した「未知との遭遇」サウンドトラック。

ジョン・ウィリアムズ作曲のSFスコア大作、旧盤には収録されていなかった未発表曲と、劇中では未仕様だったスコア曲も追加収録したコレクターズ・エディション盤。重低音と不協和音を生かしたSFスコアで、迫力のシンフォニック曲「Chasing UFOs」、「Climbing the Mountain」、クライマックス、母船登場シーンの「The Mothership」、宇宙人との交信シーンの音がそのまま聞ける「Wild Signals」等々全26曲77分収録。

未使用曲で12分に及ぶ「The Visitors-Bye-End Titles」では解りづらいですが「星に願いを(WHEN YOU WISH UPON A STAR)」のメロディをゆっくり重ねてあります。

旧盤(VARESE)は全11曲44分収録。
国内盤



宇宙戦争b

宇宙戦争
WAR OF THE WORLDS  (2005)

スティーヴン・スピルバーグ監督作、トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ティム・ロビンス出演、
H・G・ウェルズ原作、1953年の同作品を再映画化した「宇宙戦争」サウンドトラック。

ジョン・ウィリアムズ作曲、シンフォニックによるダイナミックな演奏で恐怖感を煽るSF/パニック・スコア「The Ferry Scene」「Escape from the City」「The Attack On the Car」など、ティンパニーとブラス、ストリングスの短いフレーズが畳み掛ける往年の70年代パニック映画風のスコアで、ジェリー・ゴールドスミスなどが好きな方にもお薦めできる楽曲です。1曲目「Prologue」と14曲目「The Reunion」には映画本編と同じくモーガン・フリーマンによるナレーションが入っています。全15曲61分収録。(エンディング・クレジットで流れる曲は「Escape from the City」です。)

輸入盤

劇中でトム・クルーズが子守唄がわりに歌う曲はビーチ・ボーイズ「Little Deuce Coupe」。

(日本語字幕ではホットロッドになっていました)
ビーチ・ボーイズ「Little Deuce Coupe」収録のオリジナル・アルバム↓
Little Deuce Coupe/All Summer Long



レイダース/失われたアーク
レイダース/失われたアーク
レイダース/失われたアーク

レイダース/失われたアーク(聖櫃)
RAIDERS OF THE LOST ARK

製作総指揮ジョージ・ルーカス 、スピルバーグ監督、ハリソン・フォード主演のインディ・ジョーンズ・シリーズ第1作目。1981年のアカデミー作曲賞でノミネートされた作品で、日本で発売された9曲入りより曲数の多い、DCC社から発売された全19曲73分収録の完全盤です。

勇ましいマーチ曲「レイダース・マーチ」をはじめ、木管とストリングスによる美しいロマンチックなスコア「Marion’s Theme(マリオンのテーマ)」、迫力のブラスと激しい曲展開で聞かせるチェイス・シーン「Desert Chase」など冒険アクション・スコアの傑作、またロンドン交響楽団の名演として特にお薦めできる作品です。


INDIANA JONES AND THE TEMPLE OF THE DOOM
インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説

インディ・ジョーンズ・シリーズの2作目、「魔宮の伝説」サウンドトラックです。オープニングで、ケイト・キャプショーに歌われる「エニシング・ゴーズ」(もともとはコール・ポーターの1934年作、同名ミュージカルの歌)~ジョン・ウィリアムス作曲のアドヴェンチャー・スコアで金管が派手になる「雪上の救命ボート」「トロッコ・チェイス」、恐ろしいミサ曲の「魔の宮殿」、おなじみのテーマ・メロディをアレンジした「フィナーレ/エンド・クレジット」など全11曲40分収録。現在は廃盤のようです。



E.T.

E.T.
E.T. THE EXTRA-TERRESTRIAL (1982)

スティーヴン・スピルバーグ監督の1982年のヒット作「E.T.」サウンドトラック。
ブラス・セクションが盛り上げる「Abandoned And Pursued(ひとりぼっちのE.T.)」、
感動的なメロディの「Flying」、フル・オーケストラによる迫力で15分に及ぶ「Adventure On Earth(E.T.脱出作戦~さよならエリオット)」など全8曲40分収録。


太陽の帝国 サントラ

EMPIRE OF THE SUN
太陽の帝国

スピルバーグ監督作、「リベリオン」「マシニスト」のクリスチャン・ベールの子役デビュー作「太陽の帝国」サウンドトラック。

オープニングで流れる聖歌隊の雰囲気を出したアンブロージアン・ジュニア合唱団によるコーラス曲や、ジョン・ウィリアムスらしいダイナミックな楽曲「Cadillac of the Skies(大空のキャデラック)」、ストリングスとコーラスによるファンタジックなスコア「Imaginary Air Battle(夢の空中戦)」、スネアとピッコロによるマーチ曲「British Grendiers(英国近衛歩兵第一連隊)」、凄まじい金管で上海の混乱ぶりを表す「Streets of Shanghai(上海の大通り)」、コーラスとオーケストラで盛り上げるラスト「Exsultate Justi (歓喜)」とシーンを印象付ける楽曲が多くお薦めできます。全13曲54分収録。


19411941

1941

ジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、ネッド・ビーティのほか三船敏郎、クリストファー・リー、ウォーレン・オーツ、ナンシー・アレン、トリート・ウィリアムズ、ジョン・キャンディら出演、スピルバーグ監督/ジョン・ミリアス製作総指揮、ロバート・ゼメキスも原作に関わった超ドタバタ戦争映画コメディ「1941」サウンドトラック。1曲目のマーチが最高に格好良く、オーケストラ中のスネア/ホーン/シンバルがジャンジャン鳴り、WW2戦争映画の雰囲気を大いに盛り上げます。全9曲収録


A.I.(Artifical Intelligence)

本来はキューブリック自身が映画化する予定だったスピルバーグのSF作品「A.I.」サウンドトラックです。「ブルー・フェアリーを探して」など感動的なジョン・ウィリアムス作曲のスコアと、ララ・ファビアンの歌う「フォー・オールウェイズ」など全13曲収録。


サントラ

シンドラーのリスト

スピルバーグ監督作「シンドラーのリスト」サウンドトラック。イツァーク・パールマンのヴァイオリンによるテーマ曲や、シンドラーによって助けられた人々が墓を見舞うシーンで流れる、感動的な「追憶」などジョン・ウィリアムス作曲のスコアで全14曲64分収録しています。



AMISTAD
アミスタッド

スピルバーグ監督作モーガン・フリーマン、ナイジェル・ホーソーン、アンソニー・ホプキンス出演「アミスタッド」サウンドトラック。アフリカン・パーカッションと壮大なコーラスで感動の[DRY YOUR TEARS, AFRICA(アフリカよ,涙を拭いて)]、フルートとストリングスの美しい楽曲[CINQUE’S THEMES(シンケのテーマ)]など収録。ソプラノ・ヴォーカルには来日公演もしたこともあるPamela Dillardが参加、全14曲55分収録。


オールウェイズ

映画を盛り上げるノスタルジックな雰囲気に貢献したJ.D.サウザーとプラターズの両バージョンの「煙が目にしみる」など6曲のヴォーカル曲とジョン・ウィリアムスのスコアを収録したアルバム。ラストの感動シーンで流れるスコア「ドリンダの単独飛行」など全18曲68分収録。



マイノリティ・リポート

MINORITY REPORT
マイノリティ・リポート

「ブレード・ランナー」「ペイチェック 消された記憶」のフィリップ・K・ディック原作のSF/サスペンス大作「マイノリティ・リポート」サウンドトラック。ジョン・ウィリアムズ
作曲、逃走シーンでの緊迫感あるスコア「Everybody
Runs!」やブラスの迫力が凄いオーケストラ・スコア「Anderton’s Great
Escape」など聞きどころが多くありお薦めです。全16曲73分収録。



キャッチ・ミー・イフ・ユーキャン
キャッチ・ミー・イフ・ユーキャン

Catch Me If You Ca n
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

レオナルド・ディカプリオ、トム・ハンクス主演、スピルバーグ監督作「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」サウンドトラック。
スピルバーグ作品には定番のジョン・ウィリアムス作曲ですが、初期の作品のようなジャズ・スコアを聞かせるもので参加ミュージシャンにダン・ヒギンズ(sax)、アラン・エステス(vib)が参加、映画本編の60年代を背景にあったムードのあるスコアです。劇中使用曲として、フランク・シナトラ「Come Fly With Me」、アントニオ・カルロス・ジョビン/ジョアン・ジルベルト/スタン・ゲッツ「The Girl from Ipanema(イパネマの娘)」、ジュディ・ガーランド「Embraceable You」、ナット・キング・コール「The Christmas Song」、ダスティー・スプリングフィールド「The Look of Love(恋の面影)」のスタンダード曲を収録。全16曲62分収録。



ジュラシック・パーク

ジュラシック・パーク
JURASSIC PARK  (1993)

ILMのCG技術で恐竜の迫力の映像を見せた当時の話題作、スティーヴン・スピルバーグ監督作、リチャード・アッテンボロー、サム・ニール、ローラ・ダーン、ジェフ・ゴールドブラム 出演「ジュラシック・パーク」サウンドトラック。ジョン・ウィリアムスによる作曲、学生や社会人吹奏楽でも演奏されることの多いダイナミックな金管のメロディが印象的なアドヴェンチャー・スコア「Journey to the Island」、パニック/サスペンスの「The Raptor Attack」「High-Wire Stunts」など全16曲70分収録。



プライベート・ライアン
プライベート・ライアン
プライベート・ライアン

SAVING PRIVATE RYAN
プライベート・ライアン

スティーヴン・スピルバーグ監督作、トム・ハンクス、マット・デイモン、トム・サイズモア出演「プライベート・ライアン」。ジョン・ウィリアムズ作曲
静かめなオーケストラにコーラスを被せた感動的な「戦没者たちへの賛歌(HYMN TO THE FALLEN)」など、レクイエム風な楽曲を収録、全10曲64分収録。

ヤヌス・カミンスキーのハイスピード撮影とコマ落とし、ILM技術で凄まじいオマハ・ビーチの戦闘シーンを見せた本編、
アカデミー賞ではその撮影賞と音響効果をはじめ監督賞など5部門を受賞、また当時比較的若手だった出演キャストは後にメジャー作品に多く出演することになった橋渡し的な作品です。

エドワード・バーンズ「15ミニッツ」、バリー・ペッパー「グリーンマイル」「ワンス・アンド・フォーエバー」、ヴィン・ディーゼル「ワイルド・スピード」「トリプルX」、ジェレミー・デイヴィス「ミリオン・ダラー・ホテル」「CQ」などなど…



フック

フック
HOOK

スティーヴン・スピルバーグ監督作、ロビン・ウィリアムズ、ダスティン・ホフマン、ジュリア・ロバーツ出演のファンタジー・アドヴェンチャー「フック」サウンドトラック。ジョン・ウィリアムス作曲、幻想的なコーラスが効果的な「You Are the Pan」やオーケストラの「Prologue」「Hook-Napped」、8分にも及ぶ迫力のシンフォニック・スコア「The Ultimate War」など全17曲75分収録。




カラー・パープル
カラー・パープル

カラーパープル
THE COLOR PURPLE (1985)

スティーヴン・スピルバーグ監督作、
ウーピー・ゴールドバーグ、マーガレット・エイヴリー 、ダニー・グローヴァー出演「カラーパープル」サウンドトラック。
クインシー・ジョーンズ作曲のスコアで、静かでもの悲しいメロディの「Corrine and Olivia」「The Separation」やヴォーカル曲、

タタ・ヴェガ
によるブルース「Miss Celie’s Blues(Sister)」や40名に及ぶ聖歌隊/ゴスペル「Maybe God Is Tryin’ To Tell You Somethin’」と、
ルイ・アームストロングの1930年録音「My Heart (Will Always Lead Me Back To You)」
ジョン・リー・フッカー(g,vo)、ソニー・テリー(hca)のカントリー・ブルース「Don’t Make Me No Never Mind」などブルース、ジャズを収録したCD2枚組、全30曲78分収録。

ジェローム・リチャードソン(ss)、グレッグ・フィリンゲンズ(key),
ハーヴェイ・メイソン(ds)、アーニー・ワッツ等大勢の有名ミュージシャンが参加しています。



エリック・カンゼル高音質盤 スピルバーグ作品集

エリック・カンゼル指揮、シンシナティ・ポップス・オーケストラによる新録音盤です。
ジョーズ、未知との遭遇、1941、ポルターガイスト、E.T.、インディ・ジョーンズ、オールウェイズ、フック、ジュラシック・パーク、シンドラーのリスト、アミスタッド、プライベート・ライアンなどのほか、CDリリースが無い「続・激突!/カージャック(SUGARLAND
EXPRESS)」も収録しています。TELARCのデジタル録音版で「1941」など、とても高音質で迫力のある演奏が聞くことができます。全19曲78分収録。


BAND OF BROTHERS
バンド・オブ・ブラザーズ

「バンド・オブ・ブラザーズ」は
マイケル・ケイメンにて


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 + twelve =