Soundtrack Paradise

24 TWENTY-FOUR CTU内線電話 着メロ 着信音 サントラ


CTU内線着信音、着メロでジャック気分になれます

↓CTU 内線 mp3 着信音はこちらで
(そのままクリックすると再生されます/音量に気をつけてください)

 

ダウンロードリンク


ROTHCO メッセンジャー・バッグ シーズン5で使用!

ジャック・バウアー・メッセンジャー・バッグ

ジャック・バウアー メッセンジャー・バッグ
HW CLASSIC MESSENGER BAG


 

 

週間アスキー

週間アスキーの表紙

2007年9月25日発売のPC雑誌、週間アスキーの表紙にクロエ。
「24」の時とはまるで別人のようですね。この雑誌で外タレ表紙はかなり珍しいのでは。


ジャック・バウアー フィギュア

マクファーレン・トイズからジャック・バウアーがフィギュア化。
かなり出来が良いです。
今はもう入手できません。
ジャック・バウアー


「24」の舞台裏  Twenty-Four Behind The Scene

「24」の舞台裏

「24」の舞台裏

「24」シーズン1~シーズン5まで過去5年間に及ぶ、200枚の未公開写真と監督のコメントを添えたフォトブック。ほとんどの写真がカラーで掲載した全165ページ。
ドラマの時と違って、出演者のとても和やかな表情が見られます。今までのシリーズを見た方には楽しめる内容です。2006年10月末にアメリカ発売されたものの日本版です。

(DVDが付属していますがスタッフのインタビューと各シーズンの予告編のみで14分の収録)






「24」の舞台裏 (amazonで発売中)


24 Soundtrack Score



24 シーズン4&5 サウンドトラック・スコア24 シーズン4&5 サウンドトラック・スコア

24 シーズン4&5 サウンドトラック・スコア
24: Seasons 4 and 5

2006年11月中旬に発売された「24 : Seasons 4 and 5」のサウンドトラック。
前回のシーズン1~3スコアと同じく、作曲はショーン・キャラリー。前回よりもデジタルなリズムが少し強くなり、ディストーションの効いたエレクトリック・ギターを導入したアクション・スコアが豊富な作品です。 (CDをあけるとローガンが睨みをきかせていてムカつきますね)

シーズン4のマルワンを追うクライマックス「Closing in on Marwon」、 シーズン4,謎の女テロリスト,マンディの登場シーン「Mandy’s Plan」等での激しいスコア曲や、シーズン5のラスト・エピソード(6:00 a.m.-7:00 a.m.)での重厚な楽曲「Logan’s Downfall」、ギター・サウンドが60年代スパイ・アクション風のクロエのテーマ「The Name’s O’Brian – Chloe O’Brian」、金管の鳴り響く迫力のオーケストラとデジタル・リズムで8分に及ぶ「Jack Storms the Gas Plant」等全21曲74分収録。

1曲目「24: Main Title」は「24:The Game」のテーマとしても使われている楽曲で、3分を過ぎたところから、あのエンディングのメロディが流れます。


1. 24: Main Title (4:46)
2. Collette’s Arrest (2:51)
3. Closing in on Marwon (4:28)
4. Death in the Open Desert (1:42)
5. Logan’s Downfall (6:34)
6. Mandy’s Plan (2:56)
7. Henderson (2:40)
8. Jack’s Women (3:36)
9. C.T.U. (3:52)
10. The Name’s O’Brian – Chloe O’Brian (2:32)
11. Mission Briefing (2:10)
12. Bierko Entering the Gas Company (2:36)
13. Logan’s Near Suicide (2:24)
14. Lynn McGill’s Sacrifice (3:50)
15. Base Mission (2:35)
16. Airport Russians (2:46)
17. Infiltrating the Sub (5:57)
18. Loft Mission (2:54)
19. Reviving Jack (3:17)
20. Jack Storms the Gas Plant (8:09)
21. Tony’s Farewell (1:36)



Twenty-Four Soundtrack アメリカ盤
シーズン1~3 サウンドトラック・スコア
作曲家ショーン・キャラリーのサイン入り

 

1. “24” THEME
2. UP AND DOWN STAIRS
3. L.A. AT 9:00 A.M.
4. JACK ON THE MOVE
5. JACK’S REVENGE AT THE DOCKS
6. KIM AND TERRY’S ESCAPE FROM THE SAFE HOUSE
7. JACK IN THE LIMO
8. IN PURSUIT OF KYLE
9. SALAZAR’S THEME
10. COPTER CHASE OVER L.A.
11. JACK TELLS KIM HE’S NOT COMING BACK
12. THE BOMB DETONATES
13. PALMER’S THEME
14. ALEXIS
15. COLISEUM FINALE
16. AMNESIA
17. JACK AND KIM TRYING TO RECONNECT
18. SEASON ONE FINALE / TERRY’S DEATH
19. SEASON THREE FINALE / JACK’S HUMANITY

——————————————–
TV版ニキータ(1997) をはじめ、ジャングル(TV)(2000) 、クロッシング(日本未公開作)(1999)
、クリスマスに願いを(日本未公開作)(1990) などの音楽を手がけたショーン・キャラリー(Sean
Callery)作曲の「24」サウンドトラックです。

シーズン1~3までの主要シーンの楽曲を収録。 1曲目の”24″ テーマは番組のものと違い4分39秒に及ぶ長いバージョンで、おなじみのメロディは4分ほど経過したところで出てきます。

シーズン2ラストの銃撃戦、15曲目「COLISEUM FINALE (コロシアムでの死闘)」でのアクション・スコアや、
メイソンが散る感動的な12曲目「THE BOMB DETONATES(大爆発、そして・・・)」、シーズン1~3の、緊迫したシーンではよく流れていたアクション・スコア風の10曲目「COPTER CHASE OVER L.A.」、曲名がネタバレになっている凄絶かつ重く沈鬱な18曲目などアクション、サスペンス、心情シーンを現す楽曲などを収録。全19曲51分収録。

なお国内盤と違い輸入盤はCCCDではありません(ただしCTU内線音などは収録されておりません)。

★上記のジャケットは海外でのみ発売された作曲家ショーン・キャラリーのサインが入った限定100枚の品物です。



24
Twenty FourSoundtrack

24 オリジナルサウンドトラック (CCCD)(日本盤)

日本盤はジャケットが違い、スコア曲の他にCTU内線音3種や、24のリミックス曲「The Longest Day (Armin Van Buuren Remix Radio Edit」も収録。全24曲63分収録。

ただしCCCDでのリリースです。

1.「24」のテーマ
2.追跡
3.ロサンゼルス午前9時
4.ジャックの受難
5.復讐の桟橋
6.隠れ家からの脱出
7.ジャックの罠
8.カイルの追跡
9.サラザール兄弟のテーマ
10.空中追撃
11.別れの言葉
12.大爆発、そして…
13.パーマーのテーマ
14.アレクシス・ドレ-ゼン
15.コロシアムでの死闘
16.記憶喪失
17.父娘の抱擁 (バウアー家のテーマ)
18.シーズン1ファイナル:さらば愛しき人よ
19.シーズン3ファイナル:悔恨
20.忍び寄る暗殺者
21.クリスチャンサンズ
22.「24」のテーマ (リミックス)
23.効果音 (CTU内線)
24.効果音1
25.効果音2

——————————————–
【日本盤5大特典】
1. 特製「24」ロゴ・ステッカー封入
2. 日本盤ボーナス・トラック1曲収録
3. 劇中使用効果音特別収録
4. 日本盤オリジナル解説
5. 日本盤オリジナル、「24」初心者でもわかるキャラクター相関図(シーズン
I~III)


Longest Day

24 – The Armin Van Buren Remixes CD SINGLE 2005
24テーマ曲のトランス・リミックス


1. The Longest Day (Armin Van Buuren Remix Radio Edit) (3:28)
2. The Longest Day (Armin Van Buuren Remix) (10:02)
3. The Longest Day (Armin Van Buuren Dub) (8:11)
4. 24 Theme (Original Mix) (4:34)

テーマ曲をトランス系DJ / Armin Van BuurenがリミックスしたものがCDシングル

リミックス曲のみ下記サイトで試聴できます。
junorecords

秒針の音のイントロで始まる1曲目や、10分に及ぶミックスの2曲目等いずれもジャック・バウアーのセリフ「TODAY IS THE LONGEST DAY OF MY LIFE 」をサンプリングしたハードなハウス・サウンド。
4曲目は上記のサウンドトラック・アルバムに収録のオリジナル「24」テーマとまったく同じものを収録。全4曲26分収録。

(追記:日本で発売されている24シーズン4ボックスに付属の特典ディスクに収録されたビデオ・クリップの曲)

なおこのCDシングルはすでに入手が難しいものですが、7分54秒の「The Longest Day (Armin Van Buuren Remix Radio Edit)」は日本盤の「24」サウンドトラックの22曲目に収録しています。

ビデオ・クリップはここで見られます。


国防省長官の過去

24 シーズン4に国防省長官役で出演のウィリアム・ディベイン。シーズン4を予備知識なしで見ていたのですが、この役者さんに見覚えがあるなぁと思ったら、たくさん出演していましたね。代表作「ローリング・サンダー」妻子を殺され、右腕を失う復讐の男を演じる1977年作品↓
ローリング・サンダー

この作品、脚本は「タクシー・ドライバー」のポール・シュレイダー。トミー・リー・ジョーンズも出演のバイオレンスな復讐劇です。

ブルーレイ化
ローリング・サンダー HDニューマスター版 [Blu-ray]

DVD
ローリング・サンダー HDニューマスター [DVD]

そのほかにもダスティン・ホフマン主演の「マラソン マン」や「ヒッチコックの ファミリー・プロット」、メル・ギブソン「ペイバック」、イーストウッドの「スペース カウボーイ」に出演。


評決のとき

キーファー・サザーランド
ドナルド・サザーランドの親子出演
評決のとき

ジョン・グリシャム原作(他にも「ペリカン文書」「ザ・ファーム」が映画化)の映画化作品、ドナルド・サザーランドは新米弁護士役のマシュー・マコノヒーの良き恩師役、キーファー・サザーランドはKKKのメンバーで極悪な男を演じています。ケヴィン・スペイシー、アシュレイ・ジャッド、サミュエル・L・ジャクソンなどキャストも豪華な作品で、非常に重たい内容ながらとても判りやすい裁判モノ映画でお薦めできます。


Dennis Haysbert出演

メジャーリーグ

メジャーリーグ

トム・ベレンジャー、チャーリー・シーンの「プラトーン」コンビに、いまや「ブレイド」シリーズなどですっかりアクション・スターのウェズリー・スナイプスが出演の笑える野球映画「メジャーリーグ」。「24」のパーマー大統領役、デニス・ヘイスバートの初出演映画。当時はヒゲ面で、けっこうマッチョな本人、三振ばかりの堕ちこぼれ選手役で登場、最後には大ホームランの見せ場もあり感動します。笑えるスポコン映画の傑作!


目撃【ワイド版】

目撃

クリント・イーストウッド, ジーン・ハックマン出演のサスペンス「目撃」
「24」ではパーマー大統領役のデニス・ヘイスバートと、シェリー・パーマー役のペニー・ジョンソン が揃って出演しています。


ラヴ・フィールド

ミシェル・ファイファーと「24」のパーマー上院議員役のデニス・ヘイスバートが出演した1993年作品です。 ジョナサン・カプラン監督作、アメリカでの人種差別を背景としたシリアス・ドラマのサウンドトラックです。全9曲28分収録しています。VARESE盤で現在廃盤。

——————————————–
デニス・ヘイスバート その他の出演作
シンドバッド 7つの海の伝説(声の出演)
エデンより彼方に(2002)
ワン・オン・ワン ファイナル・ゲーム(2000)
ランダム・ハーツ(1999)
13F(1999)
クアドロフォニア -多重人格殺人-(1999)
メジャーリーグ3(1998)
目撃(1997)
スタンドオフ<未>(1997)
ため息つかせて(1995)
ヒート(1995)
KISS/欲望の罠<未>(1995)
メジャーリーグ2(1994)
クイーン<TVM>(1993)
ミスター・ベースボール(1992)
ラブ・フィールド<未>(1992)
ネイビー・シールズ(1990)
サイバー・ドッグ K-9000<TVM>(1989)
メジャーリーグ


FAR FROM HEAVEN
エデンより彼方に

ジュリアン・ムーア、デニス・クエイドと「24」のパーマー大統領役で知られるデニス・ヘイスバート出演のドラマ「エデンより彼方に」サウンドトラック。
トッド・ヘインズ監督が、ダグラス・サーク監督作「天はすべてを許し給う」をリメイクした作品で、衣装/画面の色調から役者の演技~音楽にいたるまで50年代のメロドラマの雰囲気を徹底して再現した作品。
1曲目「Autumn in Connecticut」が特に素晴らしく、「なんの映画音楽だっけ」と思うくらい往年の名作ハリウッド・ロマンスを思わせる雰囲気。エンディング曲「Beginnings」も同じメロディのオーケストラ部分からピアノ・ソロでしっとりと終わる曲です。ピアノ・ソロは「WISH 夢がかなう時」「ウィズ・ユー」の映画音楽を手がけたシンシア・ミラーが弾いています。全22曲46分収録。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two + 14 =