Soundtrack Paradise

ジム・ジャームッシュ Jim Jarmusch


ジム・ジャームッシュ

Jim Jarmusch


Stranger Than Paradise (1984 Film) And The Resurrection Of Albert Ayler

ストレンジャー・ザン・パラダイス STRANGER THAN PARADISE

ジム・ジャームッシュの長編映画の第1作、モノクロのインディーズ映画、またジャームッシュの原点「ストレンジャー・ザン・パラダイス」サウンドトラック。

ジョン・ルーリーのプロデュース、ヴィオラ/チェロ/ヴァイオリン×2のカルテット演奏でオフ・ビートな雰囲気を出したスコア曲と、後半はキャロル・アーミテージのダンス作品「THE RESURRECTION OF ALBERT AYLER(アルバート・アイラーの復活)」の音楽を収録、
演奏はジョン・ルーリー、マーク・リボー、アート・リンゼイなどN.Y.派/フリー、アヴァンギャルド、ラウンジリザーズの面々が参加しています。
全16曲35分収録。


I PUT A SPELL ON YOU
SCREAMIN’ JAY HAWKINS

ジム・ジャームッシュの傑作「ストレンジャー・ザン・パラダイス」の劇中に何度も流れる「アイ・プット・ア・スペル・オン・ユー」を収録したスクリーミン・ジェイ・ホーキンスのベスト盤です。映画本編で使われたものと同じヴァージョンです。「ストレンジャー・ザン・パラダイス」のサウンドトラックには未収録でしたので、探している方もいらっしゃると思います。全12曲入り。



NIGHT ON EARTH
NIGHT ON EARTH

ナイト・オン・ザ・プラネット
NIGHT ON EARTH

ジム・ジャームッシュ監督作、 ウィノナ・ライダー、ジーナ・ローランズ、ベアトリス・ダル、ロベルト・ベニーニら出演のオムニバス映画「ナイト・オン・ザ・プラネット」サウンドトラック。

トム・ウェイツによるオープニング・ナンバー「Back in the Good Old World」や、ノイジーなエレクトリック・ギター、サックスによる4ビートナンバー、ノスタルジックなワルツ曲「Good Old World」、パーカッション音楽「Carnival (Brunello del Montalcino)」など収録、数曲のヴォーカル曲を除きほとんどはインストですが、トム・ウェイツらしい郷愁を感じさせる音楽です。全16曲52分収録。

1. Back In The Good Old World (Gypsy) (2:30)
バック・イン・ザ・グッド・オールド・ワールド
2. Los Angeles Mood (Chromium Descensions) (2:35)
ロスアンジェルス・ムード
3. Los Angeles Theme (Another Private Dick) (4:29)
ロスアンジェルスのテーマ
4. New York Theme (Hey, You Can Have That Heartattack Outside Buddy) (4:04)
ニューヨークのテーマ
5. New York Mood (A New Haircut And A Busted Lip) (2:38)
ニューヨーク・ムード
6. Baby I’m Not A Baby Anymore (Beatrice Theme) (1:58)
アイム・ノット・ア・ベイビー・エニモア
7. Good Old World [Waltz Instrumental] (2:47)
グッド・オールド・ワールド
8. Carnival (Brunello Del Montalcino) (3:06)
カーニバル
9. On The Other Side Of The World (5:20)
オン・ジ・アザー・サイド・オブ・ザ・ワールド
10. Good Old World [Gypsy Instrumental] (2:19)
グッド・オールド・ワールド
11. Paris Mood (Un De Fromage) (2:38)
パリス・ムード
12. Dragging A Dead Priest (4:00)
ドラッギング・ア・デッド・ブリースト
13. Helsinki Mood (4:10)
ヘルシンキ・ムード
14. Carnival Bob’s Confession (2:17)
ボブズ・コンフェッション
15. Good Old World (Waltz) (3:56)
グッド・オールド・ワールド
16. On The Other Side Of The World [Instrumental] (4:00)
オン・ジ・アザー・サイド・オブ・ザ・ワールド

国内盤




ミステリー・トレイン
ミステリー・トレイン

 

ミステリー・トレイン
MYSTERY TRAIN

ジム・ジャームッシュ監督作のオムニバス映画、ジョー・ストラマー、 工藤夕貴、永瀬正敏、スクリーミン・ジェイ・ホーキンス、スティーヴ・ブシェミらが出演「ミステリー・トレイン」サウンドトラック。エルヴィスの「ミステリー・トレイン」「ブルー・ムーン」、オーティスの「ペイン・イン・マイ・ハート」、劇中にも出演しているルーファス・トーマスによる「メンフィス・トレイン」、ジュニア・パーカーのオリジナル「ミステリー・トレイン」と、劇中のスコアとしてジョン・ルーリー、マーク・リボー、ボブ・ディランのバックで活躍したベーシスト、トニー・ガルニエらによる、ラフなブルース風の音楽を収録。全16曲39分収録。

1. ミステリー・トレイン/ エルヴィス・プレスリー
Elvis Presley / Mystery Train (2:24)
2. ミステリー・トレイン/ ジュニア・パーカー
Parker, Junior / Mystery Train (2:24)
3. ブルー・ムーン/ エルヴィス・プレスリー
Elvis Presley / Blue Moon (2:38)
4. ペイン・イン・マイ・ハート/ オーティス・レディング
Otis Redding / Pain In My Heart (2:22)
5. ドミノ/ ロイ・オービソン
Roy Orbison / Domino (2:16)
6. メンフィス・トレイン/ ルーファス・トーマス
Rufus Thomas / The Memphis Train (2:31)
7. ゲット・ユア・マネー・ホエア・ユー・スペンド・ユア・タイム/ ボビー・ブルー・ブランド
Bobby “Blue” Bland / Get Your Money Where You Spend Your Time (3:47)
8. ソウル・フィンガー/ バーケイズ
The Bar-Kays / Soul Finger (2:22)
9. ミステリー・トレイン組曲 a)ロング・スペル・オブ・コールド・デイ b)バンジョー・ブルース(SCORE)
John Lurie / Mystery Train – Suite (2:09)
10. チューズデイ・ナイト・イン・メンフィス組曲 a)チューズデイ・ナイト・イン・メンフィス(SCORE)
John Lurie / Tuesday Night In Memphis – Suite (3:23)
11. ガールズ組曲 a)ガールズ b)ランダム・スクリーミン・ジェイ(SCORE)
John Lurie / Girls – Suite (1:24)
12. イタリアン・ウォーク(SCORE)
John Lurie / Italian Walk (0:59)
13. ア・ロイヤー・キャント・テイク・ユー・トゥ・アナザー・プラネット a)グルーヴ・トラック(SCORE)
John Lurie / A Lawyer Can’t Take You To Another Planet – Suite (4:30)
14. ドリーム・サン・キング(SCORE)
John Lurie / Dream Sun King (0:18)
15. チョーサー・ストリート(SCORE)
John Lurie / Chaucer Street (3:46)
16. チューズデイ・ナイト・イン・メンフィス(SCORE)
John Lurie / Tuesday Night In Memphis (2:29)

裏ジャケットの赤いジャケットを着ているのはスクリーミン・ジェイ・ホーキンス



Down By Law (1986 Film) / Variety (1985 Film) [2 on 1]Down By Law (1986 Film) / Variety (1985 Film) [2 on 1]

ダウン・バイ・ロー
DOWN BY LAW

ロベルト・ベニーニと本業はミュージシャンのトム・ウェイツ、ジョン・ルーリーが出演したジャームッシュのロードムービー「ダウン・バイ・ロー」サウンドトラック。音楽は出演したジョン・ルーリーとマーク・リボー、アート・リンゼイなどN.Y.派/フリー、アヴァンギャルドなミュージシャンによるもので即興的な楽曲が中心です。その為、本編を見ていないとこの雰囲気は伝わりづらいですが、映画にハマった方には楽しめる作品です。
なお、残念ながら「I scream, You Scream」と叫び踊る曲は収録されていません。全曲インストです。
13曲目「Fork in the Road」で分かれ道となるエンディングがとても印象深い映画でした。



サントラ

ゴースト・ドッグ
Ghost Dog: The Way Of The Samurai
(1999)

ジム・ジャームッシュ監督作、フォレスト・ウィッテカーが殺し屋を演じる「ゴースト・ドッグ」サウンドトラック。
タランティーノ「キル・ビル」のスコアも手がけたウータン・クランのメンバーRZAによるスコアで、ダークなヒップ・ホップのリズムによるテーマ曲と、ウータン・クランの3曲で計16曲収録。

輸入盤↓
Ghost Dog: The Way Of The Samurai




デッドマン

ジム・ジャームッシュ監督作。ジョニー・デップ主演の「デッドマン」サウンドトラックです。
演奏はニール・ヤング のギターのみでフィルムを見ながら即興で演奏した音楽です。 なお所々に劇中のセリフも入っています。全13曲63分収録。
ブックレット型ジャケットは初回の限定盤で、ジャケットのジョニー・デップ柄のピンナップも付いています。

通常盤 Dead Man



Coffee and Cigarettes

コーヒー&シガレッツ
COFFEE AND CIGARETTES (2003)

ジム・ジャームッシュ監督作、ロベルト・ベニーニ、スティーヴ・ブシェミ、ジョー・リガーノ、ケイト・ブランシェット、トム・ウェイツ、イギー・ポップ等出演の短編オムニバス映画「コーヒー&シガレッツ」サウンドトラック。
MJQ、ファンカデリックや、本編にも出演しているイギー・ポップ(ストゥージス)等、ジャズ~ファンク、ロックまで全13曲53分収録。

ヨーロッパ盤はジャケットが違います↓
コーヒー・アンド・シガレッツコーヒー・アンド・シガレッツ

いずれもサウンドトラックは廃盤ですが、それぞれのミュージシャンの楽曲を収録したアルバム・ジャケット(またはベスト盤)は下記参照。


1.Louie, Louie (2:11)
Richard Berry & The Pharoahs
Have

2.Nappy Dugout (4:38)
Funkadelic
Cosmic Slop

3.Crimson And Clover (5:26)
Tommy James & The Shondells
The Very Best Of Tommy James & The Shondells Rhino

4.Down on the Street (3:45)
The Stooges
ファン・ハウス

5.Nimblefoot Ska (3:09)
The Skatalites
6.Baden Baden (4:02)
Modern Jazz Quartet
モダン・ジャズ・カルテット

7.Hanalei Moon (3:10)
Jerry Byrd
8.Fantazia 3 In G Minor (2:28)
Fretwork
9.Enna Bella (1:59)
Eric “Monty” Morris
10.Saw Sage (5:28)
C-Side / Tom Waits
11.A Joyful Process (6:18)
Funkadelic
America Eats Its Young

12.Louie, Louie (3:54)
Iggy Pop
American Caesar

13.Ich bin der Welt abhanden gekommen (I Have Lost Track Of The World) (6:45)
Janet Baker



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two + two =