Soundtrack Paradise

ベトナム戦争映画 Vietnam War


ベトナム戦争映画


1950~1960年代
1970年代
1980年代
1990~2000年代
ベトナム戦争映画


Apocalypse Now
地獄の黙示録 特別完全盤(REDUX)

地獄の黙示録 特別完全盤(REDUX)
Apocalypse Now Redux (2001)

1979年公開版に53分の映像を追加して2001年に公開した「地獄の黙示録 特別完全版 (Apocalypse Now Redux)」サウンドトラック。
オープニング、ドアーズの「ジ・エンド」、戦闘シーンでの「ワルキューレの騎行」等と、
追加映像の為に、カーマイン・コッポラが残した楽譜を元にシンセサイザー用にアレンジした「クリーンの死 (Clean’s Death)」とフランス植民地のシーン「愛のテーマ(Love Theme)」を新たに追加。旧盤と違いセリフや効果音を排除したもので、デジタル・リマスターで音質も向上しています。
全17曲48分収録。

解説書が読みごたえあり、コッポラが当初スコアをオファーしたのは冨田勲で、冨田勲の代表作「惑星」にかなりインスピレーションを得ていたようです。この名残は7曲目「ナン川 (Nung River)」(「火星」のような3連符のリズム)や4曲目「オレンジ・ライト (Orange Light)」で表れています。ちなみに劇中で聞こえるジミ・ヘン風のギターはランディ・ハンセンが弾いていたとのことです。


1. オープニング : ジ・エンド (ドアーズ)
The End (6:31)
2. デルタ
The Delta (2:48)
3. 機密書類
Dossier (2:17)
4. オレンジ・ライト
Orange Light (1:05)
5. ワルキューレの騎行
Ride of the Valkyries (1:56)
6. スージーQ
Suzie Q. (3:13)
7. ナン川
Nung River (2:49)
8. ド・ラン橋
Do Lung (4:07)
9. 故郷からの手紙
Letters from Home (1:17)
10. クリーンの死
Clean’s Death (2:01)
11. クリーンの埋葬
Clean’s Funeral (2:51)
12. 愛のテーマ
Love Theme (3:12)
13. チーフの死
Chief’s Death (1:55)
14. 王国への旅
Voyage (3:08)
15. シェフの首
Chief’s Head (1:58)
16. カーツ大佐のコラール
Kurtz Chorale (1:29)
17. フィナーレ
Finale (6:06)

国内盤

またスコアに参加したグレイトフル・デッドのパーカッション奏者ミッキー・ハートとビル・クルツマンは、このレコーディング・セッションから録音されたドラム・パートを追加・アレンジして独立したアルバムをリリースしています。延々と続くパーカッション・ジャングル・サウンド↓
The Apocalypse Now Sessions

当時のコッポラに影響を与えた冨田勲「惑星」
冨田勲 惑星

ムーグ・シンセサーザーとメロトロンで10ヶ月をかけて製作した1977年作品で、冨田勲の代表作「惑星」
当時としては作曲者ホルストの遺志により「惑星」の編曲が許されなかった頃に、シンセ/スペース・サウンドの斬新なアレンジで聞かせた衝撃的な作品、
全5曲52分収録。


1. 火星
Mars:The Bringer Of War (10:55)
2. 金星
Venus:The Bringer Of Peace (8:38)
3. 水星
Mercury:The Winged Messenger (5:24)
4. 木星~土星
Jupiter:The Bringer Of Jollity – Saturn:The Bringer Of Old Age (17:26)
5. 天王星~海王星
Uranus:The Magician – Neptune:The Mystic (9:45)


Apocalypse Now: Original Motion Picture Soundtrack

Apocalypse Now
地獄の黙示録

当時は2枚組LPで発売されたもののCD化。ヘリ音入りのドアーズ「ジ・エンド」、またジム・モリソン死後のドアーズのメンバー3人がレコーディングしたインスト「デルタ」(ドアーズの「ジ・エンド/デルタ」は7インチEP版も発売されていました)、銃撃/爆音の戦闘音入り「ワルキューレの騎行」など劇中の効果音とダイアローグ(セリフ)も含んだもの。

その他、プレイメイツが現れ混乱のさなか演奏される「スージーQ」(C.C.Rで有名なもの/オリジナルはデイル・ホーキンス。ただしこの演奏者名は不明)、塹壕の中、ラジオから流れるジミ・ヘン風のギター(奏者不明)など音楽というより、映画本編の音そのものを詰め込んだ大ヴォリュームの内容です。全29曲

 

『地獄の黙示録』撮影全記録
コッポラの妻エレノア・コッポラが綴った『地獄の黙示録』撮影ドキュメンタリー。ハード・カバー発売時は「コッポラの黙示録/ノーツ」のタイトルで発売されていた本ですが安くなって発売しています。
劇中に使ったヘリはフィリピン軍のもので、ゲリラが暴れだすと帰ってしまうとか、マックイーン、パチーノに断られた/マーロン・ブランドが言うことを聞かない…とか映画以上にたいへんなエピソードがたくさんあって読みごたえありです。



フルメタルジャケットフルメタルジャケット

Full Metal Jacket
フルメタル・ジャケット

スタンリー・キューブリック監督のベトナム戦争映画「フルメタル・ジャケット」サウンドトラック。
(「シャイニング」から8年振りの作品)

劇中に使用されたナンシー・シナトラ「にくい貴方 (These Boots Are Made for Walking)」、トラッシュメン「サーフィン・バード (Surfin’ Bird)」、 サム・ザ・シャム&ザ・ファラオズ「ウーリー・ブリー (Wooly Bully)」等の1960年代中期のヒット曲や、マーチング・バンド「海兵隊賛歌 (The Marines’ Hymn)」の他、10~15曲目までがアビゲイル・ミード作のスコア曲で、ほとんどパーカッションのみで構成される「Transition」「Parris Island」等など恐ろしいシーンを連想させるスコアを収録しています。全15曲41分収録。

鬼軍曹役のリー・アーメイの声で始まる海兵隊の掛け声の1曲目「Full Metal Jacket」は残念ながらヒップホップ風のアレンジになっています。

国内盤は現在廃盤。


1. Abigail Mead and Nigel Goulding / Full Metal Jacket (5:04)
フルメタル・ジャケット (アビゲイル・ミード&ナイジェル・グールディング)
2. Johnny Wright / Hello Vietnam (3:06)
ハロー・ベトナム (ジョニー・ライト)
3. The Dixie Cups / Chapel of Love (2:48)
チャペル・オブ・ラヴ (ディキシー・カップス)
4. Sam The Sham & The Pharaohs / Wooly Bully (2:21)
ウーリー・ブリー (サム・ザ・シャム&ザ・ファラオズ)
5. Chris Kenner / I Like It Like That (1:58)
アイ・ライク・イット・ライク・ザット (クリス・ケナー)
6. Nancy Sinatra / These Boots Are Made for Walking (2:41)
にくい貴方 (ナンシー・シナトラ)
7. The Trashmen / Surfin’ Bird (2:17)
サーフィン・バード (ザ・トラッシュメン)
8. The Goldman Band / The Marines’ Hymn (2:06)
海兵隊賛歌 (ゴールドマン・バンド)
9. Abigail Mead / Transition (0:32)
変遷
10. Abigail Mead / Parris Island (4:28)
パリス・アイランド
11. Abigail Mead / Ruins (2:12)
破壊
12. Abigail Mead / Leonard (5:57)
レナード
13. Abigail Mead / Attack (2:01)
攻撃
14. Abigail Mead / Time Suspended (1:04)
止まった時間
15. Abigail Mead / Sniper (3:17)
狙撃兵

トラッシュメン「サーフィン・バード」収録のアルバム↓

トラッシュメン

「These Boots Are Made For Walkin’ (にくい貴方)」収録、ナンシー・シナトラ、1966年のデビュー・アルバム↓
Boots

なおエンディングで流れるローリング・ストーンズの「黒く塗れ」はサントラに収録されていません。「ジャンピング・ジャック・フラッシュ」も収録のオリジナル・アルバム↓
スルー・ザ・パスト・ダークリー(ビッグ・ヒッツVol.2)The Rolling Stones - Through The Past Darkly (Big Hits Vol.2) - Paint It Black



プラトーン
PLATOON (1986)

オリバー・ストーン監督作、チャーリー・シーン、トム・ベレンジャー、ウィレム・デフォー 、フォレスト・ウィッテカー、ジョニー・デップが出演したベトナム戦争映画「プラトーン」サウンドトラックです。劇中、エリアスを残してヘリで飛び立つときの「アダージョ」から60年代のヒット曲、スモーキー・ロビンソン「トラックス・オブ・マイ・ティアーズ」、ジェファーソン・エアプレーン「ホワイト・ラビット」、オーティス・レディング「ドック・オブ・ベイ」、パーシー・スレッジ「男が女を愛する時」など全11曲33分収録。


1. ザ・ヴィレッジ(アダージョ)
The Village – Adagio For Strings (1:46)
Samuel Barber
2. トラックス・オブ・マイ・ティアーズ(スモーキー・ロビンソン)
Tracks Of My Tears (2:57)
Smokey Robinson
3. オーキィ・フロム・モスコーギー(マール・ハガード)
Okie From Muskogee (3:05)
Merle Haggard
4. ハロー・アイ・ラヴ・ユー(ドアーズ)
Hello, I Love You (2:13)
The Doors
5. ホワイト・ラビット(ジェファーソン・エアプレイン)
White Rabbit (2:33)
Jefferson Airplane
6. バーンズ・シューツ・エリアス
Barnes Shoots Elias (3:10)
Georges Delerue
7. リスペクト(アレサ・フランクリン)
Respect (2:28)
Aretha Franklin
8. ドック・オブ・ベイ(オーティス・レディング)
(Sittin’ On) The Dock Of The Bay (2:45)
Otis Redding
9. 男が女を愛する時(パーシー・スレッジ)
When A Man Loves A Woman (2:52)
Percy Sledge
10. グルーヴィン(ラスカルズ)
Groovin’ (2:31)
The Rascals
11. アダージョ
Adagio For Strings (6:53)
Samuel Barber

ジェファーソン・エアプレイン
劇中で流れた「ホワイト・ラビット」の他に「あなただけを(White Rabbit)」「帰っておくれ(Comin Back to Me)」など収録の名盤ファースト。
「ホワイト・ラビット」はアトム・エゴヤン監督作「秘密のかけら」でも使われています。

Surrealistic Pillow


プラトーン/サルバドル

PLATOON / SALVADOR
プラトーン スコア/ サルバドル/遥かなる日々

チャーリー・シーン、トム・ベレンジャー 、ウィレム・デフォー出演のベトナム戦争映画「プラトーン」と、ジェームズ・ウッズ、ジョン・サヴェージ主演の戦場カメラマンを描いた「サルバドル/遥かなる日々」サウンドトラック。
どちらもオリバー・ストーン監督、音楽ジョルジュ・ドルリューによるもので、全曲スコア曲です。エルサルバドルでの混乱ぶりを表すような恐怖感を煽るメイン・タイトル曲などほかのドルリュー作品では聴けない曲調が多く、悲壮感のあある楽曲も多くあります。プラトーン劇中で使われた「Adagio for Strings (バーバー:弦楽のためのアダージョ)」も収録。全20曲54分収録。PROMETHEUS盤。


MIKLOS ROZSA / GREEN BERETS

グリーン・ベレー ジョン・ウェイン主演のベトナムもの、ミクロス・ローザによるスコア初CD化 FSM限定3000枚 全31曲


ディア・ハンター
THE DEER HUNTER  (1978)

マイケル・チミノ監督作、
ロバート・デ・ニーロ、クリストファー・ウォーケン、ジョン・サヴェージ、メリル・ストリープと、この作品が遺作となるジョン・カザール出演「ディア・ハンター」サウンドトラック。
スタンリー・マイヤーズが作曲、ジョン・ウィリアムズによるギターとストリングスによる美しい「カヴァティーナ」(日本でも村治佳織などが取り上げた曲)と「サラバンド」に、結婚式のシーンで流れるロシア民謡「トロイカ」「カチューシャ」、ヘリコプターと機銃掃射の効果音で始まる悲壮感の漂うなオーケストラ曲「Struggling Ahead」、ニック(クリストファー・ウォーケン)亡き後、残った皆で歌う「God bless america」など全10曲24分収録。
国内盤

なお結婚式で歌われるフランキー・ヴァリ 『君の瞳に恋してる( Can’t Take My Eyes Off You )』は収録されておりません。
こちらのベスト盤がお薦めです
Very Best Of [Rhino]


タクシードライバー
タクシードライバー

タクシー・ドライバー

マーチン・スコセッシ監督作 ロバート・デニーロ、ジョディー・フォスター、シビル・シェパード、ハーヴェイ・カイテル出演作。トム・スコットによるサックスの演奏によるテーマ曲とデ・ニーロ演じるトラビス・ビックルのセリフ「You talkin’ to me?…」も収録、バーナード・ハーマンのスコア、印象的なスネアの連打~アレンジ曲やフュージョン的な楽曲も聞けるもので以前に発売されていたものより大幅に曲数が増えているものです。全18曲収録。

——————————————–

ジャクソン・ブラウン

劇中で流れる「レイト・フォー・ザ・スカイ」
「タクシー・ドライバー」劇中、トラビスが部屋でテレビを見ているときに流れる曲は、ジャクソン・ブラウンのサード・アルバム「レイト・フォー・ザ・スカイ」のタイトル曲です。ギターにデヴィッド・リンドレーが参加、同じくジャクソン・ブラウンのアルバム「プリテンダー」と共に傑作とされる作品でお薦めできます。


カジュアリティーズ
Casualties of War(1989)

ブライアン・デ・デ・パルマ監督作、マイケル・J・フォックス、ショーン・ペン出演、ベトナムを背景にしたサスペンス劇「カジュアリティーズ」サウンドトラック。
エンニオ・モリコーネ作曲、壮大なコーラスと物語を象徴するかのような悲劇的なメロディのテーマ「Casualties of War」、パン・フルートを加えたテーマのアレンジ曲とサスペンス的なスコア曲を収録。全12曲47分収録。
1曲目の9分に及ぶ「Casualties of War」はローランド・ジョフィ監督「ミッション」等が好きな方にもお薦めできる楽曲で神々しさを感じるスコアです。
ヨーヨー・マもモリコーネとの共演盤で演奏したテーマ曲で80年代の代表的なスコアとしてお薦めできます。



ジェイコブス・ラダー

ジェイコブス・ラダー
JACOB’S LADDER

ティム・ロビンス主演、ベトナム帰還兵の恐怖体験を描くホラー「ジェイコブス・ラダー」サウンドトラック。
エイドリアン・ライン監督が「危険な情事」に続いてコンビを組むモーリス・ジャールの音楽で、延々と不気味なホラー・スコアを収録、
演奏には松井和(尺八)、ヴァイオリンにはフランク・ザッパとの共演で知られるシャンカールが参加しています。
劇中挿入曲アル・ジョルスン「SONNY BOY」も収録して全6曲37分収録。


7月4日に生まれて

ベトナム戦争当時のヒット曲、ヴァン・モリソン、ドン・マクリーン、テンプテーションズ他とジョン・ウィリアムス作曲のスコアを収録。スコア曲は6曲と少なめですが、劇的でドラマティックに盛り上げる楽曲が多く、エンディングの6分弱に及ぶ「7月4日に生まれて」など感動するスコアでお薦めできます。全14曲57分収録。



ニューヨーク・コマンドー/セントラルパーク市街戦
ニューヨーク・コマンドー/セントラルパーク市街戦

ニューヨーク・コマンドー/セントラルパーク市街戦
THE PARK IS MINE

トミー・リー・ジョーンズ、ヤフェット・コットー出演、ベトナム帰還兵が公演を占拠する、スティーヴン・ピータース原作「公園はおれのもの」の映画化作品。タンジェリン・ドリームの作曲・演奏の1986年作品。全12曲50分収録。Silva盤



グッドモーニングヴェトナム

グッドモーニング,ベトナム
GOOD MORNING, VIETNAM

バリー・レヴィンソン監督作、ベトナム戦争時代、サイゴン在住の空軍DJ、エイドリアン・クロナウアーをロビン・ウィリアムズが演じたドラマ「グッドモーニング,ベトナム」サウンドトラック。ロビン・ウィリアムズの劇中のDJを曲間に挟んで、ゼム(ヴァン・モリソン)や、ビーチ・ボーイズ、ジェームズ・ブラウンとラストのルイ・アームストロング「この素晴らしき世界」など60年代ロック/ポップスの名曲を収録しています。
ノー・ホエア・トゥ・ラン(マーサ&ヴァンデラス)
アイ・ゲット・アラウンド(ビーチ・ボーイズ)
ゲーム・オブ・ラヴ(ウェイン・フォンタナ&マインドベンダーズ)
シュガー・アンド・スパイス(サーチャーズ)
ライアー,ライアー(キャスタウェイズ)
太陽をあびて(ビーチボーイズ)
アイ・ゴット・ユー(ジェイムス・ブラウン)
ベイビー・プリーズ・ドント・ゴー(ゼム)
デンジャー・ハートブレイク(マーヴェレッツ)
ファイヴ・オクロック・ワールド(ヴォーグス)
カリフォルニア・サン(リヴィエラズ)
この素晴らしき世界(ルイ・アームストロング)


ランボー2怒りの脱出

「ランボー2怒りの脱出」ジェリー・ゴールドスミスの傑作スコア。当時は未収録だった6曲を追加した完全版。迫力のヘリ空中戦シーン[VILLAGE
ROAD / HELICOPTER FLIGHT]などを追加。フランク・スタローンのエンディング曲も収録。59分収録。当時リアルタイムで観ていただけに、今でも、ものすごく燃えるスコア盤です。


ランボー
ランボー


Rambo (Original Motion Picture Soundtrack)

ランボー
RAMBO / First blood

デヴィッド・マレルの小説「一人だけの軍隊」の映画化作品、ダン・ヒルの歌う「イッツ・ア・ロング・ロード」も収録したシリーズ1作目。
ゴールドスミス作曲、アコースティック・ギターとトランペットのメロディで始まる穏やかな1曲目(テーマとなるメロディの原点)からはじまり、徐々にランボーの怒りを表すようなバトル・スコア「First Blood」「The Razor」などが連発します。
国内盤ジャケット内には「イッツ・ア・ロング・ロード」の英詩・日本語訳詩が記載されています。
——————————————–
Dan Hill – It’s A Long Road (Lyric)

It’s a long road
When you’re on your own
And it hurts when
They tear your dreams apart
And every new town
Just seems to bring you down
Trying to find peace of mind
Can break your heart

It’s a real war
Right outside your front door I tell ya
Out where they’ll kill ya
You could use a friend

Where the road is
That’s the place for me
Where I’m me in my own space
Where I’m free that’s the place
I wanna be

Cause the road is long yeah
Each step is only the beginning
No breaks just heartaches
Oh man is anybody winning

It’s a long road
And it’s hard as hell
Tell me what do you do
To survive
When they draw first blood
That’s just the start of it
Day and night you gotta fight
To keep alive

It’s a real war
Right outside your front door I tell ya
Out where they’ll kill ya
You could use a friend

Cause the road is long yeah
Each step is only the beginning
No breaks just heartaches
Oh man is anybody winning

The road is long yeah
Each step is only the beginning
No breaks just heartaches
Oh man is anybody winning

It’s a long road
It’s a long road


1950~1960年代
1970年代
1980年代
1990~2000年代
ベトナム戦争映画



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × two =