Soundtrack Paradise

ブルーノ・ニコライ Bruno Nicolai

[`yahoo` not found]

ブルーノ・ニコライ

Bruno Nicolai




荒野のドラゴン

荒野のドラゴン
SHANGHAI JOE (1973)
Il Mio Nome E’ Shangai Joe
I Giorni Della Violenza(日本未公開作)

チェン・リー(早川明心)、クラウス・キンスキー、ミクリヤ・カツトシ出演作のマカロニ・カンフー「荒野のドラゴン」サウンドトラック。
ブルーノ・ニコライ作曲、トランペット・ソロ、それに続くエレクトリック・ギターのフィル・イン、疾走するリズム感がかっこよいテーマ曲「Il Mio Nome」
、東洋的なメロディの「Shangai Jo」、電子オルガンを使った「La Partenza」等素晴らしいスコアです。

15曲目はアル・ブラッドレイ監督作、ピーター・リー・ローレンス主演の1967年作品「I Giorni Della Violenza」で、37分に及ぶ組曲で収録。

全15曲72分収録。

荒野のドラゴン

上記の「荒野のドラゴン」は廃盤ですが…こちらBuon Funerale Amigos…Paga Sartana引き続き参照ください




IL TUO VIZIO

Il Tuo Vizio e Una Stanza Chiusa E Solo Io Ne Ho La Chiave

1972年イタリア、エドガー・アラン・ポー原作のエロティック・スリラー「Il Tuo Vizio e Una Stanza Chiusa E Solo Io Ne Ho La Chiave」サウンドトラック。ブルーノ・ニコライ作曲、ハープシコードにオーボエのメロディと、美しいストリングスが重なるテーマ曲は特に素晴らしい楽曲です。全20曲43分収録。イタリアDigitMoviesの限定盤です。




ジュスティーヌ

マルキ・ド・サドのジュスティーヌ
MARQUIS DE SADE: JUSTINE

ロミナ・パワー、ジャック・パランス、クラウス・キンスキー 出演、ジェス・フランコの初期の代表作「マルキ・ド・サドのジュスティーヌ」サウンドトラック。ブルーノ・ニコライ作曲のオーケストラ・スコアで、ヴァイオリン・ソロの際立つクラシカルなタイトル曲や、金管による迫力が凄まじい「Passioni Dell’anima」など収録、サド役を演じるクラウス・キンスキー登場時でのワグナー風の金管によるダイナミックな楽曲から、モーツアルト/ヴィヴァルディ風の楽曲までブルーノ・ニコライのクラシカルな作風で一貫した、聞きごたえある作品です。全18曲34分収録。イタリアEdi-panレーベルより唯一のCD化。
マルキ・ド・サドのジュスティーヌ



荒野の10万ドル

荒野の10万ドル
100,000 DOLLARI PER RINGO (1966)

「ドクター・コネリー/キッドブラザー作戦」「悪魔が最後にやってくる」「ビッグ・マグナム77」のマーティン・ハーバート(アルベルト・デ・マルチーノ)監督作、リチャード・ハリソン、フェルナンド・サンチョ 出演のマカロニ・ウェスタン「荒野の10万ドル」サウンドトラック。
テーマとなる「Sfida Eroica」をはじめ、劇中スコア「Tumulti」「Drammatico Incontro」「Incontro Di Fuoco」等、
数々あるマカロニ・ウエスタンのスコアの中でも、シンフォニックによる迫力が凄まじいスコアや、アコースティック・ギターとハーモニカ、コーラスで静かに盛り上げる「Ballata Per Ringo」等聞きどころが多くお薦めできます。全16曲41分収録。

下記のコンピレーション盤では上記サウンドトラックには収録されていない、組曲の「荒野の10万ドル」も収録しています。
Spaghetti Westerns, Volume Two (Film Score Compilation)



Femmine Insaziabili

Femmine Insaziabili

イタリアのジャズ/ソウル・シンガー、ララ・セイント・ポールが歌う「I Want It All」(23曲目には同曲、未発表イタリア語バージョンも)、 ビッグバンド・ジャズ「Autostrada Per Los Angeles」、エッダ・デル・オルソのスキャット「Sguardi Teneri 」「Nostalgia Di Un Incontro」「Autostop」など収録、日本未公開のイタリア・ジャーロ映画ですがB・ニコライ作曲のスキャット入りのボサノバ、ビート・ジャズ楽曲の中でも特にお薦めできる作品です。
全23曲67分収録。



ブルーノ・ニコライ

I Giorni Della Violenza

「空手アマゾネス」のアル・ブラッドレイ監督作、
ピーター・リー・ローレンス主演の1967年作品「I Giorni Della Violenza」

ブルーノ・ニコライの作曲、トランペット・ソロが高らかと鳴るメイン・タイトル曲、アコギ/ストリングス・オーケストラでの哀調のメロディ「lonesllness」やピアノ・ソロ曲「nostaigic piano」など収録、古い作品ですがステレオで音質も良好です。



KISS KISS BANG BANG
キスキス・バンバン

ジュリアーノ・ジェンマ主演のスパイ(コメディ)映画「キスキス・バンバン」サウンドトラック。ナンシー・コモの歌うテーマ曲[LOVE LOVE BANG BANG](007調にホーンのイントロを加えたバージョンも聞けます)とブルーノ・ニコライのスコアを収録、組曲を追加して旧SLC盤より曲数も多くなったものです。
スパイ・アクション風のスコアは実は少なく、コメディ・タッチな曲調とジャズがメイン、また主題曲のアレンジ違いが多く収録。全26曲59分収録。(紙ジャケット仕様)。「キスキス・バンバン」は日本のみでCD化されています。

キス・キス…バン・バン




悪徳の快楽
Eugenie De Sade '70
悪徳の快楽

Eugenie De Sade ’70
「悪徳の快楽」

マルキ・ド・サド「閨房哲学」原作をジェス・フランコ監督が映画化、クリストファー・リーも出演した1969年のエロティック作品「悪徳の快楽」サウンドトラック。エッダの妖艶なスキャットとで始まる[SKY SCRAPERS]、アレッサンドロ・アレッサンドローニによるヴォーカルの2曲目
のほかマンシーニ風ラウンジ/カクテル・ミュージック、静かなイントロから一転してシタールとワイルドなブラスが絡む13曲目[DE SADE ’70]、前衛/効果音的な曲からボサノヴァまで収録。当時のLP、GEMELLI盤より曲数が遥かに多く、2枚組で全36曲収録。(DISC.2は未発表曲、別バージョンなど収録)。
イタリア盤。(限定盤)

悪徳の快楽



Uomo avvisato, mezzo ammazzato
I corvi ti scaveranno la fossa

「美女連続殺人魔」「ラットマン」等のジュリアーノ・カルニメーオ監督作「Uomo avvisato, mezzo ammazzato」とファン・ボッシュ監督作「I corvi ti scaveranno la fossa」の日本未公開の2作品、カップリング盤サウンドトラック。ブルーノ・ニコライ作曲、
混声合唱で始まる[Uomo Avvisato,Mezzo Ammazzato…]テーマ曲と、決闘シーンを思わせる8、15曲目やハープシコード使用曲と、オーケストラによる盛り上げ方がドラマチックな17曲目[I corvi ti scaveranno la fossa]など全28曲57分収録。




『行け、野郎、撃て!』『復讐のジャンゴ・岩山の決闘』

ブルーノ・ニコライ作曲の傑作サントラ『行け、野郎、撃て!(ANDA MUCHACHO,SPARA!)』とホーンのオーケストラとトランペットのソロが勇ましい『復讐のジャンゴ・岩山の決闘』2作品のカップリング盤です。イ・カントーリ・モデルーニのコーラスと8曲目にエッダのゆっくりした美しいスキャット曲を収録。テーマ曲も迫力ありマカロニ・ウェスタン・ファンにお薦めできる作品です。全28曲49分収録、イタリア盤。
行け、野郎、撃て!


UNA GIORNATA SPESA BENE 限定盤

「ブラック・アンド・ホワイト・イン・カラー」「ノスフェラトゥ」に出演したジャック・デュフィロー主演作「UNA
GIORNATA SPESA BENE」サウンドトラック。ブルーノ・ニコライ作曲、シンセイサイザーを使ったマカロニ風の楽曲や、同じくシンセで演奏されるバッハ、カンタータ第4番[VURSUS]など収録の異色な作品です。イタリアGDMレーベルの限定盤です。全16曲62分収録。



美女連続殺人魔  ジャーロ映画

連続殺人事件を描く1972年のイタリア、ジャーロ映画。アンソニー・アスコット監督(マカロニ・ウェスタン「荒野の無頼漢」などの監督) ブルーノ・ニコライによる作曲の初CD化音源で、テーマ曲が特に美しくお薦めです。ラウンジ~ボサ・ノヴァ、ハモンド、サスペンス・サウンドと聴き所が多くあります。全26曲62分収録しています。



AGENTE SPECIALE LK

ジェス・フランコ監督作、レイモンド・ダントン出演。ブルーノ・ニコライの作曲・指揮の日本未公開作「Agente Speciale LK」サウンドトラック。
イ・カントーリ・モデルーニ(「黄金の7人」のスキャットなどで有名なイタリアのコーラスグループ)のスキャットやラウンジ/ボサ・ノヴァ、オルガン入りのファンク風の曲までバリエーションが楽しめる全19曲収録。TV番組でも時々耳にするスキャット曲「「Spy Chase」」曲が収録されています。


続・復讐のガンマン セルジオ・ソリーマ監督作

『復讐のガンマン』『血斗のジャンゴ』と並ぶセルジオ・ソリーマ監督の【ウエスタン・トリロジー】の完結篇「続・復讐のガンマン」サウンドトラックです。ブルーノ・ニコライ作のスコアですが、本当はエンニオ・モリコーネではという説もあります。全17曲、30分収録。

続・復讐のガンマン~走れ、男、走れ~



Gentleman Jo...Uccidi

Gentleman Jo…Uccidi (1969)

ジョルジオ・ステガーニ・カゾラーティ監督の日本未公開作「Gentleman Jo…Uccidi」サウンドトラック。
2005年にDIGITMOVIESによって初めてソフト化となった作品で、ブルーノ・ニコライ作曲、エンニオ・モリコーネ指揮の演奏。
アレッサンドローニ/イ・カントーリ・モデルーニのコーラス、フランコ・デ・ジェミニ(ハーモニカ)が参加、疾走感のある「Gold and Power」と同曲のアレンジ7,11,14,19,22曲目と、オーケストラで迫力のある12,13等を収録。
全22曲46分収録。古い作品の為、音質はあまりクリアではありません。



Quando Le Donne Avevano La Coda

Quando Le Donne Avevano La Coda
Quando Le Donne Persero La Coda

「ヒッチハイク」「女性上位時代」の監督パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレによる日本未公開コメディ映画、
イ・カントリ・モデルニのコーラスがほとんど入ったモリコーネ作曲のポップなサウンドトラック「Quando Le Donne Avevano La Coda」と、ブルーノ・ニコライが音楽を担当した続編とのカップリング盤。リコーダーの音色で「ミスター・ノーボディ」をさらに明るくしたような楽曲、風変わりなアレンジで飽きずに楽しめる作品です。
全17曲44分収録。

Quando Le Donne Persero La Coda
amazon mp3ダウンロード販売


The Western Film Music Of Bruno Nicolai Vol.2

The Western Film Music Of Bruno Nicolai Vol.2
Una nuvola di polvere… un grido di morte… Arriva Sartana (1971)

ジュリアーノ・カルニメーオ監督作、ジャンニ・ガルコ主演の1971年のマカロニ・ウェスタン作品「Una nuvola di polvere… un grido di morte… Arriva Sartana」(日本未公開作)サウンドトラック。ブルーノ・ニコライ作曲、アオコースティック/エレキ・ギターと笛やストリングス、ブラスを使ったストレートなマカロニ・ウェスタン・スコアで全24曲53分収録。



Buon Funerale Amigos...Paga Sartana

友よ眠れ サルタナがカタをつける
Buon Funerale Amigos…Paga Sartana (1970)
日本未公開作
Gli Fumavano Le Colt…Lo Chiamavano Camposanto (1971)

「美女連続殺人魔」「荒野の無頼漢」のジュリアーノ・カルニメーオ(Giuliano Carnimeo)監督作、
ジャンニ・ガルコ(Gianni Garko)主演の日本未公開作「Buon Funerale Amigos…Paga Sartana (友よ眠れ サルタナがカタをつける)」と同監督/同主演の「Gli Fumavano Le Colt…Lo Chiamavano Camposanto」のカップリング盤。

1曲目のテーマは4分の曲ですが2分を過ぎたところで「荒野のドラゴン」とほとんど同じテーマが流れます。その他に同曲のアレンジの6曲目や、トランペット・ソロ入りバージョンでテンポを落とした7曲目などを収録。(公開年もこちらが先で、こちらがオリジナルのようです)

「Gli Fumavano Le Colt…Lo Chiamavano Camposanto」のテーマは口笛と掛け声風の男性合唱入りで疾走感のある迫力の曲。
マカロニ・ウェスタン・ファンには特にお薦めできる作品です。全21曲50分収録。


Dio perdona... Io no!

Dio perdona… Io no! (1967)

ジュゼッペ・コリッツィ監督作、テレンス・ヒル、バッド・スペンサー主演の日本未公開作「Dio perdona… Io no!」(1967年作)サウンドトラック。
カルロ・ルスティケリ作曲、ブルーノ・ニコライ指揮のスコアで、オーケストラ曲や、コーラスとエレクトリック・ベースを用いたスコアや、ジャズ・ブルース風「Rose」等全24曲54分収録。

1. Dies Irae (2:02)
2. Arrivo Alla Stazione E Strage Sul Treno (1:27)
3. Paesaggio Di Notte (Partita A Poker) (4:50)
4. Cavalcando Al Tramonto (1:24)
5. Rose (4:41)
6. L’Incendio (1:42)
7. Torride Praterie (1:18)
8. Rose (#2) (2:20)
9. Il Funerale (3:09)
10. Le Spartizione (2:33)
11. Passo Dietro Passo (2:58)
12. Bill Sant”Antonio (2:11)
13. Il Nuovo Comandante (3:11)
14. Appostamento (1:45)
15. Senza Tregua (1:20)
16. Il Cane, Il Gatto, La Volpe (2:26)
17. Appostamento (#2) (2:42)
18. Gatto In Agguato (1:17)
19. Senza Tregua (#2) (1:24)
20. Prigioniero (1:11)
21. Affari Sporchi (2:33)
22. Attesa (1:39)
23. Confronto Finale (2:23)
24. End Titles (2:33)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine − 3 =