Soundtrack Paradise

マイケル・ダナ MYCHAEL DANNA

[`yahoo` not found]

マイケル・ダナ

MYCHAEL DANNA

 


9.11 あの日を忘れない

9.11 あの日を忘れない
THE GUYS (2002)

ジム・シンプソン監督作、シガーニー・ウィーヴァー、アンソニー・ラパリア出演の日本未公開作「9.11 あの日を忘れない」サウンドトラック。

マイケル・ダナ作曲、ピアノを中心としたアコースティック/シリアスなスコアと、メアリー・フォールの歌う「The Dawning of the Day」を収録した全12曲35分。

1. The Dawning of the Day (4:39)
2. My Beautiful, Gleaming… (4:03)
3. Bill (1:30)
4. Are you ok? (4:04)
5. Jimmy (1:30)
6. What they were waiting for (1:22)
7. Where were you that morning? (3:54)
8. Patrick (2:12)
9. Follow me (4:02)
10. Barney (1:55)
11. The Dawning of the Day (2:14)
12. Mary Fahl / The Dawning of the Day (4:35)



アララトの聖母

アララトの聖母
ARARAT (2002)

アトム・エゴヤン監督作、シャルル・アズナヴール、デヴィッド・アルペイ、アルシネ・カンジアン出演「アララトの聖母」サウンドトラック。
マイケル・ダナ作曲、教会音楽/グレゴリアン・チャント~民族音楽などを取り入れた厳かなスコア曲で、
ベイルート出身のソプラノ歌手イザベル・バイラクダリオン(Isabel Bayrakdarian-ハワード・ショア作曲「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」サウンドトラックにも参加しています) による「Oor Es Mayr Eem」の他、中近東風の民族楽器を取り入れた「Final stand」「Call to action」等収録。全体的に沈鬱なシリアス・スコアです。全20曲48分収録。

輸入盤ジャケット↓
Ararat [Original Motion Picture Score]

DVD



楽園をください

楽園をください
RIDE WITH THE DEVIL (1999)

アン・リー監督作、トビー・マグワイア、スキート・ウールリッチ等出演「楽園をください」サウンドトラック。

マイケル・ダナ作曲。
バンジョー、フィドル等アコースティック/アメリカ南部のルーツ・ミュージック風スコアと、「Clark Farm Shootout」「The Ambush」「Battle And Betrayal」等での鳴りの激しいオーケストラによるスコアで全21曲53分収録。



スウィート ヒアアフター

スウィート ヒアアフター
THE SWEET HEREAFTER (1997)

イアン・ホルム、カーザン・バンクス、サラ・ポーリー出演、アトム・エゴヤン監督作「スウィート ヒアアフター」サウンドトラック。
主題歌「スウィート ヒアアフター」等5曲に出演しているサラ・ポーリーがヴォーカルと作詞を担当、
マイケル・ダナ作曲のスコアはリコーダー、フルート、リュート等シンプルで少ない楽器数でのアコースティック・スコアで全15曲52分収録。
1997年カンヌ映画祭グランプリ受賞作。



Where the Truth Lies [Original Motion Picture Soundtrack]

秘密のかけら
WHERE THE TRUTH LIES (2005)

アトム・エゴヤン監督作、ケヴィン・ベーコン、コリン・ファース、アリソン・ローマン出演のサスペンス「秘密のかけら」サウンドトラック。
マイケル・ダナの音楽でヒーリング/アンビエント・ミュージック風のスコア。劇中のTV番組のブラス・バンドの音楽も収録。全22曲47分収録。

劇中で歌ている曲は収録していませんが元ネタはジェファーソン・エアプレインの「ホワイト・ラビット 」(アルバム「Surrealistic Pillowの10曲目に収録) またモーリーンがソファの上で死んでいるところではファンカデリックの「マゴットブレイン
」(エディ・ヘイゼルのギターソロ)が流れています。



マイケル・ダナ

Sirens
Mychael Danna

現在は主に映画音楽の作曲家として有名なマイケル・ダナの1991年のソロ・ファースト・アルバム。
シンセサイザー/シンクラヴィア、ギター、ピアノを演奏するマイケル・ダナのほか参加ミュージシャンに弟ジェフ・ダナ(g)や、ペダル・スチール・ギター、フルート、バグパイプなど取り入れ全編が夢見心地なスペーシーなサウンドで、ひたすらゆっくりとした音楽で癒される作品です。全9曲46分収録



17歳のカルテ

17歳のカルテ(1999)
GIRL, INTERRUPTED

「アイデンティティー」「コップランド」「ニューヨークの恋人」のジェームズ・マンゴールド監督作、ウィノナ・ライダー、ウーピー・ゴールドバーグと、この作品でアカデミー助演女優賞を受賞したアンジェリーナ・ジョリー出演「17歳のカルテ」サウンドトラック。

劇中で歌われる「恋のダウンタウン」のぺトゥラ・クラークによるオリジナル・バージョン、女性カントリー・シンガー、スキーター・デイヴィスの美しい名曲「The End of the World」、ボブ・ディランのオリジナル曲をヴァン・モリソン率いるゼムによる「It’s All over Now, Baby Blue」、ザ・バンドの名盤「ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク」に収録の「The Weight」、ジェファーソン・エアプレーンの名盤「シュールリアリスティック・ピロー」に収録の「Comin’ Back to Me」に、アレサ・フランクリン、チェンバーズ・ブラザーズ、ママス&パパスを収録。11~29曲目まではマイケル・ダンナのスコア曲で全29曲73分収録。



『 O[オー] 』

ジョシュ・ハー トネット主演作、シェイクスピア劇「オセロー」の現代に置き換えた作品『 O[オー] 』サウンドトラック。中世古楽器を導入したオーケストレーションで、全編にほの暗い音調でとても重々しく悲劇的な楽曲を収録しています。本編のクライマックス部分で聞かれたジュゼッペ・ヴェルディの『オテロ』第4幕「アヴェ・マリア」も収録。43分収録。




百合の伝説/シモンとヴァリエ

「スウィート・ヒアアフター」、「エキゾチカ」を手掛けたマイケル・ダンナ作曲、収録曲のほとんどがア・カペラ・コーラスによるミサ曲で、神秘的な音楽を収録したマイケル・ダンナのスコア盤です。全18曲43分収録。国内盤、帯、日本語解説書付きです。



偶然の恋人

ベン・アフレック/グウィネス・パルトロウ主演んP「偶然の恋人(BOUNCE)」サウンドトラック。カナダの監督、アトム・エゴヤンとのコラボレーションで知られるマイケル・ダンナによるスコア。アコースティック楽器を中心としたヒーリング・ミュージック的な音楽です。全18曲30分収録。





フェリシアの旅
FELICIA’S JOURNEY (1999)

アトム・エゴヤン監督作、エレイン・キャシディ、ボブ・ホスキンス出演のドラマ「フェリシアの旅」サウンドトラック。
マイケル・ダンナ作曲のスコアで、アイリッシュ音楽~マントヴァーニ風のタイトル曲と「Heart Strings」や、マルコム・ヴォーガムの挿入曲「My Special Angel」、ボブ・ホスキンの「MY SPECIAL ANGEL」を収録、全15曲44分収録しています。


SUMMERLAND

Mychael Danna & Tim Clement
Summerland

マイケル・ダナとティム・クレメントによる、全曲シンセ/サンプリングによるヒーリング・ミュージック。
映画音楽はアトム・エゴヤン監督の「ファミリー・ビューイング (Family Viewing)」が最初に手がけたものですが、それ以前の作品。
時間が経つのを忘れてしまいそうな、ゆったりとした穏やかな作品です。全5曲62分収録

1. A Gradual Awakening (12:46)
2. Under August Sun (5:35)
3. Summerland (Hours in the Garden) (10:13)
4. Stars and Spells (9:16)
5. To the Land Beneath the Waves (24:40)


ジェフ・ダンナ



バイオハザードII アポカリプス (スコア盤)

バイオハザードII アポカリプス (スコア盤)
RESIDENT EVIL: APOCALYPSE (2004)

ミラ・ジョヴォヴィッチ主演のシリーズ第2弾「バイオハザードII アポカリプス」のスコア盤サウンドトラック。

ジェフ・ダナ作曲のシンセ/プログラミングのスコア。
激しいデジタル・リズムとオーケストラを織り交ぜたスコアが多く「The Nemesis Vs. Stars」「Panic At The Gate」「Beneath The City」「Dogs In The Kitchen」等がとても迫力があります。
全18曲39分収録。

輸入盤(スコア盤)ジャケット↓
バイオハザードII アポカリプス (スコア盤)



The Gospel of John [Original Motion Picture Soundtrack]

The Gospel Of John (2003)

フィリップ・サヴィル監督作、ヘンリー・イアン・キュージック([LOST]シーズ2にゲスト出演)、クリストファー・プラマー出演の日本未公開作「The Gospel Of John」サウンドトラック。

ジェフ・ダンナ作曲、ゴシック・ハープ、リュート、イランの縦笛や弦楽器サントゥール等の楽器と、フィルハーモニア管弦楽団によるオーケストラ演奏。静かめで厳かなスコアの他に、シンフォニック・スコア「What Is Truth?」「Jesus At The Temple」等で全18曲52分収録。



カーマ・スートラ/愛の教科書

カーマ・スートラ/愛の教科書
KAMA SUTRA: A TALE OF LOVE (1996)

ミーラー・ナーイル監督作、インディラ・ヴァルマ、サリタ・チョウドリー出演「カーマ・スートラ/愛の教科書」サウンドトラック。
マイケル・ダナ作曲、シタール、タブラ・パーカッションなど全てインドの古典楽器を用いたスコアと、劇中の歌曲で全23曲53分収録。



モンスーン・ウェディング

モンスーン・ウェディング
MONSOON WEDDING (2001)

ボンベイ出身のミーラー・ナーイル監督作、ナセールディン・シャー、リレット・デュベイ出演、2001年ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞作「モンスーン・ウェディング」サウンドトラック。

70年代インド歌謡の代表的な歌手、モハメッド・ラフィ「Aaj Mausam Bada Beimann Hai」から現代のヒンディ・ポップ、DJリミックスとマイケル・ダンナのスコア曲で全19曲62分収録。


1. Feels Like Rain? (0:28)
2. Sukhwinder Singh / Aaj Mera Jee Kardaa (Today My Heart Desires) (5:12)
3. Baraat? (2:12)
4. Mohammed Rafi / Aaj Mausam Bada Beimann Hai (Today The Weather Plays Tricks On Me)? (3:21)
5. Your Good Name? (3:38)
6. Delhi.com (1:41)
7. Fuse Box (2:31)
8. Mehndi / Madhorama Pencha (3:26)
9. Banished (0:52)
10. Good Indian Girls? (3:41)
11. Midival Pundtiz / Fabric/Aaja Savariya (Come To Me, My Beloved) (3:01)
12. Nusrat Fateh Ali Khan / Allah Hoo (4:39)
13. Hold Me, I’m Falling? (2:57)
14. Love And Marigolds (2:45)
15. Abhijeet & Anuradha Shriram / Chunari Chunari? (4:08)
16. Aaja Nachle (Come On Dance) (3:40)
17. DJ BNX & Giraud Anthony / Aaj Mera Jee Kardaa (Zimpala Remix)? (4:56)
18. Kid Alex / Fuse Box (AlexKid’s Dub Remix) (6:14)
19. Julio Black & Gilles Lavannant / Fuse Box (Julio Black Remix)? (3:00)

輸入盤


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine − 8 =