Soundtrack Paradise

1983年

[`yahoo` not found]

1983年

80年代サントラ特集


Flashdance: Original Soundtrack From The Motion Picture

フラッシュダンス
FLASHDANCE (1983)

「ジェイコブス・ラダー」「危険な情事」「ナインハーフ」のエイドリアン・ライン監督作、ジェニファー・ビールス主演作。オープニングで流れるアイリーン・キャラ「ホワット・ア・フィーリング」、当時は透明なギターでライト・ハンド奏法も披露していたマイケル・センベロ「マニアック」など1983年に大ヒットした「フラッシュダンス」サウンドトラック。

1. Flashdance…What a Feeling / アイリーン・キャラ
2. He’s a Dream / シャンディ
3. Love Theme from “Flashdance” / ヘレン・セント・ジョン
4. Manhunt / カレン・カモン
5. Lady, Lady, Lady / ジョー・エスポジト
6. Imagination / ローラ・ブラニガン 7. Romeo / ドナ・サマー
8. Seduce Me Tonight / サイクルV
9. I’ll Be Here Where the Heart Is / キム・カーンズ
10. Maniac / マイケル・センベロ

全10曲37分収録。
ほとんどの楽曲をジョルジョ・モロダーとフィル・ラモーンによるプロデュースで、アレンジをシルヴェスター・リーヴェイが担当しています。
輸入盤

 

下記は映画「フラッシュダンス」とはまったく関係がありませんが、ジェニファー・ロペスが2003年にリリースしたシングルCDのジャケット。
I'm Glad


Staying Alive (1983 Film)

ステイン・アライブ
STAYING ALIVE  (1983)

シルヴェスター・スタローン監督作、ジョン・トラヴォルタ、シンシア・ローズ 主演、「サタデーナイト・フィーバー」の続編「ステイン・アライヴ」サウンドトラック。

ビー・ジーズ「The Woman In You」「I Love You Too Much」
シルベスター・スタローンの実弟フランク・スタローン「Far from Over」の他、シンシア・ローズの歌う「Finding Out The Hard Way」、トミー・ファラガー「(We Dance) So Close To The Fire」など全12曲45分収録。


1. Bee Gees / The Woman In You (4:03)
ウーマン・イン・ユー (ビー・ジーズ)
2. Bee Gees / I Love You Too Much (4:27)
アイ・ラヴ・ユー・トゥー・マッチ (ビー・ジーズ)
3. Bee Gees / Breakout (4:43)
ブレイクアウト (ビー・ジーズ)
4. Bee Gees / Someone Belonging To Someone (4:25)
サムワン・ビロンギング・トゥ・サムワン (ビー・ジーズ)
5. Bee Gees / Life Goes On (4:25)
ライフ・ゴーズ・オン (ビー・ジーズ)
6. Bee Gees / Stayin’ Alive (1:32)
ステイン・アライヴ (ビー・ジーズ)
7. Stallone, Frank / Far From Over (3:56)
ファー・フロム・オーヴァー (フランク・スタローン)
8. Tommy Faragher / Look Out For Number One (3:20)
ルック・アウト・フォー・ナンバー・ワン (トミー・ファラガー)
9. Cynthia Rhodes / Finding Out The Hard Way (3:32)
ファインディング・アウト・ザ・ハード・ウェイ (シンシア・ローズ)
10. Stallone, Frank / Moody Girl (4:06)
ムーディー・ガール (フランク・スタローン)
11. Tommy Faragher / (We Dance) So Close To The Fire (3:43)
ソー・クローズ・トゥ・ザ・ファイアー (トミー・ファラガー)
12. Frank Stallone & Cynthia Rhodes / I’m Never Gonna Give You Up (3:30)
アイム・ネヴァー・ゴナ・ギヴ・ユー・アップ (フランク・スタローン&シンシア・ローズ)

国内盤


Two Of A Kind (1983 Film)

セカンド・チャンス
TWO OF A KIND (1983)

ジョン・トラヴォルタ、オリビア・ニュートン=ジョン出演「セカンド・チャンス」サウンドトラック。

10曲中8曲がデヴィッド・フォスターのプロデュース。オリビア・ニュートン=ジョンのヴォーカルでヒットした「Twist Of Fate」、ジョン・トラヴォルタとのデュエット曲「Take A Chance」、フォスターのインストでアコースティック・ピアノの音色が綺麗な「Night Music」、D・フォスターとジェフ・ポーカロ、デヴィッド・ペイチのプロデュースでボズ・スキャッグス「The Perfect One」等全10曲40分収録。


1. Olivia Newton-John / Twist Of Fate (3:44)
運命のいたずら / オリビア・ニュートン・ジョン
2. Olivia Newton-John / Take A Chance (Duet with John Travolta) (4:09)
テイク・ア・チャンス / オリビア・ニュートン・ジョン
3. Patti Austin / It’s Gonna Be Special (4:14)
スペシャル・ラヴ / パティ・オースチン
4. Steve Kipner / Catch 22 (2 Steps Forward, 3 Steps Back) (3:34)
キャッチ22 / スティーヴ・キプナー
5. Olivia Newton-John / Shaking You (4:16)
シェイキング・ユー / オリビア・ニュートン・ジョン
6. Olivia Newton-John / (Livin’ In) Desperate Times (4:06)
ディスペレイト・タイムス / オリビア・ニュートン・ジョン
7. Boz Scaggs / The Perfect One (4:31)
パーフェクト・ワン / ボズ・スキャッグス
8. Journey / Ask The Lonely (3:56)
アスク・ザ・ロンリー / ジャーニー
9. Chicago / Prima Donna (4:28)
プリマドンナ / シカゴ
10. David Foster / Night Music (3:51)
ナイト・ミュージック / デヴィッド・フォスター


Outsiders

アウトサイダー
THE OUTSIDERS  (1983)

フランシス・フォード・コッポラ監督作、C・トーマス・ハウエル、ラルフ・マッチオ、マット・ディロン、ダイアン・レイン、ロブ・ロウ、エミリオ・エステヴェス、パトリック・スウェイジ、トム・クルーズ等、当時の若手が多数出演している青春映画「アウトサイダー」サウンドトラック。

フランシス・フォード・コッポラの実父カーマイン・コッポラ作曲のスコアで、木管とストリングスによる少しノスタルジックなオーケストラ・スコアです。
(同時期の「ランブル・フィッシュ」はスチュワート・コープランドによるリズム中心のロック風スコアで対極的です)

なおスティーヴィー・ワンダー作の主題歌「ステイ・ゴールド」は権利的な都合でビリー・ヒューズのカバー・バージョンで収録しています。

スティーヴィー・ワンダー「ステイ・ゴールド」収録のベスト・アルバム↓
LIFE~ステイ・ゴールド


Scarface

スカーフェイス
SCARFACE

アル・パチーノ主演、ミシェル・ファイファーの初期出演作で、メアリー・エリザベス・マストラントニオ(「アビス」「ハスラー2」)の映画デビュー作。ブライアン・デ・パルマ監督、オリヴァー・ストーン脚本のバイオレンス映画「スカーフェイス」サウンドトラック。「ジーナとエルヴィラのテーマ」や、
トニー・モンタナ射殺後のエンディングに流れる「トニーのテーマ」ほかデボラ・ハリー、エイミー・ホランドなどの80年代モノを収録、計10曲35分収録しています。

チェーンソーでの拷問やラストのM203付きM16での乱射/大銃撃戦、オリヴァー・ストーン脚本のスラングだらけのセリフをド迫力で吐くアル・パチーノと凄まじい映画でした。なおこのサントラの「Scarface (Push It To The Limit)」「She’s On Fire」は過激なゲーム「グランド・セフト・オート」にも使われています。背景がまんま「スカーフェイス」の世界なんですね。

1. Scarface (Push It To The Limit) – Paul Engemann
2. Rush Rush – Deborah Harry
3. Turn Out The Light – Amy Holland
4. Vamos A Bailar – Maria Conchita
5. Tony’s Theme – Giorgio Moroder
6. She’s On Fire – Amy Holland
7. Shake It Up – Elizabeth Daily
8. Dance Dance Dance – Beth Anderson
9. I’m Hot Tonight – Elizabeth Daily
10. Gina’s And Elvira’s Theme – Giorgio Moroder

日本では未発売でしたがアメリカで発売のDVD「Scarface Deluxe Gift Set」はデ・パルマ版「スカーフェイス」と1932年版ハワード・ホークス監督「暗黒街の顔役」DVDをセット、ロビー・カード、T.M.ロゴ入りマネークリップ付きの豪華ボックスでリリースされました。
DVD Scarface Deluxe Gift Set

小ネタ
・気球に映る「WORLD IS YOURS」のメッセージはオリジナル版「暗黒街の顔役」でのビルの上にも登場します。
・原作ではアル・パチーノの車はジャガーXJ9の防弾仕様でしたが映画ではポルシェになっていました。
・チェーンソーのシーンで、部屋のTVでやっている映画は「大地震」


再会の時
THE BIG CHILL (1983)

ローレンス・カスダン監督作、トム・ベレンジャー、グレン・クローズ、ウィリアム・ハート、ケヴィン・クライン出演「再会の時」サウンドトラック。

オープニングのマーヴィン・ゲイ「悲しいうわさ」、ラスト・シーンで流れるスリー・ドッグ・ナイト「喜びの世界」の他、劇中で使われたプロコル・ハルム「青い影」、スモーキー・ロビンソン&ミラクルズ「トラックス・オブ・マイ・ティアーズ」等1960年代のポピュラーを収録した全14曲43分収録。


1. マーヴィン・ゲイ / 悲しいうわさ
I Heard It Through The Grapevine / Marvin Gaye
2. テンプテーションズ / マイ・ガール
My Girl / The Temptations
3. ラスカルズ / グッド・ラビン
Good Lovin’ / The Rascals
4. スモーキー・ロビンソン&ミラクルズ / トラックス・オブ・マイ・ティアーズ
The Tracks Of My Tears / Smokey Robinson & The Miracles
5. スリー・ドッグ・ナイト / 喜びの世界
Joy To The World / Three Dog Night
6. テンプテーションズ / エイント・トゥ・プラウド・トゥ・ベッグ
Ain’t Too Proud To Beg / The Temptations
7. アレサ・フランクリン / ナチュラル・ウーマン
(You Make Me Feel Like A) Natural Woman / Aretha Franklin
8. スモーキー・ロビンソン&ミラクルズ / アイ・セカンド・ザット・エモーション
I Second That Emotion / Smokey Robinson & The Miracles
9. プロコル・ハルム / 青い影
A Whiter Shade Of Pale / Procol Harum
10. エキサイターズ / テル・ヒム
Tell Him / The Exciters
11. フォー・トップス / セイム・オールド・ソング
It’s The Same Old Song / The Four Tops
12. マーサ&ヴァンデラス / ダンシング・イン・ザ・ストリート
Dancing In The Street / Martha Reeves & The Vandellas
13. マーヴィン・ゲイ / ホワッツ・ゴーイン・オン
What’s Going On / Marvin Gaye
14. マーヴェレッツ / トゥー・メニー・フィッシュ・イン・ザ・シー
Too Many Fish In The Sea / The Marvelettes

上記は現在廃盤ですが、現在は、C.C.R「バッド・ムーン・ライジング」、ローリング・ストーンズ「無情の世界」、パーシー・スレッジ「男が女を愛する時」など追加したデラックス・エディションが発売されています。全38曲収録↓
The Big Chill


Christine: Original Motion Picture Soundtrack Score

クリスティーン
CHRISTINE  (1983)

ジョン・カーペンター監督の1983年ヒット作。
キース・ゴードン主演、後にベイウォッチに出演するアレクサンドラ・ポールや、刑事役でハリー・ディーン・スタントンも出演した「クリスティーン」サウンドトラック。
ジョン・カーペンター、アラン・ハワースによる音楽で、ほぼ全編シンセサイザーによる楽曲、1958年型プリマス・フューリーこと”クリスティーン”が自己修復するクライマックス・シーン「Show Me」やジャケットのシーンなどでの追跡/衝突シーンで流れる「Christine Attacks (Plymouth Fury)」など全18曲34分収録。


ジョージ・サラグッド&デストロイヤーズ
BAD TO THE BONE

映画「ターミネーター2」の劇中やジョン・カーペンター「クリスティーン」のオープニング/エンディング」で使われた[BAD TO THE BONE]を収録した1982年リリースの豪快なブルース/ブギーアルバムです。ジョン・リー・フッカー、ハウンドドッグ・テイラーなどのブギーやスライドが好きな方にもお薦めできる全10曲収録の輸入盤です。

下記は劇中で流れた50年代ロック/ポップスを収録したコンピレーション版サントラ。

残念ながらCDになっておりません。
ジョージ・サラグッドのオープニング曲のほか、バディ・ホリー、リトル・リチャードなど収録。
1. George Thorogood & The Destroyers – Bad To The Bone
2. Buddy Holly & The Crickets – Not Fade Away
3. Johnny Ace – Pledging My Love
4. Robert & Johnny – We Belong Together
5. Little Richard – Keep A-Knockin’
6. Dion & The Belmonts – I Wonder Why
7. The Viscounts – Harlem Nocturne
8. Thurston Harris – Little Bitty Pretty One
9. Danny & The Juniors – Rock ‘n’ Roll Is Here To Stay
10. John Carpenter; Alan Howarth – Christine Attacks
11. Larry Williams – Bony Moronie



ネバーセイ・ネバーアゲイン
NEVER SAY NEVER AGAIN  (1983)

ショーン・コネリー、キム・ベイシンガー、クラウス・マリア・ブランダウアー、バーバラ・カレラ、マックス・フォン・シドー出演、ジェームズ・ボンド・シリーズの番外編で「007/サンダーボール作戦」のリメイク作「ネバーセイ・ネバーアゲイン」サウンドトラック。

ミシェル・ルグラン作曲のスコアと、ラニー・ホールの歌う主題歌、また本編では未使用だったスコアも追加、当時のLPより10曲多い全26曲62分収録。
オートバイでのチェイス・シーンで流れる迫力のスコア「Death of Nicole/Chase Her」や、激しいシンフォニック・スコア「Fight to the Death」の他、ルグラン流の華麗なカリプソやタンゴ/ワルツ/ビッグ・バンドなど劇中曲のほぼすべてが聞けます。

本家のシリーズと違う製作の為「007」の冠が付かない作品で、おなじみのテーマ・メロディは劇中には全く流れません。M役はエドワード・フォックス(「ジャッカルの日」「ナバロンの嵐」)、また劇中にはワン・シーンのみローワン・アトキンソン (Mr.ビーン)も出演していました…


The Hunger: Original Motion Picture Soundtrack

ハンガー
THE HUNGER (1983)

トニー・スコット監督の長編映画デビュー作、 カトリーヌ・ドヌーヴ、スーザン・サランドン、デヴィッド・ボウイ出演「ハンガー」サウンドトラック。

ミシェル・ルビーニ&デニー・ジャガーのシンセサイザー・スコアの6曲の他は、ドリーブの歌劇「ラクメ (Lakme)」(ドヌーヴ&サランドンの官能的なシーンで流れる曲)や、劇中でカトリーヌ・ドヌーヴとデヴィッド・ボウイが演奏していたシューベルト「Trio in E-flat, opus 100 (ホ短調三重奏曲作品100)」と、バッハの「無伴奏チェロ組曲第1番」「無伴奏ヴァイオリン/パルティータ第3番」等主にクラシック曲で全11曲36分収録。


1. Trio in E-flat, opus 100 (excerpt) (03:16)
Schubert
2. Beach House (solo vocal: Stefany Spruill) (03:07)
Michel Rubini & Denny Jaeger
3. Suite # 1 for Solo Cello in G-major preludium (excerpt 1st movement) (02:19)
J.S. Bach
4. Waiting Room / Flashbacks (02:18)
Michel Rubini & Denny Jaeger
5. This is how a road get’s made (01:51)
Michel Rubini & Denny Jaeger
6. The Arisen (05:37)
Michel Rubini & Denny Jaeger
7. Partita # 3 in E-major, Gavotte En Rondeau (excerpt) (03:13)
J.S Bach
8. Lakm・(excerpt) (06:12)
Delibes
9. Sarah’s Transformation (01:04)
Michel Rubini & Denny Jaeger
10. The Final Death (02:16)
Michel Rubini & Denny Jaeger
11. Trio in E-flat, opus 100 (excerpt) (04:58)
Schubert

ナイトクラブのシーンで演奏しているのはバウハウスで曲はデビュー曲となる「Bela Lugosi’s Dead」。上記サウンドトラックには収録していません。
下記のベスト・アルバムで聞けます↓
1979-1983: Vol. 1


Sudden Impact (Score)

ダーティハリー4
SUDDEN IMPACT (1983)

クリント・イーストウッド監督・主演、ソンドラ・ロック出演のハリー・キャラハン・シリーズ4作目「ダーティハリー4」サウンドトラック。
メイン・タイトル曲を含む数曲はアンソロジー盤にも収録されていましたが単独で完全盤リリースは初めてのCD化。全22曲58分収録。

ラロ・シフリンのAleph(アメリカ盤)よりリリースで2008年5月6日発売。


1. Main Title (03:20)
2. Murder By the Sea (02:32)
3. Too Much Sugar (01:36)
4. Frisco Night (02:52)
5. Target Practice (01:35)
6. The Road to San Paolo (01:46)
7. Remembering Terror (06:50)
8. Cocktails of Fire (02:20)
9. Robbery Suspect (02:15)
10. Ginley’s Bar (05:56)
11. Another Victim (01:21)
12. You’ve Come a Long Way (03:46)
13. Darkness (04:12)
14. Crazy (01:44)
15. Hot Shot Cop (01:23)
16. Alby And Lester Boy (02:03)
17. The Automag (01:39)
18. Unicorn’s Head (03:03)
19. A Ray of Light (01:02)
20. Stairway to Hell (01:01)
21. San Francisco After Dark (End Titles) (03:24)
Bonus track:
22. Main Title (Alternate) (02:49)

 



ブルーサンダー
BLUE THUNDER (1983)

ジョン・バダム監督作、ロイ・シャイダー、マルコム・マクダウェル、ウォーレン・オーツら出演のアクション/サスペンス「ブルー・サンダー」サウンドトラック。ョン・バダム監督作「ウォー・ゲーム」でも同じく音楽を手掛けたアーサー・B・ルービンスタイン作曲、楽曲はシンセサイザーによるスコアが中心で印象的なメイン・タイトル曲、オーケストラとの混合によるダイナミックな「Ride with The Angels(エンド・タイトル曲)」、後半の追跡シーンでのオーケストラ・スコア、凄まじい迫力の7分に及ぶ「River Chase/Hide and Seek」(以前は「衝撃映像」系のTV番組でも頻繁に使われた楽曲)など収録。全16曲54分収録。


The Right Stuff (1983 Film) / North And South (1985 Television Mini-Series) [2 on 1]

ライト・スタッフ/南軍と北軍
THE RIGHT STUFF / NORTH AND SOUTH

フィリップ・カウフマン監督作、サム・シェパード、スコット・グレン、エド・ハリスら出演の大作「ライト・スタッフ」サウンドトラック。

「ロッキー」と並ぶビル・コンティ作曲の代表作で、「サウンドバリアへの挑戦(Breaking The Sound Barrier)」「イエガーの勝利(Yeger’s Triumph)」など高揚するようなホーンの迫力が聞けるロンドン・シンフォニーによる演奏です。TV作品「南軍と北軍」とのカップリング盤です。全12曲37分収録。

劇中、またはスコア中の曲で引用されたホルストの惑星より「木星」、ボールト指揮/ロンドン・フィルの推薦盤。
ホルスト:惑星


Rumble Fish: The Original Motion Picture Soundtrack

ランブルフィッシュ
RUMBLE FISH  (1983)

ミッキー・ローク、マット・ディロン、ダイアン・レイン、ニコラス・ケイジ、デニス・ホッパー、トム・ウェイツが出演、フランシス・フォード・コッポラ監督のモノクロ作品(パート・カラー)による少しノスタルジックな青春映画「ランブルフィッシュ」サウンドトラック。

元ポリスのメンバー、スチュワート・コープランドが初めて映画音楽を担当したもので、
スタン・リッジウェイがヴォーカルのレゲエ風のリズムのナンバー「Don’t Box Me In」の他は、ギター、パーカッション、ベース、シンセのほとんどのパートを一人で演奏、多重録音したもので、リズムの強いインスト曲を収録。全13曲43分収録。
この時のミッキー・ローク、ダイアン・レインはほんとよかったですね~、映画を見た後なら余韻に浸れる傑作のスコアです。


Terms of Endearment

愛と追憶の日々
TERMS OF ENDEARMENT XXX (1983)

ジェームズ・L・ブルックス監督のデビュー作で、1983年のアカデミー賞5部門受賞作、
シャーリー・マクレーン、デブラ・ウィンガー、ジャック・ニコルソン、ジェフ・ダニエルズ、ジョン・リスゴー出演「愛と追憶の日々」サウンドトラック。

アラン・パーカー監督の「フェーム」の次に、マイケル・ゴアが音楽を手掛けたもので、ピアノによるメロディが綺麗なメイン・タイトル曲と同曲のアレンジによるエンド・クレジット曲、また劇中でデブラ・ウィンガーが歌う「エニシング・ゴーズ」、ウェストサイド物語の「Gee, Officer Krupke!」、ジュディー・ガーランドの「Rock-A-Bye Your Baby With A Dixie Melody」と、劇中のダイアローグを収録しています。
全15曲36分収録。


銀河伝説クルール JAMES HORNER / KRULL

ロンドン・シンフォをオケにホーンを鳴らしまくる迫力のスコア。ホーナー初期の傑作として有名な「銀河伝説クルール」2枚組94分の完全版。



死霊のはらわた/ 死霊のはらわたII
THE EVIL DEAD / EVIL DEAD 2-DEAD BY DAWN
(1983/1987)

サム・ライミの初監督作品で、低予算ながらも傑作の元祖スプラッター・ホラー「死霊のはらわた」と続編「死霊のはらわたII」のカップリング盤サウンドトラック。
ジョセフ・ロデュカ作曲、比較的古典的なホラー・スコアを踏襲した音楽で、
オーケストラと一部のシンセによる楽曲を中心に収録。
低い音色での鍵盤の連打、弦を小刻みにスクラッチする音響効果的なものや、パーカッションと銅鑼による「鉛筆で一刺し」などと、オーケストラが1作目より豪華になって迫力を増した「死霊のはらわたII」で全28曲70分収録。

Evil Dead 2
死霊のはらわた II
EVIL DEAD 2-DEAD BY DAWN (1987)

「死霊のはらわた II」の単独リリース盤。全9曲34分収録。

Army Of Darkness: Original Motion Picture Soundtrack
キャプテン・スーパーマーケット
ARMY OF DARKNESS (1993)

「死霊のはらわた」第3弾「キャプテン・スーパーマーケット」サウンドトラック。前2作と同じくジョセフ・ロドゥカ作曲、オーケストラやコーラスなど贅沢な音作りで、勇ましくヒロイックなメロディがカッコイイ「Building The Deathcoaster」は「カットスロート・アイランド」の劇場予告編の音楽としても使われています。アクション・アドヴェンチャー・スコアとしてもお薦めできる全21曲50分収録。
「March Of The Dead」のみダニー・エルフマンの作曲。

死霊のはらわた・完全版
死霊のはらわた 完全版
THE EVIL DEAD 1.2&
ARMY OF DARKNESS

「死霊のはらわた」シリーズ3作をセットにしたCD2枚組全49曲収録。


Risky Business (1983 Film)

卒業白書(1983)
RISKY BUSINESS

マディ・ウォーターズ「Mannish Boy」、ジェフ・ベック「Pump」、ボブ・シーガー「Old Time Rock and Roll」、プリンス「D.M.S.R.」、ジャーニー「After the Fall」、フィル・コリンズ「In the Air Tonight」(この曲はマイアミ・ヴァイスのサントラでも収録されヒット)とタンジェリン・ドリームの劇中曲5曲を収録。タンジェリン・ドリームの楽曲がこの映画の雰囲気を作っているほど楽曲で、お薦めできます。全11曲45分収録。


地獄の7人
UNCOMMON VALOR (1983)
ウルフェン
WOLFEN (1981)   (Promo)

テッド・コッチェフ監督作、ジョン・ミリアス、バズ・フェイトシャンズの製作、ジーン・ハックマン、ロバート・スタック、フレッド・ウォード、レブ・ブラウン、当時はまだ新人のパトリック・スウェイジ 出演の戦争アクション「地獄の七人」と、マイケル・ウォドレー監督作、アルバート・フィニー、ダイアン・ヴェノーラ出演のホラー「ウルフェン」サウンドトラックのカップリング盤(プライベート盤)

スネアドラムが鼓舞するブラスバンド「Reunions」「Parade Ground」、かなり激しいパーカッションとブラス・サウンド「Stealing The Chopper」「Vietnam Relived」でのアクション・スコアなど、ストレートなミリタリー調のスコアが多く戦争アクション・ファンにはお薦めのスコア(音質もクリアです)

(「ウルフェン」のスコアは若干クリアさに欠けます)
全23曲79分収録。


1. Missing In Action Prologue (7:02)
2. Reunions (2:14)
3. Back In Training (2:41)
4. Parade Ground (3:49)
5. The Rationale (1:20)
6. Preparations (1:37)
7. Village Of The Dead (2:41)
8. The Tunnel (7:29)
9. Compound Assault (3:07)
10. Stealing The Chopper (3:14)
11. Vietnam Relived (2:44)
12. Mission Accomplished (5:40)
13. Main Title (2:24)
14. Battery Park (2:43)
15. Shape Shifting (2:12)
16. The Indian Bar (3:58)
17. Close Call (1:24)
18. Wolfen Run (1:46)
19. Reflective Moments (3:04)
20. Wolfen On Wall Street (2:55)
21. The Truth Revealed (3:31)
22. Epilogue And End Title (6:00)
23. Epilogue And End Title [Alternate] (6:07)



Post navigation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × 1 =