Soundtrack Paradise

MONDO モンド・ミュージック

[`yahoo` not found]

MONDO

モンド・ミュージック



spaced

SPACED OUT
ENOCH LIGHT AND THE LIGHT BRIGADE

「バーバレラ」風のジャケットのイノック・ライトのアルバム「Spaced Out」。
ムーグ・シンセサイザー、オーケストラ~ホーンとフリー・デザインのコーラスによるアレンジでバート・バカラック「BOND STREET」~ビートルズ、バッハを聞かせる珍盤です。その他の収録曲は、バッハ「ラヴァーズ・コンチェルト」や、「G線上のアリア」をフリー・デザインがコーラスする美しい「My Silent Song」、ムーグと激しいビッグ・バンドによる「オブラディ・オブラダ」、ひたすらチープなムーグで演奏されるバッハのBouree 1.「Petite Paulette」など音声が左、右と異常にパンするテンション高めのモンドなムード・ミュージックです。


1. Bond Street (2:38)
2. Lovers Concerto (2:52)
3. Knowing When To Leave (2:47)
4. My Silent Song (2:54)
5. Walk On By (3:04)
6. Eleanor Rigby (2:45)
7. A Little Fugue For You And Me (2:51)
8. Nowegian Wood (2:50)
9. O-Bla-Di, O-Bla-Da (2:55)
10. What The World Needs Now Is Love (2:42)
11. Petite Paulette (2:47)
12. Get Back (3:43)


ZOUND
ZOUND

ZOUNDS! WHAT SOUND!
ディーン・エリオット/JACK FASCINATO

デイーン・エリオット・ビッグ・バンド(Dean Elliot)とJACK FASCINATOによるモンドなCDです。
ビッグバンドの演奏に効果音や、環境音など面白く織り交ぜたもので60年代にステレオ再生での奇抜なミックスが流行ってリリースされていた当時のLPレコード2枚の1CD化です。限定1000枚で発売されたCDで今では入手が難しいものです。

再発盤(ただし2in1かどうかは購入していないため不明です。)
Zounds



Moog Power

Moog Power
Hugo Montenegro

ヒューゴ・モンテネグロによる1969年作品で、ムーグ・シンセサイザーを導入してロック/ポップスの名曲をカバーしたストレンジでポップなアルバム。

ブロードウェイ・ミュージカル「ヘアー」~フィフス・ディメンションで有名な「アクエリアス」のメドレーで始まる1曲目、
リチャード・ハリスで有名な「マッカーサー・パーク」、ニルソンの「ドント・リーヴ・ミー」、タートルズの「YOU SHOWED ME(甘い想い出)」、スパイラル・ステアケース「More Today Than Yesterday」、トミー・ロー「デイジー」、クラシックス・フォー「Traces」、シナトラの「マイ・ウェイ」、
モンテネグロ自作曲でアルバム・タイトル曲のポップな「MOOG POWER」(立花ハジメがカバーしたことでも有名な曲です)を収録。この「MOOG POWER」を除いてはすべてが1960年代当時のヒット曲カバーで収録、すべてがムーグ・シンセサイザーと派手なコーラスやエレクトリック・ギターを交ぜたアレンジで聞ける傑作、
「マッカーサー・パーク」などもかっこよくお薦めできます



ティモシー・リアリー

ティモシー・リアリー
TURN ON, TUNE IN, DROP OUT
DR.TIMOTHY LEARY

「チベットの死者の書」の著者で、60年代にはアシッド・テストを行ったサイケデリック・ムーヴメントの師、ティモシー・リアリーのガイドCD(サウンドトラック)。1967年にリリースされたLPのCD化で、シタール入りのサイケなタイトル曲「Turn on, Tune in, Drop Out」と「The Trip: Re-Entry (Nirvana)」「The Trip: Epilogue」のほかはティモシー・リアリーの語りがほとんどのモンドでカルトなCDです。全10曲36分収録


ユリ・ゲラー

ユリ・ゲラー

ヒーリング・ミュージックをバックにユリ・ゲラーが語るアルバム。CD化されたときはネタとして話題になりましたが、LP盤は見たことがない



DOUBLE O HEAVEN

DOUBLE O HEAVEN
THE GREATEST BOND THEMES

007のテーマ曲カヴァー集。「ゴールドフィンガー」「死ぬのは奴らだ」「ロシアより愛をこめて」「サンダーボール」「ダイアモンドは永遠に」「女王陛下の007」「007は二度死ぬ」「私を愛したスパイ」などなど…RUSS PAYなる全く出所不明のギタリストによる演奏、「ゴールドフィンガー」のオープニングのみティンパニーのイントロがつきますが、その他はアコースティック・ギター2本ほどで演奏される妙なカヴァー・アルバム。技巧的にもの凄いということも無いのですが、意外と聞けてしまう作品。アコギでの「ジェームズ・ボンドのテーマ」の微妙さ加減がいい感じです。全10曲31分収録。


チップマンクス

The Chipmunk Songbook

シマリス3匹のコーラス・グループ、チップマンクスのベスト・アルバム。

ミュージカルの有名曲「Chim Chim Cher-Ee (チム・チム・チェリー)」「Do-Re Mi (ド・レ・ミの歌)」「Supercalifragilisticexpialidocious (スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス)」の他、ビートルズのカバー「I Want To Hold Your Hand」や「Twinkle, Twinkle Little Star
(きらきら星)」など、すべてムシ声で楽しめる全16曲40分収録。

輸入盤です。


1. Alvin’s Harmonica (2:42)
2. I’m Henry VII, I Am (2:12)
3. Puff (The Magic Dragon) (2:49)
4. Chim Chim Cher-Ee (2:18)
5. I Want To Hold Your Hand (2:36)
6. On Top Of Old Smokey (3:29)
7. Do You Want To Know A Secret (2:04)
8. Ragtime Cowboy Joe (2:09)
9. Witch Doctor (2:02)
10. What’s New Pussycat (2:28)
11. Superacalifragilousticexpliaidocius (2:08)
12. Twinkle, Twinkle Little Star (3:34)
13. We’re Off To See The Wizard (2:31)
14. Talk To The Animals (3:14)
15. Do-Re Mi (2:24)
16. Whistle While You Work (1:47)


ウェンディカーロス国内初版

SWITCHED-ON BACH
WENDY CARLOS
スイッチト・オン・バッハ
ウェンディ・カーロス

キューブリック「時計じかけのオレンジ」や「トロン」の音楽でも有名なワルター・カーロス(性転換後にウェンディに改名)の代表作「スイッチト・オン・バッハ」です。モーグIIIシンセサイザーによる電子音楽で「カンタータ第29番BWV29」「G線上のアリア」「ブランデンブルク協奏曲第3番」など収録。1985年の国内盤CD化の品物で現在発売されているものとジャケットが違う珍しいものです。全12曲収録。

——————————————–
[1969年にLPで発売されたときの初回ジャケット・アートでCD化したものです/アウトプットのジャックにプラグが挿してある間違ったものを復刻したジャケットで、後にカーロスの希望により変更↓]
ウェンディカーロス輸入盤現行品


Mel Henke

Mel Henke
The Mad Musical World of Mel Henke
La Dolce Henke (1962)

ピアニスト、メル・ヘンケのモンドなアルバム「La Dolce Henke」

有名な「Woman In Space」、ウィリアム・テル序曲のポップなアレンジ「William Tell On The Hoof」等、ビッグバンドの演奏とヴォーカルで聞かせる全16曲34分収録。


1. The Lively Ones (2:41)
2. Walkin’ My Baby Back Home (2:43)
3. The Twisters (1:55)
4. Let’s Put Out The Lights (1:47)
5. Open The Door, Richard! (1:32)
6. Farmer John (2:35)
7. Last Night On The Back Porch (2:41)
8. It’s So Nice To Have A Man Around The House (1:58)
9. All That Meat (1:58)
10. You’re Driving Me Crazy (What Did I Do?) (1:18)
11. Baby, It’s Cold Outside (1:29)
12. Woman In Space (2:08)
13. William Tell On The Hoof (2:37)
14. Old McDonald Had A Girl (3:04)
15. Exotic Adventure (1:57)
16. See The USA In Your Chevrolet (2:05)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight − two =