Soundtrack Paradise

ルイ・マル


ルイ・マル



ルシアンの青春

ルシアンの青春
LACOMBE LUCIEN (1973)

ルイ・マル監督作、ピエール・ブレーズ、オーロール・クレマン、テレーゼ・ギーゼ出演の1975年作「ルシアンの青春」サウンドトラック。

ジャンゴ・ラインハルト(g)、ステファン・グラッペリ(vln)のフランス・ホット五重奏団の演奏。代表曲でオープニング・クレジットで流れる1曲目「マイナー・スイング (Minor Swing)」~6曲目までが劇中で使われた楽曲で、7~12曲目まではジャンゴ・ラインハルトの代表曲をあわせて収録したもの。全13曲39分収録。

なお、ここに収録されている「マイナー・スイング」は1937年11月25日録音のオリジナル版。(その後も何度か再演奏/録音され5種類ほどのバージョンがあります)(音声はモノラル音源の擬似ステレオ化)


1. Minor Swing (3:17)
ルシアンの青春のテーマ (マイナー・スイング)
2. Manoir De Mes Reves (3:22)
夢の城
3. Nuages (3:21)

4. Douce Ambiance (2:23)
甘いムード
5. Fleur D’ennui (2:37)
憂い花
6. Lentement Mademoiselle (3:21)
お嫁さん、ごゆっくり
7. Rythm Future (2:42)
未来のリズム
8. Belleville (2:34)
ベルヴィル
9. Toublant Bolero (3:44)
渦まくボレロ
10. Cavalerie (2:38)
騎兵
11. Blues Clair (3:06)
ブルース・クレール
12. Swing 41 (3:11)
スイング41
13. Echoes Of France (2:46)
エコー・オブ・フランス~ラ・マルセイエーズの変奏曲

ジャンゴ・ラインハルトの名盤
Djangology

イン・メモリアル

1934年~39年録音でThe Classic Early Recordings in Chronological Order
という全124曲収録CD5枚組の大ヴォリューム編集盤も発売されています。



死刑台のエレベーター

死刑台のエレベーター
ASCENSEUR POUR L’ECHAFAUD (1957)

ルイ・マル監督作、モーリス・ロネ、ジャンヌ・モロー、ジョルジュ・プージュリー、リノ・ヴァンチュラ出演のフィルム・ノワールの傑作「死刑台のエレベーター」サウンドトラック。
有名なテーマと静寂の中に聞こえるマイルス・デイビスのミュート・トランペットのスコア、レコーディング・セッションでの全26曲34分を収録したサウンドトラック(実際に劇中で使われた部分は17~26曲目までの10曲)

当時24才のルイ・マル監督が劇中に必要な音楽を付けるシーンを繰り返し流し、何度かの即興演奏を行ったもの(なお、このレコーディングの2週間ほど前に一度、マイルス・デイビスも試写を見ている為、すでに幾つかのイメージが出来上がっていたようです)

マイルス・デイヴィスの1957年のレコーディングは少なくこの「死刑台のエレベーター」と「マイルス・アヘッド」のみ(各地のコンサートにには多く出演)



ビバマリア
サントラ

『ビバ!マリア』 / 『まぼろしの市街戦』 ドルリュー
Georges Delerue

ルイ・マル監督作、ブリジット・バルドー、ジャンヌ・モローのフランス二大女優の共演作「ビバ!マリア」のサウンドトラックです。ジョルジュ・ドルリューによる作曲で明るい、美しいスコア曲や、[
Les petites femmes ][ Paris, Paris, Paris ][ Maria Maria ]のB.B.とジャンヌ・モローのデュエット・ソングなど15曲と、カップリングで、今年11月末に惜しくも亡くなったフィリップ・ド・ブロカ監督の代表作「まぼろしの市街戦(THE
KING OF HEARTS)」を収録。「まぼろしの市街戦」は、今までは数曲がコンピレーション等で聴けただけですが、13曲収録しています。
全28曲62分収録、VARESEの正規盤で限定2000枚の品物です。



ダメージ

DAMAGE( フランス/ポーランド/スイス)
ダメージ ズビグニフ・プレイスネル

ジェレミー・アイアンズ、ジュリエット・ビノシュ、ミランダ・リチャードソン出演、ルイ・マル監督作「ダメージ」サウンドトラック。トーマス・スタンコー・グループのジャズ演奏や、Konrad Mastyloによるピアノ・ソロ曲とズビグニエフ・プレイスネル
作曲のスコア曲を収録。暗めで冷ややかな印象の曲が多く、チェロ・ソロ曲やピアノ・ソロ曲「A LA CAMPAGNE」など全21曲38分収録。
国内盤ジャケット↓
ダメージ



五月のミル
MILOU EN MAI (1989)

ルイ・マル監督作、ミシェル・ピッコリ、ミュウ=ミュウ等出演の1989年作「五月のミル」サウンドトラック。

フランス・ジャズを代表するヴァイオリン奏者ステファン・グラッペリによる作曲・演奏で、アコースティック・ギターにはマルク・フォッセ、マーティン・テイラーの名手と、モーリス・ヴァンデール(p)、マルセル・アゾーラ(アコーディオン)、ピエール・ゴッセ(cl,ss)が参加。
ジプシー・スウィングの素晴らしいテーマ曲をはじめ全編で素晴らしいアコースティック・サウンドを聞かせる作品です。
全17曲50分収録。


1. Milou (3:47) ミルのテーマ
2. Fly-Tox (2:46) フライ・トックス
3. Claire (3:31) クレールのテーマ
4. Georges (3:15) ジョルジュのテーマ
5. Riviere (2:07) リヴィエール
6. Adele (1:43) アデルのテーマ
7. Bicyclette (3:37) 自転車
8. Valse Du Passe (2:46) パースのワルツ
9. L’Internationale (2:06) インターナショナル
10. La Fille Du Bedouin (1:15) ベドウィンの娘
11. Blues De La Pluie (5:30) 雨のブルース
12. Depart (1:44) 旅立ち
13. Tiger Rag (3:09) タイガー・ラグ
14. Pic-Nic (4:30) ピクニック
15. Queenie (3:02) クイーニー
16. Camille (3:03) カミーユのテーマ
17. Chanson Pour Louis (2:35) ルイに捧げる歌



Music in the Movies of Louis Malle

Music in the Movies of Louis Malle

五月のミル Milou En Mai (1989)
地下鉄のザジ Zazie Dans Le Metro (1960)
好奇心 Le Souffle Au Coeur (1971)
ルシアンの青春 Lacombe Lucien (1973)

ルイ・マル監督の代表作4作品「地下鉄のザジ」(フィオレンツォ・カルピ)、「好奇心」(チャーリー・パーカー)、「ルシアンの青春」(ジャンゴ・ラインハルト)、「五月のミル」(ステファン・グラッペリ)のサウンドトラック。
全てオリジナル音源ですが、ほとんどの楽曲に劇中のダイアローグ等を挟んでいます。全22曲50分収録。


五月のミル Milou En Mai (1989)
1. Dialogues, Musique Et Ambiance (Generique Debut) (2:28)
2. Ambiance Et Dialogues (Le Testament) (2:42)
3. Musique, Ambiance Et Dialogues (Greve) (1:56)
4. Musique, Ambiance Et Dialogues (Mai 68) (4:00)
5. Musique Et Ambiances (Condoleances) (0:51)
6. Musique Et Ambiances (Generique Fin) (3:01)

地下鉄のザジ Zazie Dans Le Metro (1960)
7. Dialogues, Ambiance Et Musique (Generique Debut) (2:39)
8. Dialogues, Ambiance Et Musique (Visite De Paris) (1:32)
9. Musique, Ambiance Et Dialogues (Zazie Institutrice) (0:46)
10. Musique Et Ambiances (Traversee De Paris) (3:00)
11. Musique (Generique Fin) (1:41)

好奇心 Le Souffle Au Coeur (1971)
12. Musique, Dialogues Et Ambiance (Generique Debut) (2:55)
13. Dialogues, Musique Et Ambiance (1:28)
14. Musique Et Ambiances (1:20)
15. Dialogues Et Ambiance (La Confession) (1:18)
16. Musique, Ambiance Et Dialogues (Fetes, Anniversaire (6:59)
17. Musique (Generique Fin) (1:10)

ルシアンの青春 Lacombe Lucien (1973)
18. Musique (Generique Debut) (3:14)
19. Dialogues, Ambiance Et Musique (Generique Debut) (2:58)
20. Piano, Dialogues Et Ambiance (Chez M. Thorn) (1:22)
21. Chants, Ambiances Et Dialogues (Surprise Partie) (1:46)
22. Musique (Generique Fin) (1:23)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

8 + 3 =