Soundtrack Paradise

映画検定


映画検定 合格証

映画検定 1級 合格
2006年12月3日(日)実施の第2回『映画検定』1級試験

映画検定1級 合格証
映画検定1級 合格証

 

1級は「映画検定」の部分がゴールド(2級はシルバー)。また今回、同封された書面には点数も記載されていました。

(1級合格者はキネマ旬報に点数順に名前が記載されます)

下記は2007年3月1日に届いた合格証書。説明書きも同封されており、キネマ旬報社が毎年2月に行っている「キネマ旬報ベスト・テン」の受賞者に送られる表彰状と同じ仕様とのことです。(実際の大きさはA4サイズほどのものです)
映画検定 1級 合格証書

なお「映画検定」1級試験において3回9割以上の正答率を獲得した場合は「映画検定マスター」として認定され、ゴールドカード認定証と記念品が贈られるようです。(1級が簡単な理由はこれのためでしょうね…)


映画検定 2級 合格証

合格証

合格証に番号について

○○-○○-○○○○→等級の登録番号です。
│  │
│  ↓
↓  級を表します。
第○回目の映画検定かを表します。

合格証の裏側


2006年6月25日実施 第1回 映画検定試験 受験者データ

申込総数:9591名
受験者総数:8634名 (欠席:957名)
内 男性:5611名 女性:3019名 性別不明:4名
最長年齢:78歳 最小年齢:11歳

受験結果
平均点 最高点 最低点 合格率 合格者数 不合格者数
4級  44   60   15  67% 2306  1159
3級  38   60    9  39% 1234  1969
2級  35   59   10  23% 460   1506


オフィシャル・サイト

キネマ旬報 映画検定 



お薦めの映画書籍
~古本などで安く入手できる映画本~



邦画の夢

邦画の夢

伊藤大輔, 内田吐夢, 小津安二郎, 木下恵介, 黒澤明, 新藤兼人, 成瀬巳喜男, 溝口健二から新しいところでは 石井聰亙, 黒沢清, 森田芳光までの監督作品、
およそ160本に及ぶ作品レビューと、駅前,無責任,男はつらいよ,網走番外地,遊戯トラック野郎,座頭市などのシリーズ作品の邦画レビュー。326ページ。

未見の映画もこのレビューを読むと、ものすごく見たい欲求に駆られるほど内容の濃い本文で、お薦めできます。

アマゾンマーケットプレイス(古本)では、¥300円前後から出品されています。




映画監督ベスト101 日本篇

映画監督ベスト101 日本篇

日本の映画監督を五十音順で101人(新刷新装版はさらに41人分をプラス)を紹介したもので、各人の出生からデビュー作、主要作品の説明を監督一人あたり2ページを使って掲載。各作品のつっこんだレビューは少なくなりますが、監督それぞれのプロフィールが解る一冊です。巻末に作品名索引、人名作品も掲載。260ページ。




ヨーロッパ映画

ヨーロッパ映画

フランス、イギリス、ドイツ、イタリアはもちろん、スペイン、ポルトガル、北ヨーロッパ、東ヨーロッパ、スイス、オランダ、ベルギー、ロシア映画と様々な国々の映画を400本取り上げている名作評論、ヨーロッパ映画ファンにお薦めです。




映画の誘惑

映画の誘惑

「国民の創生」「西部戦線異状なし」「カリガリ博士」「戦艦ポチョムキン」から
新しいところで「ティファニーで朝食を」「暴力脱獄」「太陽がいっぱい」「日曜はダメよ」と、クラシック名作のみでアメリカ映画(1915~1967年)、ヨーロッパ映画(1919~1960)までの作品で、およそ180本に及ぶ作品レビュー集。1ページに1作品を記載。巻末には各監督のプロフィールと作品名を掲載。266ページ。
アマゾンマーケットプレイス(古本)では、¥300~400円前後から出品されています。




80’s(エイティーズ)イン・フィルム―80年代シネマ・ベスト222

80’s(エイティーズ)イン・フィルム
80年代シネマ・ベスト222

1980年代映画を、各年ごとのベストを選出、222本の作品を取り上げた80年代映画。
ヨーロッパ、日本/アジア、ハリウッド作品から満遍なく埋もれた名作を見直すきっかけになります。334ページ。



映画クルージング

映画クルージング

ソダーバーグ、アルモドバル、ナンニ・モレッティ、グリーナウェイ、クロード・ベリなど80年代以降の監督作と、ゴダール、フェリーニ等の60年代イタリア映画、ハリウッド黄金時代と、各時代と各国の代表作のビデオ・レビューで221本掲載。290ページ。
アマゾンマーケットプレイス(古本)では、¥10円以下から出品されている事もあります。



70年代アメリカン・シネマ103―もっともエキサイティングだった13年

70年代アメリカン・シネマ103
もっともエキサイティングだった13年

アメリカン・ニュー・シネマの幕開け「俺たちに明日はない」から70年代末の「地獄の黙示録」までの13年間からセレクトされた必見のアメリカ映画103本レビュー。全335ページ



映画の教科書

映画の教科書

映画の歴史とテクノロジー、各国の映画を題材に映像表現(カメラ/レンズ/サウンドトラック)、映画ビジネスと映画を多角的に解明した映画大全。巻末に30ページ相当の映画用語集も掲載。どちらかというと映画製作を志す方向けですが、濃い内容の割りにアマゾンでは¥500~800円前後から出品されています。



映画 雑学 おもしろBOOK

映画 雑学 おもしろBOOK

「スクリーン」「面白倶楽部」「キネマ旬報」「セントラル」から抜粋編集された映画雑学。1983年初版の為、近年の映画は載っていませんが映画好きなら楽しめる内容です。M-G-M、コロンビア、パラマウント、フォックスなどロゴと映画会社・豆社史も載っています。(文庫本)



映画 無用の雑学知識

映画 無用の雑学知識

タイトルどおりの内容で、ゴシップ記事的な内容と、洋画の中の変な日本、映画製作の笑いのエピソードと下ネタ等がほとんど。あまり参考になりません。

古本屋やアマゾンでは¥5円~100円程度で購入できます。



映画力がつく本

映画力がつく本

残念ながら映画検定的には、あまり役に立たないです…(近代映画社-SCREEN公式認定-だそうです)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 + three =