Soundtrack Paradise

ロマン・ポランスキー Roman Polanski


ロマン・ポランスキー

Roman Polanski

Chinatown: Original Motion Picture Soundtrack

チャイナタウン
CHINATOWN  (1974)

ロマン・ポランスキー監督作、ジャック・ニコルソン、フェイ・ダナウェイ、ジョン・ヒューストン出演、1930年代のロサンゼルスを舞台にしたハードボイルド/フィルム・ノワールの傑作「チャイナタウン」サウンドトラック。

ストリングスのオーケストラをバックにユアン・レイシー(Uan Rasey)のトランペットのソロが加わる秀逸なメイン・タイトル曲「Love Theme From Chinatown」、ピアノ・ソロ演奏による穏やかな「Easy Living」「Way You Look Tonight」に、不穏なストリングスとテーマ曲のメロディをアレンジしたサスペンス・スコアと、1930年代のスウィング・ジャズ/トランペット奏者バニー・ベリガンのビッグ・バンド「Bunny Berigan & His Orchestra」を収録。全12曲31分収録。

脚本の執筆段階からジャック・ニコルソンを想定して製作されたため、ニコルソンの台詞はほとんど本人の口調がそのままいかされた作品。フェイ・ダナウェイ以前にキャスティングされていた候補はジェーン・フォンダだったそうです。監督本人は劇中はニコルソンの鼻を切る役で刑事役で出演。

また画面の色彩が特にこの映画の雰囲気作りに貢献していますが、撮影監督はジョン・A・アロンゾで、「チャイナタウン」以前の作品での代表作は「バニシング・ポイント」「ビリー・ホリディ物語/奇妙な果実」があり、以降「ブラック・サンデー」「トム・ホーン」、80年代の「スカーフェイス」「ブルーサンダー」「マグノリアの花たち」等があります。(ジョン・アロンゾは2001年に死去)

劇中の音楽はあまり大げさに鳴らすことはなく、わずかな効果としてのサスペンス・スコアと、メインテーマのアレンジ曲が中心ですが、テーマのメロディはエンディングと共に深く余韻を残す作品です。



フランティックフランティック

フランティック
FRANTIC (1988)

ロマン・ポランスキー監督作、ハリソン・フォードと、後に「赤い航路」等に出演するエマニュエル・セイナーの「フランティック」サウンドトラック。
 
エンニオ・モリコーネ作曲。ロマン・ポランスキー監督との唯一の作品。
ドラム、エレクトリック・ギターとストリングスでの綺麗なテーマ曲「Frantic」、曲目通りフリューゲル・ホーン入りの「One Flugel Horn」、
シンセサイザーとアコーディオンを使った「On The Roof Of Paris」等収録。シンプリー・レッドによる主題歌「I’m Gonna Lose You」と合わせて全10曲41分収録。
 
エンニオ・モリコーネは80年代にも多くの作品を手がけていますが、楽器構成が若干違うためか独特な雰囲気のある作品。ほぼすべてサスペンス・スコアですが退屈しないスコアです。


テス / テナント 恐怖を借りた男テス / テナント 恐怖を借りた男

テス
 TESS (1979)
テナント/恐怖を借りた男
 LE LOCATAIRE (1976)

ナスターシャ・キンスキー、ピーター・ファース主演、トーマス・ハーディ原作の映画化「テス」と、
ロマン・ポランスキー監督本人にイザベル・アジャーニ、メルヴィン・ダグラス出演「テナント/恐怖を借りた男」のカップリング盤。
 
ロマン・ポランスキー監督とフィリップ・サルド作曲の2作を収めたもので、クラシック風の「テス」はタイトル曲がすばらしい作品で、他のスコア曲も全編が木管とストリングスによるものです。「テナント/恐怖を借りた男」はグラス・ハーモニカを使った少し暗めのスコアと、クラリネット、コントラバス、ヴィオラによる楽曲で全22曲58分収録。
 
輸入盤


ローズマリーの赤ちゃん
 ROSEMARY’S BABY (1968)
霧の夜の戦慄
 JACK THE RIPPER (1960)

ロマン・ポランスキー監督作、ミア・ファロー、ジョン・カサヴェテス出演「ローズマリーの赤ちゃん」(クシシュトフ・コメダ作曲)と、ロバート・S・バーカー監督の1960年作品「霧の夜の戦慄」(ピート・ルゴロ、ジミー・マクヒュー作曲)の2作品カップリング盤サウンドトラック。
 
ミア・ファローのスキャットによるメイン・タイトル曲や、オカルト・ホラー風の不気味なスコア曲
「The Coven / Moment Musical」「Dream」等全19曲64分収録。TSUNAMI盤ですが、音質は良好です。

 
ローズマリーの赤ちゃん
 1. Lullaby (2:27)
 2. The Coven / Moment Musical (2:53)
 3. Dream (3:49)
 4. Christmas (2:03)
 5. Expectancy (2:25)
 6. Main Title (Vocal: Mia Farrow) (2:27)
 7. Panic (2:06)
 8. Rosemary’s Party (2:11)
 9. Through The Closet (1:48)
 10. What Have You Done To Its Eyes (1:32)
 11. Happy Days (2:04)
霧の夜の戦慄
 12. Main Title – JACK THE RIPPER-Theme (3:08)
 13. Love Theme – Lowry Dates Ann (2:48)
 14. Killed InThe Elevator (1:58)
 15. To The Operating Room / End Title (3:33)
 16. Mary Clarke Theme (2:41)
 17. Chase The Hunchback (2:26)
 18. Kitty (2:16)
 19. Blood On My Hands / End Cast (1:28)


 
国内盤↓
ローズマリーの赤ちゃん/吸血鬼

 
現在発売中の輸入盤「ローズマリーの赤ちゃん」単独でのCD化↓
ローズマリーの赤ちゃん 

 
Amazon mp3ダウンロード販売
オズの魔法使い The Wizard Of Oz OST


戦場のピアニスト戦場のピアニスト
 

戦場のピアニスト
THE PIANIST

ロマン・ポランスキー監督作、「ヴィレッジ」「シンレッド・ライン」やピーター・ジャクソン最新作の「キング・コング」に出演のエイドリアン・ブロディ主演「戦場のピアニスト」サウンドトラック。
劇中で使われたショパン「夜想曲第20番嬰ハ短調」や、クライマックス・シーン、ドイツ将校の前で演奏する「バラード第1番ト短調作品23(Ballade No.1 In G Minor, Op.23)」、ワルシャワ・フィルとの共演によるエンド・ロールで流れる「華麗なる大ポロネーズ」、ウワディスワフ・シュピルマンの実際の演奏(1948年ワルシャワでの録音曲)ショパンのマズルカ、ポランスキー監督作「死と処女」「ナインスゲート」の音楽を手掛けたヴォイチェフ・キラールによるスコア曲1曲を収録。全11曲58分収録。

 
原作ではドイツ将校の前で演奏した曲はショパン「夜想曲第20番嬰ハ短調」、映画本編ではショパン「バラード第1番ト短調作品23」に変更になっています。


ポランスキーのパイレーツ


珍しいロマン・ポランスキー作のファンタジー作品でウォルター・マッソーが出演した映画です。音楽はポランスキー映画「テス」も手掛けたフィリップ・サルド作曲です。86年リリースで今では入手困難なCDです。全18曲収録で全てオーケストラ演奏です。


死と処女 ロマン・ポランスキー作品


シガニー・ウィーバーー、ベン・キングズレー出演、ロマン・ポランスキー監督作「死と処女」サウンドトラックです。 作曲は同じくポランスキー作品の「戦場のピアニスト」「ナインスゲート」を手掛けたヴォイチェフ・キラールで、低音を効かせたオーケストラで、劇的なサスペンス音楽を収録しています。シューベルトの室内楽曲「死と処女」も収録、全13曲68分収録しています。


マクベス(紙)

MACBETH
マクベス

ロマン・ポランスキー監督の1973年公開作「マクベス」サウンドトラック。
ヴァイオリン/チェロなどで室内楽風の楽器で演奏するプログレッシヴ・ロック(チェンバー・ロック)グループ、サード・イヤー・バンドの演奏。
エレクトリック・ベースのリフにオーボエ/チェロ/ヴァイオリンと、サイモン・ハウスのシンセサイザーによる
異様な響きの「序曲(Overture)」、エレクトリック・ノイズの「Dagger and Death」、タブラ・パーカッションとリコーダーをバックに少年の歌声によるヴォーカル曲「Fleance」、ミニマル(反復音楽)と実験音楽的な楽曲で全16曲43分収録。


オリバー・ツイスト

オリバー・ツイスト
OLIVER TWIST (2005)

ロマン・ポランスキー監督作、バーニー・クラーク、ベン・キングズレー、ハリー・イーデン出演、チャールズ・ディケンズの原作を映画化した「オリバー・ツイスト」サウンドトラック。
 
レイチェル・ポートマン作曲、デヴィッド・スネル指揮、シティ・オブ・プラハ・フィルハーモニック・オーケストラの演奏で全18曲53分収録。

 

1. Streets of London (2:01)
2. The Road to the Workhouse (3:03)
3. A Kind Old Woman (2:05)
4. Oliver Runs Away (2:31)
5. The Artful Dodger (1:49)
6. Fagin’s Loot (2:55)
7. The Game (2:15)
8. Oliver Learns the Hard Way (5:39)
9. Watching Mr. Brownlow’s House (2:17)
10. The Escape From Fagin (1:13)
11. Prelude to a Robbery (1:49)
12. The Robbery (5:09)
13. Toby and the Wounded Oliver (1:20)
14. Nancy’s Secret Journey (2:29)
15. The Murder (2:28)
16. Wanted: Bill Sykes & A Fierce Dog (2:50)
17. The Death of Bill Sykes (6:12)
18. Newgate Prison (5:21)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × 4 =