Soundtrack Paradise

武満徹


武満徹



武満徹映画音楽4: 勅使河原宏監督作品篇

オリジナル・サウンドトラックによる
武満徹映画音楽4: 勅使河原宏監督作品篇

1966年「他人の顔」はワルツ風の楽曲で途中から、バンドネオンとヴォーカルが入るもので歌手入るのはデビュー前の前田美波里。
エレピとエレキ・ベースによるジャズ風の「サマー・ソルジャー」、勅使河原監督の処女作映画「おとし穴」、八木正生のピアノ・ソロ演奏による「
白い朝」~代表作「砂の女」等、すべてオリジナル・サウンドトラック音源で収録しています。全8曲69分収録。


1. 他人の顔 (6:23)
2. サマー・ソルジャー (3:32)
3. おとし穴 (10:55)
4. 白い朝 (2:36)
5. 砂の女 (9:50)
6. ホゼ・トーレス (6:27)
7. 燃えつきた地図 (7:56)
8. 利休 (21:48)


The Film Music of Toru Takemitsu
武満徹:黒い雨/利休~《自選》映画音楽集

武満徹作曲の映画音楽集。勅使河原監督「利休」「砂の女」「他人の顔」、小林正樹監督「切腹」、篠田正浩「はなれ瞽女おりん」、小林正樹「化石」、大島渚「愛の亡霊」、黒澤明「どですかでん」等を収録。

「ホゼ・トーレス」「黒い雨」「他人の顔」の3曲のみ1995年録音、ジョン・アダムス指揮ロンドン・シフォニエッタの演奏で、そのほかの楽曲はオリジナル・サウンドトラック音源です。全10曲55分収録。


1. Rikyu (15:14)
利休
2. Music of Training and Rest (4:44)
ホゼ・トーレス
3. Funeral Music (4:11)
黒い雨
4. Waltz (2:13)
他人の顔
5. Harakiri (2:31)
切腹
6. Banished Orin (7:51)
はなれ瞽女おりん
7. Kaseki (The Fossil) (3:50)
化石
8. Empire of Passion (4:03)
愛の亡霊
9. Dodes’kaden (3:58)
どですかでん
10. Woman in the Dunes (6:43)
砂の女

国内盤


ライジング・サン 武満徹

現代音楽の作曲家、武満徹の唯一の洋画サントラ作品「ライジング・サン」輸入盤です。日本企業を舞台にしたサスペンス・アクション映画の為、所々に和風な音が使われています。和太鼓だけで8分の曲も収録されており迫力があります。全15曲38分収録。93年発売で再発売されていない為入手が難しいものです。


写楽 (1995)

フランキー堺の企画を篠田正浩監督による映画化、真田広之、葉月里緒菜、岩下志麻 出演「写楽」サウンドトラック。
武満徹作曲のスコアと劇中で流れる長唄「いつも吉原五丁町」「じょろまこ」「さあさおせおせ」等と、エンディングのディキシーランド・ジャズ「青春群像
を収録。全31曲37分収録。



武満徹

武満徹 映画音楽選集
篠田正浩監督作品篇

篠田正浩監督と武満徹の音楽による作品集。
タブラやダルシマー、エレクトリック・ヴァイオリンでのオープニングから八木正生のソロ演奏による武満徹作曲のモダン・ジャズ風の「化石の森(石原慎太郎小説の1973年映画化作品)」をはじめ、リュートとハープによる「沈黙」、プリオペアド・ピアノと、武満徹の演奏するフルートによる「美しさと哀しみと(川端康成小説の映画化作品)」、尺八とプリペアド・ピアノによる「暗殺(丹波哲郎、岡田英次出演の時代劇)」、渡辺貞夫がサックスで参加している「異聞猿飛佐助」のほか「はなれ瞽女(ごぜ)おりん」「あかね雲」を収録。
全7作品=7曲で、各作品を組曲形式で収録、72分収録。

1. 化石の森 (12:12)
2. 沈黙 (9:13)
3. 美しさと哀しみと (7:09)
4. 暗殺 (8:45)
5. 異聞猿飛佐助 (8:43)
6. はなれ瞽女おりん (19:19)
7. あかね雲 (6:48)



燃える秋

燃える秋 (1978)

五木寛之原作、小林正樹監督作、真野響子、佐分利信、北大路欣也、小川真由美、三田佳子出演「燃える秋」サウンドトラック。

武満徹作曲、1曲目「出会いと亜希のテーマ」、ヴァイオリン/バンドネオン入りの「タンゴ」、オーケストラ曲「愛
」等など全般に抒情的な楽曲を聞かせる作品でとても聞きやすい作品です、ハイ・ファイ・セットの主題歌「燃える秋」(五木寛之作詞、武満徹作曲、田辺信一編曲)も収録。全16曲39分収録。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 4 =