Soundtrack Paradise

70年代アクション映画 1970’s Action Movie


1970’s Action Movie



du RIFIFI au CINE Vol.2
フレンチ・フィルムノワール アンソロジー Vol.2

アラン・ドロン、ベルモント出演の70年代作品を中心にフランス犯罪映画のテーマ曲を収録した第2弾。人気楽曲ばかり一挙に聞ける最高なコンピ盤です。
ホーンのフレーズと硬質なピアノ・トーンですっかりブロンソン気分に浸れるフランソワ・ド・ルーベ「さらば友よ」、ベルモンド主演、チェット・ベイカーのペット・ソロを入れたフィリップ・サルド作曲「警部」、またブロンソンでフランシス・レイ作曲の哀愁のメロディ「雨の訪問者」、アラン・ドロン主演、ドルリューの「ブーメランのように」のほか「ラ・スクムーン」「仁義」「追悼のメロディー」~ミシェル・コロンビエ「リスボン特急」、モリコーネのメロディが素晴らしい「暗殺の詩/知りすぎた男ふどもは、抹殺せよ」などなど収録。全27曲72収録。

 

 

1.「警部」~警部(チェット・ベイカー)
Flic Ou Voyou / フィリップ・サルド
2.「暗黒街のふたり」~ジーノのテーマ
Deux Hommes Dans La Ville / フィリップ・サルド
3.「さらば友よ」~さらば友よ
Adieu L’ami / フランソワ・ド・ルーベ
4.「仁義」~テーマ
Le Cercle Rouge / エリック・ドマルサン
5.「ラ・スクムーン」~ラ・スクムーン
La Scoumoune / フランソワ・ド・ルーベ
6.「ナチスの亡霊」~ナチスの亡霊
Maldonne / ウラディミール・コズマ
7.「雨の訪問者」~逮捕される女
Le Passager De La Pluie / フランシス・レイ
8.「雨の訪問者」~ドッブスの情景
Le Passager De La Pluie Bis / フランシス・レイ
9.「暗殺の詩/知りすぎた男どもは,抹殺せよ」~暗殺の詩
Le Secret / エンニオ・モリコーネ
10.「イカロスのI」~イカロスのI
I… Comme Icare / エンニオ・モリコーネ
11.「愛人関係」~愛人関係
Les Seins De Glace / フィリップ・サルド
12.「追悼のメロディー」~テーマ
Le Corps De Mon Ennemi / フランシス・レイ
13.「リスボン特急」~謎の紳士
Un Flic / ミシェル・コロンビエ
14.「相続人」~相続人
L’heritier / ミシェル・コロンビエ
15.「刑事キャレラ 10+1の追撃」~テーマ
Sans Mobile Apparent / エンニオ・モリコーネ
16.「狼どもの報酬」~狼どもの報酬
Laisse Aller , C’est Une Valse / アラン・リーヴス
17.「ブーメランのように」~ブーメランのように
Comme Un Boomerang / ジョルジュ・ドルリュー
18.「友よ静かに死ね」~友よ静かに死ね
Le Gang / カルロ・ルスティケリ
19.「昔ひとりのデカがいた」~テーマ
Il Etait Une Fois Un Flic / エディ・バルタン
20.「殺し屋」~殺し屋
Le Tueur / ユベール・ジロー
21.「狼は天使の匂い」~狼は天使の匂い
La Course Au Lievre A Travers Les Champs / フランシス・レイ
22.「優しい警官」~エンディング・テーマ
Tendre Poulet / ジョルジュ・ドルリュー
23.「事件」~メイン・テーマ
L’affaire Dominici / アラン・ゴラゲール
24.「判事ファイヤール,あだ名は“シェリフ”」~テーマ
Le Sherif / フィリップ・サルド
25.「検察官」~シャンタル・マルチーノ
Garde A Vue / ジョルジュ・ドルリュー
26.「遅れてきた死神」~メイン・テーマ
Espion Leve Toi / エンニオ・モリコーネ
27.「危険なささやき」~危険なささやきのブルース
Pour La Peau D’un Flic / アーティ・カプラン

amazon mp3ダウンロード販売もされています。
フレンチ・フィルムノワール アンソロジー Vol.2 Du Rififi au Cin



重犯罪特捜班/ザ・セブン・アップス
重犯罪特捜班/ザ・セブン・アップス

重犯罪特捜班/ザ・セブン・アップス
THE SEVEN-UPS (1973)
評決
THE VERDICT (1982)

「ブリット」「フレンチ・コネクション」の制作者、フィリップ・ダントニが監督、ロイ・シャイダー主演の刑事アクション「重犯罪特捜班/ザ・セブン・アップス」と、 シドニー・ルメット監督作、ポール・ニューマン、シャーロット・ランプリング、ジェームズ・メイソン出演の法廷映画の傑作「評決」、いずれも初CD化2作のサウンドトラック。

1~10曲目までが「フレンチ・コネクション」1、2作品の音楽を手がけたトランペット奏者兼作曲・指揮のドン・エリス作曲の「重犯罪特捜班/ザ・セブン・アップス」、 11~16曲目までがジョニー・マンデル作曲「評決」のスコア。 17~25曲目まではジョニー・マンデル作曲バージョンで未使用となった「重犯罪特捜班/ザ・セブン・アップス」スコアで全25曲61分収録。

INTRADA盤の限定1200枚プレス。

評決


重犯罪特捜班/ザ・セブン・アップス (The Seven-Ups) ドン・エリス
1. Main Title (3:29)
2. Car Wash 1 (1:42)
3. Festa Kidnapping/Funeral (2:09)
4. Coffin (4:10)
5. Car Wash 2 (2:07)
6. In Garage (1:56)
7. Vito & Moon/Scream (3:37)
8. Stalking (2:44)
9. Ice House (1:45)
10. End Credits (1:42)

評決 (The Verdict) ジョニー・マンデル
11. The Bottom (3:13)
12. No Deal (1:14)
13. Trouble (2:28)
14. Betrayal (2:06)
15. End Title (3:58)
16. End Title – Choir (4:02)

重犯罪特捜班/ザ・セブン・アップス(未使用スコア)
(The Seven-Ups UNUSED SCORE) ジョニー・マンデル
17. Main Title (Partially Damaged) (2:39)
18. The Kidnapping (1:19)
19. Antique Shop (2:46)
20. A Close Shave (1:44)
21. Festa (1:16)
22. Cops And Robbers (4:11)
23. The Garage (2:04)
24. Home To The Junkyard (1:30)
25. End Title (1:42)

「重犯罪特捜班/ザ・セブン・アップス」スコアはドン・エリス作曲ですが、ブラス使用はほとんどなく、ストリングス中心で今聞くとホラー映画風に聞こえる不気味な感触、ジョニー・マンデル作の未使用スコア「Cops And Robbers」等の方が、迫力あるブラス音を使っています。

「重犯罪特捜班/ザ・セブン・アップス」はブリット、フレンチ・コネクション同様にカー・アクションが見所の映画、ロイ・シャイダー出演の為、フレンチ・コネクションのスピン・オフ作品のような映画でした。残念ながら未だにDVD化していません。

 




サントラ
FRENCH CONNECTION

フレンチ・コネクション 1&2

ウィリアム・フリードキンの傑作刑事アクション/ドラマ「フレンチ・コネクション」1と2のスコア盤サウンドトラックです。ブラス・セクションの不協和音で始まる強烈なイントロや追跡シーンを思い出させる印象的な曲を多く収録しています。トランペット奏者、ビッグ・バンドを率いた演奏などジャズ界でレコード・リリースをしていたドン・エリス作曲。全33曲75分収録、FSMレーベル、3000枚限定盤です。


ドン・エリス

FSMレーベルより「フレンチ・コネクション」がリリースされるまでは、この盤でしか聞けなかった、ドン・エリスのリーダー作。当時のLPをそのままにCD化で全11曲。
なお、ここで収録されている[THEME FROM THE FRENCH CONNECTION]は劇中で使われたものと違い、この当時に再録音されたものでその他、ギルバート・オサリヴァン「アローン・アゲイン」、プロコル・ハルム[Conquistador]、ビル・ウィザース「リーン・オン・ミー」、
大仁田厚のテーマとして使われた「スーパースター」などビッグ・バンドのアレンジで聞かせる傑作です。

——————————————–
ドン・エリス

Don Ellis Orchestra
Live At Monterey!

トランペット奏者で作曲・指揮の努めるドン・エリス率いるドン・エリス・オーケストラのデビュー・ステージ、ライヴ録音「Live At Monterey!」。
1966年9月18日のライヴ・レコーディング、3名のドラム/パーカッション、3名のベーシスト、トランペット/トロンボーン/サックス12名で繰り広げる変拍子と強力なブラス・サウンドを凄絶なビッグ・バンドで、19拍子のオープニング曲「33 222 1 222」、若きトム・スコットがソロを吹く「Passacaglia And Fugue」、コンガやオルガン入りの「New Nine」等全8曲64分収録。


1. Passacaglia And Fugue (6:39)
2. 33 222 1 222 (9:29)
3. Introduction By Jimmy Lyons (1:17)
4. Crete Idea (6:26)
5. Concerto For Trumpet (12:50)
6. 27/16 (6:35)
7. Beat Me Daddy, 7 To The Bar (9:07)
8. New Nine (12:08)




狼よさらば
ブロンソン

 

狼よさらば
DEATH WISH

マイケル・ウィナー監督作、チャールズ・ブロンソン演じるポール・カージーが主人公の「DEATH WISH」シリーズ1作目「狼よさらば」サウンドトラック。ハービー・ハンコックによる音楽で、演奏にはハンコックのピアノ/エレピ、マイク・クラーク(ds)、ベニー・モウピン(sax)、ポール・ジャクソン(b)、ビル・サマーズ(パーカッション)とオーケストラの混合で刑事/アクション・スコアのファンにもお薦めの激しいフュージョン・スコア「Fill Your Hand」や、9分に及ぶ「Suite Revenge(報復組曲)」など収録。全9曲40分収録。


1. Death Wish (Main Title) (6:12)
2. Joanna’s Theme (4:45)
3. Do A Thing (2:13)
4. Paint Her Mouth (2:17)
5. Rich Country (3:45)
6. Suite Revenge (9:22)
7. Ochoa Knose (2:08)
8. Party People (3:33)
9. Fill Your Hand (6:14)



仁義

仁義
LE CERCLE ROUGE (1970)

ジャン=ピエール・メルヴィル監督作、アラン・ドロン、イヴ・モンタン、ジャン・マリア・ヴォロンテ出演のフィルム・ノワールの傑作「仁義 (LE CERCLE ROUGE)」サウンドトラック。

エリック・ドマルサン作曲、演奏にはダニエル・ユメール(ds)、ガイ・ペデルセン(b)、ジョルジュ・アルヴァニタス(p)等、ヨーロピアン・ジャズの実力派が参加したシネ・ジャズの名盤です。
ハードボイルドな雰囲気の1曲目「Le Cercle Rouge」、スピード感あふれるジャズ・コンボ・サウンド「Corey Et Jansen」、ヴィブラフォンとジャズ・ギターが渋い「Avenue Paul Doumer」等全25曲61分収録。フランス・ユニバーサル盤。

このサウンドトラックの1曲目でタイトル曲「Le Cercle Rouge」は映画本編ではエンディングに使われています、また演出的に映画本編のオープニングから30分は音楽が流れていません。メルビル監督はMJQ風の音楽を求めていたらしく、「Barrage Policier」「Avenue Paul Doumer」等ではヴィヴラフォン入りの楽曲が聴けます。


ダニエル・ユメール(ds)
ガイ・ペデルセン(b)
ジョルジュ・アルヴァニタス(p)
ベルナール・リュバ(vib)
ライモン・グイオ(fl)
ジョス・バセリ(アコーディオン)

 

国内盤




ブラニガン

ブラニガン

「大列車強盗」「スタントマン」「フリービーとビーン大乱戦」「栄光のライダー」など数々の映画音楽を手掛けたドミニク・フロンティアによる傑作サウンドトラックです。16曲入り40分収録しています。全編ビッグバンド・サウンドでとても迫力があります。3000枚限定で手書きシリアルナンバー入りとなっています。



マックQ

マックQ エルマー・バーンスタイン 限定盤

ジョン・ウェイン主演、イングラム・マシンガンを撃ちまくる刑事アクション「マックQ」のサウンドトラックです。FSMレーベルでネット限定3000枚で発売された品物です。70年代アクション・スコアの傑作としてお薦めできます。全15曲49分収録しています。
ELMER BERNSTEIN



DIRTY HARRY

ダーティ・ハリー完全版

ドン・シーゲル監督の記念すべき第1作目の完全盤サウンドトラックです。オープニングの鐘の音、ベース/ドラムの躍動感が特にかっこよいメイン・タイトル曲~映画本編には使われなかった別テイクまで全22曲収録しています。



ダーティ・ハリー2
ダーティ・ハリー2

ダーティハリー2
MAGNUM FORCE

「奴らを高く吊るせ!」「続・猿の惑星」のテッド・ポストが監督を務めたシリーズ2作目(ジョン・ミリアス、マイケル・チミノの脚本)、「大統領の陰謀」のディープスロート役や「カプリコン・1」のハル・ホルブルックが出演した「ダーティ・ハリー2(MAGNUM FORCE)」サウンドトラック。
「ダーティー・ハリー・アンソロジー」では5曲のみ収録されていましたが全22曲50分収録の完全版でCD化。

S&W M29(44MAGNUM)だけ映すオープニング・クレジットの甲高いコーラスが入ったメイン・タイトル曲、1作目のテーマ曲アレンジ曲のサスペンス・スコアや、ホーンとスネア/ベースの響きがタイトでかっこよい「Stakeout」「The Crooks」など待ち伏せや追跡シーンなどの劇中曲がすべて聞けます。
悲しげなエンディング曲「Finale」も印象深い作品です。

ダーティ・ハリー2
オープニングの対ハイジャックのシーン

ダーティ・ハリー2

終盤のシーン、ハリー・キャラハンも白バイに乗る…


サントラ

DIRTY HARRY ANTHOLOGY

ダーティ・ハリーズ・シリーズのラロ・シフリンが音楽をてがけたものを編集したものです。
1作目は完全盤でCD化しましたが、2(Magnum Force)、,4作目(Sudden Impact)のCDはこれでしか聞けません。

3(The Enforcer)はジェリー・フィールディング作曲のため、まったく収録されていません。
ほぼ映画に使われたオリジナル音源でのものですが、4作目のエンディング曲、映画本編ではロバータ・フラックのヴォーカル曲でしたが、
残念ながらインスト・バージョンになっています。



サブウェイパニック

The Taking of Pelham One Two Three
サブウェイ・パニック デヴィッド・シャイア

「0011ナポレオン・ソロ」の劇場版や1980年代以降はTV作品を多く手掛けたジョセフ・サージェント監督作、
ウォルター・マッソー、ロバート・ショー、マーティン・バルサム出演のサスペンス・アクション「サブウェイ・パニック」サウンドトラック。
ビッグ・バンドによるホーン・アンサンブルで迫力の「Main Title」曲、「Money Montage」「Fifty Seconds/The Money Express」での緊迫した曲調や、サスペンス・スコアなど収録。全11曲、収録時間は30分と短めですが映画本編と同じく音楽も密度が濃く70年代サスペンス・スリラーの傑作としてお薦めできます。

 

犯人を互いにMR.グリーン、MR.ブルーなどと呼び合うところはタランティーノ「レザボア・ドッグス」でも使われた元ネタ。また撮影のオーウェン・ロイズマンは「フレンチ・コネクション」「コンドル」「エクソシスト」等も撮った名キャメラマンで、ロイズマン撮影の得意とするローライト・レベル、増感した映像演出が、独特の雰囲気を作り出しました。
DVDには1980年テレビ放映時の
日本語解説書付きの吹き替えも収録!
サブウェイパニック


デンジャー・ポイント
Alistair MacLean’s
PUPPET ON A CHAIN  (1970)

スヴェン=バーティル・タウベ 、バーバラ・パーキンス出演、「荒鷲の要塞」「ナバロンの要塞」「オーロラ殺人事件」のアリステア・マクリーン原作をジェフリー・ジェームズ・リーヴ監督による映画化作品
「デンジャー・ポイント」サウンドトラック。

ピエロ・ピッチョーニ作曲、ハモンド・オルガンとブラスによるメイン・タイトル曲や、
エレクトリック・ベースのタイトなリズムによる「Narcotics Bureau」「Psychedelic Mood」「Chase」等、同時期ののラロ・シフリンやロイ・バッド等が好きな方にもお薦めの70年代ロック/フュージョン風のスコアと、ロンドン・シンフォニアの演奏で「Love Theme」等のオーケストラ曲を収録。全18曲31分収録。



キラーエリート
キラーエリート

ガルシアの首/キラー・エリート 限定盤

サム・ペキンパー監督、ウォーレン・オーツ主演のバイオレンス映画「ガルシアの首」と、ジェームズ・カーン主演アクション「キラー・エリート」のカップリング盤サウンドトラックです。ジェリー・フィールディング作曲のスコアで全28曲69分収録しています。ネット販売のみのINTRADAレーベル、限定盤です。
JERRY FIELDING



ロンググッドバイ

ロング・グッドバイ/ニューヨーク泥棒結社

ジョン・ウィリアムス作曲、1967年のコメディ作品「ニューヨーク泥棒結社(Fitzwilly)」11曲と、
エリオット・グールドが私立探偵フィリップ・マーロウを演じるロバート・アルトマン監督の人気作品「ロング・グッドバイ(LONG
GOODBYE)」7曲、合計18曲55分収録のカップリング盤サウンドトラックです。[LONG
GOODBYE]の、あのメロディもデイブ・グルーシンのピアノ演奏~ヴォーカル・バージョン、トランペット・バージョンと多種収録しています。オフィシャルとして初CD化のタイトルでVARESE限定2000枚の品物です。
JOHN WILLIAMS


The Stone Killer
シンジケート

チャールズ・ブロンソン主演、マイケル・ウィナー監督の刑事アクション「シンジケート(THE
STONE KILLER)」サウンドトラック。ドラム/ベース/パーカッションとホーンの激しい14曲目など70年代アクション・スコアの醍醐味が楽しめる作品です。全15曲収録。輸入盤。


Black Windmill
ドラブル

「ダーティ・ハリー」のドン・シーゲル監督、マイケル・ケイン主演のサスペンス・アクション「ドラブル」サウンドトラックです。ロイ・バッド作曲、小編成バンドでの、緊張感あるスコアを聞かせる作品です。全20曲40分収録、輸入盤。


Compartiment Tueurs /
De La Part Des Copains
Michel Magne
「七人目に賭ける男」「ある晴れた朝突然」「夜の訪問者」

ミシェル・マーニュが手がけた映画音楽作品集です。 イヴ・モンタン主演「七人目に賭ける男」(1965)
COMPARTIMENT TUEURS、 未公開作Le Gentleman de Cocody、 ジャン・ポール・ベルモンド主演「ある晴れた朝突然」(1964)
Par un Beau Matin Dete、 未公開作Avec la peau des autres、 未公開作Johnny
Banco De la part des copains、 テレンス・ヤング監督作、チャールズ・ブロンソン主演「夜の訪問者」DE
LA PERT DE COPAINS を収録。ビッグ・バンド、ハモンド使いのジャズなどを収録した全24曲65分収録。フランス・ユニバーサル盤でDIGIパック・ジャケット仕様です。



ボルサリーノ

ボルサリーノ/ボルサリーノ2

アラン・ドロン、ベルモンド主演の有名作品「ボルサリーノ」の1と2のカップリングサントラです。
「フリック・ストーリー」「カリフォルニア・スイート」を手掛けたクロード・ボラン作曲、軽快なテーマ曲をはじめスウィング・ジャズ~タンゴなど、映画を見ていなくても充分楽しめる音楽が多数収録しています。全26曲収録。


コンドル
3 DAYS OF THE CONDOR
コンドル

3 DAYS OF THE CONDOR DAVE GRUSIN
コンドル

郵便局員に扮しイングラム・マシンガンを乱射する恐ろしいオープニングで始まるサスペンス「コンドル」サウンドトラック。ロバート・レッドフォード、フェイ・ダナウェイ、ロイ・シャイダーと強烈な存在感のマックス・フォン・シドーが出演。シドニー・ポラック監督「ザ・ヤクザ」でも音楽を担当したデイブ・グルーシンによる音楽で、エレピ、サックス/ストリングス入りのフュージョン・スコアのほか、ジム・ジルストラップのディスコ/ソウル「I’VE GOT YOU WHERE I WANT YOU」、ボズ・スキャッグスのバックでコーラスをしていたマーティ・マッコール「SILVER BELLS」を収録。スコア曲のミュージシャンにはトム・スコット、リー・リトナーらが参加しています。1975年作品でフュージョンが映画にも使われはじめた時期で、ロック・ギタリストのジェフ・ベックも「ブロウ・バイ・ブロウ」をリリースしたのも同年です。




ブリットブリット

ブリット
BULLITT  (1968)

ピーター・イエーツ監督作、スティーヴ・マックィーン、ジャクリーン・ビセット、ロバート・ヴォーン出演「ブリット」サウンドトラック。

ラロ・シフリン作曲、ハワード・ロバーツのジャズ・ギターとホーン・セクションでクールなテーマや、
ムスタングでシスコの坂道を疾走するカー・チェイスの寸前で流れるジャジーなスコア「Shifting Gears」、ハモンド・オルガン入りのアップテンポなR&Bナンバー「Hotel Daniels」等収録、刑事アクションのスタイルと音楽共に、後にたくさんの亜流を生むことになる元祖刑事アクション・スコアです。
全12曲32分収録。

輸入盤


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight + 16 =