Soundtrack Paradise

ピノ・ドナジオ Pino Donaggio

[`yahoo` not found]

ピノ・ドナジオ

Pino Donaggio

 




ミッドナイト・クロス

ミッドナイトクロス
BLOW OUT (1981)

ブライアン・デ・パルマ監督作、ジョン・トラヴォルタ、ナンシー・アレン、ジョン・リスゴー出演の1981年のサスペンス「ミッドナイト・クロス」サウンドトラック。

ピノ・ドナジオ作曲。ストリングスや木管をふんだんに使ったオーケストラ曲と、当時風のエレクトリック・フュージョン~ディスコ風の楽曲のスコア。テーマ曲「Theme From “Blow Out”」は切なく悲しげなメロディが印象的な傑作です(この曲はタランティーノ監督の「デス・プルーフ in グラインドハウス」にも使われ、同サウンドトラックにも収録)
この他、オーケストラで迫力のあるサスペンス・スコア「Jack Saves Sally」、チョッパー・ベースが心地よいフュージョン風のインスト「Jack On The Move」、緊張感が高まるクライマックスのオーケストラ・スコア「Jack Kills Burke」~悲劇的なラスト「Good Scream/End Credits」(テーマ曲のアレンジ)、ソース・ミュージックとして劇中で流れるディスコ・ナンバー「Jack And Sally In Cafe」等を収録。

Prometheus盤でシリアル・ナンバー入りの限定盤。全21曲51分収録。

ミッドナイト・クロスミッドナイト・クロス


1. Theme From “Blow Out” (3:49)
2. Jack Saves Sally (2:25)
3. Hospital To Motel (2:08)
4. Jack On The Move (1:17)
5. Jack Cuts Pictures (1:49)
6. Freddie And The Mobster/Dead Freddie (2:42)
7. Jack And Sally In Cafe #2/Burke Kills Redhead (4:04)
8. Jack Discovers Gunshot (1:08)
9. Jack Hides The Tape & Film (0:56)
10. Burke At Phone booth/Burke & Manners/Evil Burke #1 (2:14)
11. Sally Slugs Karp (1:13)
12. Evil Burke #2/Jack On Phone To Donahue/Burke Calls Sally (1:43)
13. Burke To Phone booth/Burke Kills Hooker (3:02)
14. Sally To Station (1:12)
15. Burke Meets Sally/The Station (3:18)
16. Car Through Glass Window (1:20)
17. Burke Kills Sally (3:41)
18. Jack Kills Burke (2:47)
19. Good Scream/End Credits (3:51)
20. Jack And Sally In Cafe (3:48)
21. Coed Frenzy Disco (2:52)



超人ヘラクレス
超人ヘラクレス

超人ヘラクレス
Hercules (1983)

「ラストコンサート」の他、主にB級路線の多いルイジ・コッツイ(ルイス・コーテス)監督作、TV版「超人ハルク」に出演していたルー・フェリグノに、シビル・ダニング、ブラッド・ハリス出演のファンタジー/アドヴェンチャー「超人ヘラクレス」サウンドトラック。

ピノ・ドナジオ作曲、歴史劇風の重厚なスコアから、ブラス/ティンパニーをふんだんに鳴らしたアドヴェンチャー・スコアまで迫力のシンフォニック・サウンドが楽しめる全30曲72分収録。 INTRADA 1000枚限定盤。


1. Opening Titles (1:47)
2. Creation (4:16)
3. Thief In Thebes (3:25)
4. Kill The Baby (3:26)
5. Baby’s Ship #1 (2:24)
6. Hand Of God (2:04)
7. Evil Minos (2:49)
8. Bad Bear (1:31)
9. Bird Monster Attack (1:14)
10. Arena (1:31)
11. Love Theme (1:24)
12. Hercules “River” Theme (3:10)
13. Hercules Breaks Chains (4:13)
14. Ariana’s Boat (1:20)
15. Old Circe (0:50)
16. Isla Of Thera (0:26)
17. Hell’s Theme (2:59)
18. Hand Of Destiny (4:43)
19. Near Inferno (0:30)
20. The Inferno (2:48)
21. Approach Temple (2:26)
22. The Temple (1:20)
23. Baby’s Ship #2 (1:34)
24. Centaur (2:07)
25. Thera’s Labyrinth (2:54)
26. Prison Captives (Film Version) (2:37)
27. Prison Captives (LP Version) (3:09)
28. Cassiopia’s Descent (1:59)
29. True Love & Closing Titles (3:20)
30. Theme From “Hercules” (3:49)

聞いているとピノ・ドナジオを聞いていることを忘れるくらい派手なオーケストラです。



OCEANOOCEANO

OCEANO (1989)

「食人族」「バニシング」のルッジェロ・デオダート監督作、イレーネ・パパス、マリサ・ベレンソン、アーネスト・ボーグナイン出演のテレビ作品「OCEANO」サウンドトラック。

ピノ・ドナジオ作曲のオーケストラ・スコアと、シンセイサイザー使用の「Un Libro Aperto」「La Corsa Tra Le Roccie」、アコースティック・ギターのソロ曲「Guardare Lontano」等全20曲64分収録。

ギター演奏で参加しているパオロ・ステファンは「トラウマ 鮮血の叫び」にも参加しています。


1. L’Oceano (2:20)
2. L’Abbandono Dell’Isola (2:18)
3. Deflusso (2:08)
4. Paesana (2:56)
5. Naufrago (4:49)
6. Il Faro (2:36)
7. Amore All’Alba (2:42)
8. L’Avvertimento (2:08)
9. Il Nascondiglio (2:32)
10. Maria (1:41)
11. Un Libro Aperto (3:20)
12. La Sabbia Del Faro (3:11)
13. La Corsa Tra Le Roccie (2:20)
14. Guardare Lontano (5:33)
15. Il Pianto Di Maria (2:07)
16. Lasciare Indietro Le Cose (5:09)
17. Vivere (2:28)
18. Momento Decisivo (4:51)
19. La Barca Della Speranza (5:08)
20. La Nostalgia (4:17)





死海殺人事件

MYSTERY MOVIE SCORES
死海殺人事件
APPOINTMENT WITH DEATH  (1988)
アガサ・クリスティー/サファリ殺人事件
TEN LITTLE INDIANS  (1989)
ジェノサイド・ストーム
THE AMBASSADOR (1984)

80年代のミスタリー/サスペンス映画3作品のサウンドトラック。

ピーター・ユスティノフ、ローレン・バコール、キャリー・フィッシャーら出演、アガサ・クリスティー原作「死海殺人事件(1988)」ピノ・ドナッジオ作曲

ドナルド・プレザンス、フランク・スタローン出演アガサ・クリスティー原作「サファリ殺人事件 (1989)」ジョージ・S・クリントン作曲

エルモア・レナード原作、J・リー・トンプソン監督作、ロバート・ミッチャム主演「ジェノサイド・ストーム(日本未公開作/1984)」、ダヴ・セルツァー作曲

以上の3作品から各20分強のスコアで全18曲74分収録。
ピノ・ドナッジオ作曲のフル・オーケストラによる迫力の「The Chase」、アラビア風のメロディとドナジオの甘美なメロディが聞ける「Lady Westholme」
、ジョージ・S・クリントン作曲の11曲目、シンセ・コーラスをバックにチェロのソロを聞かせる美しいスコア「That Record」など聞きどころが多くあります。いずれもこのCDでしか聞けない音源ばかりで珍しいものです。





ハウリング
ハウリング

ハウリング
THE HOWLING

ジョー・ダンテ監督の「ピラニア」に続くヒット作、特殊メイクは後に「遊星からの物体X」「ロボコップ」でも有名なロブ・ボッティンによる「ハウリング」のサウンドトラックCD化。
ピノ・ドナジオ作曲、シンセを取り入れたオーケストラによる演奏で、狼の遠吠えから始まるオープニング・タイトルや、狼人間に変身するときの不気味なスコア「Transformation」、ハーモニカのメロディが印象的な美しい曲「End Title」、ボーナストラックとして劇中のテレビ・ニュース番組「Channel 6」のテーマや、効果音的な短いシンセ音なども収録。全34曲45分収録。

初回版のみピノ・ドナッジオのサイン入り!↓

ハウリング




チャイルド・プレイ
チャイルド・プレイ

SEED OF CHUCKY
チャイルド・プレイ/チャッキーの種

チャイルド・プレイ・シリーズの通産5作目の作品、ウォシャウスキー兄弟「バウンド」に出演したジェニファー・ティリー出演のほか、声の出演でヒップ・ホップのレッドマン、「ピンク・フラミンゴ」のジョン・ウォーターズ監督、ロード・オブ・ザ・リングのピピン役ビリー・ボイドが参加した「チャイルド・プレイ/チャッキーの種」サウンドトラック。

チャイルド・プレイのシリーズ全作品で脚本や製作総指揮などに関わったドン・マンシーニが初めて監督する作品で、音楽はブライアン・デ・パルマ作品でおなじみのピノ・ドナジオ作曲、ロンドン交響楽団の本格的なオーケストラ演奏による、ホラー・スコア盤です。
コーラスやプログラミング入りのスコアや、尺八入りの「Made in Japan/Yes, Santa Claus, There Is a Chucky」、「Konichiwa」など日本風な楽曲
、混声コーラスを入れた楽曲など全21曲53分収録

初回限定数のみ監督ドン・マンシーニとピノ・ドナジオ(!!)のサイン入り・ジャケットも付いています。

チャイルド・プレイ




キャリー
キャリー

CARRIE
キャリー

シシー・スペイセク、ナンシー・アレン、ジョン・トラボルタ出演、スティーヴン・キングの処女作としても知られブライアン・デ・パルマ監督の代表作「キャリー」サウンドトラック。デ・パルマと作曲家ピノ・ドナジオの初共演作。以降も多くの作品を残したコンビ作の中でも、オープニングのスローモーションのシャワーシーンで流れるテーマ曲の美しさが特にお薦めできる作品です。その他、劇中のホラー・スコアと挿入曲、ケイティー・アーヴィングのヴォーカル曲「I Never Dreamed Someone Like You Could Love Someone Like Me」「Born To Have It All」を収録。全18曲収録。RYKO盤は廃盤になりましたが、現在はVARESE盤で発売されています↓

Carrie [Original Motion Picture Soundtrack]


I Misteri Della Giungla Nera

I Misteri Della Giungla Nera

ステイシー・キーチ、ヴィルナ・リージ出演、日本未公開のTV作品「I Misteri Della Giungla Nera」サウンドトラック。
「ニューシネマ・パラダイス」などエンニオ・モリコーネ作品の演奏を多く手がけるローマ音楽家組合管弦楽団の演奏、
ストリングスのゆったりしたメロディが美しい「Kammamuri E Tremal Naik」、民族楽器やコーラスを配した幻想的なスコアや、シンフォニックによる迫力の「Alla Ricerca Di Ada」などバリエーションが豊富なピノ・ドナジオの1991年作品です。
全25曲56分収録。




SOUNDTRACK

ピラニア 限定1000枚

ジョー・ダンテ監督の出世作「ピラニア」サウンドトラック。デ・パルマ作品などのエロティック/サスペンスのスコアを得意とするピノ・ドナジオ作曲のスコア盤です。静かで美しくも不気味な1曲目を始め、クラシック/室内楽風の曲から、ギターによるアコースティックな楽曲など収録しています。VARESE限定1000枚の品物です。


悪霊墓地カタコーム  ピノ・ドナッジオ 限定500枚

「処刑教室」のティモシー・ヴァン・パタン出演1988年の日本未公開作「悪霊墓地カタコーム」サウンドトラック。ピノ・ドナッジオ作曲、18分に及ぶカタコーム組曲をはじめ混声合唱を大々的に取り入れたホラー・スコアです。数々のドナッジオ作品の中でもホラー度の高い異色な作品です。全8曲39分収録、DIGITMOVIE盤、限定500枚の品物です。



背徳小説 第二章
Cosi’ fan tutte (1992)

「カリギュラ」「サロン・キティ」等イタリアのエロティック作品で有名なティント・ブラス監督作品、クラウディア・コール、パオロ・ランザ 出演「背徳小説 第二章(伊題COSI’ FAN TUTTE)(米題All Ladies Do It)」サウンドトラック。

ピノ・ドナッジオ作曲、オーケストラと、「トラウマ 鮮血の叫び」でも参加していたパオロ・シテファンによるシンセ/プログラミングでの官能的なスコアを収録。全14曲33分収録。1992発売のイタリアCINEVOX盤。


1. Mozartiana (4:23)
2. L’Altana Di Venezia (1:53)
3. Diana (2:55)
4. Serata Nebbiosa (0:54)
5. Ridere… Ridere… Ridere… (2:46)
6. Ciacole (0:46)
7. Porno In TV (3:11)
8. Love Raider (5:28)
9. Il Negozio (1:23)
10. In Macchina (0:47)
11. Sogno Erotico (1:31)
12. Campiello Degli… (0:32)
13. Botta D’Allegria (4:16)
14. Lettera A Marika (2:50)



トラウマ 鮮血の叫び

ダリオ・アルジェント監督、娘アーシア・アルジェント主演「トラウマ 鮮血の叫び」
サウンドトラック。10分にも及ぶ未発表の組曲を追加、ジャケットを新装した全26曲60分収録。劇中に流れるローラ・エヴァンの美しいヴォーカル曲[RUBY
RAIN]と、ピノ・ドナジオ作曲の妖しいストリングス・スコアを収録。イタリア盤。



チャイナ9、リバティ37

「断絶」のモンテ・ヘルマン監督作、ウォーレン・オーツと映画監督のサム・ペキンパーも役者と出演した1978年作「チャイナ9、リバティ37 AMORE
PIOMBO E FURORE(China 9 Liberty 37)」サウンドトラックです。作曲は「殺しのドレス」「ミッドナイト・クロス」などブライアン・デ・パルマ監督作の音楽で知られるピノ・ドナッジオ作曲です。ハーモニカ中心の音楽で、テーマ曲が特にお薦めできる楽曲です。PROMETHEUSレーベルより一度だけCD化したサントラで今では入手が難しい品物です。



サントラ

殺しのドレス
DRESSED TO KILL  (1980)

ブライアン・デ・パルマ監督作、 マイケル・ケイン、ナンシー・アレン、アンジー・ディキンソン出演のサイコ・サスペンス「殺しのドレス」サウンドトラック。
ピノ・ドナッジオ作曲のオーケストラ・スコア。

ストリングスとコーラスで妖しくエロティックなオープニングのシャワーシーン、そのテーマ曲「The Shower 」に、ブライアン・デ・パルマ特有の長回しで見せる博物館でのスコア「The Museum」、ヒッチコック/バーナード・ハーマン風シンフォニック・スコアで、エレベーター内での恐怖シーンを一層印象付ける「Death In The Elevator」など官能的なものからホラー・スコアまで聞けるピノ・ドナジオの傑作です。全13曲40分収録。



ブライアン・デ・パルマ・ピノ・ドナジオ作品集

Brian De Palma Music

ブライアン・デ・パルマ監督とピノ・ドナジオ音楽の作品のテーマと主なスコアを集めたコンピレーション盤。ほとんどが単品でCD化しましたがカルトな「悪夢のファミリー」や80年代の地味ながら傑作の「ボディダブル」など収録しています。
収録作品
キャリー (1976)
CARRIE
悪夢のファミリー<未> (1979)
HOME MOVIES
殺しのドレス (1980)
DRESSED TO KILL
ミッドナイトクロス (1981)
BLOW OUT
ボディ・ダブル (1984)
BODY DOUBLE
レイジング・ケイン (1992)
RAISING CAIN




レイジング・ケイン

レイジング・ケイン
RAISING CAIN

ブライアン・デ・パルマ監督作、
ジョン・リスゴー、ロリータ・ダヴィドヴィッチ、スティーヴン・バウアー出演のサスペンス「レイジング・ケイン」サウンドトラック。ピノ・ドナジオ作曲の
コーラス入りのエロティックな「Cain Takes Over」やストリングスの美しい「Love Wins」と、ダークなサスペンス・スコアを収録、全19曲52分収録。


Morte in Vaticano

テレンス・スタンプ主演の1982年作、日本未公開のサスペンス映画です。全16曲、36分収録しています。



赤い影
DON’T LOOK NOW (1973)

ニコラス・ローグ監督作、ドナルド・サザーランド、ジュリー・クリスティ出演の「赤い影」サウンドトラック。

オカルト風スコア「Christine Is Dead」「Strange Happenings」、パイプオルガンの「Candles For Christine」、ピアノ/アコースティック・ギターとフルートなどによる綺麗なスコア曲「John’s Theme (Love Scene)」等全12曲31分収録。

1. John’s Theme (Children Play) (1:36)
2. Christine Is Dead (2:11)
3. Candles For Christine (3:05)
4. John’s Theme (Love Scene) (4:20)
5. Strange Happenings (2:40)
6. John’s Theme (Laura Leaves Venice) (1:00)
7. John’s Vision (Laura’s Theme) (1:50)
8. Searching For Laura (Laura’s Theme) (1:05)
9. Through The Streets Of Venice (0:53)
10. Laura Comes Back (3:31)
11. Dead End (4:40)
12. Laura’s Theme (The Last Farewell) (4:50)



デッドチャンネル

Qualcuno in ascolto
デッドチャンネル

「グッドモーニング・バビロン!」「生きてこそ」のヴィンセント・スパーノ主演のサスペンス作品「デッドチャンネル」サウンドトラック。
スイス・アルプスを背景に始まる映画でオープニング曲は、他のピノ・ドナジオと違いアドヴェンチャー・スコア風のスケールの大きな楽曲。
その他、全般に静かめなサスペンス・スコアが中心ですが強烈な盛り上がりを聞かせる「Combattimento e fuga」や、クラシック風の美しい「Dove osano le aquile」なども収録。全16曲52分収録。イタリア盤。




ストレンジャー
NEVER TALK TO STRANGERS (1995)

レベッカ・デモーネイ(X-MEN、ファムファタール)、アントニオ・バンデラス主演のサスペンス「ストレンジャー」サウンドトラック。ピノ・ドナジオ作曲のスコアはテーマ曲、エンディング・テーマと[SNOW DANCE]の全3曲で少ないですがストリングスで盛り上がるテーマ曲など聞きごたえあります。そのほかエドウィン・コリンズ「A GIRL LIKE YOU」や、ナイロンズ「Sexual Healing」など劇中挿入曲を収録。全12曲46分収録。


1. Sarah’s Theme (Opening Theme) / Pino Donaggio (4:01)
2. Her Body Makes Vows / Exchange (4:20)
3. Lovesick / Preformed by Alfonzo Blackwell (3:37)
4. A Girl Like You / Edwyn Collins (4:00)
5. Come and Get It / China (3:42)
6. Sexual Healing / The Nylons (4:51)
7. Paranoia / The Barstool Prophets (3:37)
8. A Mover La Colita / Artie the 1 Man Party (3:09)
9. Snow Dance / Pino Donaggio (2:29)
10. At Last / Tina Moore (3:07)
11. I Should Feel Empty / Gwen Swick (5:10)
12. Never Talk (Closing Theme) / Pino Donaggio (4:36)

下は国内盤ジャケット↓
ストレンジャー



ダスティ・スプリングフィールド

ザ・ベリィ・ベスト・オブ
ダスティ・スプリングフィールド
The Very Best Of Dusty Springfield

ピノ・ドナジオ作「You Don’t Have To Say You Love Me」

ダスティ・スプリングフィールドのベスト・アルバム。
ソロ第1弾でベイ・シティ・ローラーズなど多くのカバー曲でも有名な「I Only Want To Be With You (二人だけのデート)」、
ジェリー・ゴフィン&キャロル・キング作「Goin’ Back (ゴーイン・バック)」のほか、
バート・バカラック&ハル・デヴィッド作「I Just Don’t Know What To Do With Myself (恋のとまどい)」に
「The Look Of Love (恋の面影)」、映画「パルプ・フィクション」で使われた「Son Of A Preacher Man (プリチャー・マン)」、かなり以前に大鵬薬品「チオビタドリンク」のTV-CF曲として使われていた「You Don’t Have To Say You Love Me (この胸のときめきを)など代表曲を全25曲78分収録。


1. Spooky (2:46)
スプーキー
2. I Only Want To Be With You (2:38)
二人だけのデート
3. In Private (4:17)
イン・プライヴェート
4. I Just Don’t Know What To Do With Myself (3:05)
恋のとまどい
5. Give Me Time (3:08)
ギヴ・ミー・タイム
6. Some Of Your Lovin’ (3:04)
サム・オブ・ユア・ラヴィン
7. Goin’ Back (3:31)
ゴーイン・バック
8. You Don’t Have To Say You Love Me (Io Che Non Vino (Senza Te)) (2:50)
この胸のときめきを
9. What Have I Done To Deserve This? (4:16)
届かぬ思い(ペット・ショップ・ボーイズ・フィーチャリング・ダスティ・スプリングフィールド)
10. I Close My Eyes And Count To Ten (3:11)
この目をとじて
11. Wishin’ And Hopin’ (2:56)
ウィッシン・アンド・ホーピン
12. Little By Little (2:20)
リトル・バイ・リトル
13. Stay Awhile (1:57)
ステイ・アホワイル
14. All I See Is You (3:24)
この恋をひとすじに
15. Nothing Has Been Proved (4:34)
ナッシン・ハズ・ビーン・プルーヴド
16. Losing You (3:02)
ルージング・ユー
17. Twenty Four Hours From Tulsa (3:05)
タルサからの24時間
18. In The Middle Of Nowher (2:48)
イン・ザ・ミドル・オブ・ノーホエア(Remix)
19. Son Of A Preacher Man (2:27)
プリチャー・マン
20. Anyone Who Had A Heart (2:55)
エニワン・フー・ハッド・ア・ハート
21. If You Go Away (3:53)
行かないで
22. I’ll Try Anything (2:28)
アイル・トライ・エニシング(Remix)
23. How Can I Be Sure? (2:47)
たかなる心
24. Wherever Would I Be (3:54)
ホエアエヴァー・ウッド・アイ・ビー?
25. The Look Of Love (3:33)
「カジノ・ロワイヤル」~恋の面影

「You Don’t Have To Say You Love Me (この胸のときめきを)」の作者はヴィト・パラヴィチーニに、ピノ・ドナジオが映画音楽でキャリアを築く前の楽曲(ダスティ・スプリングフィールド、エルヴィス・プレスリーが歌い世界的なヒット)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen − 10 =