Soundtrack Paradise

リズ・オルトラーニ Riz Ortolani


リズ・オルトラーニ

Riz Ortolani

 


I Giorni Dell'ira

怒りの荒野
I GIORNI DELL’IRA (1967)
DAY OF ANGER

トニーノ・ヴァレリ監督作、リー・ヴァン・クリーフ、ジュリアーノ・ジェンマ出演「怒りの荒野」サウンドトラック。

リズ・オルトラーニ作曲、鋭いブラスの響きと、エレクトリック・ギターのフレーズが勇ましいタイトル曲「I giorni dell’ira」、
銃声や馬の嘶きなど効果音入りの「Senza pieta’」、トランペット・ソロで静かに盛り上げる「Una notte serena」などイタリア・オリジナル盤LPと同内容の1~11曲目までと、12曲~27曲目まではステレオ・レコーディングでの音源を収録。
哀愁のハモニカ・ソロ「Una notte serena」、淡々としたリズムとホーンでかっこよい「Fino all’ultimo colpo」等全27曲58分収録。
リマスターにより音質が良くレベルも高く収録しています。
イタリアGDM限定盤。

旧RCA盤(全19曲37分)
RCA盤は12~19曲目までがリー・ヴァン・クリーフ主演の「風の無法者」(1967)を収録したカップリング盤。
怒りの荒野オルトラーニ

Amazon mp3ダウンロード販売
怒りの荒野(リズ・オルトラーニ) Day Of Anger Soundtrack



世界残酷物語
世界残酷物語

世界残酷物語
MONDO CANE

グァルティエロ・ヤコペッティ監督作、後の残酷シリーズやモンド映画の原点的な作品「世界残酷物語」

リズ・オルトラーニが手掛けた映画音楽の中でも最も古い作品(1962年作)でありながら、美しいメロディが有名な「モア」を収録した「世界残酷物語」サウンドトラック。「モア」という曲名自体は後のカバー・バージョンにつけられたもので、そのメロディの原曲は、このアルバムでは1曲目や5曲目で聞くことができます。
(カバーでは、アンディ・ウィリアムスが有名)。この他にはマンドリンによる哀愁のあるイタリアン・メロディの6曲目や、ビッグ・バンド・ジャズの10曲目、静かな混声コーラスによる15曲目など収録。どの曲も、純粋に音楽のみで楽しめる作品でお薦めできます。全15曲40分収録。


1. Life Savers Girl (2:46)
2. L’Isola Maledetta (2:53)
3. Ragazze E Marinai (1:24)
4. Hong Kong Cha Cha Cha / Colazione Al Colony (3:33)
5. L’ultimo Volo (2:46)
6. Dog Meat (1:08)
7. China Tarantella (1:25)
8. I Pescatori Di Ragjput / Gli Squali (4:25)
9. Ti Guardero’ Nel Cuore (3:51)
10. Free Way (1:53)
11. Casa Della Morte (1:47)
12. Il Purgatorio (1:33)
13. Repabhan Strasse (2:21)
14. La Forcada (3:47)
15. Cargo Cult (Finale Del Film) (4:40)

輸入盤
国内盤 2007/2/7 発売

Amazon mp3ダウンロード販売
世界残酷物語(リズ・オルトラーニ) Mondo Cane





THE GENIUS OF RIZ ORTOLANI
バラキ
アンツィオ大作戦
世界残酷物語 など36曲

リズ・オルトラーニの60年代からの代表作とプピ・アヴァティ監督2005年最新作「Ma Quando Arrivano Le Ragazze?」までCD2枚組36曲、2時間以上を収録した集大成ベスト。

テレンス・ヤング監督、ブロンソン主演の「バラキ」、ロバ-ト・ミッチャム、ピ-タ-・フォ-ク出演の戦争映画「アンツィオ大作戦」をはじめ、「食人族」、「ヤコペッティの残酷大陸」、ウィリアム・ホールデン、丹波哲郎出演「第七の暁」、「ブラザー・サン・シスター・ムーン」(イタリア公開版の音楽)を収録。

その他、主なところで
ルチオ・フルチ監督のスリラー「マッキラー」、
イングリッド・バーグマン出演作「黄色いロールス・ロイス」、
1966年作品「虎の谷」、
ダミアーノ・ダミアーニ監督作「対決・マフィアに挑む男」、
ディノ・リージ監督作「追い越し野郎」、
「ナイト・オブ・ゴッド」、
マーティン・バルサム、フランコ・ネロ出演「警視の告白」、
マイケル・ケイン出演「女と女と女たち」、
ヤコペッティ「世界残酷物語」、
ラクウェル・ウェルチ出演の「大泥棒」、
ロミー・シュナイダー主演作(未公開)、
プピ・アヴァティ監督作「追憶の旅」、
「ジャズ・ミー・ブルース」のプピ・アヴァティ監督、2003年作と日本未公開作も含んで全36曲。カティーナ・ラニエリ、ジョニー・マティスらのヴォーカル入りもあり「世界残酷物語」は組曲と2004年の「モア」新録版を収録。満足度の高い2枚組です。

ブックレット内にはウォルター・マッソー、ロバート・レッドフォード、クインシー・ジョーンズ、ヴィットリオ・デ・シーカ監督らとの写真が掲載、また写真に収まりっていませんが、折りたたんだミニ・ポスターが封入されています。↓





食人族
食人族

食人族
CANNIBAL HOLOCAUST

ルッジェロ・デオダート監督のイタリア (モンド) ホラー、日本では1983年に公開された「食人族」サウンドトラック。

イタリアの音楽家リズ・オルトラーニ作曲の傑作サウンドトラックでムーグ・シンセとアコースティック・ギターによるメロディが美しいメイン・テーマ、ストリングスによる綺麗な「Crucified Woman」、エレピとオーバードライヴの効いたエレクトリック・ギターによるアドリブ・ソロが炸裂するフュージョン風の9曲目「Drinking Coco」など収録、デジタル・リマスター盤で音質が向上した全10曲33分収録。グロい映画本編とは裏腹に綺麗な楽曲が多いサウンドトラックです。

PCでは劇場予告編とリズ・オルトラーニのインタビュー映像(イタリア語/英語字幕付き-日本語はありません)を収録しています。

1. Cannibal Holocaust (Main Theme) (3:00)
2. Adulteress’ Punishment (3:25)
3. Cameramen’s Recreation (3:20)
4. Massacre Of The Troupe (3:57)
5. Love With Fun (2:58)
6. Crucified Woman (2:23)
7. Relaxing In The Savana (3:09)
8. Savage Rite (3:45)
9. Drinking Coco (3:27)
10. Cannibal Holocaust (End Theme) (3:55)

Amazon mp3ダウンロード販売
食人族(リズ・オルトラーニ) Cannibal Holocaust by Riz Ortolani




大残酷

ヤコペッティの大残酷
MONDO CANDIDO  (1974)

グァルティエロ・ヤコペッティの1974年作品で唯一ドキュメンタリー作品ではない劇映画「ヤコペッティの大残酷」。
メロディの明るいポップな「Le Soldatesse」、ホーンのユニゾンによる軽快な「Panglos a New York」、派手なロック・チューン「Cani E Gatti」、喘ぎ声だらけの「Ferro, Chitarra E Amore」のほか、ストリングスによる美しいテーマ「Mondo Candido」や「Un Amore Cosi Tenero」など収録の全10曲29分収録。



世界女族物語
LA DONNA NEL MONDO (1962)

ヤコペッティ監督が世界の女性を撮ったドキュメンタリー映画(ヤコペッティ映画は当然ですが一部演出もあり)の「世界女族物語」サウンドトラック。
日本のみでCD化した全11曲で、リズ・オルトラーニ作曲。(3,9曲目のみ「ネブラスカの一匹狼」「続・世界残酷物語」のニーノ・オリヴェイロの作曲)

当時の流行のツイストをバンド演奏による賑やかなアレンジで聞かせる「Donna Twist」「Night Las Vegas」と、イージー・リスニング風「Baci A Parigi」、アコーディオン入りのワルツ曲「Baci A Parigi」を収録。ニーノ・オリヴェイロによる悲しげなメロディが特に綺麗な「Sirena E Strada Chiusa」「Angelica Mia」も聞きどころです。全11曲34分収録。

Amazon mp3ダウンロード販売
世界女族物語(リズ・オルトラーニ) Women Of The World Soundtrack




警視の告白
警視の告白

Confessione Di Un Commissario Di Polizia Al Procuratore Della Repubblica
警視の告白

「サブウェイ・パニック」「パニック・イン・スタジアム」のマーティン・バルサムとフランコ・ネロ出演、
「シシリアの恋人」のダミアーノ・ダミアーニ監督の1971年作品「警視の告白」サウンドトラック。
重く美しいタイトル曲「Confessions of a Captain」をはじめ、ギターをリードとしたジャズ・ファンク風の「Memories of Serena」「Serena and Lomunno」、ハモンド・オルガン曲「Transvestites」のグルーヴ・ジャズなど暗めのスコア曲とジャズ曲を収録。

クラウス・キンスキーが出演したホラー/スリラー「Nella Stretta Morsa Del Ragno」10曲とのカップリング盤です。ディストーションの効いたエレクトリック・ギターとストリングスのスコア曲で異様な雰囲気を持つ楽曲です。全20曲59分収録。
(米題:Confessions of a Police Captain/In the Grip of the Spider)



ブラザー・サン シスター・ムーン
BROTHER SUN, SISTER MOON (1972)
Fratello sole sorella luna

フランコ・ゼフィレッリ監督作、グレアム・フォークナー、ジュディ・バウカー、リー・ローソン、アレック・ギネス 出演の「ブラザー・サン シスター・ムーン」サウンドトラック。

「世界残酷物語」「警視の告白」「バラキ」など、美しいスコアが有名な得意とするリズ・オルトラーニの作曲。
イタリア公開版のサントラですのでドノヴァンの歌は収録されていませんが、8曲目にイタリア人歌手クラウディオ・バリョーニによるイタリア語ヴォーカル・バージョンを収録しています。13曲目「Francesco va solo nel mondo」はコーラスのアレンジで収録しています。
オーケストラ・アレンジの1曲目や同曲のアレンジ「Incontro con Chiara」等、ストリングスの美しいスコア曲も特にお薦めできる作品です。
全13曲37分収録。


1. Fratello sole sorella luna1 (3:21)
2. Incontro con Chiara (2:40)
3. Partenza e ritorno dalla guerra (3:31)
4. Preghiera semplice (2:42)
5. Lullaby (2:04)
6. Incontro con il pontefice (4:22)
7. Francesco coi tintori (2:39)
8. Fratello sole sorella luna (2:58)
9. Conversione di Bernardo (2:22)
10. Spogliazione di Francesco (3:28)
11. Chiara con Francesco (2:00)
12. Udienza Papale (2:29)
13. Francesco va solo nel mondo (3:17)




女の秘めごと リズ・オルトラーニ

「サンゲリア」「地獄の門」で有名なルチオ・フルチ監督作、マリーザ・メル主演「女の秘めごと(UNA
SULL’ ALTRA)」サウンドトラック。「世界残酷物語」のリズ・オルトラーニ作曲のビッグ・バンドによるジャズ・スコアで迫力のイントロで始まるタイトル曲や、物憂げなサックス・ナンバー「スーザン・アンド・ジェーン」や、とても疾走感のある「ザ・ローリング・トゥエンティーズ」など聴きどころの多い作品です。オルトラーニの傑作としてお薦めできます。全11曲31分収録。上記国内盤は廃盤です。入手しやすいのはイタリアDAGORED盤です↓
Riz Orolani: Una Sull'Altra




愛の幻影
FANTASMA D’AMORE

「結婚宣言」のディノ・リージ監督作、マルチェロ・マストロヤンニ、ロミー・シュナイダー主演、81年作、「愛の幻影」サウンドトラックです。「警視の告白」「世界残酷物語」のリズ・オルトラーニ作曲のスコアです。哀愁漂うテーマ曲で、およそ半分の演奏にはベニー・グッドマン(86年没)がクラリネットを吹いています。


URSUS

URSUS
Ursus Nella Terra Di Fuoco
(獅子王の逆襲 (1963))
Ursus Nella Valle Dei Leoni
Gli Invincibili Tre

イタリア製の歴史劇/スペクタクル・アドヴェンチャー作品、1960~1964年製作の4作品のコンピレーション盤。
ロマン・ヴラド作曲「URSUS」、リズ・オルトラーニ作曲「獅子王の逆襲(Ursus Nella Valle Dei Leoni)」、カルロ・サヴィーナ作曲「Ursus Nella Terra Di Fuoco」
、アンジェロ・フランチェスコ・ラヴァニーノ作曲「Gli Invincibili Tre」の4作品
各々10曲前後のタイトル曲やスコア曲で全43曲59分収録。

「世界残酷物語」等とほぼ同時期のオルトラーニの初期作品「獅子王の逆襲」ほか、すべてシンフォニックによるダイナミックなスコア曲を収録しています。



Primo amore

Primo amore (1978)
Il Giorno del furore (1973)

ディノ・リージ監督作、ウーゴ・トニャッツィ、オルネラ・ムーティ出演「Primo amore」(1978)と、
アントニオ・カレンダ監督作、オリヴァー・リード、カロル・アンドレ、クラウディア・カルディナーレ出演「Il Giorno del furore」(1973)
のカップリング盤サウンドトラック。

サックスによる甘美なメロディの1曲目「First Love」ヤヴォーカル入りのディスコ風ナンバー「Give Me A Chance」「Music And Love」とライト・フュージョン風のスコアを収録。

「Il Giorno del furore」はロシアのミハイル・レールモントフ原作で、バラライカを用いたロシア民謡風の「La Bella Anya」や「Triste Estate」、ハープシコードとストリングスの「Amore Impossibile」等悲しげで美しいメロディの楽曲も多く聞けます。

全18曲59分収録。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 − 3 =