Soundtrack Paradise

トニー・スコット監督作 Tony Scott


トニー・スコット監督作

Tony Scott


The Hunger: Original Motion Picture Soundtrack
ハンガー

ハンガー
THE HUNGER (1983)

トニー・スコット監督の長編映画デビュー作、 カトリーヌ・ドヌーヴ、スーザン・サランドン、デヴィッド・ボウイ出演「ハンガー」サウンドトラック。

ミシェル・ルビーニ&デニー・ジャガーのシンセサイザー・スコアの6曲の他は、ドリーブの歌劇「ラクメ (Lakme)」(ドヌーヴ&サランドンの官能的なシーンで流れる曲)や、劇中でカトリーヌ・ドヌーヴとデヴィッド・ボウイが演奏していたシューベルト「Trio in E-flat, opus 100 (ホ短調三重奏曲作品100)」と、バッハの「無伴奏チェロ組曲第1番」「無伴奏ヴァイオリン/パルティータ第3番」等主にクラシック曲で全11曲36分収録。


1. Trio in E-flat, opus 100 (excerpt) (03:16)
Schubert
2. Beach House (solo vocal: Stefany Spruill) (03:07)
Michel Rubini & Denny Jaeger
3. Suite # 1 for Solo Cello in G-major preludium (excerpt 1st movement) (02:19)
J.S. Bach
4. Waiting Room / Flashbacks (02:18)
Michel Rubini & Denny Jaeger
5. This is how a road get’s made (01:51)
Michel Rubini & Denny Jaeger
6. The Arisen (05:37)
Michel Rubini & Denny Jaeger
7. Partita # 3 in E-major, Gavotte En Rondeau (excerpt) (03:13)
J.S Bach
8. Lakm・(excerpt) (06:12)
Delibes
9. Sarah’s Transformation (01:04)
Michel Rubini & Denny Jaeger
10. The Final Death (02:16)
Michel Rubini & Denny Jaeger
11. Trio in E-flat, opus 100 (excerpt) (04:58)
Schubert

ナイトクラブのシーンで演奏しているのはバウハウスで曲はデビュー曲となる「Bela Lugosi’s Dead」。上記サウンドトラックには収録していません。
下記のベスト・アルバムで聞けます↓
1979-1983: Vol. 1



ハンガー/危険な年

ハンガー
THE HUNGER (1983)
危険な年
THE YEAR OF LIVING DANGEROUSLY (1982)

トニー・スコット監督の長編映画デビュー作、 カトリーヌ・ドヌーヴ、スーザン・サランドン、デヴィッド・ボウイ出演「ハンガー」と、
ピーター・ウィアー監督作メル・ギブソン、シガーニー・ウィーヴァー出演「危険な年」のカップリング盤サウンドトラック。

「ハンガー」
1. Franz Schubert / Trio In E-Flat Major, Opus 100 #1 (3:14)
2. Michel Rubini/Denny Jaeger / Beach House (3:05)
3. Johann Sebastian Bach / Suite No. 1 For Solo-Cello In G-Major (2:18)
4. Michel Rubini/Denny Jaeger / The Hunger Game (2:19)
5. Michel Rubini/Denny Jaeger / Taxi (1:52)
6. Franz Schubert / Trio In E-Flat Major, Opus 100 #2 (5:33)
7. Johann Sebastian Bach / Parita No.3 In E-Major , Gavette En Rondo (3:12)
8. Michel Rubini/Denny Jaeger / Lakme (6:10)
9. Michel Rubini/Denny Jaeger / Lakme (Electronic Variation) (1:05)
10. Michel Rubini/Denny Jaeger / Miriam Dies (2:13)
11. Franz Schubert / Trio In E-Flat Major, Opus 100 #3 (4:58)

「危険な年」
12. Wayang Kulit (2:42)
13. Poverty And Misery (4:44)
14. The Death Of A Child (4:58)
15. Kwan (3:01)
16. Enchantement At Tugu (4:07)
17. DJakarta (3:53)
18. What Can We Do (3:03)
19. Kwan’s Sacrifice (4:55)



クリムゾン・タイド

クリムゾン・タイド
CRIMSON TIDE

トニー・スコット監督作、デンゼル・ワシントン、ジーン・ハックマン、ヴィゴ・モーテンセン出演のサスペンス「クリムゾン・タイド」サウンドトラック。ハンス・ジマー作曲、ニック・グレニー・スミス指揮のオーケストラとシンセ混合のサスペン・スコアと、男性コーラスによる深みのある「Little Ducks」、クライマックスでの緊張感ある「1SQ」やラストの「Roll Tide/Hymn: Father Strong to Save」を収録、全5曲60分収録。



ザ・ファン

ザ・ファン
THE FAN (1996)

トニー・スコット監督作、ドバート・デ・ニーロ、ウェズリー・スナイプス、エレン・バーキン、ベニチオ・デル・トロ出演のサスペンス「ザ・ファン」サウンドトラック。マッシヴ・アタック「Hymn Of The Big Wheel」、テレンス・トレント・ダービーの悲しげな曲「Letting Go」や、ケニー・ウェイン・シェパードのシャッフル・ブルース「(Let Me up) I’ve Had Enough」等とヒップホップなど劇中挿入曲のほか、ハンス・ジマーのスコア1曲19分の「SCARFACE」を収録。



エネミー・オブ・アメリカ

エネミー・オブ・アメリカ
ENEMY OF THE STATE

ブラッカイマー製作、ウィル・スミス、ジーン・ハックマン主演、トニー・スコット監督のサスペンス・アクション「エネミー・オブ・アメリカ」サウンドトラック。「アルマゲドン」と同じくトレヴァー・ラビンと、ハリー・グレッグソン=ウィリアムズの共作、オーケストラとシンセ・ミックス/90年代テクノによるスコアを収録。「Brill’s Theme」でのストリングスによる重めメロディや、テクノ/オーケストラによる「Hotel Chase, Pt. 2」や、ドラマティックな展開を成すラビンの「Coal Yard, Pt. 2」などお薦めできます。全17曲54分収録。



SOUNDTRACK

スパイ・ゲーム
SPY GAME (2001)

トニー・スコット監督作、ロバート・レッドフォード、ブラッド・ピット主演「スパイ・ゲーム」サウンドトラック。

ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ作曲、デジタル/プログラミングのリズムに中近東風のヴォーカルや中国の打楽器、エレクトリック・ヴァイオリン、エスノ・フルートなど多様な楽器を取り入れたスコア。サスペンス/シリアス調のスコアが中心ですが
オーケストラの「Explosion & Aftermath」、パーカッシヴなスコア「Red Shirt」ボーイ・ソプラノ、Timothy Washburn の綺麗な「Operation Dinner Out」「My Name Is Tom」等収録。全20曲71分。

国内盤



トゥルー・ロマンス
トゥルー・ロマンス

トゥルー・ロマンス
TRUE ROMANCE

トニー・スコット監督作、クエンティン・タランティーノの脚本、クリスチャン・スレイター、パトリシア・アークエット、デニス・ホッパーら出演「トゥルー・ロマンス」サウンドトラック。ハンス・ジマー作曲の柔ら中シンセ・スコア「You’re So Cool」やエレクトリック・ギターによるハードな展開の「Stars At Dawn」などと劇中挿入曲として、レオ・ドリーブ作曲のオペラ「ラクメ」より第1幕「おいで、マリカ(花の二重唱) (Viens Mallika Sous le Dome)」
、クリス・アイザック「Two Hearts」、サウンドガーデン「Outshined」、チャールズ・バード「Wounded Bird」、ロバート・パーマー「(Love Is) The Tender Trap」など全12曲収録。


トップ・ガントップガン

トップガン SPECIAL EXPANTED

当時の10曲入りLPに劇中で使われながら収録されなかった5曲を追加したSPECIAL EXPANTEDエディション・サントラ。
「デンジャー・ゾーン」/ケニー・ロギンス、「マイティ・ウィング」/チープ・トリック、「愛は吐息のように」/ベルリンなどのヒット曲と、ハロルド・フォルターメイヤーとギタリスト、スティーヴ・スティーヴンスによるインスト曲の10曲目「トップガン・アンセム」と、このCDで追加された

曲、オーティス・レディング「ドック・オブ・ベイ」、ジェリー・リー・ルイス「グレート・ボールズ・オブ・ファイア」、フォルターメイヤーのシンセ・インスト「メモリーズ」、ケニー・ロギンス「真昼のゲーム」の12インチ・バージョン、劇中でトム・クルーズが口ずさむ曲ライチャス・ブラザーズ「ユーヴ・ロスト・ザット・ラヴィン・フィーリング」を収録。
全15曲57分収録。

またこの「トップガン」や「フラッシュダンス」「ビバリーヒルズ・コップ」など83,4年頃からヒット作を連発、今も大作アクションなどでお馴染みジェリー・ブラッカイマーと故ドン・シンプソンによる製作のヒット作の原点のような作品。
この映画のおかげで当時、トップガン風短髪がはやってました。(さらに日本では織田裕二主演でベストガイが公開。。。)



リベンジ
REVENGE (1990)

トニー・スコット監督作、ケビン・コスナー、マデリーン・ストウ、アンソニー・クイン出演の1990年映画「リベンジ」サウンドトラック。
ジャック・ニッチェの作曲・演奏、ピアノとストリングスによる静かで美しい「Love Theme」、アコースティック・ギター曲「Friendship」、
とシンセサイザーのダークなスコアで全12曲39分収録。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven − two =