Soundtrack Paradise

ヴィム・ヴェンダース Wim Wenders


ヴィム・ヴェンダース

Wim Wenders


パリ、テキサス(オリジナル・サウンドトラック) <OST1000>

PARIS, TEXAS パリ/テキサス

ハリー・ディーン・スタントン、ナスターシャ・キンスキーのパルムドール受賞作「パリ、テキサス」サウンドトラック。スライド/ボトルネック・ギター奏者、ライ・クーダーによる音楽。テーマとして随所で聞かれる「Dark Was The Night(,Cold Was the Groud)」は、戦前のブルース/ゴスペル・シンガー、ブラインド・ウィリー・ジョンソン(Blind Willie Johnson)のオリジナル曲で、オープンDチューニング(6弦からD,A,D,F#,A,D)による演奏で、低い音程から出される独特の効果、ギター・トーンが雰囲気を出しています。
「アーリー・タイムス」のコマーシャルにも出ていたライ・クーダーの奏法は、酒瓶のボトルネックですが、実際にはアルコールはまったく飲まず、ベジタリアンとしても有名です。


Dark Was the Night

ブラインド・ウィリー・ジョンソン
「Dark Was The Night」のオリジナルを収録したほかにブルース・プロジェクト、テン・イヤーズ・アフターなどにカバーされた「Lord, I Just Can’t Keep from Crying」を収録。


Wings Of Desire (1987 Film)Wings Of Desire (1987 Film)

ベルリン・天使の詩
The Wings Of Desire

ブルーノ・ガンツ、ピーター・フォーク 出演「ベルリン・天使の詩」サウンドトラック。ユルゲン・クニーパー作曲、アコースティック・ギターやストリングスによる室内楽~現代音楽的なスコア、でマリオンの空中ブランコのシーンで流れる、バリトン・サックスをアコーディオンによる「サーカス・ミュージック」、劇中にも出演したニック・ケイブ&バッド・シーズ「The Carny」「From Her to Eternity」のほかローリー・アンダーソン、タキシードムーン、ミニマル・コンパクトの楽曲を収録。ブルーノ・ガンツによるピーター・ハントケの詩の朗読も含んだ全21曲70分収録。




Wim Wenders’ ROAD MUSIC (PART1 &2)
アメリカの友人・緋文字・まわり道

ヴィム・ヴェンダースの映画作品「ゴールキーパーの不安」「緋文字」「まわり道」「アメリカの友人」「ことの次第」「ベルリン・天使の詩」から数曲ずつ収録した「ヴィム・ヴェンダーズ・ロード・ミュージック」です。「ベルリン・天使の詩」を除いては、このCDでしか聞けない曲ばかりです。

ヴェンダース作品のほとんどの音楽を手掛けたユルゲン・クニーパー作曲、5曲目には美しいオーケスラ「緋文字」のタイトル曲、13曲目にはアコースティック・ギター/ストリングスによる「アメリカの友人」(RIPLEY’S GAME)、「ことの次第」では、シンセ曲とジャズ・フュージョン風の曲など収録。
全30曲65分収録しています。


ゴールキーパーの不安 (1971)
The Goalie’s Anxiety At The Penalty Kick
1. Titlemusik
2. Der Traum
3. Die Busfahrt
4. Am Bach

緋文字 (1972)
The Scarlet Letter
5. Titlemusik
6. Hester Prynne
7. Die Kleine Pearl
8. Dimmesdale
9. Chilling Worth

まわり道 (1974)
Wrong Movement
10. Titlemusik
11. Die Zugfahrt
12. Der Tod Des Industriellen

アメリカの友人 (1977)
The American Friend
13. Ripley’s Game
14. Hamburg
15. Der Rahmenmacher
16. La Defense
17. Der Bluttest
18. Der Freunde Im Zug
19. Das Spiel Ist Aus

ことの次第 (1981)
The State Of Things
20. The Survivors
21. A Kind Of Courage
22. A Question Of Lights And Darks
23. Goodbye To Lisbon
24. We’re Losing The Light
25. You’re Dead Wihtout A Story

ベルリン・天使の詩 (1987)
Wings Of Desire
26. Titlemusik
27. Die Kathedrale Der Bucher
28. Der Sterbende Auf Der Brucke
29. Postdamer Platz
30. Der Alte Mercedes

ブルーノ・ガンツと、ここ最近の出演作と違い強烈な存在感のデニス・ホッパーが出演、パトリシア・ハイスミス原作/アラン・ドロン「太陽がいっぱい」の後日談として、同じく”リプリー”が登場するドラマ「アメリカの友人」は特にお薦めの作品です。1999年マット・デイモン「リプリー」は「太陽がいっぱい」のリメイク。(こちらのほうが、実は原作に近い映画化)



都市とモードのビデオノート/東京画

都市とモードのビデオノート
NOTEBOOK ON CITIES AND CLOTHES (1989)
東京画
TOKYO-GA (1985)

ヴィム・ヴェンダース監督作、ファッション・デザイナー山本耀司と、ヴェンダーズのナレーションによるシネ・エッセー「都市とモードのビデオノート」と、厚田雄春、笠智衆 出演のドキュメンタリー作品「東京画」の2作のカップリング盤サウンドトラック。

ローラン・プティガン(Larent Petitgand)作曲のスコア曲、アコーディオンによる「Paris-Tokyo」「Old Photographs」、シンセサイザーの「Backstage」や、ゲルニカの上野耕路作曲、太田蛍一作詞と歌の「西安の子供市場」を収録。
「東京画」はサックスとシンセイサイザーによる少し実験的なスコア曲です。全16曲68分収録。


都市とモードのビデオノート
1. Shi-An No Kodomo Ichiba (3:24)
西安の子供市場(太田螢一)
2. Paris-Tokyo (4:26)
パリ―東京
3. Backstage (1:54)
バックステージ
4. Tokyo Night-Paris Morning (3:21)
東京の夜、パリの朝
5. Lights In The Big Cities (4:21)
大都市のさまざまな光
6. Old Photographs (1:59)
古い写真
7. Excitement (3:02)
エクサイトメント(ライトバージョン)
8. Japanese Women (1:20)
日本の女性たち
9. Identity (2:05)
アイデンティティー

東京画
10. Excitement (3:11)
エクサイトメント(フルバージョン)
11. Tokyo-Ga (18:38)
東京画
12. Chicane (4:41)
シカン
13. Tokyo-Ga2 (0:28)
東京画2
14. Tokyo-Ga3 (3:05)
同3
15. Tokyo-Ga1/Tokyo-Ga2 (6:17)
同1/同2
16. Les Frissons (5:50)
戦慄

輸入盤



リスボン物語 アインダ/マドレデウス

ヴィム・ヴェンダース監督のロード・ムービー「リスボン物語」サウンドトラック。
劇中にも登場したマドレデウスの演奏で、映画のもとになったアルバム。リスボンの美しい風景に合うアコースティックな音楽で全10曲41分収録しています。


1. Guitarra (3:48)
2. Milagre (4:20)
3. Ceu Da Mouraria (3:43)
4. Miradouro De Santa Catarina (4:09)
5. A Cidade E Os Campos (3:34)
6. O Tejo (4:13)
7. Viagens Interditas (2:54)
8. Alfama (3:31)
9. Ainda (7:28)
10. Maio Maduro Maio (4:13)

 



時の翼にのって

時の翼にのって/ファラウェイ・ソー・クロース!
FARAWAY, SO CLOSE! (1993)

ヴィム・ヴェンダース監督作、「ベルリン、天使の詩」の続編で、撮影はファスビンダー「ヴェロニカ・フォスのあこがれ」を撮ったユルゲン・ユルゲス、
オットー・ザンダー、ピーター・フォーク、ナスターシャ・キンスキー、ホルスト・ブッフホルツ、ブルーノ・ガンツ、ウィレム・デフォー出演「時の翼にのって/ファラウェイ・ソー・クロース!」サウンドトラック。

劇中にも出演するルー・リードのライヴ演奏「Why Can’t I Be Good?」の他、ニック・ケイヴ、U2のナンバーと、ローラン・プティガン作曲のスコアを8曲収録。スコア曲は女性コーラスにストリングスやシンセを用いた重厚な「Victory」「Gorbi」やオーケストラ曲「Mensch」が聞きごたえあります。


1. ニック・ケイヴ / Faraway, So Close! (4:00)
2. U2 / Stay (Faraway, So Close!) (6:07)
3. ルー・リード / Why Can’t I Be Good? (4:22)
4. ヘルベルト・グレーネマイヤー / Chaos (4:53)
5. サイモン・ボニー / Travellin’ On (3:50)
6. U2ウィズ・ジョニー・キャッシュ / The Wanderer (5:18)
7. ニック・ケイヴ / Cassiel’s Song (3:39)
8. ジェーン・シベリー / Slow Tango (3:31)
9. ハウス・オブ・ラヴ / Call Me (4:09)
10. サイモン・ボニー / All God’s Children (4:44)
11. ローリー・アンダーソン / Tightrope (3:21)
12. ローリー・アンダーソン / Speak My Language (3:39)
13. Victory (4:10)
14. Gorbi (2:52)
15. Konrad – 1st Part (1:57)
16. Konrad – 2nd Part (3:43)
17. Firedream (3:03)
18. Allegro (3:28)
19. Engel (4:44)
20. Mensch (1:38)

国内盤




夢の果てまでも

夢の涯てまでも
UNTIL THE END OF THE WORLD
BIS ANS ENDE DER WELT

ヴィム・ヴェンダース監督の1992年作品、ウィリアム・ハート、
サム・ニール、ジャンヌ・モロー に笠智衆も出演した「夢の涯てまでも」サウンドトラック。
グレーム・レヴェル作曲のオープニング・タイトル、エンディング曲(デヴィッド・ダーリングのチェロ)などスコア4曲のほか、デヴィッド・リンチとアンジェラ・バダラメンティのプロデュース、エルヴィス・プレスリーのカバー「Summer Kisses, Winter Tears」にルー・リード、R.E.M.、エルヴィス・コステロ、ニック・ケイヴ、パティ・スミスなど全17曲59分収録。ドイツ盤。


 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − twelve =