Soundtrack Paradise

ロジェ・ヴァディム Roger Vadim


ロジェ・ヴァディム

Roger Vadim




バーバレラ
バーバレラ

バーバレラ
BARBARELLA

ロジェ・ヴァディム監督作、ジェーン・フォンダ主演のエロティックなカルトSF映画「バーバレラ」サウンドトラック。
ボブ・クリュー作曲のヴォーカル入りの数曲のほか、
チャールズ・フォックス(ロバータ・フラック「やさしく歌って(KILLING ME SOFTLEY WITH HIS SONG..)」の作曲者としても有名な)作曲のバカラック風サウンドに、電子音やシタールを入れたサイケな楽曲を収録。当時のLPで聞けたもの全曲と、ヤング・ラヴァーズによるカヴァー曲や、ラジオ・スポットなどを追加した全30曲65分収録しています。




危険な関係
LES LIAISONS DANGEREUSES 1960

危険な関係
LES LIAISONS DANGEREUSES 1960
(1959)

ロジェ・ヴァディム監督作、
ジェラール・フィリップ、ジャンヌ・ヴァレリー、アネット・ヴァディム、ジャン=ルイ・トランティニャン出演「危険な関係」サウンドトラック。

アート・ブレイキー率いるメッセンジャーズ[リー・モーガン(tp)、 バルネ・ウィラン(ts)、 ボビー・ティモンズ(p)、デューク・ジョーダン(P)、ジミー・メリット(b) ]による名演「危険な関係のブルース(No Problem)」、バルネ・ウィランのソプラノ・サックスによる「プレリュード・イン・ブルー」、ボンゴ、コンガ入りで演奏される「No Hay Problema」など全10曲50分収録。
「死刑台のエレベーター」と並ぶシネ・ジャズの名盤です。

下記は「危険な関係のブルース (NO PROBLEM)」を作曲したデューク・ジョーダン本人が1962年に録音した自演盤。ハード・バップの名盤。
全7曲39分収録。

危険な関係のブルース

Les Liaisons Dangereuses
Duke Jordan (1962)


1. No Problem(Duke Jordan)#1 (8:56)
2. No Problem#2 (4:16)
3. No Problem#3 (6:23)
4. Jazz Vendor (4:53)
5. Subway Inn (4:03)
6. The Feeling Of Love#1 (7:15)
7. The Feeling Of Love#2 (3:22)

デューク・ジョーダン(p)
ソニー・コーン(tp)
チャーリー・ラウズ(ts)
エディ・カーン(b)
アート・テイラー(ds)




ブルース・リー/死亡遊戯

ブルース・リー/死亡遊戯
ナイトゲーム (ロジェ・ヴァディム監督作)
Game Of Death(1978) / Night Games (1978)

レイモンド・チョウ製作、ブルース・リー、元はバスケットボールの選手のカリーム・アブドル=ジャバール、ヌンチャク戦での敵役にダン・イノサント等出演の「死亡遊戯」サウンドトラック。
ジョン・バリー作曲、以前にはボクシングの辰吉丈一郎の入場曲として使われていたメイン・タイトル曲や、同じくメイン・タイトル曲をアレンジした6分弱に及ぶアクション・スコア「The Big Motorcycle Fight」、ヒロイン役コリーン・キャンプの歌うヴォーカル曲「Will This Be The Song I’ll Be Singing Tomorrow」
11曲目は効果音/怪鳥音入りの「Stick Fight」を収録。

12~17曲目は、ロジェ・ヴァディム監督の1978年作品のエロティック映画「ナイト・ゲーム」を収録、重厚なストリングスの「Descent Into Decadence」
など収録。

全17曲67分収録。

内容は同じの国内盤↓
ブルース・リー「死亡遊戯」オリジナル・サウンドトラック



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight + 8 =