Soundtrack Paradise

サントラ・オムニバス 1990-1994年まで


Contents

サントラ・オムニバス 1990-1994年まで



Cry Baby: Original Soundtrack Album

CRY BABY
クライベイビー(1990)

「ピンク・フラミンゴ」「ヘアースプレー」のジョン・ウォーターズ監督作、ジョニー・デップ、エイミー・ロケインのほかイギー・ポップ、トレイシー・ローズ、ウィレム・デフォーも出演の「クライベイビー」サウンドトラック。
ほとんどの曲が映画用に新たに録音されたフィフティーズ・カバーで統一されたものです。数曲でプロデュースにアル・クーパー(ブルース・プロジェクト~マイク・ブルームフィールドとの共演で知られるSSW兼鍵盤奏者)、また3曲目はJ.D.サウザー&ワディ・ワクテルが作曲しています。
全18曲50分収録。


1. James Intveld / King Cry-Baby (3:41)
キング・クライ・ベイビー (ジェームス・インヴェルド)
2. Baldwin & The Whiffles (Gerry Beckley, Andrew Gold, Timothy / Sh Boom (2:48)
シュ・ブーム (ボールドウィン・アンド・ザ・ホイッフルズ)
3. James Intveld / Doin’ Time For Bein’ Young (3:06)
ドゥイン・タイム・フォー・ビーイン・ヤング (ジェームス・イントヴェルド)
4. Rachel Sweet / A Teenage Prayer (2:07)
ア・ティーンエイジ・プレイヤー (レイチェル・スウィート)
5. Rachel Sweet, James Intveld / Please, Mr.Jailer (4:02)
プリーズ,ミスター・ジェイラー (同)
6. The Honey Sisters (Beth Anderson, Suzie Benson, Rosemary But / Cry Baby (3:14)
クライ・ベイビー (ザ・ハニー・シスターズ)
7. James Intveld / Teardrops Are Falling (2:30)
ティアドロップス・アー・フォーリング (ジェームス・イントヴェルド)
8. Bull Moose Jackson / Nosey Joe (2:36)
ノウズィ・ジョー (ブル・ムース・ジャクソン)
9. Baldwin and The Whiffles (Gerry Beckley, Andrew Gold, Timoth / Mister Sandman (2:21)
ミスター・サンドメン (ボールドウィン・アンド・ザ・ホイッフルズ)
10. James Intveld / High School Hellcats (4:05)
ハイ・スクール・ヘルキャッツ (ジェームス・イントヴェルド)
11. The Jive Bombers / Bad Boy (2:52)
バッド・ボーイ (ザ・ジャイヴ・ボンバーズ)
12. Shirley & Lee / The Flirt (1:57)
ザ・フラート (シャーリー・アンド・リー)
13. The Students / I’m So Young (2:29)
アイム・ソー・ヤング (ザ・スチューデンツ)
14. Nappy Brown / (My Heart Goes) Piddily Patter, Patter (2:02)
(マイ・ハート・ゴウズ)ピディリイ・パター,パター (ナッピー・ブラウン)
15. Little Esther / I’m A Bad, Bad Girl (2:54)
アイム・ア・バッド,バッド・ガール (リトル・エスター)
16. Earl Bostic / Jungle Drums (2:50)
ジャングル・ドラムス (アール・ボスティク)
17. The Jive Bombers / Cherry (2:56)
チェリー (ザ・ジャイヴ・ボンバーズ)
18. The Chips / Rubber Biscuit (2:09)
ラヴァー・ビスケット (ザ・チップス)

国内盤

ジョニー・デップ/シザー・ハンズと同年の作品。劇中でのジョニー・デップの歌は実際には歌っていなく吹き替えによるものです。「KING CRY BABY」など実際に歌っていたのがジェームズ・インヴェルド(JAMES INTVELD)でロカビリー・スタイルの歌と演奏で数枚のアルバムもリリースしている人です。
1984年ウィレム・デフォー主演「ロードハウス66」では演奏シーンも見られ実際の本人もかっこいいです。JAMES INTVELDのオフィシャル・サイト

エイミー・ロケインの歌の吹き替えはSTIFFレコードのレイチェル・スイート(曲はカバーでジャンプ・ブルース/ゴスペルのワイノナ・カーのオリジナル曲など)。
劇中でのフィフティーズ・ナンバーの選曲/音楽監修は「フットルース」「フラッシュダンス」のなど音楽映画を得意とするベッキー・マンクーソンによるものでかなり玄人好みな選曲です。




グッドフェローズ

グッドフェローズ
GOODFELLAS (1990)

マーティン・スコセッシ監督作、 レイ・リオッタ、ロバート・デ・ニーロ、ジョー・ペシ出演のマフィア映画「グッドフェローズ」サウンドトラック。

1950年代~1960年代のポピュラー・ヒット~ロックの名曲を収録したサウンドトラックで。ボビー・ダーリン「ビヨンド・ザ・シー」、マディ・ウォーターズのブルース「マニッシュ・ボーイ」、エリック・クラプトン在籍のクリーム「サンシャイン・オブ・ユア・ラブ」とデレク&ザ・ドミノス「いとしのレイラ」
に、ムーングロウズ、シャングリラスなどオールディーズ・ナンバーを全12曲38分収録。

なおデレク&ザ・ドミノス「いとしのレイラ」は劇中で使われた後半のピアノ・パートのみの収録となっています。


1. Tony Bennett / Rags To Riches (2:51)
2. The Moonglows / Sincerely (3:08)
3. The Cadillacs / Speedo (2:24)
4. Billy Ward & His Dominoes / Stardust (3:14)
5. The Chantels / Look In My Eyes (2:20)
6. The Harptones / Life Is But A Dream (2:43)
7. The Shangri-Las / Remember (Walkin’ In The Sand) (2:18)
8. Aretha Franklin / Baby I Love You (2:38)
9. Bobby Darin / Beyond The Sea (2:55)
10. Cream / Sunshine Of Your Love (4:13)
11. Muddy Waters / Mannish Boy (5:24)
12. Derek & The Dominos / Layla (Piano Exit) (3:53)




SOUNDTRACK

私が愛した男と女 -ヘンリー&ジューン-

HENRY & JUNE (1990)

「ライトスタッフ」「存在の耐えられない軽さ」のフィリップ・カウフマン監督作、フレッド・ウォード、ユマ・サーマン 、マリア・デ・メディロス出演「私が愛した男と女 -ヘンリー&ジューン-」サウンドトラック。

ジャン・ルノワール作曲、ルシェンヌ・ボワイエの歌うシャンソン「聞かせてよ、愛の言葉を (Parlez-moi D’Amour)」の他、
ドビュッシー「レントより遅く」、プーランク作「ノクターン」、エリック・サティ「グノシェンヌ第3番」などクラシック曲と、ビング・クロスビー「ミリオン・ダラー・ベイビー」、ジョゼフィン・ベイカー「2つの愛」など1930年代のキャバレー・ミュージックなど全18曲55分収録。


1. Lucienne Boyer / Parlez-moi D’Amour (3:00)
2. Ensemble Musical De Paris / Pour L’Egyptienne (3:22)
3. Ransom Wilsom & Christopher O’Riley / Les Chemins de L’Amour (3:57)
4. Alfons Kontarsky and Aloys Kontarsky / Petite Suite – Ballet (3:04)
5. Bing Crosby / I Found A Million Dollar Baby (3:04)
6. Pascal Roge / Gnossienne #3 (3:09)
7. Jean-Pierre Armengaud / Je Te Veux (4:46)
8. Wha Chung, Kyung; Lupu, Radu / Sonata for Violin and Piano (First Movement) (4:45)
9. Paul Crossley / Nocturne #1 in C Major (3:57)
10. Maretti/Nazles / Sous Les Toits de Paris (2:15)
11. Annie Fratellini / Le Doux Caboulot (1:04)
12. Josef Suk / La Plus Que Lente (4:17)
13. arranged by Mark Adler / Je M’Ennuie (2:19)
14. arranged by Mark Adler / Coralia (4:35)
15. arranged by Mark Adler / St. James Infirmary (2:02)
16. Francisco Tarrega / Gran Vals (0:43)
17. Joaquin Nin-Culmell / Basque Song (Tonadas, Vol.4, No.6) (1:49)
18. Josephine Baker / J’ai Deux Amours (3:12)



死の標的

死の標的
Marked For Death (1990)

ドワイト・H・リトル監督作、スティーヴン・セガール主演のアクション「死の標的」サウンドトラック。
ジェームズ・ニュートン・ハワード作曲/シンセサイザーとトム・スコットのアルト・サックスによるフュージョン・スコア「Weapons Montage」、スティーヴン・セガールがヴォーカルで参加しているジミー・クリフの「John Crow」の他、ピーター・トッシュ、シャバ・ランクス、トーン・ロックなどレゲエ/ヒップ・ホップの楽曲が中心で全16曲66分収録。


1. Kenyatta / I Wanna Do Something Freaky To You (4:39)
2. Tone-Loc / I Joke But I Don’t Play (4:29)
3. Shabba Ranks / Roots & Culture (4:01)
4. The Brand New Heavies / Put The Funk Back In It (3:22)
5. Mellow Man Ace / Welcome To My Groove (4:53)
6. N’dea Davenport / Quiet Passion (4:41)
7. Masters of Reality / Domino (3:49)
8. Def Jef featuring Papa Juggy / The Shadow Of Death (4:29)
9. Body & Soul / Ya Get’s None (5:09)
10. Attic Black / Rats Chase Cats (3:48)
11. Young MC / Pick Up The Pace (3:45)
12. Howard, James Newton featuring Tom Scott / Weapons Montage (2:08)
13. Cliff, Jimmy with Steven Seagal & the Oneness Band / John Crow (3:47)
14. Peter Tosh / Steppin’ Razor (5:48)
15. Jimmy Cliff / No Justice (4:01)
16. Jimmy Cliff / Rebel In Me (4:06)




サントラ

エア★アメリカ(1990)

メル・ギブソン、ロバート・ダウニー・ジュニア主演の航空アクション「エア・アメリカ」サウンドトラック。エアロスミスによるドアーズのカバー「Love Me Two Times」、チャーリー・セクストンによるホリーズのカバー「喪服の女」、スティーリー・ダン「ドゥ・イット・アゲイン」、ママス&パパス「夢のカルフォルニア」、ザ・シーズ「プッシン・トゥ・ハード」、テンプテーションズ、フォー・トップスなどロック、ソウルの名曲を全10曲収録。




ナンズ・オン・ザ・ラン-走れ!尼さん

ナンズ・オン・ザ・ラン-走れ!尼さん
NUNS ON THE RUN (1990)

製作総指揮ジョージ・ハリソン、ジョナサン・リン監督、モンティ・パイソンのエリック・アイドル主演のコメディ「ナンズ・オン・ザ・ラン-走れ!尼さん」
サウンドトラック。
Yelloによる打ち込み系のスコアと、劇中挿入曲としてジョージ・ハリソン「Blow Away」、スティーヴ・ウィンウッド「Roll With It」等全12曲49分収録。

1.The Race (3:18) Yello
2.Hawaiian Chance (4:18) Yello
3.Comin’ To You (3:59) Hidden Faces
4.Blow Away (3:57) George Harrison
5.Roll With It (4:28) Steve Winwood
6.Tied Up (3:32) Yello
7.Moon On Ice (4:12) Yello
8.Dr Van Steiner (4:17) Yello
9.Sacred Heart (4:11) Shakespear’s Sister
10.Gold Rush (4:18) Yello
11.On The Run (3:43) Yello
12.Nun’s Medley (5:40) Hidden Faces



恋のドッグファイト
恋のドッグファイト

恋のドッグファイト
DOGFIGHT (1991)

リヴァー・フェニックス主演の1991年作品「恋のドッグファイト」サウンドトラック。ベトナム戦争時代を背景としたドラマの為、60年代のロック/ポップスの名曲を多く収録した内容で、レニー・ウェルチのラヴ・ソング「シンス・アイ・フェル・フォー・ユー」、ザ・センセーションズのアップテンポなR&Bナンバー「レット・ミー・イン」、アメリカ公民権運動のテーマ曲ともいえるピート・シーガーの歌う「We shall overcome(勝利を我等に)」など全10曲38分収録。



ハーレーダビッドソン&マルボロマン

ハーレーダビッドソン&マルボロマン
HARLEY DAVIDSON AND THE MARLBORO MAN (1991)

ミッキー・ローク、ドン・ジョンソン、チェルシー・フィールドと歌手のヴァネッサ・ウィリアムズが出演の「ハーレーダビッドソン&マルボロマン」サウンドトラック。

ヴァネッサ・ウィリアムズとカントリー・シンガーのウェイロン・ジェニングスを除いてはハードなロック・ナンバーばかりを収録したもので
、元ハンブル・パイの二人、スティーヴ・マリオット&ピーター・フランプトン「The Bigger They Come」や映画のラストで流れる「Ride With Me
」、エンド・クレジットで流れるスクリーミング・ジェッツ「C Mon」等全10曲43分収録。

スコア曲はベイジル・ポールデュリスが担当していましたが収録していません。


1. ロング・ウェイ・フロム・ホーム (コッパーヘッド)
Copperhead / Long Way From Home (7:55)
2. ザ・ビッガー・ゼイ・カム (フランプトン&マリオット)
Marriott And Frampton / The Bigger They Come (4:29)
3. タワー・オブ・ラヴ (ロードハウス)
Roadhouse / Tower Of Love (3:55)
4. アイ・メス・アラウンド (シューティング・ギャラリー)
Shooting Gallery featuring Andy McCoy / I Mess Around (4:20)
5. ワイルド・オブセッション (L.A.ガンズ)
L.A. Guns / Wild Obsession (4:15)
6. カモン (スクリーミング・ジェッツ)
The Screaming Jets / C Mon (2:48)
7. レッツ・ワーク・トゥゲザー (ケンタッキー・ヘッドハンターズ)
The Kentucky Headhunters / Let’S Work Together (2:16)
8. ハードライン (ウェイロン・ジェニングス)
Waylon Jennings / Hardline (4:11)
9. ライド・ウィズ・ミー (ブラックアイド・スーザン)
Black Eyed Susan / Ride With Me (5:13)
10. ホワット・ウィル・アイ・テル・マイ・ハート (ヴァネッサ・ウイリアムス)
Vanessa Williams / What Will I Tell Me (4:11)

輸入盤




ファイブ・ハートビーツ

FIVE HEARTBEATS
ファイヴ・ハートビーツ
(1991)

アメリカのTV番組界で活躍しているロバート・タウンゼンドが監督・脚本・主演した「ファイヴ・ハートビーツ」サウンドトラック。60年代から90年代のブラック・コンテンポラリーの音楽を架空のヴォーカル・グループ[The Five Heartbeats]のメンバーが織りなす感動ドラマで、劇中に流れた主題歌「A Heart Is a House for Love(デルズ)」、「Nights Like This(アフター7)」、「We Haven’t Finished Yet(パティ・ラベル)」、特に素晴らしいバラードの名曲「Stay in My Corner(デルズ)」など収録。全10曲45分収録。



プリティ・リーグ

プリティ・リーグ
A LEAGUE OF THEIR OWN  (1992)

「レナードの朝」「ビッグ」のペニー・マーシャル監督作、
トム・ハンクス、ジーナ・デイヴィス、マドンナ出演「プリティ・リーグ」サウンドトラック。

ナット・キング・コールやミルズ・ブラザーズで有名な「It’s Only a Paper Moon」を歌うジェームズ・テイラー、エリントンのスタンダード・ナンバーをカバーするビリー・ジョエル「In a Sentimental Mood」、ホーギー・カーマイケルのスタンダードをアート・ガーファンクルがカバーの「Two Sleepy People」
を収録。

2曲がハンス・ジマー作曲のスコア曲で、50年代ビッグ・バンド・ジャズをアレンジした熱戦のクライマックスで流れる「All American Girls Professional Baseball(9:31)」、ドラマを盛り上げる「Final Game(6:10)」を収録。





ピーターズ・フレンズ

ピーターズ・フレンズ
PETER’S FRIENDS  (1992)

ケネス・ブラナー監督・出演、スティーヴン・フライ、エマ・トンプソン出演「ピーターズ・フレンズ」サウンドトラック。

ティアーズ・フォー・フィアーズ「ルール・ザ・ワールド」,ブルース・スプリングスティーン「ハングリー・ハート」,プリタンダーズ「ドント・ゲット・ミー・ロング」など劇中で使われた1980年代のヒット曲を収録したコンピレーション盤風サウンドトラックです。全16曲62分収録。

1. Everybody Wants To Rule The World (4:08)
ティアーズ・フォー・フィアーズ
2. My Baby Just Cares For Me (3:36)
ニーナ・シモン
3. You’re My Best Friend (2:50)
クイーン
4. Girls Just Want To Have Fun (3:51)
シンディ・ローパー
5. If You Let Me Stay (3:15)
テレンス・トレント・ダービー
6. Hungry Heart (3:18)
ブルース・スプリングスティーン
7. Don’t Get Me Wrong (3:48)
プリタンダーズ
8. The King Of Rock ‘n’ Roll (4:23)
プリファブ・スプラウト
9. What’s Love Got To With It (3:49)
ティナ・ターナー
10. Give Me Strength (2:51)
エリック・クラプトン
11. Love And Regret (4:49)
ディーコン・ブルー
12. Let’s Stay Together (3:34)
パサデナス
13. Rio (5:53)
マイケル・ネスミス
14. Wherever I Lay My Hat (That’s My Home) (4:11)
ポール・ヤング
15. I Guess That’s Why They Call It The Blues (4:41)
エルトン・ジョン
16. As The Days Go By (4:02)
ダリル・ブレイスウェイト

輸入盤ジャケット↓
Peter's Friends



ハル・ハートリー

ミュージック・フロム・
ザ・フィルムズ・オブ・ハル・ハートリー

Music From The Films Of Hal Hartley

ニューヨーク・インディーズを代表する監督ハル・ハートリーの作品で使われた音楽を集めたコンピレーション盤。
「シンプルメン」「トラスト・ミー」「アンビリーバブル・トゥルース」と短編「サヴァイヴィング・ディザイア」から選曲された14曲で、
ネッド・ライフル(ハル・ハートリー本人)や、ヨ・ラ・テンゴ「Always Something」「Some Kinda Fatigue」等を収録。全14曲40分収録。
輸入盤

ジャケット違いの同内容盤↓



堕ちた恋人たちへ EQUINOX (1992)

「メイド・イン・ヘブン」「愛を殺さないで」のアラン・ルドルフ監督の傑作、マシュー・モディーン、ララ・フリン・ボイル主演作品です。ECMレコードでアルバムを残しているギタリスト
Terje Rypdalのスコアのほか、アーチー・シェップによる「レフト・アローン」、アフリカ音楽のアリ・ファルカ・トゥーレ、タンゴ/バンドネオンのアストル・ピアソラなどを収録しています。全8曲収録。93年発売のVARESEアメリカ盤で現在廃盤のものです。

↑国内盤ジャケット



マルコムX

MALCOLM X
マルコムX(1992)

マーティン・ルーサー・キングと並ぶ黒人解放運動のリーダー、マルコムXをデンゼル・ワシントンが演じたスパイク・リー監督作品「マルコムX」サウンドトラック。1950年代~60年代のジャズ、ソウル・ミュージック、ブルースの代表的なものを治めたものでビリー・ホリデイ、ルイ・ジョーダン、デューク・エリントン、アレサ・フランクリン~ジュニア・ウォーカー「ショットガン」、ジョン・コルトレーン「アラバマ」、レイ・チャールズの1963年の名曲「ラッキー・オールド・サン」などブラック・ミュージックの良質コンピレーションとしてもお薦めできます。
全13曲50分収録。


1. Revolution – Arrested Development
2. Roll ‘Em Pete – Big Joe Turner
3. Flying Home – Lionel Hampton
4. My Prayer – The Ink Spots
5. Big Stuff – Billie Holiday
6. Don’t Cry Baby – Erskine Hawkins
7. Beans and Corn Bread – Louis Jordan
8. Azure – Ella Fitzgerald
9. Alabama – John Coltrane
10. That Lucky Old Sun (Just Rolls Around Heaven All Day) – Ray Charles
11. Arabesque Cookie (Arabian Dance) – Duke Ellington
12. Shotgun – Junior Walker & the All-Stars
13. Someday We’ll All Be Free – Aretha Franklin



トゥルー・ロマンス
トゥルー・ロマンス

トゥルー・ロマンス
TRUE ROMANCE
(1993)

トニー・スコット監督作、クエンティン・タランティーノの脚本、クリスチャン・スレイター、パトリシア・アークエット、デニス・ホッパーら出演「トゥルー・ロマンス」サウンドトラック。ハンス・ジマー作曲の柔ら中シンセ・スコア「You’re So Cool」やエレクトリック・ギターによるハードな展開の「Stars At Dawn」などと劇中挿入曲として、レオ・ドリーブ作曲のオペラ「ラクメ」より第1幕「おいで、マリカ(花の二重唱) (Viens Mallika Sous le Dome)」
、クリス・アイザック「Two Hearts」、サウンドガーデン「Outshined」、チャールズ・バード「Wounded Bird」、ロバート・パーマー「(Love Is) The Tender Trap」など全12曲収録。



ブロンクス物語

ブロンクス物語/愛につつまれた街
A BRONX TALE (1993)

ロバート・デ・ニーロの初監督作品「ブロンクス物語/愛につつまれた街」サウンドトラック。

ディオン&ザ・ベルモンツ「I Wonder Why」、ザ・ムーングロウズ「Ten Commandments Of Love」等のドゥー・ワップ・ヴォーカルや、ジェームズ・ブラウン、フォー・トップス~ジミ・ヘンドリックス、ムーディ・ブルースなど1950~1960年代のR&Bやロックで全22曲65分収録。


1. Cool Change / Streets Of The Bronx (2:57)
ストリート・オブ・ザ・ブロンクス (クール・チェンジ)
2. Dion & The Belmonts / I Wonder Why (2:18)
アイ・ワンダー・ホワイ (ディオン&ザ・ベルモンツ)
3. The Cleftones / Little Girl Of Mine (3:13)
リトル・ガール・オブ・マイン (クレフトーンズ)
4. Della Reese / Don’t You Know? (2:33)
ドント・ユー・ノウ (デラ・リース)
5. Jerry Butler & The Impressions / For Your Precious Love (2:44)
プレシャス・ラヴ (ジェリー・バトラー)
6. Dean Martin / Ain’t That A Kick In The Head (2:30)
キック・イン・ザ・ヘッド (ディーン・マーティン)
7. Cool Change / Father & Son (0:49)
ファーザー・アンド・サン (クール・チェンジ)
8. The Rascals / A Beautiful Morning (2:33)
ア・ビューティフル・モーニング (ザ・ラスカルズ)
9. Aaron Neville / Tell It Like It Is (2:40)
テル・イット・ライク・イット・イズ (アーロン・ネヴィル)
10. Bobby Watson / Bustalk (1:30)
バストーク (ボビー・ワトソン)
11. Gerry Niewood Quartet / I Only Have Eyes For You (2:41)
アイ・オンリー・ハヴ・アイズ・フォー・ユー (ジェリー・ナイウッド・カルテット)
12. Wilson Pickett / Ninety-Nine & A Half (Won’t Do) (2:42)
99 1/2 (ウィルソン・ピケット)
13. The Moonglows / Ten Commandments Of Love (4:03)
恋の十戒 (ザ・ムーングロウズ)
14. The Flamingos & The Complexions / I Only Have Eyes For You (3:51)
アイ・オンリー・ハヴ・アイズ・フォー・ユー (ザ・フラミンゴス&ザ・コンプレクションズ)
15. The Moody Blues / Nights In White Satin (4:27)
サテンの夜 (ムーディー・ブルース)
16. The Four Tops / Baby I Need Your Loving (2:44)
ベイビー・アイ・ニード・ユア・ラヴィング (ザ・フォー・トップス)
17. Butch Barbella / Regrets (0:49)
リグレッツ (ブッチ・バルベラ)
18. The Jimi Hendrix Experience / All Along The Watchtower (4:00)
見張り塔からずっと (ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス)
19. The Impressions / I’m So Proud (2:48)
アイム・ソー・プラウド (ザ・インプレッションズ)
20. James Brown / Its A Man’s Man’s Man’s World (2:48)
マンズ・マンズ・マンズ・ワールド (ジェイムス・ブラウン)
21. Donald Byrd / Cristo Redentor (5:40)
クリスト・レデントール (ドナルド・バード)
22. Bells & String Orchestra / Streets Of The Bronx (4:52)
ストリート・オブ・ザ・ブロンクス (ベルズ・アンド・ストリング・オーケストラ)




父の祈りを

父の祈りを
IN THE NAME OF THE FATHER (1993)

ジム・シェリダン監督作、ダニエル・デイ=ルイス、エマ・トンプソン出演「父の祈りを」サウンドトラック。

劇中で流れるジミ・ヘンドリックス「ヴゥードゥー・チャイルド」やボブ・マーリーの「イズ・ディス・ラヴ」や、映画の背景と同じくアイルランド出身のミュージシャン、シンニード・オコナーのエンディング曲とトレヴァー・ジョーンズのスコア曲3曲を収録。


1. Bono & Gavin Friday / In The Name Of The Father (5:43)
父の祈りを (ボーノ,ギャヴィン・フライデー)
2. The Jimi Hendrix Experience / Voodoo Child (Slight Return) (5:09)
ヴゥードゥー・チャイルド~スライト・リターン (ジミ・ヘンドリックス)
3. Bono & Gavin Friday / Billy Boola (3:46)
ビリー・ブーラ (ボーノ,ギャヴィン・フライデー)
4. The Kinks / Dedicated Follower Of Fashion (3:03)
デディケイテッド・フォロワー・オブ・ファッション (キンクス)
5. Trevor Jones / Interrogation (7:11)
インターロゲイション (トレバー・ジョーンズ)
6. Bob Marley & The Wailers / Is This Love (3:51)
イズ・ディス・ラヴ (ボブ・マーリィ&ザ・ウェイラーズ)
7. Trevor Jones / Walking The Circle (4:44)
ウォーキング・ザ・サークル (トレバー・ジョーンズ)
8. Thin Lizzy / Whiskey In The Jar (5:46)
ウィスキー・イン・ザ・ジャー (シン・リジィ)
9. Trevor Jones / Passage Of Time (5:52)
パッセージ・オブ・タイム (トレバー・ジョーンズ)
10. Sinead O’Connor / You Made Me The Thief Of Your Heart (6:21)
ユー・メイド・ミー・ザ・シーフ・オブ・ユア・ハート (シンニード・オコナー)

国内盤



カリフォルニア

カリフォルニア
KALIFORNIA  (1993)

ドミニク・セナの映画監督デビュー作、ブラッド・ピット、ジュリエット・ルイス、デヴィッド・ドゥカヴニー出演「カリフォルニア」サウンドトラック。
クイックサンド、セラピー~シェリル・クロウ等、90年代オルタナ~ロックを中心のサウンドトラック。カーター・バーウェルのスコアを1曲収録。
(たった1曲のスコア曲、さりげなく叙情的でいいです)

1.Do You Need Some? / マインド・ボム
2.Unfulfilled / クイックサンド
3.Deep / イースト17
4.When You Come Back / ドライヴィン・クライン
5.No One Said It Would Be Easy / シェリル・クロウ
6.I Love The World / インディアンズ
7.Lettuce & Vodka / X
8.Accelerator / セラピー?
9.Born For Love / デヴィッド・ベアウォルド
10.Dive Bomber / スープ・ドラゴンズ
11.Look Up To The Sky / インディアンズ
12.Kalifornia/Cactus Girl / カーター・バーウェル

輸入盤




ボーイズライフ

ボーイズ・ライフ
THIS BOY’S LIFE(1993)

ロバート・デ・ニーロ、エレン・バーキン、レオナルド・ディカプリオ出演のドラマ「ボーイズ・ライフ」サウンドトラック。
ナット・キング・コール「スマイル」(元曲はチャップリン映画「モダンタイムス」のテーマ)をはじめヴェンチャーズ、リンク・レイのギター・インスト曲、ブレンダ・リー、ジーン・ヴィンセント、ファッツ・ドミノ、ザ・フーのカバーでも有名なエディ・コクラン「サマータイム・ブルース」などのオールディーズ・ヒットを収録。全12曲28分収録。


パーフェクト・ワールド

パーフェクト・ワールド
A PERFECT WORLD
(1993)

ケヴィン・コスナー、クリント・イーストウッド、ローラ・ダーン出演、イーストウッドの監督の1993年作品「パーフェクト・ワールド」サウンドトラック。
ボブ・ウィルス、ジョニー・キャッシュ、ドン・ギブソンらの1950年代~60年代のカントリー/ウェスタン・ナンバーとレニー・ニーハウスのスコア曲を収録、感動的な「End Credits Medley」のほか、イーストウッドによる作曲のカントリー調のインスト12曲目「Big Fran’s Baby」で全13曲34分収録。


カレンダーガール

カレンダーガール
CALENDAR GIRL (1993)

ビバヒルのジェイソン・プリーストリー主演の青春ドラマ「カレンダー・ガール」サウンドトラック。
キャピトルズ「クール・ジャーク」、エヴァリー・ブラザーズ「いつになったら愛されるかしら」、ニール・セダカ「カレンダー・ガール」などのオールディーズ・ヒット曲と、アーロン・ネヴィル、ペニー・フォードなどと収録。ハンス・ジマーの楽曲は1曲のみ収録で、クライ
マックス・ブルースバンドのピーター・ヘイコックのリード・ギターが素晴らしいブルース・ナンバーです。全10曲33分収録。



サントラ

CARLITO’S WAY SOUNDTRACK
カリートの道

ブライアン・デ・パルマ監督作、アル・パチーノ、ショーン・ペン出演「カリートの道」サウンドトラック。

オージェイズ「バックスタバーズ」、サンタナ「オエ・コモ・ヴァ」、ラベル「レディ・マーマレード」、 シェリル・リン「ゴット・トゥ・ビー・リアル」
など時代背景となる70年代の名曲ディスコ、ラテン/サルサの楽曲を多く収録しています。
全12曲48分収録。


1. アイ・ラヴ・ミュージック (ロザーラ)
Rozalla / I Love Music (4:52)
2. ロック・ザ・ボート (ザ・ヒューズ・コーポレーション)
Hues Corporation / Rock The Boat – Hues Corporation (3:08)
3. ロック・ユア・ベイビー (エド・テリー)
Ed Terry / Rock Your Baby (3:44)
4. パース・マンティラ (マーク・アンソニー)
Marc Anthony / Parece Mentira (5:26)
5. バックスタバーズ (オージェイズ)
The O’Jays / Backstabbers (3:09)
6. TSOP~ザ・サウンズ・オブ・フィラデルフィア (MFSBフィーチャリング・ザ・スリー・ディグリーズ)
M.F.S.B. Feat. The Three Degrees / TSOP – The Sounds Of Philadelphia – M.F.S.B. Featuring The Three Degrees (3:37)
7. ゴット・トゥ・ビー・リアル (シェリル・リン)
Cheryl Lynn / Got To Be Real (5:07)
8. レディ・マーマレード (ラベル)
Labelle / Lady Marmalade (3:57)
9. ピロー・トーク (シノア)
Sinoa / Pillow Talk (3:49)
10. エル・ワツシ (レイ・バレット)
Ray Barretto / El Watusi (2:39)
11. オエ・コモ・ヴァ (サンタナ)
Santana / Oye Como Va (4:16)
12. ユー・アー・ソー・ビューティフル (ビリー・プレストン)
Billy Preston / You Are So Beautiful (4:52)

国内盤は権利関係の都合か「ザッツ・ザ・ウェイ」KC&サンシャイン・バンドが収録されていません。
輸入盤には全13曲収録されています。

——————————————–
なお上記のCDでは[YOU ARE SO BEATIFUL]はビリー・プレストンになっていますが実際の
劇中で使われたのはジョー・コッカーのヴォーカルです。ジョー・コッカー「ユー・アー・ソー・ビューティフル」収録のオリジナル・アルバム。↓

アルバム・タイトル「ユー・アー・ソー・ビューティフル(原題 I CAN STAND A LITTLE RAIN)」。ジョー・コッカーの5作目のアルバム。後にスタッフを結成するコーネル・デュプリー(g)、リチャード・ティー(key)が参加、その他にもジェイ・グレイドン、ヘンリー・マックロウ、ジェフ・ポーカロ、バーナード・パーディー、レイ・パーカーjr、ジミー・ウェブ、ランディ・ニューマンら一流ミュージシャンが多数参加しています。

「ユー・アー・ソー・ビューティフル」のオリジナルはビリー・プレストンのもので「カリートの道」サントラへは、オリジナル曲が収録されたことになります。またビーチ・ボーイズのデニス・ウィルソンもカヴァーしていますが、ジョー・コッカーのヴァージョンがやはり素晴らしいです。
残念ながら現在廃盤ですが、ベスト盤で聞くことができます。
多数のベストがありますが、好編集なベストはこちら↓
ジョー・コッカー



ジャッジメント・ナイト

JUDGEMENT NIGHT
ジャッジメント・ナイト
(1993)

エミリオ・エステヴェス、キューバ・グッディング・Jr、スティーヴン・ドーフ出演のバイオレンス/アクション「ジャッジメント・ナイト」
サウンドトラック。

監督は「プレデター2」、「24 TWENTY FOUR」ファースト・シーズンの監督も務めたスティーヴン・ホプキンスの1993年作品。
全曲、ロックやスラッシュ・メタルとヒップ・ホップのアーティストによる合体作で、スレイヤー&アイス-Tの最速・凄絶な「ディスオーダー」や
バイオハザード&オニックス、ヘルメット&ハウス・オブ・ペインなど見た目もサウンドもかなりバイオレンスな楽曲を全11曲45分収録。


1. Helmet & House Of Pain / Just Another Victim (4:25)
2. Teenage Fanclub & De La Soul / Fallin’ (4:28)
3. Living Colour & Run DMC / Me, Myself & My Microphone (3:08)
4. Biohazard & Onyx / Judgment Night (4:37)
5. Slayer & Ice T / Disorder (4:59)
6. Faith No More & Boo-Yaa T.R.I.B.E. / Another Body Murdered (4:25)
7. Cypress Hill & Sonic Youth / I Love You Mary Jane (3:52)
8. Mudhone & /Sir Mix-A-Lot / Freak Momma (4:02)
9. Dinosaur Jr. & Del Tha Funky Homosapien / Missing Link (4:00)
10. Therapy & Fatal / Come And Die (4:26)
11. Cypress Hill & Pearl Jam / Real Thing (3:30)




サントラ

フォレスト・ガンプ 1950~70年代名曲集(1994)

ロバート・ゼメキス監督作、トム・ハンクス主演「フォレスト・ガンプ」サウンドトラックです。50年代のエルヴィスの時代から、ヒッピー/フラワー・ムーヴメント、ベトナム戦争など1950年代から1970年代の楽曲を中心に、アメリカのポピュラー音楽の代表的なものが一気に聞けるお薦め盤です。収録曲はハウンド・ドッグ/エルヴィス・プレスリー、ダンス天国/ウィルソン・ピケット、リスペクト/アレサ・フランクリン、夢のカリフォルニア/ママス&パパス、フォー・ホワット/バッファロー・スプリングフィールド、ブレイク・オン・スルー/ドアーズ、ミセス・ロビンソン/サイモン&ガーファンクル、花のサンフランシスコ/スコット・マッケンジー、うわさの男/ハリー・ニルソン、喜びの世界/スリー・ドッグ・ナイト、雨にぬれても/B.J.トーマス、スウィート・ホーム・アラバマ/レーナード・スキナード等、CD2枚組、全33曲収録しています。


DISC.1
1. Elvis Presley / Hound Dog (2:18)
2. Duane Eddy / Rebel Rouser (2:25)
3. Clarence “Frogman” Henry / (I Don’t Know Why) But I Do (2:22)
4. Rooftop Singers / Walk Right In (2:35)
5. Wilson Pickett / Land Of 1000 Dances (2:26)
6. Joan Baez / Blowin’ In The Wind (2:39)
7. Creedence Clearwater Revival / Fortunate Son (2:21)
8. The Four Tops / I Can’t Help Myself (Sugar Pie Honey Bunch) (2:44)
9. Aretha Franklin / Respect (2:29)
10. Bob Dylan / Rainy Day Women #12 & 35 (4:38)
11. The Beach Boys / Sloop John B (2:58)
12. The Mamas & The Papas / California Dreamin’ (2:42)
13. Buffalo Springfield / For What It’s Worth (2:41)
14. Jackie DeShannon / What The World Needs Now Is Love (3:14)
15. The Doors / Break On Through (To The Other Side) (2:30)
16. Simon & Garfunkel / Mrs. Robinson (3:51)

DISC.2
1. Jefferson Airplane / Volunteers (2:08)
2. The Youngbloods / Let’s Get Together (4:39)
3. Scott McKenzie / San Francisco (Be Sure To Wear Flowers In Your Hair) (3:02)
4. The Byrds / Turn! Turn! Turn! (To Everything There Is A Season) (3:57)
5. The 5th Dimension / Medley: Aquarius/Let The Sunshine In (4:50)
6. Harry Nilsson / Everybody’s Talkin’ (2:46)
7. Three Dog Night / Joy To The World (3:19)
8. The Supremes / Stoned Love (3:02)
9. B.J. Thomas / Raindrops Keep Falling On My Head (3:03)
10. Randy Newman / Mr. President (Have Pity On The Working Man) (2:48)
11. Lynyrd Skynyrd / Sweet Home Alabama (4:45)
12. The Doobie Brothers / It Keeps You Runnin’ (4:22)
13. Gladys Knight & The Pips / I’ve Got To Use My Imagination (3:32)
14. Willie Nelson / On The Road Again (2:33)
15. Bob Seger & The Silver Bullet Band / Against The Wind (5:36)
16. Alan Silvestri / Forrest Gump Suite (8:50)



メジャーリーグ2

メジャーリーグ2
MAJOR LEAGUE II (1994)

デヴィッド・S・ウォード監督、トム・ベレンジャー、チャーリー・シーン、デニス・ヘイスバート、石橋貴明出演のシリーズ2作目「メジャーリーグ2」サウンドトラック。

スティーヴィー・レイ・ヴォーンの早弾きギター・インスト「Rude Mood」、レイ・ヴォーンの兄、ジミー・ヴォーンの「Boom Bopa Boom」、
アルバート・キングのブルースの有名曲「Born Under A Bad Sign (悪い星の下に)」等ブルースを中心に劇中で使用された楽曲と、シリーズのテーマ曲X「Wild Thing」に、ミシェル・コロンビエのスコア曲で全10曲40分収録。


1. Jimmie Vaughan / Boom Bopa Boom (4:57)
2. Maurice John Vaughn / (Everything I Do) Got To Be Funky (5:21)
3. X / Wild Thing 94 (3:29)
4. Little Feat / Shake Me Up (4:52)
5. Stevie Ray Vaughan / Rude Mood (4:42)
6. Lyle Lovett / All My Love Is Gone (4:18)
7. Albert King / Born Under A Bad Sign (2:47)
8. Stevie Ray Vaughan & Double Trouble / The House Is Rockin (2:24)
9. Michel Colombier / Practice Montage (3:06)
10. X / Wild Thing (4:39)




プリシラ
The Adventures of Pricilla
Queen of the Desert
(1994)

テレンス・スタンプ、ヒューゴ・ウィーヴィング、ガイ・ピアースがドラッグ・クイーンを演じるロード・ムービー「プリシラ」サウンドトラック。

「愛はかげろうのように(シャーリーン)」「恋のサヴァイヴァル(グロリア・ゲイナー)」「ママ・ミア(アバ)」「ゴー・ウェスト(ヴィレッジ・ピープル)」など70年代のディスコ・ヒット曲~バラードの名曲「セイヴ・ザ・ベスト・フォー・ラスト(ヴァネッサ・ウィリアムス)」を収録、また「恋のサヴァイヴァル」「ゴー・ウェスト」などは12インチ・バージョンも収録しています。全19曲77分収録。


1. Charlene / I’ve Never Been To Me (3:55)
愛はかげろうのように (シャーリーン)
2. The Village People / Go West (3:34)
ゴー・ウェスト (ヴィレッジ・ピープル)
3. Paper Lace / Billy Don’t Be A Hero (3:46)
ビリー・ドント・ビー・ア・ヒーロー (ペイパー・レイス)
4. White Plains / My Baby Loves Lovin’ (2:46)
マイ・ベイビー・ラウズ・ラヴィン (ホワイト・ブレインズ)
5. Alicia Bridges / I Love The Nightlife (Disco ‘Round) (3:28)
アイ・ラヴ・ザ・ナイトライフ (オリジナル・ヴァージョン) (アリシア・ブリッジズ)
6. Trudy Richards / Can’t Help Lovin’ That Man (2:38)
キャント・ヘルプ・ラヴィン・ザット・マン (トラディ・リチャーズ)
7. Gloria Gaynor / I Will Survive (3:18)
恋のサヴァイヴァル (グロリア・ゲイナー)
8. Lena Horne / A Fine Romance (3:12)
ファイン・ロマンス (レナ・ホーン)
9. Peaches & Herb / Shake Your Groove Thing (5:33)
シェイク・ユア・グルーヴ・シング (オリジナル・ヴァージョン) (ビーチズ&ハーブ)
10. Patti Page / I Don’t Care If The Sun Don’t Shine (2:42)
イフ・ザ・サン・ドント・シャイン (パティ・ペイジ)
11. Ce Ce Peniston / Finally (4:09)
ファイナリー (7″チョイス・ミックス) (シー・シー・ベニストン)
12. R.B. Greaves / Take A Letter Maria (2:43)
テイク・ア・レター・マリア (R.B.グリーヴス)
13. ABBA / Mamma Mia (3:34)
ママ・ミア (アバ)
14. Vanessa Williams / Save The Best For Last (3:41)
セイヴ・ザ・ベスト・フォー・ラスト (ヴァネッサ・ウィリアムス)
15. Alicia Bridges / I Love The Nightlife (Real Rapino 7″ Mix) (3:32)
アイ・ラヴ・ザ・ナイトライフ (リアル・ラビーノ 7″ミックス) (アリシア・ブリッジズ)
16. The Village People / Go West (Original 12″ Mix) (6:36)
ゴー・ウェスト (オリジナル 12″ミックス) (ヴィレッジ・ピープル)
17. Gloria Gaynor / I Will Survive (1993 Phil Kelsey Classic 12″ Mix) (4:47)
恋のサヴァイヴァル (1993フィル・ケルシー・クラシック 12″ミックス) (グロリア・ゲイナー)
18. Peaches & Herb / Shake Your Groove Thing (Original 12″ Mix) (6:38)
シェイク・ユア・グルーヴ・シング (オリジナル 12″ミックス) (ビーチズ&ハーブ)
19. Alicia Bridges / I Love The Nightlife (Phillip Damien Extended Vox) (6:19)
アイ・ラヴ・ザ・ナイトライフ (フィリップス・ダミアン・エクステンディッド・ヴォックス) (アリシア・ブリッジズ)

国内盤

(※グロリア・ゲイナーの「恋のサヴァイヴァル(I WILL SURVIVE)」は「コヨーテ・アグリー」「フォー・ウェディング」「ビヨンド・サイレンス」などの劇中でも流れた曲です。)



ハードロック・ハイジャック

ハードロック・ハイジャック
AIRHEADS (1994)

ブレンダン・フレイザー、スティーヴ・ブシェミ、アダム・サンドラーの他、レミー(モーターヘッド)、ホワントゾンビも出演のコメディ「ハードロック・ハイジャック」サウンドトラック。

モーターヘッドとアイス-Tの共演でオープニングの「Born to Raise Hell」、ヴァン・ヘイレンのカバーで4ノン・ブロンズ「I’m the One」、
アンスラックス「London」(THE SMITHのカバー曲)。ブレンダン・フレイザーの歌う「Degenerated」等全13曲49分収録。


1. Motorhead with Ice-T and Whitfield Crane / Born to Raise Hell (Ft. Ice-T and Whitfield Crane) (4:58)
ボーン・トゥ・レイズ・ヘル (モーターヘッド)
2. 4 Non Blondes / I’m the One (3:58)
アイム・ジ・ワン (4ノン・ブロンズ)
3. White Zombie / Feed the Gods (4:05)
フィード・ザ・ゴッズ (ホワイト・ゾンビ)
4. Dgeneration / No Way Out (4:26)
ノー・ウェイ・アウト (Dジェネレイション)
5. Primus / Bastardizing Jellikit (4:11)
バスターダイジング・ジェリキット (プライマス)
6. Anthrax / London (2:54)
ロンドン (アンスラックス)
7. Candlebox / Can’t Give In (3:15)
キャント・ギヴ・イン (キャンドルボックス)
8. Dig / Curious George Blues (4:03)
キュリオス・ジョージ・ブルーズ (ディグ)
9. Prong / Inheritance (2:11)
インヘリタンス (プロング)
10. The Lone Rangers / Degenerated (3:53)
デイジェナレイティド (ザ・ローン・レンジャース)
11. Stuttering John / I’ll Talk My Way Out of It (3:40)
アイル・テイク・マイ・ウェイ・アウト・オブ・イット (スタッテリング・ジョン)
12. Stick / Fuel (4:57)
フューエル (スティック)
13. The Ramones / We Want the Airwaves (3:21)
ウィ・ウォント・ジ・エアウェイヴス (ラモーンズ)

国内盤




愛・アマチュア

愛・アマチュア (1994)
AMATEUR

ハル・ハートリー監督作、「ピアニスト」「8人の女たち」のイザベル・ユペールの主演「愛・アマチュア」
サウンドトラック。
Yo La Tengo、Pavementなどmatador所属のアーティスト等の9曲の楽曲と
10~20曲目はジェフリー・テイラー、ネッド・ライフル(ハル・ハートリー自身)に作曲のスコア曲で、
リディア・キャヴァナーと、ジャズ・ヴォーカルのアルバムをリリースしているキャロリン・レンハートによる2人のコーラスと、ヴァイオリン、チェロ/ダブル・ベース、ピアノによる綺麗なアコースティック・スコアで全20曲52分収録。


1. Mind Full Of Worry / Aquanettas
2. Only Shallow / My Bloody Valentine
3. Water / PJ Harvey
4. Japanese To English / Red House Painters
5. Shaker / Yo La Tengo
6. Tom Boy / Bettie Serveert
7. Girls! Girls! Girls! / Liz Phair
8. Then Comes Dudley / The Jesus Lizard
9. Here / Pavement
10~20. Original Score / Jeffrey Taylor & Ned Rifle




狼の烙印

狼の烙印
SIOUX CITY  (1994)

ルー・ダイアモンド・フィリップス監督・主演のサスペンス/アクション「狼の烙印」(日本未公開)サウンドトラック。
マーシャル・タッカー・バンドのリーダー、トイ・コールドウェルのソロ曲「Wrong Right」やチャーリー・ダニエルズ・バンドなどサザン・ロック
と、クラプトン、S・ウィンウッドが在籍したグループ、ブラインド・フェイス「Can’t Find My Way Home」、クリストファー・リンゼイ作曲の劇中スコアなど全10曲分収録。

1. Can’t Find My Way Home – Bline Faith
2. Cry of the Wounded Eagle – The Charlie Daniels Band
3. Unknown Memories
4. Theme From Sioux City
5. Find Your Way Home – The Pipefitters with Lou Diamond Phillips
6. Fly Eagle Fly – Toy Cladwell
7. Jesse And Jolene
8. Praises – Bill Miller
9. Wrong Right – Toy Caldwell
10. Visions




ミュリエルの結婚

ミュリエルの結婚
MURIEL’S WEDDING(1994)

「ベスト・フレンズ・ウェディング」、実写版「ピーターパン」のP.J.ホーガン監督作、トニー・コレット主演作「ミュリエルの結婚」サウンドトラック。

ビールのコマーシャルやドラマ「ウォーターボーイズ」にも使われた名曲ルベッツ「シュガー・ベイビー・ラヴ(Sugar Baby Love)」や、ブロンディーの「夢見るNO.1 (The Tide is High)」のほか、カーペンターズ「愛のプレリュード (We’ve Only Just Begun)」、タートルズ「ハッピー・トゥゲザー (Happy Together)」、アバ「ダンシング・クイーン (Dancing Queen)」等全15曲45分収録。


1. The Wedding Band Feat. Blazey Best / Bridal Dancing Queen [Edited Version] (1:11)
ブライダル・ダンシング・クイーン (エディテッド・オーケストラル・スコア) (ザ・ウエディング・バンド)
2. The Rubettes / Sugar Baby Love (3:30)
シュガー・ベイビー・ラヴ (ルベッツ)
3. The Carpenters / We’ve Only Just Begun (3:06)
愛のプレリュード (カーペンターズ)
4. Wedding Band / Lonely Hearts (1:04)
ロンリー・ハーツ (ザ・ウエディング・バンド)
5. Blondie / The Tide is High (4:35)
夢見るNO.1 (ブロンディー)
6. ABBA / Waterloo (2:43)
恋のウォータールー (アバ)
7. Peter Allen / I Go To Rio (3:18)
アイ・ゴー・トゥ・リオ (ピーター・アレン)
8. Wedding Band / Bean Bag (2:09)
ビーン・バッグ (ザ・ウエディング・バンド)
9. Razorbrain / T-Shirt & Jeans (4:09)
Tシャッツとジーンズ (レイザープレイン)
10. Dusty Springfield / I Just Don’t Know What To Do With Myself (3:02)
恋のとまどい (ダスティ・スプリングフィールド)
11. The Wedding Band Feat. Blazey Best / Bridal Dancing Queen (Full Orchestral Score) (3:07)
ブライダル・ダンシング・クイーン (フル・オーケストラル・スコア) (ザ・ウエディング・バンド)
12. ABBA / I Do, I Do, I Do, I Do, I Do (3:18)
アイ・ドゥ・アイ・ドゥ (アバ)
13. The Turtles / Happy Together (2:55)
ハッピー・トゥゲザー (タートルズ)
14. Wedding Band / Muriel’s Wedding (3:33)
ミュリエルの結婚 (ザ・ウエディング・バンド)
15. ABBA / Dancing Queen (3:49)
ダンシング・クイーン (アバ)

国内盤

 




オンリー・ユー
オンリー・ユー

ONLY YOU
オンリー・ユー
(1994)

ノーマン・ジュイソン監督作、マリサ・トメイ、ロバート・ダウニー・Jr出演のラブ・コメディ「オンリー・ユー」サウンドトラック。
ルイ・アームストロング「Only You (And You Alone)」、ヴェルディ「乾杯の詩」(アグネス・バルツァ、ホセ・カレーラス、ロンドン・シンフォニーの演奏)とマイケル・ボルトンのヴォーカル曲「Once in a Lifetime」とレイチェル・ポートマンのクラシカルなスコア曲を収録、演奏はカルテット・ジェラートの演奏によるもので「オ・ソレ・ミオ」なども収録しています。全16曲45分収録。



マスク

マスク
THE MASK (1994)

チャック・ラッセル監督作、この作品が出世作となったジム・キャリーとキャメロン・ディアス出演「マスク」サウンドトラック。

エンディングで流れる派手なパーカッションとブラスの曲のロイヤル・クラウン・レヴュー「Hey Pachuco」
劇中でジム・キャリーが歌う「Cuban Pete」等全12曲収録。


1. Jim Carrey / Cuban Pete (C&C Pop Radio Edit) (3:33)
キューバン・ピート~C&Cポップ・レディオ・エディット (ジム・キャリー)
2. Xscape / Who’s That Man (3:23)
フーズ・ザット・マン (エスケイプ)
3. DoM.I.No / This Business Of Love (3:27)
ディス・ビジネス・オブ・ラヴ (ドミノ)
4. Tony! Toni! Tone! / Bounce Around (4:32)
バウンス・アラウンド (トニ・トニ・トニ)
5. Harry Connick, Jr. / (I Could Only) Whisper Your Name (3:20)
ウィスパー・ユア・ネーム (ハリー・コニックJr.)
6. Vanessa Williams / You Would Be My Baby (3:54)
ユー・ウッド・ビー・マイ・ベイビー (ヴァネッサ・ウィリアムズ)
7. K7 / Hi De Ho (4:34)
ハイ・デ・ホー (K7)
8. Fishbone / Let The Good Times Roll (3:27)
レット・ザ・グッド・タイムズ・ロール (フィッシュボーン)
9. The Brian Setzer Orchestra / Straight Up (3:11)
ストレート・アップ (ブライアン・セッツァー・オーケストラ)
10. Royal Crown Revue / Hey Pachuco (3:06)
ヘイ・パチェコ (ロイヤル・クラウン・レヴュー)
11. Susan Boyd / Gee Baby, Ain’t I Good To You (2:47)
ジー・ベイビー,エイント・アイ・グッド・トゥ・ユー (スーザン・ボイド)
12. Jim Carrey / Cuban Pete (Arkin Movie Mix) (2:10)
キューバン・ピート~アーキン・ムーヴィー・ミックス (ジム・キャリー)

国内盤




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen − ten =