Soundtrack Paradise

ジャン・ピエール・ジュネ Jean-Pierre Jeunet


ジャン・ピエール・ジュネ

Jean-Pierre Jeunet



ロング・エンゲージメントロング・エンゲージメント

ロング・エンゲージメント
A VERY LONG ENGAGEMENT

ジャン=ピエール・ジュネ監督の2004年作品、オドレイ・トトゥ、ジョディ・フォスター、チェッキー・カリョ出演「ロング・エンゲージメント」。
アンジェロ・バダラメンティ作曲、重圧なストリングス・オーケストラによるスコアが中心で、デヴィッド・リンチ/バダラメンティのコンビ作とは違う側面を聞かせる哀しげで美しい楽曲が多くお薦めできます。感動的なエンド・タイトル曲など全13曲47分収録。



SOUNDTRACK

ロスト・チルドレン
Angelo Badalamenti

「アメリ」「デリカテッセン」のジャン=ピエール・ジュネ監督作、音楽はデヴィッド・リンチ作品で知られる、アンジェラ・バダラメンティの「ロスト・チルドレン」サウンドトラック。シティ・オブ・プラハ・オーケストラの演奏です。映像の美しさと共にシーンを思い出すような美しい楽曲が多く収録されています。 マリアンヌ・フェイスフルの歌う1曲目はパトリス・ルコント監督「橋の上の娘」でも使われたものでとても印象に残る楽曲です。全16曲52分収録しています。


デリカテッセン
DELICATESSEN

ジャン=ピエール・ジュネ&マルク・キャロ監督による長編デビュー作「デリカテッセン」
アルゼンチンの作曲家カルロス・ダレッシオによるサウンドトラック。凝ったオープニング・クレジットで流れる3拍子の曲、部屋で二人揃っての奇妙な踊りのシーン「ティカ・ティカ・ウォーク(チカ・チカ・ワック)」、シャボン玉を子供たちに見せるシーンでの美しいピアノ曲「LES BULLES(泡のような回想)」
、チェロとノコギリの演奏による6曲目「DUO」等とTVで流れていた楽曲や、アコーディオンの音色が綺麗な曲など劇中の音楽を多数楽しめます。
全16曲48分収録。



エイリアン4

エイリアン4
ALIEN: RESURRECTION (1997)

ジャン=ピエール・ジュネ監督作、シガーニー・ウィーヴァー、ウィノナ・ライダー、ロン・パールマン(ロスト・チルドレン)、ドミニク・ピノン(デリカテッセン) 出演の「エイリアン4」サウンドトラック。

ジョン・フリッゼル作曲、100名のオーケストラ・スコア、シンセサイザー・エフェクトとコーラスを駆使したダークなスコアで、「The Aliens Escape」
「The Abduction」「The Battle With The Newborn」、泳ぐエイリアンとのバトル「They Swim…」等での激しいパニック/アクション・スコアが聞きごたえあります。全14曲45分収録。

国内盤




アメリ
LE FABULEUX DESTIN D’AMELIE POULAIN (2001)

ジャン・ピエール・ジュネ監督作、 オドレイ・トトゥ、マチュー・カソヴィッツ出演「アメリ」サウンドトラック。

フランス人ミュージシャン、ヤン・ティルセンによる音楽で、アコーディオン、おもちゃのピアノ、マンドリン等ほとんどの楽器を一人で演奏/多重録音したスコア。アコーディオンの「J’y Suis Jamais Alle」、生ピアノの音色で「Comptine D’un Autre Ete: L’apres Midi」など、少し哀しげでノスタルジックな音楽で全20曲54分収録。私個人もけっこう聞き込んだサウンドトラックです。

輸入盤


1. J’y Suis Jamais Alle (1:34)
初めての場所
2. Les Jours Tristes (Instrumental) (3:03)
悲しみの日々(インストゥルメンタル)
3. La Valse d’Amelie (2:15)
アメリのワルツ
4. Comptine D’un Autre Ete: L’apres Midi (2:20)
ある午後のかぞえ詩
5. La Noyee (2:03)
溺れる少女
6. L’autre Valse d’Amelie (1:33)
もう一つのワルツ
7. Guilty (3:13)
「ギルティ」~メトロからのメロディー
8. A Quai (3:32)
プラットホームで
9. Le Moulin (4:27)
カフェ・ドゥ・ムーラン
10. Pas Si Simple (1:52)
そんなに楽じゃない
11. La Valse d’Amelie (Version Orchestre) (2:00)
オーケストラによる,アメリのワルツ(オーケストラ・ヴァージョン)
12. La Valse Des Vieux Os (2:20)
遊園地のワルツ
13. La Dispute (4:15)
口喧嘩
14. Si Tu N’etais Pas La (Frebel) (3:29)
「シ・チュ・ネテ・パ・ラ」~あなたがいなければ
15. Soir De Fete (2:55)
祭りの夜
16. La Redecouverte (1:13)
やっと見つけた
17. Sur Le Fil (4:23)
運命の糸に導かれ
18. Le Banquet (1:31)
祝いの宴
19. La Valse d’Amelie (Version Piano) (2:38)
ピアノによる,アメリのワルツ(ピアノ・ヴァージョン)
20. La Valse Des Montres (3:39)
エンディング~おばけのワルツ

以下はヤン・ティルセンのソロ・アルバム


La Valse Des Monstres

Yann Tiersen
La Valse Des Monstres

ヤン・ティルセンの1995年のデビュー・アルバム「La Valse Des Monstres」
アコーディオンやトイ・ピアノ、チェンバロ等、すべてアコースティック楽器によるインストゥルメンタル・アルバム。
映画アメリのサウンドトラック3曲目に収録されている「アメリのワルツ」の原曲「La Valse Des Monstres」のアコーディオンとトイ・ピアノの2バージョンの他、チェンバロの音色が綺麗な「Comptine d’ete n°17」、カリヨン・ベル、ヴァイオリン、トイ・ピアノによる「Hanako」等全17曲44分収録。

L' Absente

L’ Absente
Yann Tiersen

ヤン・ティルセン、2002年リリースのソロ・アルバム「L’ Absente」
「アメリ」のサウンドトラックにも収録されている「A Quai」を1曲目に、
デヴィッド・ボウイのレコーディングにも参加していたリサ・ジャーマノのヴォーカル入り「La Parade」、金管やストリングス入りの「Le Jour D’avant
」、ソロ・ピアノの悲しげな曲「Absente」など収録、日本盤のみCD2枚組でディスク2にはライヴ・レコーディングの「アメリのワルツ」など6曲を収録。
CD2枚組で全16曲59分収録。

日本盤のみライヴ盤6曲追加の2枚組です。輸入盤はアルバム「L’ Absente」の単独発売です。

下記はライヴの完全盤。CD2枚組29曲収録。
C'Etait Ici

Yann Tiersen
Yann Tiersen
Le Phare (1997)

12弦ギター、アコーディオン、メロディカ、ヴァイオリンなど多種の楽器と数曲のヴォーカル入り楽曲を収録した1997年のソロ・アルバム「Le Phare」

繊細なピアノ・ソロ曲「La Chute」、 「グッバイ、レーニン!」のサウンドトラックにも参加していた女性ヴォーカル、クレア・ピケットの歌う「La Rupture」、クラヴサン(チェンバロ)の「Les Jours Heureux」など全14曲43分収録。

1. Le Quartier (2:01)
2. La Rupture (2:49)
3. Monochrome (3:16)
4. La Dispute (4:14)
5. L’arrivee Sur L’ile (1:03)
6. La Noyee (2:23)
7. Le Fromveur (1:20)
8. L’homme Aux Bras Ballants (5:05)
9. Sur Le Fil (7:28)
10. Les Jours Heureux (2:10)
11. La Crise (1:37)
12. Les Bras De Mer (3:10)
13. La Chute (5:48)
14. L’effondrement (1:32)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × two =