Soundtrack Paradise

アラン・パーカー Alan Parker

[`yahoo` not found]

アラン・パーカー

Alan Parker


Angel Heart

SOUNDTRACK

エンゼル・ハート

アラン・パーカー監督、ミッキー・ローク、ロバート・デ・ニーロ、シャーロット・ランプリング出演、
ウィリアム・ヒョーツバーグ原作、衝撃的なサスペンス・スリラー「エンゼル・ハート」サウンドトラック。トレヴァー・ジョーンズ作曲、サックス奏者コートニー・パインが全面参加したスコアで、暗くハードボイルドな雰囲気の楽曲が多く、劇中の主要シーンのスコアとダイローグを織り交ぜた「Harry Angel」と「Looking For Johnny」と
劇中の挿入曲、ベッシー・スミス「Honeyman Blues」、ブラウニー・マギー「Rainy Rainy Day」等の古いブルース曲も収録。全10曲37分収録。



フェーム
FAME

アイリーン・キャラによるヒットした映画タイトル曲や、ピアノ弾き語りのバラード「アウト・ヒヤ・オン・マイ・オウン」、学校内で繰り広げる「ホットランチ・ジャム」、後のERのロマノ役として知られるポール・マクレーンによるヴォーカル曲、終盤の卒業生による感動的な演奏など収録したアラン・パーカー監督の80年代青春/ミュージカル映画の傑作。全9曲35分収録。


1. Irene Cara / Fame (5:16)
フェーム(アイリーン・キャラ)
2. Irene Cara / Out Here On My Own (3:13)
アウト・ヒア・オン・マイ・オウン(アイリーン・キャラ)
3. Irene Cara / Hot Lunch Jam (4:12)
ホット・ランチ・ジャム(アイリーン・キャラ)
4. Paul McCrane / Dogs In The Yard (3:13)
ドッグス・イン・ザ・ヤード(ポール・マックレーン)
5. Linda Clifford / Red Light (6:11)
レッド・ライト(リンダ・クリフォード)
6. Paul McCrane / Is It Okay If I Call You Mine? (2:42)
イフ・アイ・コール・ユー・マイン(ポール・マックレーン)
7. Contemporary Gospel Chorus Of The High School Music And Art / Never Alone (3:24)
ネヴァー・アローン(ミュージック&アート・スクールのゴスペル・コーラス)
8. Michael Gore / Ralph And Monty (Dressing Room Piano) (1:51)
ラルフ・アンド・モンティ
9. Irene Cara & Cast / I Sing The Body Electric (5:01)
ボディ・エレクトリック(ディーン,キャラ,マックレーン,パーネル,ブロッキントン)

下記は2003年にリリースされたデジタル・リマスター盤。ポール・マクレーンによるヴォーカル入りで未発表曲「Miles from Here」、
ピアノのみで演奏されるインスト・バージョン「Out Here on My Own」、カウント入りでこちらもインスト・バージョンの「Fame」を追加した全12曲46分収録。
フェーム
フェーム


ミッドナイト・エクスプレス

アラン・パーカー監督の監獄映画「ミッドナイト・エクスプレス」サウンドトラックです。80年代にヒットしたテーマ曲をはじめ、ジョルジョ・モロダー
作曲の全8曲を収録しています。



ミシシッピー・バーニング

MISSISSIPPI BURNING
ミシシッピー・バーニング

アメリカ南部の人種差別問題を描いたアラン・パーカー監督作、ジーン・ハックマン、ウィレム・デフォー出演「ミシシッピー・バーニング」サウンドトラック。マヘリア・ジャクソンのゴスペル「Take My Hand, Precious Lord」(キング牧師の葬儀の際にマヘリア・ジャクソンが歌った曲としても有名)、ヴェスタ・ウィリアムス「Try Jesus」、賛美歌「When We All Get to Heaven」、ラニー・(スパン)マクブライドの「WALK ON BY FAITH」とトレヴァー・ジョーンズのサスペンス・スコアを収録。スコア部分には劇中のセリフ等も含まれています。全15曲41分収録。




アンジェラの灰

アンジェラの灰
ANGELA’S ASHES (1999)

アラン・パーカー監督作、 エミリー・ワトソン、ロバート・カーライル出演のドラマ「アンジェラの灰」サウンドトラック。
ジョン・ウィリアムズ作曲のストリングス主体のオーケストラ・スコアで「シンドラーのリスト」に近いサウンドです。
感動的な「Back To America(アメリカへ戻る)」、重厚なストリングスがドラマティックに盛り上げる「Angela’s Prayer(アンジェラの祈り)」
にビリー・ホリデイの「ペニーズ・フロム・ヘヴン」も収録しています。全18曲57分収録。

輸入盤ジャケット↓
Angela's Ashes: Music From The Motion Picture


愛と哀しみの旅路

愛と哀しみの旅路
Come See The Paradise(1990)

第二次大戦中のリトル・トーキョーを舞台にした、アラン・パーカー監督作。
ランディ・エデルマン
作曲、ピアノのイントロで始まりオーケストラが加わる感動的な「愛のテーマ (Love Theme From “Come See The Paradise”)」を1曲目に、アラン・パーカーが作曲した「カワムラ家のテーマ (Kawamura Family Theme)」など重量級のスコア曲、また2曲目「ブルックリン劇場の火事 (Fire In Brooklyn Theatre)」は映画「今そこにある危機」「ロブ・ロイ」「ア・フュー・グッドメン」の劇場予告編にも使われた楽曲です。

そのほか劇中の挿入歌、戦前の関種子「雨に咲く花 (Flower That Blooms In The Rain)」、荘司史郎「恋の島 (Love Birds)」など収録しています。
全19曲33分収録しています。
国内盤は廃盤です。

1. Love Theme From “Come See The Paradise” (4:44)
2. Fire In A Brooklyn Theatre (1:20)
3. Shikataganai (0:26)
4. Mark Earley / Love Is The Sweetest Thing (3:14)
5. Lily And Mini (0:49)
6. Taneko Seki / Flower That Blooms In The Rain (2:21)
7. Kawamura Family Theme (2:50)
8. Jack And Lily (1:25)
9. Mark Earley / Nevertheless (1:49)
10. You Can’t Spit At Heaven (0:49)
11. Sanae Hosaka / Forget Me Not (3:28)
12. Little Tokyo (0:56)
13. Terminal Island (0:39)
14. Santa Anita (0:39)
15. Teri Eiko Koide,Jumi Emizawa,Cynthia Lawren / Don’t Sit Under The Apple Tree (2:29)
16. Bad Days (0:30)
17. Shiro Syoji / Love Birds (2:20)
18. Nine Tiny Seconds (0:48)
19. A Little Bag Of Magic (2:08)

 





バーディ

バーディ
BIRDY  (1984)

アラン・パーカー監督作、 マシュー・モディーン、ニコラス・ケイジ出演のドラマ「バーディ」サウンドトラック。

ピーター・ガブリエル作曲、演奏にはトニー・レヴィン、ジェリー・マロッタ、デヴィッド・ローズ、ジョン・ハッセル等が参加,
リズムの激しい「Birdy’s Flight」「Floating Dogs」や幻想的なスコア曲を収録、

なお
12曲中5曲はピーター・ガブリエルのソロ・アルバムからの楽曲をアレンジ/再演(インスト)したもので
「Close Up(Family Snapshot)」「Birdy’s Flight(Not One Of Us)」は3rdアルバムから、また「The Heat(The Rhythm Of The Heat)」「Under Lock And Key(Wallflower)」「Powerhouse At The Foot Of The Mountain(San Jacinto)」は4thアルバムからの楽曲です。全12曲35分収録。


1. At Night (2:43)
2. Floating Dogs (3:01)
3. Quiet And Alone (2:35)
4. Close Up (0:55)
5. Slow Water (2:54)
6. Dressing The Wound (4:10)
7. Birdy’s Flight (3:03)
8. Slow Marimbas (3:24)
9. The Heat (4:47)
10. Sketch Pad With Trumpet And Voice (3:08)
11. Under Lock And Key (2:27)
12. Powerhouse At The Foot Of The Mountain (2:24)

ピーター・ガブリエル 3rdアルバム

Peter Gabriel 3: Melt
ピーター・ガブリエル 4rdアルバム

Security



サントラ

Life of David Gale
ライフ・オブ・デヴィッド・ゲイル

ケヴィン・スペイシー、ケイト・ウィンスレット主演、アラン・パーカー監督の冤罪を追及するサスペンス劇「ライフ・オブ・デヴィッド・ゲイル」サウンドトラック。音楽はアラン・パーカーの息子、アレックス・パーカー、ジェイク・パーカー兄弟によるもので、悲壮感漂うオーケストラ・スコアと数曲のヴォーカル曲、サスペンス・スコアとプッチーニ歌劇『トゥーランドット』より〈氷のような姫君の心にも Tu che di gel sei cinta〉を収録。全16曲49分収録。エンハンスドCDで予告編も見られます。(輸入盤)




コミットメンツ
コミットメンツ

THE COMMITMENTS
ザ・コミットメンツ

アラン・パーカー監督作。この映画をきっかけに、後に音楽界デビューもしたアンドリュー・ストロングのヴォーカルをリーダーとしたバンド物語「ザ・コミットメンツ」サウンドトラック。ウィルソン・ピケット「ムスタング・サリー」「イン・ザ・ミッドナイト・アワー」、アレサ・フランクリン「チェイン・オブ・フールズ」、ジェイムズ・カーの名曲(ライ・クーダーらもカバーした)「ダーク・エンド・オブ・ザ・ストリート」、オーティス・レディング~スリー・ドッグ・ナイトでも有名な「トライ・ア・リトル・テンダネス」の熱唱など劇中でコミットメンツが演奏した数々のR&Bの名曲を全14曲60分収録しています。また演奏にはディーン・パークス(g),
ミチェル・フルーム(key)が参加しています。



Evita: The Complete Motion Picture Music Soundtrack

エビータ
EVITA (1996)

アンドリュー・ロイド・ウェバー作曲、ティム・ライス作詞のミュージカルの映画化。マドンナ、アントニオ・バンデラス、ジョナサン・プライス出演、アラン・パーカー監督作のミュージカル・ドラマ「エビータ」サウンドトラック。

マドンナの歌う「Don’t Cry For Me Argentina (ドント・クライ・フォー・ミー・アルゼンチーナ)」「You Must Love Me (ユー・マスト・ラヴ・ミー)」の名曲を含む全31曲収録。


DISC.1
1. A Cinema In Bueno Aires, 26 July 1952 (1:19)
シネマ・イン・ブエノス・アイレス
2. Requiem For Evita (4:16)
レクイエム・フォー・エビータ
3. Oh What A Circus (5:44)
ホワット・ア・サーカス (マドンナ&アントニオ・バンデラス)
4. On This Night Of A Thousand Stars (2:24)
オン・ディス・ナイト・オブ・ア・サウザンド・スターズ (ジミー・ネイル)
5. Eva And Magaldi/Eva Beware Of The City (5:20)
エバ・アンド・マガルディ/エバ・ビウェア・オブ・ザ・シティ (マドンナ,ジミー・ネイル,アントニオ・バンデラス&ジュリアン・リットマン)
6. Buenos Aires (4:08)
ブエノス・アイレス (マドンナ)
7. Another Suitcase In Another Hall (3:33)
アナザー・スーツケース (同)
8. Goodnight And Thank You (4:18)
グッドナイト・アンド・サンキュー (マドンナ&アントニオ・バンデラス)
9. The Lady’s Got Potential (4:24)
レディーズ・ガット・ポテンシャル (アントニオ・バンデラス)
10. Charity Concert/The Art Of The Possible (2:33)
チャリティ・コンサート/アート・オブ・ザ・ポシブル (マドンナ,ジミー・ネイル,ジョナサン・プライス&アントニオ・バンデラス)
11. I’d Be Surprisingly Good For You (4:18)
グッド・フォー・ユー (マドンナ&ジョナサン・プライス)
12. Hello And Goodbye (1:46)
ハロー・アンド・グッドバイ (マドンナ,アンドレア・コア&ジョナサン・プライス)
13. Peron’s Latest Flame (5:17)
ペロンズ・レイテスト・フレイム (マドンナ&アントニオ・バンデラス)
14. A New Argentina (8:13)
ニュー・アルゼンチーナ (マドンナ,ジョナサン・プライス&アントニオ・バンデラス)

DISC.2
15. On The Balcony Of The Casa Rosada 1 (1:28)
バルコニー・オブ・ザ・カサ・ロサーダ1 (ジョナサン・プライス)
16. Don’t Cry For Me Argentina (5:31)
ドント・クライ・フォー・ミー・アルゼンチーナ~エビータのテーマ (マドンナ)
17. On The Balcony Of The Casa Rosada 2 (2:00)
バルコニー・オブ・ザ・カサ・ロサーダ2 (マドンナ)
18. High Flying, Adored (3:32)
ハイ・フライング (マドンナ&アントニオ・バンデラス)
19. Rainbow High (2:26)
レインボー・ハイ (マドンナ)
20. Rainbow Tour (4:50)
レインボー・ツアー (マドンナ,アントニオ・バンデラス,ゲイリー・ブルッカー,ピーター・ポリカルポウ,ジョナサン・プライス&ジョン・ゴウアー)
21. The Actress Hasn’t Learned The Lines (You’d Like To Hear) (2:31)
アクトレス・ハズント・ラーンド・ザ・ラインズ (マドンナ&アントニオ・バンデラス)
22. And The Money Kept Rolling (In And Out) (3:53)
マネー・ケプト・ローリング・イン (アントニオ・バンデラス)
23. Partido Feminista (1:40)
パルチード・フェミニスタ (マドンナ)
24. She Is A Diamond (1:39)
シー・イズ・ア・ダイアモンド (ジョナサン・プライス)
25. Santa Evita (2:30)
サンタ・エビータ
26. Waltz For Eva And Che (4:12)
ワルツ・フォー・エバ・アンド・チェ (マドンナ&アントニオ・バンデラス)
27. Your Little Body Is Slowly Breaking Down (1:24)
ユア・リトル・ボディーズ・スローリー・ブレイキング・ダウン (マドンナ&ジョナサン・プライス)
28. You Must Love Me (2:50)
ユー・マスト・ラヴ・ミー (マドンナ)
29. Eva’s Final Broadcast (3:05)
ファイナル・ブロードキャスト (同)
30. Latin Chant (2:11)
ラテン・チャント
31. Lament (5:13)
ラメント (マドンナ&アントニオ・バンデラス)

輸入盤


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 + twelve =