Soundtrack Paradise

サントラ・オムニバス 1998-1999年まで


オムニバス 1998-1999年まで


ペイバック(1998)

メル・ギブソン主演、リチャード・スタークのハードボイルド小説「悪党パーカー」のシリーズ1作目を映画化した「ペイバック」サウンドトラック。ディーン・マーティン、ジェームズ・ブラウン、B.B.キング、ルー・ロウルズらの挿入曲と、クリス・ボードマン作曲、ブラス音がかっこよいメイン・タイトル曲とスコアを収録したハードボイルドな雰囲気満点のサウンドトラックです。全11曲36分収録しています。

国内盤

1. エント・ザット・ア・キック・イン・ザ・ヘッド (ディーン・マーティン)
Dean Martin / Ain’t That A Kick In The Head (2:28)
2. マンズ・マンズ・ワールド (ジェイムズ・ブラウン)
James Brown / It’s A Man’s, Man’s, Man’s World (2:50)
3. ザ・スリル・イズ・ゴーン (B.B.キング)
B.B. King / The Thrill Is Gone (5:27)
4. 煙が目にしみる (ヴィック・ダモネ)
Vic Damone / Smoke Gets In Your Eyes (3:53)
5. イフ・アイ・ハド・マイ・ライフ・トゥ・ライブ・オーバー (ルー・ロウルズ)
Lou Rawls / If I Had My Life To Live Over (2:49)
6. ラック・ビー・ア・レディ (マイケル・シヴィスカ)
Michael Civisca / Luck Be A Lady (2:03)
7. 誰かに愛されるまでは (ディーン・マーティン)
Dean Martin / You’re Nobody Till Somebody Loves You (1:58)
8. メイン・タイトル (クリス・ボードマン)
Chris Boardman / Main Title (5:23)
9. リンの花 (クリス・ボードマン)
Chris Boardman / Lynn’s Habit (2:22)
10. 俺の金を返せ! (クリス・ボードマン)
Chris Boardman / Porter Croaks Carter (2:09)
11. 復讐/ファイナル (クリス・ボードマン)
Chris Boardman / Warehouse/Finale (4:55)





ブレイド

ブレイド (インスパイアド盤)
BLADE  (1998)

ウェズリー・スナイプス、スティーヴン・ドーフ出演「ブレイド」1作目のサウンドトラック。
劇中で流れたオープニングの「血のシャワー」のシーンで流れるニュー・オーダー「Confusion (Pump Panel Reconstruction Mix)」のほか、ジャンキー・XL「Dealing With The Roster」、エクスパンション・ユニオン「Playing With Lightning」、DJクラッシュ「Dig This Vibe」
など全15曲73分収録。12~15曲目が劇中で使われた音楽で、そのほかの楽曲は劇中には使用されていないインスパイアド盤サウンドトラックです。

スコア盤はこちら

1.The Edge Of The Blade / Mystikal
2.1/2 & 1/2 / Gang Starr Featuring M.O.P.
3.Blade / KRS – One Featuring Channel Live
4.Fightin’ A War / Down 2 Earth Featuring Rome
5.Reservations / E.S.P.
6.Gangsta Bounce / Wolfpak
7.Things Ain’t The Same / Kasino
8.Deadly Zone / Bounty Killer Featuring Mobb Deep & Rappin’ Noyd
9.Blade 4 Glory / Majesty Featuring Bizzy Bone
10.Strictly Business (Mantronik MBA Radio Edit) / Mantronik Vs. Epmd
11.Wrek Tha Discotek / Roger S. Featuring Soulson
12.Confusion (Pump Panel Reconstruction Mix) / New Order
13.Playing With Lightning / Expansion Union
14.Dig This Vibe / DJ Krush
15.Dealing With The Roster / Junkie XL

国内盤



ワンダーランド駅で

ワンダーランド駅で
NEXT STOP, WONDERLAND (1998)

後に「マシニスト」「セッション9」を手掛けるブラッド・アンダーソン監督作、ホープ・デイヴィス、アラン・ゲルファント出演
「ワンダーランド駅で (NEXT STOP, WONDERLAND)」サウンドトラック。

全曲が新旧のボサ・ノヴァを収めたサウンドトラックで、ジョアン・ジルベルトの娘ベベウ・ジルベルトの2曲の他、タンバ・トリオ「マシュ・ケ・ナダ(Mas Que Nada)」、アストラッド・ジルベルト「Stay」、ゲッツ/ジルベルトの「Corcovado」、アントニオ・カルロス・ジョビン「Desafinado」等全16曲44分収録。

1.Batucada / ベベウ・ジルベルト&ヴィニシウス・カントゥアリア
2.Mas Que Nada / タンバ・トリオ
3.Stay / アストラッド・ジルベルト
4.Crossed Paths / クラウディオ・ラガッツィ&アート・リンゼイ
5.Triste / エリス・レジーナ
6.Os Grilos (Crickets Sing for Ana Maria) / マルコス・ヴァーリ
7.One Note Samba/The Girl from Ipanema / ベベウ・ジルベルト&ヴィニシウス・カントゥアリア
8.The Therapist / クラウディオ・ラガッツィ,アート・リンゼイ&ベベウ・ジルベルト
9.Corcovado (Quiet Nights of Quiet Stars) / アストラッド・ジルベルト
10.The Suitors / ジョシュ・ザエンツ&セルジオ・ブランダォン
11.Baia / ワルター・ワンダレイ
12.O Beijo (The Kiss) / クラウディオ・ラガッツィ
13.Aquarela Do Brazil / エリス・レジーナ&トゥーツ・シールマンス
14.Desafinado / アントニオ・カルロス・ジョビン
15.The Finale / クラウディオ・ラガッツィ,アート・リンゼイ&ベベウ・ジルベルト
16.O Pato (The Duck) / コールマン・ホーキンス

輸入盤



ウェディング・シンガー

ウェディング・シンガー
THE WEDDING SINGER (1998)

ドリュー・バリモア、アダム・サンドラー出演のロマンス・コメディ「ウェディング・シンガー」サウンドトラック。

カルチャー・クラブ「君は完璧さ」、デヴィッド・ボウイ「チャイナ・ガール」の他、ニュー・オーダー、ザ・スミス、トンプソン・ツインズ等の1980年代のヒット曲を中心に収録。


1. The Presidents Of The United States Of America / Video Killed The Radio Star (3:21)
ラジオスターの悲劇 (ザ・プレジデンツ・オブ・ザ・ユナイテッド・ステイツ・オブ・アメリカ)
2. Culture Club / Do You Really Want To Hurt Me (4:19)
君は完璧さ (カルチャー・クラブ)
3. The Police / Every Little Thing She Does Is Magic (4:18)
マジック (ポリス)
4. The Smiths / How Soon Is Now? (6:41)
ハウ・スーン・イズ・ナウ? (ザ・スミス)
5. The Psychedelic Furs / Love My Way (3:30)
ラヴ・マイ・ウェイ (サイケデリック・ファーズ)
6. The Thompson Twins / Hold Me Now (4:44)
ホールド・ミー・ナウ (トンプソン・ツインズ)
7. Elvis Costello / Everyday I Write The Book (3:51)
エヴリデイ・アイ・ライト・ザ・ブック (エルヴィス・コステロ)
8. Billy Idol / White Wedding (4:09)
ホワイト・ウェディング (ビリー・アイドル)
9. David Bowie / China Girl (5:28)
チャイナ・ガール (デヴィッド・ボウイ)
10. New Order / Blue Monday (7:25)
ブルー・マンデイ (ニュー・オーダー)
11. Musical Youth / Pass The Dutchie (3:23)
パス・ザ・ダッチー (ミュージカル・ユース)
12. Adam Sandler & Drew Barrymore / Have You Written Anything Lately? (0:27)
ダイアローグ
13. Film Dialogue / Somebody Kill Me (1:52)
サムバディ・キル・ミー (アダム・サンドラー)
14. Ellen Dow & The Sugarhill Gang / Rapper’s Delight (Medley) (4:25)
ラッパーズ・デライト (シュガーヒル・ギャング・プラス・エレン・ダウ)

国内盤



200本のたばこ

200本のたばこ
200 CIGARETTES (1998)

ベン・アフレック、クリスティーナ・リッチ出演の「200本のたばこ」サウンドトラック。

ニック・ロウの代表曲「Cruel To Be Kind」をはじめ、映画本編にも出演しているエルヴィス・コステロ「(What’s So Funny ‘Bout) Peace, Love And Understanding」や、ブロンディーのメドレー・リミックス「Rapture / Maria / No Exit (The Loud Allstar Rock Remix)」に Bow Wow Wow、ロキシー・ミュージック等70年代後期~80年代の楽曲を中心に全15曲54分収録。


1. Nick Lowe / Cruel To Be Kind (3:28)
2. Blondie / In The Flesh (2:30)
3. The Cars / Just What I Needed (3:45)
4. Harvey Danger / Save It For Later (3:54)
5. The Go-Go’s / Our Lips Are Sealed (2:45)
6. Bow Wow Wow / I Want Candy (2:44)
7. The Ramones / I Don’t Care (1:39)
8. Girls Against Boys / Boogie Wonderland (3:24)
9. Kool & The Gang / Ladies Night (3:30)
10. Joe Jackson / It’s Different For Girls (3:44)
11. B-Movie / Nowhere Girl (3:45)
12. Roxy Music / More Than This (4:11)
13. Dire Straits / Romeo And Juliet (6:03)
14. Elvis Costello & The Attractions / (What’s So Funny ‘Bout) Peace, Love And Understanding (3:32)
15. Blondie / Rapture / Maria / No Exit (The Loud Allstar Rock Remix) (5:20)




サイコ リメイク版

サイコ (リメイク版)
PSYCHO (1998)

ガス・ヴァン・サント監督作、ヴィンス・ヴォーン、アン・ヘッシュ、ジュリアン・ムーア、ヴィゴ・モーテンセン出演でヒッチコックの名作をカラー化してそのままリメイクした「サイコ」サウンドトラック。

ダニー・エルフマン・プロデュースのスコア3曲は、すべてバーナード・ハーマン作曲のものを、ほぼそのまま再演奏したものを収録(ジョエル・マクニーリー指揮/ロイヤル・スコティッシュ・オーケストラ)、その他ロブ・ゾンビ、ハウィー・B、シーヴェリー・コーポレーション等のロック、テクノの楽曲とまた「サイコ」のスコアをサンプリングして使ったテクノ Lionrock「In the End」など収録のインスパイア盤サウンドトラック。


1.Prelude (Film Score) (2:06)
Danny Elfman
2.Living Dead Girl (3:21)
Rob Zombie
3.Once is not Enough (3:20)
Howie B
4.Psycho (4:27)
Thompson, Teddy
5.Screaming (4:54)
Pet Shop Boys
6.Psycho Future (3:31)
Girls Against Boys
7.Honeymoon Suite (4:17)
Thievery Corporation
8.The Murder (Film Score) (1:00)
Danny Elfman
9.Madhouse (5:25)
Mono
10.Psycho Killer (3:19)
Hall, James
11.All of my Life (3:26)
Steve Earle
12.Fly (5:14)
Lamb
13.In the End (3:41)
Lionrock
14.The Finale (Film Score) (1:25)
Danny Elfman

国内盤 



リトル・ヴォイス
リトル・ヴォイス

LITTLE VOICE
リトル・ヴォイス
(1998)

「ブラス」のマーク・ハーマン監督作品、ジェーン・ホロックス主演「リトル・ヴォイス」サウンドトラック。
ジェーン・ホロックス自身がステージ上で最後に歌う「Get Happy」とマリリン・モンローの「I Wanna Be Loved by You」のほか、劇中で使われた曲のオリジナル曲を収録、シャーリー・バッシー「ゴールドフィンガー」、ジュディ・ガーランド「ザッツ・エンターテインメント!」、エセル・マーマンの「ショウほど素敵な商売はない (THERE’S NO BUSINESS LIKE SHOW BUSINESS)」、ビリー・ホリディ「ラヴァー・マン」、トム・ジョーンズ「よくあることさ(It’s Not Unusual)」や11曲目が終わった後、1分後くらいにマイケル・ケインの歌も収録(ジャケットに記載されていないシークレット・トラックです)。36分収録(輸入盤)



大いなる遺産

大いなる遺産
Great Expectations (1998)

イーサン・ホーク、グイネス・パルトロウ、ロバート・デニーロ出演、チャールズ・ディケンズ原作を現代アメリカにリメイクした「大いなる遺産」サウンドトラック。

パトリック・ドイルが作曲にも加わったトーリ・エイモスの2曲「Finn (Intro)」「Siren」、モノ「ライフ・イン・モノ」など美しい楽曲や、セザリア・エヴォラ「ベサメ・ムーチョ」など収録、全16曲65分収録。


1. フィン~イントロ (トーリ・エイモス)
Tori Amos / Finn (Intro) (1:49)
2. サイレン (同)
Tori Amos / Siren (4:02)
3. ライフ・イン・モノ (モノ)
Mono / Life In Mono (3:47)
4. サンシャワー (クリス・コーネル)
Chris Cornell / Sunshower (5:53)
5. リサインネイション (リーフ)
Reef / Resignation (3:36)
6. ライク・ア・フレンド (パルプ)
Pulp / Like A Friend (3:58)
7. ウィッシュフル・シンキング (ダンカン・シーク)
Duncan Sheik / Wishful Thinking (4:25)
8. トゥデイ (ポー)
Poe / Today (4:09)
9. レディ,ユア・ルーフ・ブリングス・ミー・ダウン (スコット・ウェイランド)
Scott Weiland / Lady, Your Roof Brings Me Down (5:26)
10. ハー・オーナメント (ザ・ヴァーヴ・パイプ)
The Verve Pipe / Her Ornament (3:11)
11. ウォーク・ディス・アーズ・アローン (ローレン・クリスティ)
Lauren Christy / Walk This Earth Alone (4:32)
12. ブレイカブル (フィッシャー)
Fisher / Breakable (3:46)
13. サクセス (イギー・ポップ)
Iggy Pop / Success (4:23)
14. スレイヴ (デヴィッド・ガーザ)
David Garza / Slave (3:23)
15. アンクル・ジョンズ・バンド (グレイトフル・デッド)
Grateful Dead / Uncle John’s Band (4:30)
16. ベサメ・ムーチョ (セザリア・エヴォラ)
Cesaria Evora / Besame Mucho (4:53)




アウト・オブ・サイト

アウト・オブ・サイト
OUT OF SIGHT  (1998)

タランティーノ「ジャッキー・ブラウン」とおなじくエルモア・レナード原作をスティーヴン・ソダーバーグが映画化、
ジョージ・クルーニー、ジェニファー・ロペス、ドン・チードルの他、アルバート・ブルックス、キャサリン・キーナー、ナンシー・アレン、マイケル・キートン、

サミュエル・L・ジャクソン等が出演の「アウト・オブ・サイト」サウンドトラック。
ハービー・ハンコックのオリジナルをアフロ/キューバン・アレンジでヒットさせたモンゴ・サンタマリア「ウォーターメロン・マン」
をはじめ、ウィリー・ボボのラテン・ジャズ「スパニッシュ・グリース」や、アイズレー・ブラザーズ、ディーン・マーティンなどの楽曲とデヴィッド・ホームズのエレクトロニカ・スコアを収録、全15曲46分収録。
輸入盤

1.It’s Your Thing アイズレー・ブラザーズ
2.I Think You Flooded It (score)
3.Watermelon Man モンゴ・サンタマリア
4.Jailbreak (score)
5.Ain’t That a Kick in the Head ディーン・マーティン
6.Trunk Scene (score)
7.Foley Pt. 2 (score)
8.Rip Rip (score)
9.Spanish Grease ウィリー・ボボ
10.Fight the Power, Pt. 2 アイズレー・ブラザーズ
11.Tub Scene (score)
12.One Note Samba ウォルター・ワンダリー
13.Drive to Ripley’s (score)
14.Bitch Out (score)
15.No More Time Outs (score)

モンゴ・サンタマリア「ウォーターメロン・マン」(スバル ForesterのCMでも使われました)を1曲目に収録したグレイテスト・ヒッツ
Greatest Hits



サントラ

ビッグ・リボウスキ
THE BIG LEBOWSKI (1998)

コーエン兄弟監督作、ジェフ・ブリッジス、ジョン・グッドマン、ジュリアン・ムーア、スティーヴ・ブシェミ出演
「ビッグ・リボウスキ」サウンドトラック。

ミュージカル風ボーリングのシーンで流れるケニー・ロジャース[Just
Dropped In (To See What Condition My Condition Was In) ]のほか、ボブ・ディラン、キャプテン・ビーフハート、エルヴィス・コステロ、ニーナ・シモン、ピエロ・ピッチョーニ、カーター・バーウェルなど収録。全14曲51分収録しています。


1.Bob Dylan
The Man In Me (3:08)
2.Captain Beefheart
Her Eyes Are A Blue Million Miles (2:54)
3.Elvis Costello
My Mood Swings (2:10)
4.Yma Sumac
Ataypura (3:03)
5.Pierro Piccioni
Traffic Boom (3:15)
6.Nina Simone
I Got It Bad And That Ain’t Good (4:07)
7.Moondog With Orchestra
Stamping Ground (5:11)
8.Kenny Rogers & The First Edition
Just Dropped In (To See What Condition My Condition Was In) (3:20)
9.Meredith Monk
Walking Song (2:55)
10.Anton Dermota & The Austrian State Radio Orchestra
Gluck Das Mir Verblieb (5:07)
11.Henry Mancini
Lujon (2:38)
12.Gipsy Kings
Hotel California (5:47)
13.Carter Burwell
Technopop (3:21)
14.Townes Van Zandt
Dead Flowers (4:47)




ルル・オン・ザ・ブリッジ

ルル・オン・ザ・ブリッジ
LULU ON THE BRIDGE
(1998)

「スモーク」の原作ポール・オースターが監督、ハーヴェイ・カイテル、ミラ・ソルヴィーノ、ウィレム・デフォー出演「ルル・オン・ザ・ブリッジ」
サウンドトラック。

ミラ・ソルヴィーノの歌う「クローズ・ユア・アイズ」を1曲目にグレアム・レヴェル作曲のスコア4曲、メデスキー・マーティン&ウッド、ジャッキー・テラソン、ホリー・コール、アイク・ケベックら新旧のブルー・ノート・ジャズ・ナンバー、さらにエディット・ピアフのシャンソン、アマリア・ロドリゲスのファドなど全17曲57分収録。

国内盤

1. Mira Sorvino / Close Your Eyes (0:59)
クローズ・ユア・アイズ (ミラ・ソルヴィーノ)
2. Medeski, Martin & Wood / Sugarcraft (3:21)
シュガークラフト (メデスキー・マーティン&ウッド)
3. Don Byron / Izzy’s Last Jam (3:07)
イジーのラスト・ジャム (ドン・バイロン)
4. Jacky Terrasson / Cumba’s Dance (2:02)
クンバズ・ダンス (ジャッキー・テラソン)
5. Holly Cole / Make It Go Away (4:00)
メイク・イット・ゴー・アウェイ (ホリー・コール)
6. Edith Piaf / Je Me Souviens D’une Chanson (2:49)
私はあの歌を思い出す (エディット・ピアフ)
7. Paul Auster / Voices From Box (1:00)
ヴォイセズ・フロム・ボックス (ポール・オースター)
8. Graeme Revell / The Blue Light (4:49)
ザ・ブルー・ライト (グレアム・レヴェル)
9. Graeme Revell / On The Roof (2:32)
オン・ザ・ルーフ (グレアム・レヴェル)
10. The Raymond Scott Quintette / Devil Drums (3:41)
デヴィル・ドラムス (レイモンド・スコット)
11. Battista Pergolesi / Dolorosa (Stabat Mater) (4:39)
悲しみに沈める聖母は涙にむせびて
12. Iko Quebec / Easy – Don’t Hurt (6:05)
イージー,ドント・ハート (アイク・ケベック)
13. Cassandra Wilson / Travelling Miles (4:54)
トラヴェリング・マイルス (カサンドラ・ウィルソン)
14. Graeme Revell / Goodbye Celia (1:06)
グッバイ・セリア (グレアム・レヴェル)
15. Amalia Rodrigues / Estranha Forma De Vida (3:17)
このおかしな人生 (アマリア・ロドリゲス)
16. Graeme Revell / Finale (4:49)
フィナーレ (グレアム・レヴェル)
17. Lena Horne / Singin’ In The Rain (4:18)
雨に歌えば (リナ・ホーン)


ラスベガスをやっつけろ

Fear and Loathing in Las Vegas
ラスベガスをやっつけろ!(1998)

テリー・ギリアム監督、ジョニー・デップ主演「ラスベガスをやっつけろ!」サウンドトラック。
「ふたりだけで」/ビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニー、「シーズ・ア・レイディ」/トム・ジョーンズ、「フォー・ユア・ラヴ」/ヤードバーズ、
「ホワイト・ラビット」/ジェファーソン・エアプレイン、「ゲット・トゥギャザー」/ヤングブラッズ、「エクスペクティング・トゥ・フライ」/バッファロー・スプリングフィールドなど60年代を中心とした名曲とエンド・ロールで流れる「ラスベガス万才」/デッド・ケネディーズを収録。
なお全曲に劇中のセリフ(ダイアローグ)が重なったイントロになっています。全16曲58分収録。



ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ

LOCK, STOCK & TWO SMOKING BARRELS

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ
(1998)

ガイ・リッチーの長編デビュー作、ニック・モラン、ジェイソン・フレミングの他、ジェイソン・ステイサムやヴィニー・ジョーンズ、スティングも出演した英国クライム・ムービー「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」サウンドトラック。オープニング、スローモーション・シーンでの逃走シーンで流れるオーシャン・カラー・シーン「ハンドレッド・マイル・ハイ・シティ」や、Moving Shadowレーベルのドラムン・ベース、EZ ROLLERS「Walk This Land」をはじめ劇中で印象的に使われるJ.B.、ダスティ・スプリングフィールド、ストゥージズ、ストーン・ローゼス~ブリティッシュ・ファンクのストレッチなど収録。63分収録。

「スナッチ」の布石となる本作で本編鑑賞後でしたら特に楽しめるアルバムです。曲数クレジットは(27)になっていますがダイアローグ(セリフ)部分を含むため実際の音楽の収録曲数は19曲です。

ハンドレッド・マイル・ハイ・シティ(オーシャン・カラー・シーン)
ザ・ボス(ジェイムズ・ブラウン)
トゥルーリー・マッドリー・ディープリー(スカンガ)
ポリス・アンド・シーヴス(ジュニア・マーヴィン)
18ウィズ・ア・ブレット(ルイス・テイラー&カーリーン・アンダーソン)
スプーキー(ダスティ・スプリングフィールド)
ザ・ゲーム(ジョン・マーフィー&デヴィッド・ヒューズ)
マン・マシーン(ロビー・ウィリアムス)
ウォーク・ディス・ランド(E-Zローラーズ)
アイ・ワナ・ビー・ユア・ドッグ(ザ・ストゥージズ)
ライアー・ライアー(キャスタウェイズ)
ホワイ・ディド・ユー・ドゥ・イット(ストレッチ)
オー・ガール(イーヴル・スーパースターズ)
イフ・ザ・ミルク・ターンズ・サワー(ジョン・マーフィー&デヴィッド・ヒューズ)
ゾルバ・ザ・グリーク(ジョン・マーフィー&デヴィッド・ヒューズ)
アイル・キル・ヤ(ジョン・マーフィー&デヴィッド・ヒューズ)
ザ・ペイバック(ジェイムズ・ブラウン)
フールズ・ゴールド(ザ・ストーン・ローゼズ)
18ウィズ・ア・ブレット(ピート・ウィングフィールド)



ラスト・デイ・オブ・ディスコ

ラスト・デイズ・オブ・ディスコ<未>
THE LAST DAYS OF DISCO(1998)

クロエ・セヴィニー(ニュースの天才、アメリカン・サイコ)、ケイト・ベッキンセイル(パールハーバー、アンダーワールド)主演の青春映画
「ラスト・デイズ・オブ・ディスコ(日本未公開)」サウンドトラック。
70年代末のディスコ・ナンバーの名曲ばかりを収録したサントラで、シェリル・リン「ガット・トゥ・ビー・リアル」、シック「グッド・タイムス」
、ハロルド・メルヴィン「愛の幻想(THE LOVE I LOST)」、イヴリン“シャンペーン”キング「シェイム」、エイミー・スチュワート「ノック・オン・ウッド」、オージェイズ「ラヴ・トレイン」など収録。


アリシア・ブリッジス「I Love the Nightlife (Disco ‘Round)」
ダイアナ・ロス「I’m Coming Out」
シェリル・リン「Got to Be Real」
シック「Good Times」
シスター・スレッジ「He’s the Greatest Dancer」
イヴリン“シャンペーン”キング「I Don’t Know If It’s Right」
アンドレア・トゥルー・コネクション「More, More, More, Pt」
キャロル・ダグラス「Doctor’s Orders」
シック「Everybody Dance」
ハロルド・メルヴィン&ザ・ブルー・ノーツ「Love I Lost」
マイケル・ゼイガー・バンド「Let’s All Chant」
ドン・レイ「Got to Have Loving」
イヴリン“シャンペーン”キング「Shame」
エイミー・スチュワート「Knock on Wood」
プレントン・ウッド「Oogum Boogum Song」
オージェイズ「Love Train」
インディア・アンド・ニューヨリカン・ソウル「I Love the Nightlife (Disco ‘Round)」





サマー・オブ・サム

サマー・オブ・サム
SUMMER OF SAM (1999)

スパイク・リー 監督作、ジョン・レグイザモ、エイドリアン・ブロディ、ミラ・ソルヴィーノ出演「サマー・オブ・サム」サウンドトラック。

アバ「ダンシング・クイーン」、ファースト・チョイス「Let No Man Put Asunder」、ピーター・ブラウン「Dance With Me」、エモーションズ「Best of My Love」などの70年代後期のディスコ・ヒットや、ジャズ・ファンク・クラシックス、ロイ・エアーズの「Running Away」、エルヴィン・ビショップのヒット曲「
フールド・アラウンド・アンド・フェル・イン・ラヴ」等、12曲56分収録。

1.黒い夜 / マーヴィン・ゲイ
Got to Give It up (6:02)
2.ダンシング・クイーン / アバ
Dancing Queen (3:49)
3.ババ・オライリィ / ザ・フー
Baba O’Riley (5:09)
4.ランニング・アウェイ / ロイ・エアーズ
Running Away (3:12)
5.エヴリバディ・ダンス / シック
Everybody Dance (3:31)
6.ラ・ヴィ・アン・ローズ / グレイス・ジョーンズ
La Vie en Rose (7:27)
7.レット・ノー・マン・プット・アスンダー / ファースト・チョイス
Let No Man Put Asunder (7:59)
8.フールド・アラウンド・アンド・フェル・イン・ラヴ / エルヴィン・ビショップ
Fooled Around and Fell in Love (2:58)
9.ゼアー・バット・フォー・ザ・グレイス・オブ・ゴッド・ゴー・アイ / マシーン
There But for The Grace of God Go I (4:58)
10.ベスト・オブ・マイ・ラヴ / エモーションズ
Best of My Love (3:46)
11.ダンス・ウィズ・ミー / ピーター・ブラウン
Dance With Me (3:50)
12.ドント・リーヴ・ミー・ディス・ウェイ / テルマ・ヒューストン
Don’t Leave me This Way (3:40)

国内盤


イギリスから来た男(1999)

スティーヴン・ソダーバーグ監督作、テレンス・スタンプ、ピーター・フォンダ出演のドラマ「イギリスから来た男」サウンドトラックです。劇中で流れるザ・フー/「ザ・シーカー」、ザ・ホリーズ/「キング・ミダス・イン・リヴァース」、ザ・バーズ/「イット・ハプンズ・イーチ・デイ」、ボストン/「スモーキン」を収録。スコアは同じくソダーバーグ監督の「トラフィック」「ソラリス」を手掛けた、初期Red
Hot Chili Peppersのドラマー、クリフ・マルチネスが手掛けています。全16曲73分収録。



サントラ

ゴースト・ドッグ
GHOSTDOG RZA(1999)

ジム・ジャームッシュ監督作、フォレスト・ウィッテカーが殺し屋を演じる「ゴースト・ドッグ」サウンドトラック。
タランティーノ「キル・ビル」のスコアも手がけたウータン・クランのメンバーRZAによるスコアで、ダークなヒップ・ホップのリズムによるテーマ曲と、ウータン・クランの3曲で計16曲収録。



Magnolia: Music from the Motion Picture

マグノリア
MAGNOLIA
(1999)

「ブギーナイツ」「パンチドランク・ラブ」のポール・トーマス・アンダーソン監督作、複数の登場人物によるドラマが交錯する「マグノリア」サウンドトラック。80年代バンド、ティル・チューズデイに在籍したエイミー・マンによる歌が映画の大筋を決めたほどの内容で映画本編と音楽の結びつきが強い作品です。本編を気に入った方は、このサントラも充分に楽しめます。
大音量で部屋から流れる「Momentum」、スリードッグ・ナイトでも有名な「One」のカバー、トム・クルーズなど登場人物が後半で歌い繋げる「Wise Up」などエイミー・マンの楽曲7曲と、スーパー・トランプ、ガブリエル、エイミー・マンの夫ジョン・ブライオンのインスト曲など収録。全13曲収録。

(なおエイミー・マン「Wise Up」はキャメロン・クロウ監督作、トム・クルーズ主演の「ザ・エージェント」でも使われています。)

Breakfast in America

SUPERTRAMP
BREAKFAST IN AMERICA

1979年作、スーパートランプの大名盤。映画マグノリアに使われた「グッバイ・ストレンジャー」「ロジカル・ソング」のほかにも「ブレックファスト・イン・アメリカ」「ロング・ウェイ・ホーム」のヒット・シングルを多数含んだアルバムで楽曲の良さが卓越した作品、聞き込めば手放せなくなるほどの傑作、お薦めです。全10曲46分収録。




アメリカンビューティー

アメリカン・ビューティー
AMERICAN BEAUTY (1999)

サム・メンデス監督作、ケヴィン・スペイシー、アネット・ベニング、ゾーラ・バーチ出演「アメリカン・ビューティ」サウンドトラック。

テレビ番組のBGMとして頻繁に使われていたトーマス・ニューマンの「DEAD ALREADY」をはじめ、エリオット・スミスによるビートルズのカバー「ビコーズ」、ザ・フーの「ザ・シーカー」、フリー「オール・ライト・ナウ」、ビル・ウィザース「ユーズ・ミー」、ペギー・リー「バリ・ハイ」など全12曲46分収録。


1.トーマス・ニューマン / Dead Already (3:17)
2.エリオット・スミス / Because (2:19)
3.フォーク・インプロージョン / Free To Go (3:31)
4.フリー / All Right Now (5:29)
5.ビル・ウィザース / Use Me (3:42)
6.イールズ / Cancer For The Cure (4:44)
7.ザ・フー / The Seeker (3:24)
8.ボビー・ダーリン / Don’t Rain On My Parade (2:55)
9.ベティ・カーター / Open The Door (3:12)
10.ゴメス / We Haven’t Turned Around (6:28)
11.ペギー・リー / Bali Ha’i (3:10)
12.トーマス・ニューマン / Any Other Name (4:09)





ヴァージン・スーサイズヴァージン・スーサイズ

ヴァージン・スーサイズ
THE VIRGIN SUICIDES  (1999)

ソフィア・コッポラ監督作、キルステン・ダンスト、ジェームズ・ウッズ、キャスリーン・ターナー、マイケル・パレ、スコット・グレン、ヘイデン・クリステンセン等出演「ヴァージン・スーサイズ」サウンドトラック。

70年代ロック/ポップスの名曲を集めたコンピレーション盤的な内容で、
トッド・ラングレン「Hello, It’s Me」、10cc「I’m Not In Love」、ハート「Crazy On You」等と、AIR(エール)の劇中スコア曲で全12曲54分収録。

1.Hello, It’s Me / トッド・ラングレン
2.Everything You’ve Done Wrong / スローン
3.Ce Matin La / エール
4.I’m Not In Love / 10cc
5.A Dream Goes On Forever / トッド・ラングレン
6.Magic Man / ハート
7.Alone Again (Naturally / ギルバート・オサリヴァン
8.How Can You Mend A Broken Heart / アル・グリーン
9.Crazy On You / ハート
10.Come Sail Away / スティクス
11.The Air That I Breathe / ホリーズ
12.Playground Love / エール

輸入盤(曲順が少し違います)↓
The Virgin Suicides: Music From the Motion Picture


1. Heart / Magic Man (5:28)
2. Todd Rundgren / Hello It’s Me (4:20)
3. Sloan / Everything You’ve Done Wrong (3:26)
4. Air / Ce Matin La (3:38)
5. The Hollies / The Air That I Breathe (3:47)
6. Al Green / How Can You Mend A Broken Heart? (6:22)
7. Gilbert O’Sullivan / Alone Again (Naturally) (3:38)
8. 10cc / I’m Not In Love (6:03)
9. Todd Rundgren / A Dream Goes On Forever (2:23)
10. Heart / Crazy On You (4:54)
11. Air / Playground Love (Vibraphone Version) (3:51)
12. Styx / Come Sail Away (6:03)




17歳のカルテ

17歳のカルテ(1999)
GIRL, INTERRUPTED

「アイデンティティー」「コップランド」「ニューヨークの恋人」のジェームズ・マンゴールド監督作、ウィノナ・ライダー、ウーピー・ゴールドバーグと、この作品でアカデミー助演女優賞を受賞したアンジェリーナ・ジョリー出演「17歳のカルテ」サウンドトラック。

劇中で歌われる「恋のダウンタウン」のぺトゥラ・クラークによるオリジナル・バージョン、女性カントリー・シンガー、スキーター・デイヴィスの美しい名曲「The End of the World」、ボブ・ディランのオリジナル曲をヴァン・モリソン率いるゼムによる「It’s All over Now, Baby Blue」、ザ・バンドの名盤「ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク」に収録の「The Weight」、ジェファーソン・エアプレーンの名盤「シュールリアリスティック・ピロー」に収録の「Comin’ Back to Me」に、アレサ・フランクリン、チェンバーズ・ブラザーズ、ママス&パパスを収録。11~29曲目まではマイケル・ダンナのスコア曲で全29曲73分収録。


1. Wilco / How To Fight Loneliness (3:52)
ハウ・トゥ・ファイト・ロンリネス (ウィルコ)
2. Them / Van Morrison / It’s All Over Now Baby Blue (3:50)
イッツ・オール・オーヴァー・ナウ・ベイビー・ブルー (ゼム・フィーチャリング・ヴァン・モリソン)
3. The Band / The Weight (4:35)
ザ・ウェイト (ザ・バンド)
4. The Mamas & The Papas / Got A Feelin’ (2:52)
ガット・ア・フィーリン (ママス&パパス)
5. The Chambers Brothers / Time Has Come Today (4:53)
タイム・ハズ・カム・トゥデイ (チェンバース・ブラザース)
6. Jefferson Airplane / Comin’ Back To Me (5:22)
カミン・バック・トゥ・ミー (ジェファーソン・エアプレイン)
7. Merrilee Rush & The Turnabouts / Angel Of The Morning (3:11)
エンジェル・オブ・ザ・モーニング (メリリー・ラッシュ&ザ・ターンアバウツ)
8. Aretha Franklin / The Right Time (4:48)
ザ・ライト・タイム (アレサ・フランクリン)
9. Skeeter Davis / The End Of The World (2:38)
エンド・オブ・ザ・ワールド (スキーター・デイヴィス)
10. Petula Clark / Downtown (3:09)
恋のダウンタウン (ペトゥラ・クラーク)
11~29. Mychael Danna / マイケル・ダンナ/スコア曲

国内盤



クレイドル・ウィル・ロック サントラ

Cradle Will Rock
クレイドル・ウィル・ロック
(1999)

俳優ティム・ロビンスの監督・製作「クレイドル・ウィル・ロック」サウンドトラック。
ハンク・アザリア、ジョン・キューザック、ビル・マーレイ、スーザン・サランドン出演「クレイドル・ウィル・ロック」サウンドトラック。エミリー・ワトソンの歌う「Moll’s Song」、パール・ジャムのエディー・ヴェダーとスーザン・サランドンのデュエット「Croon Spoon」、PJハーヴェイ&ロブ・エリス「Nickel Under Your Foot」とティム・ロビンスの兄デイヴィッド・ロビンスのスコア曲を収録。全22曲46分収録。



ベイウォッチサントラ

BAYWATCH
ベイウォッチ
(1989~1999)

デビッド・ハッセルホフ、ショーン・ウェザリー、パーカー・スティーブンソン~パメラ・アンダーソンが出演したTVドラマ「ベイウォッチ」サウンドトラック。デヴィッド・ハッセルホフ「Current Of Love」と90年代のヒット曲を収録したものです。各国でヒットしていた番組のため、サウンドトラックにも数種類のバージョンがありますが、アメリカ盤より曲数の多い全18曲入りです。
1. The Cup Of Life : Ricky Martin
2.Gettin’ Jiggy Wit It : Will Smith
3.Guantanamera : Wyclef Jean
4.Summertime : DJ Jazzy Jeff and The Fresh Prince
5.Shy Guy : Diana King
6.No,No,No : Destiny’s Child featuring – Wyclef Jean
7.Gimme Love : Alexia
8.Show Me Love : Robyn
9.Fantasy Island : M People
10.Barbie Girl : Aqua
11.How Bizarre : OMC
12.Quit Playing Games (With My Heart) : Backstreet Boys
13.Tease Me : Chaka Demus & Pliers
14.Sweat A La La La Long : Inner Circle
15.Marvellous : Lighting Seeds
16.Naked On You : Treana
17.Baby I Love Your Way :Big Mountain
18.Current Of Love : David Hasselhoff



スティル・クレイジー

スティル・クレイジー
STILL CRAZY (1998)

ブライアン・ギブソン監督作、スティーヴン・レイ、ジミー・ネイル、ティモシー・スポール出演「スティル・クレイジー」サウンドトラック。
ラストに演奏されるバラード・「The Flame Still Burns」や、ハード・ロック・ナンバー「Black Moon」「Dangerous Things」など劇中のバンド、ストレンジ・フルーツの楽曲や、バーニー・マースデン「A Woman Like That」等全14曲51分収録。


1. Strange Fruit feat. Jimmy Nail / The Flame Still Burns (7:56)
2. Strange Fruit / All Over The World (3:40)
3. Jimmy Nail / What Might Have Been (4:19)
4. Steve Donnelly / Brian’s Theme [Acoustic] (1:31)
5. Strange Fruit / Dirty Town (4:30)
6. Billy Connolly / Stealin’ (2:25)
7. Strange Fruit / Black Moon (2:30)
8. Hans Matheson / Live For Today (3:33)
9. Strange Fruit feat. Jimmy Nail / Bird On A Wire (3:47)
10. 22.33.44 / Ibiza Theme (2:02)
11. Strange Fruit / Scream Freedom (4:16)
12. Bernie Marsden / A Woman Like That (3:15)
13. Strange Fruit / Dangerous Things (4:07)
14. Steve Donnelly / Brian’s Theme (Reprise) (3:54)

国内盤



17歳のカルテ

17歳のカルテ
GIRL, INTERRUPTED
(1999)

「アイデンティティー」「コップランド」「ニューヨークの恋人」のジェームズ・マンゴールド監督作、ウィノナ・ライダー、ウーピー・ゴールドバーグと、この作品でアカデミー助演女優賞を受賞したアンジェリーナ・ジョリー出演「17歳のカルテ」サウンドトラック。
劇中で歌われる「恋のダウンタウン」のぺトゥラ・クラークによるオリジナル・バージョン、女性カントリー・シンガー、スキーター・デイヴィスの美しい名曲「The End of the World」、ボブ・ディランのオリジナル曲をヴァン・モリソン率いるゼムによる「It’s All over Now, Baby Blue」、ザ・バンドの名盤「ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク」に収録の「The Weight」、ジェファーソン・エアプレーンの名盤「シュールリアリスティック・ピロー」に収録の「Comin’ Back to Me」に、アレサ・フランクリン、チェンバーズ・ブラザーズ、ママス&パパスを収録。11~29曲目まではマイケル・ダンナのスコア曲で全29曲73分収録。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen − 4 =