Soundtrack Paradise

ジョン・カーペンター John Carpenter


ジョン・カーペンター

John Carpenter



ゼイリブ

ゼイリブ
JOHN CARPENTER’S THEY LIVE (1988)

ジョン・カーペンター監督作、ロディ・パイパー、メグ・フォスター、キース・デヴィッド出演「ゼイリブ」サウンドトラック。

ジョン・カーペンター&アラン・ハワース作曲・演奏。淡々としたリズムとベースラインにハーモニカやサックスが被さるテーマ・スコアを中心に、シンセサイザー使用のダークなスコアと、劇中のTVコマーシャルの音楽も合わせた全29曲74分収録。限定1000枚。

JOHN CARPENTER'S THEY LIVE
ゼイリブ サントラ


1. TV Broadcast (1:49)
2. Coming To L.A. (4:03)
3. A Message (2:39)
4. The Seige of Justiceville (5:40)
5. Return To Church (1:27)
6. All Out of Bubble Gum (2:41)
7. Back To The Street (2:25)
8. Kidnapped (3:31)
9. Transient Hotel (2:17)
10. Underground (3:22)
11. Wake Up (3:26)
12. Chew Bubble Gum And Kick Ass (0:19)
13. Sunglasses On (2:49)
14. Back Alley (2:39)
15. Transport Station (2:18)
16. Tunnel (2:06)
17. Holly’s Hill (2:41)
18. Roll Away (1:19)
19. Get Me Out (1:52)
20. Portal (1:40)
21. Out The Window/L.A. Blues (2:49)
22. All Out Of Bubblegum (Film Version) (3:46)
23. TV Signal (3:21)
24. Underground (Film Version) (7:07)
25. Commercial Break (0:45)
26. Car Commercial (0:22)
27. Press On Nails (0:49)
28. The Cheese Dip (0:35)
29. THEY LIVE Main Theme (3:33)

Amazon mp3ダウンロード販売
ゼイリブ They Live – Expanded Original Motion Picture Soundtrack





要塞警察
要塞警察

要塞警察
ASSAULT ON PRECINCT 13(1976)

「ダークスター」に続くジョン・カーペンターの低予算映画ながら傑作の2作目「要塞警察」。カーペンター・サウンドの原点で、全編がチープなシンセサイザー、リズム・マシンによるスコア。2003年に再発でアフリカン・バンバータの[ THEME OF BAMBAATAA ]、デトロイト・テクノのホアン・アトキンスなどHIP-HOP/テクノのサンプリングや同じベースラインの元ネタだった為、映画ファン以外にちょっと有名な作品。
テーマ曲はツェッペリンの「移民の歌」のリフを拝借したらしい(思いっきりゆっくりにした感じ)…全16曲24分収録。

1. Assault On Precinct 13 (Main Title) (3:31)
2. Napoleon Wilson (0:52)
3. Street Thunder (1:25)
4. Precinct 9 – Division 13 (1:03)
5. Targets / Ice Cream Man On Edge (3:06)
6. Wrong Flavour (2:03)
7. Emergy Stop (0:58)
8. Lawson’s Revenge (1:01)
9. Sanctuary? (1:03)
10. Second Wave (0:27)
11. The Windows! (2:01)
12. Julie (1:52)
13. Well’s Flight (1:39)
14. To The Basement (1:05)
15. Walking Out (0:35)
16. Assault On Precinct 13 (2:00)



ニューヨーク1997

ニューヨーク1997
JOHN CARPENTER’S
ESCAPE FROM NEW YORK

ドナルド・プレゼンス、アイザック・ヘイズ、リー・ヴァン・クリーフ、アーネスト・ボーグナイン、ハリー・ディーン・スタントン出演、カート・ラッセル演じるスネーク・プリスケンの記念すべきシリーズ1作目、「ニューヨーク1997」サウンドトラック。

ジョン・カーペンターの作曲、アラン・ハワースのシンセ/プログラミングによる有名なテーマ曲と、カーペンターのエレクトロニック・ミュージック・スコアの代表作。劇中のセリフ/ダイアローグや、未発表曲も含んだ全28曲57分収録の完全盤です。

上記と同内容の輸入盤↓
ニューヨーク1997

旧VARESE盤↓
ESCAPE FROM NEW YORK VARESE

1998年発売の日本盤ジャケット (全13曲37分収録)
ニューヨーク1997
ニューヨーク1997





ハロウィン

ハロウィン
JOHN CARPENTER’S HALLOWEEN  (1978)

20th anniversary Edition

ジョン・カーペンターと主演ジェイミー・リー・カーティスの出世作となるシリーズ1作目「ハロウィン」サウンドトラック。

アラン・ハワースのプロデュース、ジョン・カーペンター作曲、ミニマム・ミュージック風のピアノのリフレインによる印象的なテーマ曲をはじめ、劇中のダイアローグや効果音も収録した20周年記念の完全版。全28曲収録。
カーペンター本人曰く、バーナード・ハーマンとエンニオ・モリコーネを意識しながら作曲作業を行ったとの事ですが、ほとんどの楽曲はテーマ曲のアレンジ
となっています…

輸入盤↓
Halloween: 20th Anniversary Edition - Original Motion Picture Soundtrack



ハロウィン2ハロウィン2

ハロウィン II (ブギーマン)
HALLOWEEN II (1981)

ジョン・カーペンター製作、リック・ローゼンタール監督作、ジェイミー・リー・カーティス、ドナルド・プレザンス出演のシリーズ2作目「ハロウィン II (ブギーマン)」サウンドトラック。

ジョン・カーペンター作曲・演奏のスコア。テーマ曲は1作目とメロディは同じですが、ピアノの主旋律だったものがシンセになっています。
エンディングのコーデッツ「ミスター・サンドマン」も収録した全12曲31分収録。

1. Halloween Theme (4:32)
2. Laurie’s Theme (2:54)
3. He Knows Where She Is! (1:08)
4. Laurie And Jimmy (3:03)
5. Still He Kills (Murder Montage) (4:33)
6. The Shape Enters Laurie’s Room (1:32)
7. Mrs. Alves (1:42)
8. Flats In The Parking Lot (1:25)
9. Michael’s Sister (3:03)
10. The Shape Stalks Again (3:05)
11. In The Operating Room (1:51)
12. Mr. Sandman (2:23)

コーデッツのベスト盤↓
コーデッツ



ハロウィン4/ブギーマン復活

ハロウィン4/ブギーマン復活
HALLOWEEN 4: THE RETURN OF MICHAEL MYERS (1988)

ドワイト・H・リトル監督作、ドナルド・プレザンス出演「ハロウィン4/ブギーマン復活」サウンドトラック。

アラン・ハワース作曲の劇中スコアと、ジョン・カーペンター作のハロウィンのテーマ・メロディを後半に繋げた「Garage」や、アレンジを施した「Return Of The Shape」等全11曲37分収録。

1. Halloween 4-The Return (3:20)
2. Jamie’s Nightmare (3:13)
3. Garage (2:40)
4. Be Back By 9:30 (1:53)
5. Return Of The Shape (6:50)
6. Schoolhouse (2:35)
7. Power Company (2:47)
8. Police Station (3:17)
9. Downstairs Alone (3:06)
10. Myer’s Finale (4:44)
11. Halloween 4 Reprise (3:24)



ハロウィン5/ブギーマン逆襲

ハロウィン5/ブギーマン逆襲
HALLOWEEN 5: THE REVENGE OF MICHAEL MYERS (1989)

ドミニク・オセニン=ジラール監督作でシリーズ5作目「ハロウィン5/ブギーマン逆襲」サウンドトラック。
1~5曲目までが劇中で使われたロック曲で、6~16曲目までがアラン・ハワース作曲のスコア。全16曲57分収録。

1. Becca / Romeo, Romeo (3:52)
2. Dv8 / Anything For Money (4:08)
3. Churchill / Dancin’ On Midnight (4:13)
4. Rhythm Tribe / Second Time Around (3:33)
5. Diggy / Sporting Woman (2:45)
6. Halloween 5 / The Revenge (4:36)
7. The Shape Also Rises (2:53)
8. The Evil Child Must Die (2:15)
9. First Victim (2:26)
10. A Stranger In The House (3:37)
11. Tower Farm (4:24)
12. Stop The Rage (4:28)
13. Trapped (3:23)
14. The Attic (5:30)
15. Jail Break (2:24)
16. Halloween Finale (3:16)



ゴーストハンターズ
ゴーストハンターズ

ゴースト・ハンターズ
BIG TROUBLE IN LITTLE CHINA (1986)

ジョン・カーペンター監督作、カート・ラッセル主演の「ゴースト・ハンターズ」サウンドトラック。ジョン・カーペンターの作曲・演奏、カーペンターのバンド[COUPE DE VILLES]による演奏、カーペンター自ら歌うテーマ曲、ギター・リフがかっこよい「Pork Chop Expresss」、
80年代的なシンセサイザー・ロック風のスコア「Here Come the Storms」「Great Arcade」、木琴や木魚風のパーカッション・サウンド「Alley」などカーペンター作品のサウンドトラックとしては曲のバリエーションが豊富なスコア盤です。

また、アラン・ハワース作曲「Backstabbed」から3曲の未発表曲、「ニューヨーク1997」から1曲の未発表曲を収録した全14曲71分収録。プロモ版のみのリリース。

1986年発売のENIGMA(DEMON)盤 (正規盤)↓
全9曲45分収録

ゴースト・ハンターズゴースト・ハンターズ




クリスティーン

クリスティーン
CHRISTINE  (1983)

ジョン・カーペンター監督の1983年ヒット作。
キース・ゴードン主演、後にベイウォッチに出演するアレクサンドラ・ポールや、刑事役でハリー・ディーン・スタントンも出演した「クリスティーン」サウンドトラック。
ジョン・カーペンター、アラン・ハワースによる音楽で、ほぼ全編シンセサイザーによる楽曲、1958年型プリマス・フューリーこと”クリスティーン”が自己修復するクライマックス・シーン「Show Me」やジャケットのシーンなどでの追跡/衝突シーンで流れる「Christine Attacks (Plymouth Fury)」など全18曲34分収録。

ジョージ・サラグッド&デストロイヤーズ
BAD TO THE BONE

映画「ターミネーター2」の劇中やジョン・カーペンター「クリスティーン」のオープニング/エンディング」で使われた[BAD TO THE BONE]を収録した1982年リリースの豪快なブルース/ブギーアルバムです。ジョン・リー・フッカー、ハウンドドッグ・テイラーなどのブギーやスライドが好きな方にもお薦めできる全10曲収録の輸入盤です。

下記は劇中で流れた50年代ロック/ポップスを収録したコンピレーション版サントラ。
クリスティーンLP盤
残念ながらCDになっておりません。
ジョージ・サラグッドのオープニング曲のほか、バディ・ホリー、リトル・リチャードなど収録。

1. George Thorogood & The Destroyers – Bad To The Bone
2. Buddy Holly & The Crickets – Not Fade Away
3. Johnny Ace – Pledging My Love
4. Robert & Johnny – We Belong Together
5. Little Richard – Keep A-Knockin’
6. Dion & The Belmonts – I Wonder Why
7. The Viscounts – Harlem Nocturne
8. Thurston Harris – Little Bitty Pretty One
9. Danny & The Juniors – Rock ‘n’ Roll Is Here To Stay
10. John Carpenter; Alan Howarth – Christine Attacks
11. Larry Williams – Bony Moronie


The Essential John Carpenter
Film Music Collection
ジョン・カーペンター 映画音楽集

ジョン・カーペンター監督作のテーマ曲集。
カーペンターの初期作品「ダーク・スター」「要塞警察」~代表作「ハロウィン」「遊星からの物体X」「フォッグ」等のテーマ/タイトル曲を収録。
なお演奏は全てカバー演奏によるものです。輸入盤(SILVA盤)
全18曲72分収録。


1. Escape from New York – Main Title (Mix 1) (04:02)
ニューヨーク1997
2. Halloween – Theme (Mix 1) (02:39)
ハロウィン
3. Halloween – Haunted House (02:51)
ハロウィン
4. Starman – End Titles (05:44)
スターマン/愛・宇宙はるかに
5. Big Trouble in Little China – Pork Chop Express (04:09)
ゴースト・ハンターズ
6. The Fog (03:58)
ザ・フォッグ
7. Assault on Precinct 13 – Main Title (03:22)
要塞警察
8. Assualt on Precinct 13 – Julie’s Theme (01:53)
要塞警察
9. Christine – Bad to the Bone (04:54)
クリスティーン
10. Halloween II – Main Theme (04:30)
ハロウィン2
11. The Thing (04:29)
遊星からの物体X
12. Dark Star (02:49)
ダーク・スター
13. They Live (03:24)
ゼイリヴ
14. Prince of Darkness (04:28)
パラダイム
15. Escape from New York – Main Title (Mix 2) (03:08)
ニューヨーク1997
16. Halloween – Theme (Mix 2) (03:08)
ハロウィン
17. Village of the Damned (06:31)
光る眼
18. Starman – End Titles (Symphonic Version) (04:48)
スターマン/愛・宇宙はるかに




光る眼

光る眼
JOHN CARPENTER’S
VILLAGE OF THE DAMNED
(1995)

ジョン・カーペンター監督の1995年作、クリストファー・リーヴ、マイケル・パレ、マーク・ハミル等出演「光る眼」サウンドトラック 。

ジョン・カーペンターのシンセサイザー/ベースとオーケストラの混合で、カーペンター風味を残しながらもヒーリング・ミュージックのように聴きやすい「March Of The Children」や、「The Fair」「The Funeral」でのアコースティック・ギターと「Midwich Shuffle」でのエレクトリック・ギター、インストのシャッフル・ブルースをブリティッシュ・ロック「キンクス」のデイヴ・デイヴィスが披露しています。全13曲33分収録。




ボディ・バッグス

ボディ・バッグス
John Carpenter Presents Body Bags (1993)

ジョン・カーペンター、トビー・フーパー監督作、
カーペンター、トビー・フーパー本人の他にも、ロバート・キャラダイン、ステイシー・キーチ、デヴィッド・ワーナー、シーナ・イーストン、
マーク・ハミル、ツイッギー、サム・ライミ、ウェス・クレイヴン、デボラ・ハリー、ロジャー・コーマンが出演した3話オムニバス・ホラー「ボディ・バッグス」サウンドトラック。

ジョン・カーペンターと「マウス・オブ・マッドネス」でもカーペンターと共作したジム・ラング に作曲、
80年代エレクトロ・ポップ風の「The Coroner’s Theme」、ハロウィンのようにメロディがリフレインする「The Picture On The Wall」、ブルージーな「Long Beautiful Hair」などシンセサイザーを中心としたホラー・スコアで全19曲55分収録。




透明人間

透明人間
MEMOIRS OF AN INVISIBLE MAN (1992)

ジョン・カーペンター監督作、チェヴィー・チェイス、ダリル・ハンナ、サム・ニール 出演のSF作品「透明人間」サウンドトラック。いつものカーペンター作品と違いオーケストラによる演奏で、シャーリー・ウォーカー作曲、全編に緊張感漲る迫力のシンフォニック・スコアが聞ける全10曲30分収録。
ジョン・カーペンターとシャーリー・ウォーカーの初めてのコラボレートで、後に「エスケープ・フロム・L.A.」でも共演することになります。シンセサイザー・プログラミングはハンス・ジマーが手掛けた1992年作品です。

1. Theme Medley (3:26)
2. In A State Of Molecular Flux (4:03)
3. Fear Creeps In (3:12)
4. Love In The Rain (1:42)
5. Nick Escapes The Apartment Siege (3:44)
6. The Final Chase (3:16)
7. Nick And Alice In Love (2:31)
8. Jenkins Closes In (4:40)
9. The Invisible Man Reveals Himself (1:43)
10. You’re Not Alone Anymore (2:13)




パラダイム

パラダイム
PRINCE OF DARKNESS

ジョン・カーペンター監督作
ドナルド・プレザンス、ジェームソン・パーカー出演の1987年ホラー「パラダイム」 サウンドトラック。カーペンター得意のシンセ・ベース音にアラン・ハワースも参加したスコアで、暗いムードが漂う楽曲で「Darkness Begins」「Hell Breaks Loose」~ラストの鏡のシーンなどのホラー・スコアを収録。全8曲42分収録。ドイツCOLOSSEUM盤。




エスケープ・フロムL.A.

エスケープ・フロム・L.A. スコア盤

カート・ラッセル主演、「ニューヨーク1997」の続編、「エスケープ・フロム・L.A.」のスコア盤サウンドトラックです。
ジョン・カーペンター&アラン・ハワースによるテーマ曲と、劇中スコアは主にシャーリー・ウォーカーによる作曲でシンセ・スコアのほか、
アメリカン・ロック風の「Snake’s Uniform」、オーケストラ+ロック・アンサンブルの「Fire Fight」「Escape from Happy Kingdom」を収録。演奏にはマク・フィッシャー(perc)や、ネイザン・イースト(b-クラプトン・バンドetc.)、ジョン・ロビンソン(ds-ルーファス、ラリー・カールトンなどで有名なスーパー・ドラマー)が参加しています。全16曲34分収録。




エスケープ・フロム L.A.

エスケープ・フロム L.A. (インスパイア盤)
Escape From L.A. (1996)

ジョン・カーペンター監督作、カート・ラッセル主演「エスケープ・フロム・L.A.」サウンドトラック。全14曲54分収録。
インスパイア盤の為、劇中では使われていない楽曲も半分ほど含みます。


1. Stabbing Westward / Dawn (4:35)
ドーン (スタッビング・ウエストワード)
2. Tool / Sweat (3:36)
スウェット (TOOL)
3. White Zombie / The One (4:00)
ジ・ワン (ホワイト・ゾンビ)
4. The Toadies / Cut Me Out (3:02)
カット・ミー・アウト (トーディーズ)
5. Butthole Surfers / Pottery (2:55)
ポタリー (バットフォール・サーファーズ)
6. Sugar Ray / 10 Seconds Down (3:39)
10セカンズ・ダウン (シュガー・レイ)
7. Gravity Kills / Blame (L.A. Remix) (3:50)
ブレイム (グラヴィティ・キルズ)
8. Tori Amos / Professional Widow (4:32)
プロフェッショナル・ウィドー (トーリ・エイモス)
9. Ministry / Paisley (4:49)
ペイズリー (ミニストリー)
10. Orange 9mm / Fire In The Hole (3:09)
ファイアー・イン・ザ・ホール (オレンジ・ナインミリメーター)
11. Clutch / Escape From The Prison Planet (4:55)
エスケイプ・フロム・ザ・プリゾン・プラネット (クラッチ)
12. CIV / Et Tu, Brute? (2:17)
エ・トゥ・ブルート (シヴ)
13. Sexpod / Foot On The Gas (3:59)
フット・オン・ザ・ガス (セックスポッド)
14. Deftones / Can’t Even Breathe (4:53)
キャント・イーヴン・プリーズ (デフトーンズ)



ザ・フォッグ
THE FOG (1980)

ジョン・カーペンター監督作、エイドリアン・バーボー、ジェイミー・リー・カーティス、ジャネット・リー、ハル・ホルブルック等出演の「ザ・フォッグ」サウンドトラック。

ジョン・カーペンター作曲・演奏、映画本編ではエンド・ロールで流れる「Main Title Theme」などカーペンター作品の中でも印象に残る楽曲と、シンセ/プラグラミングによるダークなホラー・スコアで全8曲34分収録しています。

1. Matthew Ghost Story (2:48)
2. Main Title Theme (5:09)
3. Walk to the Lighthouse (2:40)
4. Rocks at Drake’s Bay (2:28)
5. The Fog (3:15)
6. Antonio Bay (4:27)
7. Tommy Tells of Ghost Ships (2:16)
8. Reel 9 (10:58)

輸入盤ジャケット↓
The Fog (Original Soundtrack - New Expanded Edition)

旧VARESE盤 THE FOG SOUNDTRACKジャケット↓
フォッグ



遊星からの物体X

遊星からの物体X
John Carpenter’s THE THING

ジョン・カーペンター監督、カート・ラッセル主演の傑作映画「遊星からの物体X」サウンドトラック。カーペンター作品は、ほとんどジョン・カーペンター自身が音楽をつけることが多いのですが、エンニオ・モリコーネによる作曲となっています。とはいえ印象深い「Humanity, Pt. 2」での、シンプルなベース音はいつものカーペンター映画の雰囲気を出しています。他のスコア曲も思った以上に鳴っており、何度も見た映画ながらこんなに音楽があっただろうか...と発見できます。また見直してみるしかありません。全10曲49分収録。




ヴァンパイア

ヴァンパイア/最期の聖戦
JOHN CARPENTER’S VAMPIRES

ジェームズ・ウッズ、ダニエル・ボールドウィン、シェリル・リー 出演、ジョン・カーペンター監督のウェスタン調ヴァンパイア・ホラー「ヴァンパイア/最期の聖戦」サウンドトラック。ヴォーカル入りロック曲STONE[TEASER]を除き、ほかはすべてインスト・スコアで、演奏にはジョン・カーペンター自身のシンセ/ギターのほか、スティーヴ・クロッパー、ドナルド・ダック・ダン、ジェフ・スカンク・バクスターなどが参加、オーケストラ曲も少し含んだスコアですが、主にブルース/ロック風の楽曲を多く収録しています。全16曲46分収録。




ゴースト・オブ・マーズ

ゴースト・オブ・マーズ
GHOSTS OF MARS (2001)

ジョン・カーペンター監督の2002年作品。ナターシャ・ヘンストリッジ(スピーシーズ)、ジェイソン・ステイサム(トランスポーター)、
パム・グリア(ジャッキー・ブラウン)、アイス・キューブ(アナコンダ、トルク)出演の火星を舞台にしたSFホラー/アクション「ゴースト・オブ・マーズ」サウンドトラック。

1曲目からスティーヴ・ヴァイが弾きまくりのソロを聞かせるタイトル曲やアンスラックスのスコット・イアン(g)、チャーリー・ベナンテ(ds)に、NIN/ガンズのギタリスト、ロビン・フィンク、覆面ギタリストのバケットヘッドや、カーズのエリオット・イーストン(g)らが参加、ジョン・カーペンターのキーボードをバックにヘヴィ・ロック風のスコアを展開するサウンドトラックです。全12曲43分収録。


輸入盤


恐怖の詩学

ジョン・カーペンターのインタビュー集。発表時には酷評された「物体X」などカーペンター作品のすべてを語っています。
フィルムアート社による翻訳で凄く読みがいあります。カーペンター作品はほぼすべて見たという方にも楽しめる全250ページ!


John Carpenter オフィシャル・ウェブ・サイト

John Carpenter


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five + 4 =