Soundtrack Paradise

ニール・ジョーダン Neil Jordan

[`yahoo` not found]

ニール・ジョーダン

Neil Jordan



マイケル・コリンズ

マイケル・コリンズ
MICHAEL COLLINS (1996)

ニール・ジョーダン監督作、リーアム・ニーソン、エイダン・クイン、アラン・リックマン出演、アイルランドの独立運動家、マイケル・コリンズの半生を描いた「マイケル・コリンズ」サウンドトラック。

エリオット・ゴールデンサール作曲のスコアで、アイルランドの民族楽器と低音ブラスを織り交ぜた「Winter Raid」や、金管も激しい重厚なオーケストラ曲
「Football Match」「On Cats Feet」「His Majesty’s Finest」と、シンニード・オコナーの歌う「Easter Rebellion」「Civil War」「She Moved Through The Fair」、フランク・パターソンのヴォーカルによるワルツ曲「Macushla」で全19曲47分収録。

1996年のアカデミー音楽賞のノミネート作品、同年には「イングリッシュ・ペイシェント」ガブリエル・ヤーレ、
「ハムレット」パトリック・ドイル、「シャイン」デヴィッド・ハーシュフェルダー、「スリーパーズ」ジョン・ウィリアムズとどれも評判の高いスコア作品です。受賞結果は「イングリッシュ・ペイシェント」。



プランケット城への招待状

ニール・ジョーダン監督、ダリル・ハンナ、ピーター・オトゥール、リーアム・ニーソン出演のファンタジー・コメディ「プランケット城への招待状(High
Spirits)」サウンドトラック。ジョージ・フェントン作曲のスコアの中でも特に優れた作曲として有名で、オープニングの序曲はケルト音楽で始まり、オーケストラ演奏が加わるとても華麗で、スケールの大きな演奏です。クラシック界では有名なキャサリン・ボットのソプラノを取り入れ、オーケストラ演奏は、クラシック界で数々の名演を残したグランケ交響楽団による演奏です。ファンタジー・スコアの傑作としてたいへんお薦めできる作品です。全15曲52分収録。1989年発売。




SOUNDTRACK

狼の血族
George Fenton

「インタビュー・ウィズ・バンパイア」などのニール・ジョーダン監督作、グリム童話の「赤ずきんちゃん」をモチーフに幻想的に描いたダーク・ファンタジー「狼の血族」サウンドトラックです。ジョージ・フェントン作曲、美しいストリングスによるメイン・テーマ、フル・オーケストラによる演奏を収録しています。



ことの終わり

ことの終わり (エンド・オブ・アフェア)
THE END OF THE AFFAIR (1999)

ニール・ジョーダン監督作、レイフ・ファインズ、ジュリアン・ムーア主演「ことの終わり」(エンド・オブ・アフェア)サウンドトラック。
マイケル・ナイマン作曲、ストリングス/木管を基調とした美しいドラマ音楽で、
格調高いストリングスの「I Know Your Voice, Sarah」やピアノ・ソロの悲しげな「Love Doesn’t End」、ミニマル・ミュージックの「Vigo Passage」等全15曲46分収録。

1. Diary Of Hate (2:38)
2. Henry (1:47)
3. The First Time (2:16)
4. Vigo Passage (1:05)
5. Jealous Of The Rain (5:28)
6. The Party In Question (3:48)
7. Intimacy (3:03)
8. Smythe With A Y (1:55)
9. Dispossessed (3:23)
10. Love Doesn’t End (4:32)
11. Diary Of Love (5:14)
12. Breaking The Spell (1:21)
13. I Know Your Voice, Sarah (4:10)
14. Sarah Dies (3:03)
15. The End Of The Affair (2:58)

国内盤



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty − 2 =