Soundtrack Paradise

ケン・ローチ Ken Loach


ケン・ローチ

Ken Loach



カルラの歌

カルラの歌
CARLA’S SONG (1996)

ケン・ローチ監督作、ロバート・カーライル、オヤンカ・カベサス、スコット・グレン出演「カルラの歌」サウンドトラック。

ジョージ・フェントンの作曲/編曲で主にシンセ、ギターによるスコア曲、またカルロス・メヒア・ゴドイ(Carlos Mejia Godoy)作のニカラグアの音楽と合わせたスコア曲「Carla Talks/ Quien Es Esa Chevala」「The Coach Drive / La Consigna」等に、映画ラストで流れる「カルラの歌」を収録。全15曲39収録。

国内盤



大地と自由
LAND AND FREEDOM (1995)

スペイン内戦をドキュメンタリー・タッチで描いたケン・ローチ監督作、 イアン・ハート、ロサナ・パストール、イシアル・ボリャン出演「大地と自由(LAND AND FREEDOM)」サウンドトラック。ジョージ・フェントン作曲、弦楽/木管による小編成のオーケストラ・スコア。全般にもの悲しいメロディを含んだスコアと、劇中に挿入される歌「The Attack」を収録。フランス盤、全17曲42分収録。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − 18 =