Soundtrack Paradise

リチャード・ドナー Richard Donner


リチャード・ドナー

Richard Donner




リーサル・ウェポン
LETHAL WEAPON  (1987)

リチャード・ドナー監督作、
メル・ギブソン、ダニー・グローヴァー主演の刑事アクション「リーサル・ウェポン」シリーズ第1作目のサウンドトラック。
マイケル・ケイメンを筆頭にデヴィッド・サンボーン(as)、エリック・クラプトン(g)に、クラプトンの武道館ライヴ「JUST ONE NIGHT」のドラムス,ヘンリー・スピネッティ、ディーン・ガルシア(b- ジェフ・ベックの2003年アルバム「Jeff」に参加)が参加。

ストリングス/ブラスによる低音をベースに、サンボーンのサックス、クラプトンの泣きのエレクトリック・ギターが絡むスコアで
強力なシンフォニック・スコア「Hollywood Blvd Chase」「Yard Fight/Graveside」や、劇中には未使用ながらクラプトンの流麗なギター・ソローが聞ける「The Weapon」「Nightclub」など全17曲65分収録。



リーサル・ウェポン2/炎の約束
LETHAL WEAPON 2 (1989)

ジョージ・ハリソン[CHEER DOWN]、ビーチ・ボーイズ[STILL CRUSIN’] ランディ・クロフォード[Knockin’ On Heaven’s Door](「天国の扉」のカバー曲でエリック・クラプトン、デヴィッド・サンボーンも参加)のヴォーカル曲と、スコア曲はマイケル・ケイメン作曲、タイトなリズム隊をバックにエリック・クラプトン(g)、デヴィッド・サンボーン(sax)、グレッグ・フィリンゲンズ(key)が演奏したバンド・スタイルのスコア曲や、オーケストラとの共演で「Goodnight Rika」
、ルー・ソロフ(tp)が参加した「Leo」等全10曲46分収録。




リーサル・ウェポン3

リーサル・ウェポン3
LETHAL WEAPON 3  (1992)

リチャード・ドナー監督、メル・ギブソン主演シリーズの第3弾「リーサル・ウェポン3」サウンドトラック。

マイケル・ケイメンとエリック・クラプトン作曲、スティングの作詩・ヴォーカルで、クラプトンの泣きのギター・ソロも聞けるテーマ曲
「It’s Probably Me」(スティーヴ・ガッド(ds)、デヴィッド・サンボーン(as)、ドン・アライアス(perc)が参加)と、
エルトン・ジョン(vo)とクラプトンもギターのほかヴォーカルを披露するエンディング・テーマ「Runaway Train」、
また当時はスティング、クラプトン参加の話題先行でしたが、「Darryl Dies」「Armour Piercing Bullets」等、マイケル・ケイメン作の激しいシンフォニック/オーケストラ・スコアで、クラプトンのエレクトリック・ギターがフィル・インする聞き所の多い作品です。全10曲39分収録。
国内盤



Conspiracy Theory: Motion Picture Score Album

陰謀のセオリー
CONSPIRACY THEORY

リチャード・ドナー監督作、メル・ギブソン、ジュリア・ロバーツ出演のサスペンス「陰謀のセオリー」サウンドトラック。
ビッグ・バンド・ジャズ「Conspiracy Theory」
タイトなスネアのリズムで盛り上げる「Brain Gravy」やパーカッションが派手なアクション・スコア「Wheelchair Chase」を収録。全15曲40分収録。



タイムライン

タイムライン
TIMELINE (2003)

マイケル・クライトン原作、リチャード・ドナー監督作、ポール・ウォーカー主演のSFアドベンチャー「タイムライン」サウンドトラック。

ブライアン・タイラー作曲、勇ましいメロディのタイトル曲「Main Title」や、アクション・スコア「Battle Of La Roque」「1357 France」「Storming The Castle」等全般に激しいオーケストラ・スコアで、重厚なSFシンフォニック・スコアが楽しめる全20曲45分収録。

国内盤


1. Main Title (2:15)
2. Galvanize The Troops (0:45)
3. Battle Of La Roque (4:16)
4. Troops In The Fog (1:39)
5. Battalion (0:49)
6. 1357 France (2:55)
7. Enter The Wormhole (2:49)
8. Timeline (1:30)
9. Lady Claire And Marek (1:39)
10. Night Arrows (2:53)
11. Transcription Errors (2:05)
12. Storming The Castle (4:13)
13. Battlefield Revealed (1:08)
14. Interruptus (2:53)
15. Mysterioso (2:47)
16. Eternal (2:25)
17. Village Burned (1:19)
18. Descent (2:45)
19. History Will Change (2:12)
20. Past And Present (2:23)




ラジオ・フライヤー

ラジオ・フライヤー
RADIO FLYER (1992)

リチャード・ドナー監督作、ロレイン・ブラッコ、イライジャ・ウッド、ジョン・ハード等出演のドラマ「ラジオ・フライヤー」サウンドトラック。

ハンス・ジマー作曲、シャーリー・ウォーカー指揮、ピアノ・ソロ演奏にはニック・グレニー・スミスが参加したスコア盤。
木管/ストリングスとリコーダーの音色による明るめなオーケストラ演奏で、組曲形式で3曲30分相当のスコアを収録。
「Radio Flyer Part III」の中盤では金管の迫力のオーケストラ・パートもあり様々なバリエーションが楽しめる作品です。
4曲目はシャーリー・エリスの代表曲「The Name Game」を収録。

4曲33分収録。



ロストボーイ
ロストボーイ>

ロストボーイ
THE LOST BOYS  (1987)

リチャード・ドナー製作総指揮、ジョエル・シューマカー監督作、ジェイソン・パトリック、コリー・ハイム、コリー・フェルドマン、キーファー・サザーランド 出演の「ロストボーイ」サウンドトラック。

INXS & ジミー・バーンズ、ルー・グラムやエコー&ザ・バニーメンによるドアーズのカバー「People Are Strange」等のロックとトーマス・ニューマンのスコア1曲を収録。

1.Good Times (3:52) INXS & Jimmy Barnes
INXS & ジミー・バーンズ
2.Lost In The Shadows (6:36) Lou Gramm
ルー・グラム
3.Don’t Let The Sun Go Down On Me (6:11) Roger Daltrey
ロジャー・ダルトリー
4.Laying Down The Law (4:29) INXS & Jimmy Barnes
INXS & ジミー・バーンズ
5.People Are Strange (3:39) Echo & The Bunnymen
エコー&ザ・バニーメン
6.Cry, Little Sister (Theme From The Lost Boys) (4:47) Gerard McMann
ジェラルド・マックマン
7.Power Play (3:59) Eddie & The Tide
エディー&ザ・タイド
8.I Still Believe (4:52) Tim Cappello
ティム・カペロ
9.Beauty Has Her Way (3:58) Mummy Calls
マミー・コールズ
10.To The Shock Of Miss Louise (1:24) Thomas Newman
トーマス・ニューマン



レディホーク

レディーホーク
LADYHAWKE (1985)

全14曲39分収録、イタリアGenoaより1995年に限定2000枚で発売されたCDです。



レディホーク
レディホーク

レディホーク
LADYHAWKE

ミシェル・ファイファー 、マシュー・ブロデリック、ルトガー・ハウアー出演、「リーサル・ウェポン」「グーニーズ」のリチャード・ドナー監督作品「レディホーク」サウンドトラック。

シンセサイザーによる楽曲と一部オーケストラの演奏によるスコア盤で、メイン・タイトル曲は80年代的なロック/ポップス風の音楽で、ケイト・ブッシュのアルバム・プロデュースでも知られるアンドリュー・パウエルと、ピンク・フロイドの「狂気」での録音エンジニアを手掛けたアラン・パーソンズ(共にアラン・パーソンズ・プロジェクトのメンバー)による作曲。シンセ・スコアがほとんどを占めるサウンドトラックですがストリングスによる情感溢れる「Phillippe Describes Isabeau」「She Was Sad at First」のゆったりとしたメロディが美しい曲や、「Turret Chase/The Fall」での迫力の金管スコアなど聞きどころも多くあります。全23曲70分収録。





スーパーマン

スーパーマン
SUPERMAN  (1978)

リチャード・ドナー監督作、
クリストファー・リーヴ、ジーン・ハックマン、マーゴット・キダー、マーロン・ブランド出演の「スーパーマン」サウンドトラック。

ジョン・ウィリアムス作曲、ロンドン交響楽団のによる迫力のオーケストラ・サウンドと勇ましいメロディのテーマ曲に、ロマンティックな美しい楽曲「Love Theme From Superman(愛のテーマ)」など全14曲72分収録。「スター・ウォーズ」「レイダース」と並ぶ有名なテーマ曲でジョン・ウィリアムズの傑作としてお薦めできます。国内盤

下記はジョン・デブニー指揮、ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル・オーケストラによる1998年に再演奏したもの。音質も良くこちらも聞きごたえあります。
Superman: The Movie (1998 Re-recording)


Superman - The Movie: Original Motion Picture Soundtrack

Superman – The Movie
Rhino 2CD SET

「スーパーマン」サウンドトラックの中で最も高音質で収録曲も多いアメリカRhino盤。
リマスター盤CD2枚組で全35曲、2時間27分収録曲。
メイン・タイトル曲、劇中のスコアの他にマーゴット・キダーのダイアローグ入り「Can You Read My Mind?」「The Flying Sequence/ Can You Read My Mind?」、別バージョンの「Superman March」、コンサート・バージョン「Theme from Superman」なども収録。
30ページの英文ブックレットとメタリックな紙ケース入り。



オーメン
OMEN(1976)

グレゴリー・ペック、リー・レミック(追跡、テレフォン)、デヴィッド・ワーナー (戦争のはらわた、わらの犬)出演、リチャード・ドナー監督の出世作「オーメン」サウンドトラック。
あまりにも有名な、ラテン語を基調にした混声合唱での怖い1曲目「アヴェ・サターニ(AVE SATANI)」のほか、
メロディの綺麗な「New Ambassador」とキャロル・ヘザー(ゴールドスミス夫人)によるヴォーカル曲「Piper Dreams」(劇中では使われていません)を除いては、ほとんどがホラー・スコア。「Killer’s Storm」「Demise of Mrs. Baylock」「Dog’s Attack」「Altar」も混声合唱とブラスのよる強力な旋律を聞かせるもので、特に聞きごたえあります。アカデミー作曲賞を受賞、後のホラー・スコアにも多大な影響を残した作品としてお薦めできます。全12曲35分収録。

20曲入りデラックス盤・輸入盤ジャケット↓
The Omen (Deluxe Edition)

現在は1~3までセットのThe Omen Trilogy [Box Set]が発売されています。



グーニーズ

グーニーズ
THE GOONIES (1985)

スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮、リチャード・ドナー監督作、ショーン・アスティン、ジョシュ・ブローリン出演「グーニーズ」サウンドトラック。

主題歌でヒットしたシンディ・ローパー「グーニーズはグッド・イナフ」の他、フィリップ・ベイリー、REOスピードワゴン、バングルスらの楽曲と、デイヴ・グルーシン作曲のインストを収録。全10曲41分収録。

1. Cyndi Lauper / The Goonies ‘R’ Good Enough (3:39)
グーニーズはグッド・イナフ (シンディ・ローパー)
2. Goon Squad / Eight Arms To Hold You (4:15)
エイト・アームス・トゥ・ホールド・ユー (グーン・スクワッド)
3. Phillip Bailey / Love Is Alive (4:19)
ラブ・イズ・アライブ (フィリップ・ベイリー)
4. The Bangles / I Got Nothing (3:11)
アイ・ガット・ナッシング (バングルス)
5. Teena Marie / 14K (5:03)
14K (フォーティーン・ケイ) (ティーナ・マリー)
6. REO Speedwagon / Wherever You’re Goin’ (It’s Alright) (5:06)
ホエアエバー・ユア・ゴーイン (REOスピードワゴン)
7. Luther Vandross / She’s So Good To Me (5:42)
シーズ・ソー・グッド・トゥ・ミー (ルーサー・ヴァンドロス)
8. Cyndi Lauper / What A Thrill (3:17)
ホワット・ア・スリル (シンディ・ローパー)
9. Joseph Williams / Save The Night (3:56)
セイブ・ザ・ナイト (ジョセフ・ウィリアムス)
10. Dave Grusin / Theme From The Goonies (3:05)
グーニーズのテーマ (インストゥルメンタル) (デイブ・グルーシン)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × three =